独特な3つの目線から眺める俳句とは?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の魅力を、もっと深堀りしたい! オリジナリティある俳句論を聴きたい! という方におすすめの記事となっております。

独特な3つの目線から、俳句とは何かを考えることで、今よりももっと俳句に親しめる記事になればいいなあ、と思います。

目次は、以下のようになっております。

俳句とは?:俳味が、魅力的!

俳句とは?:俳句は、とても自由!

俳句とは?:俳句は手段であって、大事なのは作者の想い

に、なります♪

わたしも、俳句を作ったり、寝る前に歳時記を読んだり、このブログで俳句に関する記事等を書いてます。

ですので、少なからず説得力のある俳句論を展開できるのではないか、と思っております。

最後まで読んでいただけると、とてもうれしいです。

それでは、始めていきましょう!

俳句とは?:俳味が、魅力的!

俳句とは、なにか?で、わたしが一番最初に魅力的だな、と思ったのは、俳味です。

俳味とは、現代のお笑い要素、とも言えるでしょう。

滑稽可笑しみといった、爆笑というお笑いというよりも、クスッと笑える文学的なお笑い要素と言えるでしょう。

例えば、それを体現している俳人には、小林一茶という人がいますね。

松尾芭蕉、与謝蕪村、と同じく、俳句を知らない方でも、ある程度耳にしたことがある俳人だと思います。

庶民に寄り添った、お茶の間に笑いを届ける風な、面白い俳句をたくさん創られました。

わたしも、小林一茶という俳人が好きですので、皆さんも本やネットで、一度調べてみると、よいのではないか、と思います。

俳句とは?:俳句は、とても自由!

俳句は、とても自由です!

しかし、だからといって、人に評価されるにはある程度の枠組みにハマる必要もあります。

よく世間で言われる「常識」も、守ることである程度生きやすくなるのと、同じ原理です。

ただ、一人で作る分には、自由律俳句でもいいし、俳句っぽいものならなんでもいいと思います。

例えば、わたしが以前作った自由律俳句で、『酸っぱいをしゅっぱいにして言ったら失敗に聞こえた』も自由に作った結果、俳味もあるし、韻を踏んでいたり、定型とは違う独特なセンスが磨かれました。

ですので、自由律俳句を作ってみて、定型俳句に挑戦するでもいいと思います。

そうすると、より自分の個性が定型に反映されると思います。

世間に認知される俳句を作りたいという方は、ある程度、論理的に考えて俳句を作る必要があると思います。

なぜなら、論理的に考えて俳句を作るということは、世間で常識的に認知される1つの枠組みになるからです。

つまり、これは俳句だな、と認知されやすくなるのです。

そのロジックで、枠組みにある程度ハマりつつ、やや型破りな俳句を作れば、世間に幅広く面白いと認知される俳句が作れると、わたしは思っています。

俳句とは?:俳句は手段であって、大事なのは作者の想い

そして、俳句とはなにか? と考えすぎるのはどうなのかな?と思うこともあります。

なぜなら、俳句は手段であって、分解しても中身がないのです。

大切なのは、俳句という定型ではなく、詩という抽象的なものなのです。

では、その抽象的な大切なものとは、なんなのか?

皆さんは、何だと思いますか?

わたしは、俳句という身体よりも、大切なのは作者の心、想いだと思っています。

作者が俳句を作るとき、どんなイメージを膨らませたか、が大事で、俳句はその副産物に過ぎない、と思っています。

作者の想いに、オリジナリティがあり、それがきれいに俳句で表現されていれば、いい俳句になるのではないか、と思います。

もちろん、一生懸命作られた俳句は、どれも本質的には美しいんですけどね♪

それでは、まとめていきたいと思います。

おわりに:俳句はもっとシビれる

俳句は、俳味というお笑い要素が加われば、もっと面白くなると思います。

俳句は、本来自由な表現が許されていますが、世間にある程度認知されたいと願う方は、定型や季語や切字など、一定のロジックを覚える必要があります。

そこから、型破りすると、よいと思います。

俳句で大切なのは、作者の想いであり、それがちゃんと論理的に人々に伝われば、みんなが幸せになると思います。

俳句とは、詩とは、本来そういうものです。

多くの生きとし生けるものと調和して、みんなと生きる歓びを歌うことです。

そのことをぜひ、大切にしてもらえればな、と思います。

それでは、今回はこの辺で。

他に俳句や、詩論、人生にまつわる様々なことに言及した記事を書いていますので、よかったら読んでくださるとうれしく思います。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

コメントする

CAPTCHA