感覚派の人と、論理派の人のための詩の書き方講座

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、感覚派の人と、論理派の人のための詩の書き方講座というわけで、自分に合った詩の書き方で、詩に挑んでほしいな、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

まず、感覚派の人と、論理派の人の違いって、なんだろう?ということについて、解説したいと思います。

次に、感覚派の人のための詩の書き方論理派の人のための詩の書き方、順に解説していきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

感覚派の人と、論理派の人の違い

まず、感覚派の人の特徴とはなんでしょう?

詩の見方で言うと、詩を音楽のように読み、全体を大雑把に捉えることが挙げられます。

そして、詩の書き方で言えば、とりあえず書いて、書いていく内に、独創的な詩の世界になることが多いと思われます。

続いて、論理派の人の場合、詩の見方で言うと、まずは論理的に読み解いていきます

しかし、詩は論理だけではできていないので、ある程度、読み解けると、感覚的に詩の本質に辿り着きます

説明書を読んで、詩に挑むか、説明書を読まずに、あちこち触って慣れていくかの違いですね。

そして、詩の書き方では、論理的に詩を組み立てます。

論理が研ぎ澄まされていくと、それは感覚と結び合わさってきます

もともと言葉自体が、感覚的なものなので、論理的に詩のようなものを書いている内に、感覚的にもなっていくということです。

つまり、感覚派の人も、いつかは論理的に。

論理派の人も、いつかは感覚的になっていくのです。

そうして、両方のバランスをとっていくのです。

感覚派の人のための詩の書き方

前置きが長くなりましたが、もう少し、深掘っていきましょう。

感覚派の人は、詩の本質をなんとなく知っていると思います。

ですので、あとは、それに形を与えるだけです。

感覚的に、詩のようなものを書いていくところから始めます。

それに慣れてきたら、あとは書きまくるのです。

結局、詩は書きまくることによって、毎日書き続けることによって、精度は増していきます。

そしていつか、感覚的に捉えていたものが、細部に渡って詳細を帯びてくるのです。

続いて、論理派の人の詩の書き方を見ていきましょう。

論理派の人の詩の書き方

論理派の人は、写経をするのも1つの手です。

写経とは、詩を書き写すこととも言えます。

これは案外、ナメないほうがいいと思います。

わたしもこのやり方で、詩はグンと上達スピードを増したと思います。

感覚派の人にもおすすめです。

要するに、詩の成り立ちを感覚的に覚えるための方法です。

感覚的に詩が分からないとなれば、このようにレベルを少し下げたところ?から始めるといいと思います。

つまり、感覚派な人の方が、詩に親しみやすいのかもしれませんね。

詩を感覚的に理解するために、筆で書かれた書を鑑賞したり、実際に声に出して読み、感覚的に分かったり、最近ではオーディブルなど、耳で傾聴して理解する方法もあるかもしれないですね。

それでは、まとめに入ります。

おわりに:自分に合った詩の書き方で、詩に挑め!

この記事で言いたかったのは、次の通りです。

感覚派の人は、論理に根を下ろしていく必要があります。

つまり、アイデアを詳細に渡って形にしていく作業、筋トレのような作業が必要です。

そして論理派の人は、論理から感覚に辿り着く練習が必要になります。

写経・音読・書の鑑賞・朗読を聴くなど様々です。

つまり、感覚派の人は論理的に。

論理派な人は、感覚的になろうとする意識の方向づけが必要になってくるのです。

そうして、最後は自分の感情を情熱を持って、ストレートに表現することができると思います。

それがある意味、詩の最終地点です。

それでは、わたしはこの辺で。

他に詩に対する様々な考察、精神的な分野を中心にブログを更新し続けています。

よかったら、ご覧ください。

かめれもん★でした(^^ゞ

コメントする

CAPTCHA