詩の書き方(初心者編)~詩を書くときに、まずすべきこと~

こんにちは。かめれもん★と申します。

今回は、詩を書くときに、まずやるべきこととして、書く時の環境心構えどのようにまずは書いていくかについて答えたいと思います。

私は、プロの詩人というわけではありませんが、詩が好きな一人の青年です。

ですから、小耳に挟んだ程度に聞いてくだされば、と思います。

それでは、まず詩を書く時の環境について簡単に説明したいと思います。

書く時の環境

まずは、やはり集中できる環境がいいと思われます。

時間帯は朝か、夜で、できれば皆が騒がしくないときがいいかと思われます。

耳にイヤホンや耳栓をしてもいいと思いますし、視覚が気になるのであれば、気になるものを除去、または移動(自分も含め)させるのがいいと思います。

あとは服装はラフな格好で、自然体に詩を書けるように準備します。

いい詩を書くには、それなりにコンディションを整えておく必要があります。

では次に、詩を書く時の心構えについて、解説します。

心構え

まずはやはり、自然体でリラックスしているほうがいいでしょう。

悩み事や雑念は、日頃から瞑想やマインドフルネスで除去し、人に話す、紙に書くなどして、気持ちを整理しておきます。

心構えに関して、私が言えるのはこのくらいです。

現在は、ブログにて、人生に心からのよろこびを、をモットーに様々な記事を書いていますので、マインドセットの際に参考にしてもらえると幸いです。

それでは、詩の書き方ですね。

まずはどのようにして書いていけばいいのか。

解説していきます。

詩を書くにあたって、まずすべきこと。

まずは、呼吸を整え、自然体で心を込めて書きます。

一生懸命書きます。

それが技術的に形になることは、最初は少ないと思います。

ですので、等身大の詩が無難だと思われます。

それを意識して、気持ちに見合った詩を書き表します。

最初は、谷川俊太郎氏のようなすごすぎる詩は、誰でも書けないと思いますので、過去にあった印象的な出来事を詩にします。

ただ、その映像を書いただけでは、説明文と大差ないので、一生懸命書きます。

心の動きをプラスします。

そのために修辞(レトリック)を押さえておくと、より詩らしく力が込もった作品を書けるというわけです。

だからといって、修辞に頼れば詩がうまくなるということもありませんので、少し注意しておきたいところです。

できれば毎日、詩を書き続けていきます。

書く力というのは、練習した分だけ、成果が出やすいものだと思います。

ぜひ、書き続けてみてはいかがでしょうか?

もちろん、無理をなさらず、書けないときは書かなくていいのです。

誰にも、調子の上がり下がりはありますから、調子のいいときにはそれなりに書き、調子の悪いときには書かないということも全然アリだと思います。

それではここで、詩を書くときの応用編について、少し解説します。

応用編

詩を書き続けていると、段々と過去の印象的な出来事を書き尽くしてしまいます。

そうなってくると、言葉の力を借りて、感動が先になくても、言葉から感動を創り上げることもできると思います。

つまり、ほんとうの意味での創造に近くなると思います。

無心な気持ち、静かな心で、心の奥の声に耳を澄まし、誠実に書いていくと、それなりによい詩ができあがるような気がしています。

参考程度にしてもらえると、幸いです。

詩を書くことに困ったら

詩を書くことに困ったら、とにかく最初の一行を印象的に書きましょう。

そこから自由に、自分の心の中を表現していきましょう。

詩を書くことに困った場合、いくつか方法があると思いますが、例えば名詩を読むだったり、写経(詩を書き写したり)、書やペン字と触れ合ったり音読したりと色々あります。

そこから少しずつ学んでいきましょう。

それでは、まとめです。

まとめ

書くときには、なるべく集中できる環境を整えておきましょう。

静かな環境でもいいですし、少し賑やかな場所でも構いません。

しかし、詩を書くというなら、誰にも見られずに書きたいと大半の方は思うのではないでしょうか。

私もその一人です。

心構えについては、自然体でリラックスして書きましょう。

詩をまず書いていくにあたっては、過去の印象的な出来事を詩的にダイナミックに書いていきましょう。

言葉から感動できる詩を創るのは、それなりに書き続けた後で構わないと思います。

詩を書くときに私がおすすめする勉強法は、写経ですが、詩を読んだりして、詩ってこういうものなのか、と分かるのもいいと思います。

あとは補足の補足になりますが、一行詩から始めてもいいと思います。

俳句とか、短歌とか、川柳ですね。

ちなみに私は、全部挑戦してみました。

それでは、いかがでしたでしょうか。

一つでも参考になるところがあれば幸いです。

ネットの記事であれば、一記事から一つ参考になるところがあれば十分と思われますので。

それでは、皆さんが少しでも、自分らしい詩を書けることを祈っています。

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

詩『跳び箱社会』

跳び箱

10段

跳べない

僕は

罪人

なんで

しょうか?

