詩『もしも猫が連れ去られたら』

とんびが空を舞っている
つばさを広げ
くるくるくるくる
同じところを何回も
何かを探している 目つき?


僕はときどき心配になる
心配って僕のことじゃない
心配なのは飼い猫のほうだ


ある日いつものように
玄関から飛び出していって
草を食べたり
塀に登ったり
尻尾をふりふりしている
その尻尾が 問題に思う


とんびは上から目を付けて
ピーヒョロヒョロホー と
いつになく上機嫌で というか
いつになく飢えていて 狂ってそうで
バサバサバサと来たかと思いきや
そのまま猫をわしづかみ
僕の目の前で意気揚々と
連れ去って行った・・・


飼い猫が心配だ
今日はそれほど
とんびは上機嫌ではなさそうだけど
いつか僕の目の前で
猫を連れ去ろうものなら
僕は力づくで
とんびにしがみついて
雄叫びをあげて
猫を連れ戻すだろう・・・


っていうか
そんなこと
あるわけないか
馬鹿のひどい妄想で
ご迷惑をおかけしました
でもそんな場面があったほうが
日常はもう少し
ドラマチックになるのになあ・・・


今日も平和な朝で
ありがとうございます。

コメントする

CAPTCHA