それが今日の
僕の疑問です

体育の授業で
跳び箱10段

跳ぶのがあたりまえの
学校生活だったらしい

僕は跳び箱の前で
萎縮してしまった

先生も生徒も
変な目で僕を見ている

としても
僕はこの跳び箱10段
普通に跳べることが
正解なんですか?

先生が僕に
近づいて来る

のっしのっしと

僕は冷や汗で
震えながら
「うおう!」
とベッドを跳び起きた

「なんだ、夢か」

今日は体育の授業で
跳び箱3段跳ぶ
確認テストがある

僕はなんだか大らかな気持ちになって
朝食を食べて
玄関のドアを開け
「いってきます!」

と登校し始めた

電線に停まっていた
雀の群れが一斉に
空へと飛び立っていった

詩『蜂蜜を届けに』

蜂蜜を誰かにあげたくて
それを手渡しに行く
しっかりと布でくるんで
春の風吹き渡るやさしい日差しの中
走って手渡しに行く

蜂蜜を手渡しに行く相手は
誰か言えない
言うと
人間じゃないから と
人間が言うから

だから私は黙って
家を出てきました
家の中は今静かです
母と父は私を見兼ねて困った様子です
それでも私は構いません

あの人に
あの方へ
人間と同等の価値を有する
大事な私の友達に
蜂蜜を手渡しに行くのです

タクシーなんかは要りません
バスなどもってのほか
私は風になって
空を飛べるから
そんなものは要らないのです

あの方にはその方が
ふさわしく
喜んでくれるでしょうから
私はこの白いワンピースを
はためかせながら
海が見える高原へと
やってきたのです

来ましたよ
あなた
あなたが好きな
この蜂蜜
食べてくれるかしら

雲は少し揺れ動き
そこから数多の
光 降り 落ち
私は本当の風になって
いなくなったのです

崖の先端には
黄金色に光る
ぴかぴかの透明な蜂蜜が
風に揺れて今にも落ちそうで
消えてしまいそうな
晴れ渡った昼の午後でした

私は未来に飛び込みました
飛沫で粉々になったような
春を空に描き
どこか遠くでクレパスの芯が折れ
子どもたちの泣き声が
ここから霞んで見えました

詩『忘れられた人』

雨の中ずぶぬれている男がいた
コートはもうびしょぬれで
足取りは重く
元気はなさそうに見えた
初老の男性で少し無精ひげを生やしている

さっきスパゲティを食べてきたばかりさ
まだ残り香がするだろう

ポケットの中から
うさぎを二羽
しゅぽしゅぽっと取り出し
その男は呟く

こいつらも火傷を負っている
見ろ
全身傷だらけでお互いにその傷を
舐め合っているだろう
なあ
お前と俺たちと
どう違う?

え?

夢のクレーン車から
バラバラに解体された僕の鉄骨が
ドスンドスドスと
ベッドの上に
横たわり
浅い息を小刻みにして
震えていた

まだ寒いのに
背中に汗をかき
リアルな僕が携帯越しに
ゆらめいていた

朝のカーテンから
光のレーザービームが
チラチラチラチラと
繊細な糸を
網目のように
放ちまくり
脳の神経細胞と
酷似していた

朝になれば誰もいなくなる
この寝室からはいつも
夢だけが置き去りにされて
透明人間だけが
目だけ凝らして
立ち尽くしている

天国言葉の効果について、実践してみて気づいたことをまとめます。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

皆さんは、天国言葉ってご存知ですか?

これはスピリチュアル業界では、おそらく頻繁に出てくるワードです。

天国言葉とは、どのような言葉を言うのか?

それは、ありがとううれしい楽しい幸せツイてる感謝してます許します愛してますなどが挙げられます。

この言葉を、納税額日本一の斎藤一人さんが推奨しています。

では、天国言葉の仕組みについて、説明していきましょう!

天国言葉って、どういう仕組み?

天国言葉とは、その明るい言葉を発することによって、自分の機嫌を取るツールになります。

繰り返し呪文のように、か、気持ちを込めて唱えていきます。

独り言でも構いません。

ここで大切なのは、この言葉を用いるとき、気持ちを込めて発するということが大事になります。

よく天国言葉さえ発していれば、幸せになれると考える人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

あくまで、言葉を用いることによって、+の感情を誘発するというのが、大切だとわたしは思っています。

それでは、その天国言葉を用いる効果とは、何ぞや?

これを探っていきましょう!

天国言葉の効果、いかほど?

まず、自分が幸せ・元気になるということが挙げられます。

これは、+の言葉を発することによって、気持ちが伴ってくるということですね。

先ほども言いましたが、なるべく心を込めて唱えていきましょう。

ただ言えばいいでは、真に幸せにはなりません。

それから、周りを幸せにすることが挙げられます。

+の言葉を言っている人には近づきたいですよね。

-の言葉を放っている人のもとには行きたくないですよね。

そして、+の言葉を言っている人のもとには、類は友を呼ぶ法則で、明るい仲間が集まります。

逆は、その反対ですね。

天国言葉を唱えていくことで、巡り巡って、自分が幸せになるのです。

さて、ここでわたしの普段の実践例を挙げてみましょう。

実践してみて分かったこと

わたしは普段、天国言葉を事あるごとに言うことを心がけています。

特に寝る前とか、朝起きたときに言えるよう心がけています。

まあでも、天国言葉言うの忘れた~とか。

ネガティブな言葉言っちゃったよう、とかしょっちゅうあります。

しかし、基本的に+の言葉を使うことを心がけることによって、精神的に豊かになっていると感じています。

言葉=気持ちやエネルギーであり、+の言葉はそのままそういうエネルギーを増やすのですね。

では、まとめです。

まとめ

天国言葉とは、言ってみれば+の明るい言葉たちでしたね。

天国言葉は発することで、+の感情を誘発します。

天国言葉は、自分も周りも照らし、最終的にはその恩恵が再び自分に返ってくるということです。

自分も普段から天国言葉を言うことを心がけていますが、たまに言うのを忘れたりします。

しかし、そのような失敗はすぐに手放し、前向きに明るい言葉を言っていくことに切り替えればいいのだと思います。

天国言葉はほんとうに、実践しやすく、そして人が幸せになれるツールだと思います。

皆さんもぜひ、日常に天国言葉を取り入れて、幸福な生活を目指してみてはいかがでしょうか?

以上、かめれもん★でした!(^^ゞ

ここまで見てくれた方、ありがとう!

他の記事もよかったら、ご覧ください♪

詩とスピリチュアルの関係について

はじめに

詩とスピリチュアルには関係がある。

これを聞いて、ピンとくる人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

おそらくクリエイティブな仕事や作業をしている人にとっては、なんとなく分かるものがあるかもしれません。

というのも、詩というのは、頭で考えて作るというものではない、と言えるからです。

では、その観点から詩というのは、本来どのようなものでしょうか?

詩とは?

詩というのは、感覚的傾向が強いと思います。

例えば、詩を作るとき、よく言われるのは、最初の一行を考えだしたら、詩は勝手に出てくるよ、というものです。

これは、言葉が言葉を呼ぶに近いものです。

こういうとき、人は瞑想状態になっていることがほとんどだと思われます。

クリエイティブなものというのは、考えて作り出されたものは少ない、と思います。

もし仮に考えに考えて作り出されたものであるならば、それは少し質が低いと言わざるを得ないかもしれません。

では、スピリチュアルが関わってくる要因はなんとなくお分かりですか?

スピリチュアルとは?

スピリチュアルとは、本来、魂の視点と言われます。

もしくは、そういった概念を多用します。

なぜなら、魂の視点=スピリチュアルな世界または宇宙の法則に従っていると言えるからです。

そのために人はどうするかというと、ひたすら瞑想や思考を手放したりするのです。

そうすることによって、人はクリエイティブにもなってくるというわけです。

詩とスピリチュアルの共通点について

詩とスピリチュアルというのは、瞑想を実施する、またはそのような体験をするという点において、共通点はハッキリあります。

瞑想状態に入らずに、詩を作るというのは至難の業という他ありません。

したがって、私は瞑想のことにもこのブログで多少言及しています。

それほど、詩とスピリチュアルは関係していると私は思っています。

まとめ

詩は、瞑想状態によって、作り出されます。

その瞑想は、スピリチュアルと大いに関係しています。

瞑想をし、魂の視点に従う=スピリチュアルな世界を広く知る、に繋がっていくということです。

瞑想なき思考に頼っていると、嘘の自分が作り上げられるもととなります。

なぜなら、スピリチュアルな世界と現実の世界(思考によって作られる世界)が調和しているのが、本来の世界の在り方だからです。

本日はここまでにします。

以上、かめれもん★でした~。

吉野弘の『夕焼け』を、心を込めてレビュー致します。

この詩に出会ったのは、たしか

詩とまだ分かち合えず、世間をふらふらと

悲しみでさ迷っていた頃のことだった。

僕は詩に興味があったわけでもない。

なんとなく詩を読んだ。

そして、涙は出なかったが、

心の奥にストンと落ちたものがあった。

僕はその当時、いじめられていた。

あるいは、いじめられているのか皆目

分からなかったが、僕がクラスから

退けられているのは分かった。

そんなときに目にした『夕焼け』(だったと思う)。

やさしい人を根本的に救うかのような

肯定してくれるかのような、やさしいさざめきに満ちた

そんな詩だった。

電車での出来事で、ある娘のやさしさの葛藤を描いている。

これは、実際にあった出来事だと思うが、

この娘が、のちに幾千もの人を勇気づけることになるとは、

夢にも思っていないだろう。

それを詩人の吉野さんは、やさしくすくい取ったのだ。

この最後の夕焼けの配置。

これには、色々な解釈ができるかもしれない。

たとえ哀しみに暮れていても、あの夕焼けは決して

そのようには見えないというような。

あるいは、娘がかなしい想いをしている中でも、

夕焼けはだまって見つめてくれているというような。

はたまたそれ以上の、何か大切なものを指し示してくれる。

吉野さんの詩は、とても懐かしく、台所にあるお盆のような

ものを想像させてくれる。変なたとえだが。

この『夕焼け』という詩以外にも、優れたユニークな詩は

たくさんあるので、ぜひ参考になさってみてください。

読みやすく、時を経るごとに、ハートの波を鎮ませてくれる

微笑みが自然と漏れるやさしい詩がいっぱいありますので。

かめれもん★より

発達障害っていう人はいないよ ありのままのあなたでいいんだよ

今、ある意味、発達障害ブームですよね。

発達障害を悪いように受け取ったり、いいように受け取ったり。

人それぞれだと思います。

ちなみに僕は、自閉症スペクトラム障害と診断されましたし、ADHD(注意欠陥・多動性障害)も持っていると思います。

けれどこうして、普通に生活できています。

発達障害って、そもそも病気とかではないですからね。

発達障害っていう人もいないし・・・。

それなのに人は、発達障害という人、ありもしない人を理解したがるんですね。

まあ、なんとなくその気持ちはわかりますが、肝心の当事者をあなたたちは見ていますか、という話です。

当事者を見ていないのに、あなたはこういう発達障害だから、こういう人なんだ、というのは馬鹿げています。

大事なのは、ありのままのその人を理解することじゃないですか?

発達障害っていう概念は知ったとしても、それは参考程度にとどめておかなければ、大切なその人を見失いますよ。

発達障害のことを知りたいのであれば、頭で理解するのではなく、直接理解した方がよいと思います。

何も怒って言っているわけでは、決してありません。

発達障害のことを知りたいのであれば、直接そのような人、変わり者と呼ばれているような人に出会う、またはそのような施設に行く、当事者による本を読むなどして、その人を理解するよう努めてください。

この話は、発達障害という話題で重要なテーマだと思います。

直接知ることによって、発達障害の人は異常者じゃない、ということがよく分かります。

ぜひ、これからその人達と接していく中で、または、ありのままの人としての当事者として、生きていってもらえたらな、と思います。

今回は、この辺でおいとまします。

かめれもん★でした~。

瞑想とクリエイティビティ、そして実践のススメ

はじめに

瞑想、皆さんはしていますか。

していない人もいるかもしれないですが、今や瞑想の効果は様々なところで言われていることです。

今回は、瞑想とクリエイティビティ、つまり創造性について、少し述べていきたいと思います。

瞑想のメリット

すでに瞑想をしている方は、知っているかもしれないですが、瞑想は、閃きや直観を冴え渡らせてくれます。

その理由は、瞑想をすることによって、雑念など、脳に要らない情報を排除してくれる働きがあるからです。

そのことによって、頭がスッキリした状態になるので、仕事の効率性も上がるというわけです。

僕は、ブログやnoteなどを執筆していて思うことは、瞑想状態のときと、創作に取り掛かっているときの態度は、ほぼ同じだということです。

不思議なことですが、瞑想状態だと、創作意欲も増しますし、何より質のいい記事も書けている実感があります。

逆に、雑念やエゴなど、脳に必要のない情報があふれていると、それらが気になって創造性が削がれてしまうのです。

これは、僕の実体験です。

人はある程度リラックスしていて、それでいてどことなく緊張感がある・・・、そんなときに良いパフォーマンスを発揮することができると思います。

フローとか、ゾーンとかにも似てますね。

ものは試しで、皆さんも実践してみてはいかがでしょうか。

瞑想のシンプルなやり方

瞑想のやり方は様々ですが、まずリラックスした状態(椅子に座る、寝る)になります。

呼吸に意識を向け、ゆっくりその動作を行います。深呼吸のことですね。

そして、呼吸の数を数えていきます。1・・・2・・・3・・・4・・・と。

雑念が浮かんできたら、手放すということが重要です。

この手放すは、抑え付けるのではなく、今雑念が浮かんだな、という確認でオッケーとなります。

そして、それをご自身の力量で判断すればよいと思いますが、1日1回、朝か寝る前の10分~15分より始めることをオススメします。

実践することによって、クリエイティビティ以外にも様々な効果があります。

ぜひ、お試しあれ!