同調圧力に屈しないと言うけれど、立ち向かわず、上手に逃げよう。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、同調圧力に屈しないと言われても、そんなのできっこないじゃないか!という方、もしくは、同調圧力からうまく逃げれる方法があるなら、それを知りたい方、におすすめの記事となっております。

同調圧力に屈しないことが正義みたいになっていますが、それよりも上手に逃げたいとは思いませんか? という記事になります。

目次は、以下の3つになります。

・同調圧力に屈しないことは、正しいのか?

・自分らしく生きるために、同調圧力を回避!

・同調圧力からうまく逃げる4つの方法

目次

わたしは今まで、同調圧力に屈しないように戦ってきました。

しかし、戦い尽くして、疲れてしまいました。

戦っても、戦っても、敵はいなくならないのです。

だから、思いました。

上手に逃げた方が、よっぽどマシじゃん! と。

それでは、記事のほう、粛々と始めさせていただきますm(_ _)m

同調圧力に屈しないことは、正しいのか?

同調圧力に屈しないことは、1つの正義であって、絶対正義ではありません。

なぜなら、同調圧力自体が異常で、屈しないようにすると、ますます息苦しい世の中になってしまいます。

ただでさえ、同調圧力で苦しんでいるところへ、さらに苦しいと思いながら、屈しない人がいるとしたら、それは辛いと思います。

もちろん、屈しないことができる人は、屈しないようなマインドセットが大切になります。

こちらは、他のサイトを参考にするか、鴻上尚史さんが書く本を参考にしてみてください。

同調圧力のことも書かれており、多くの人に読まれやすい本(1,430円)です↓

話は少し逸れましたが、つまり、同調圧力に屈してしまうのはあたりまえで、それより上手に逃げる方法を考えてみましょう、ということです。

自分らしく生きるために、同調圧力を回避!

同調圧力に巻き込まれてしまうと、ほんとうに苦しいです。

皆さんも、なんとなくわかりますよね?

わたしは、小・中・高といじめられていて、同調圧力の怖さは、身を持って知っています。

個性が出せないということは、自由の反対、束縛を生みます。

言いたいことも言えずに、やがて自分軸が失われ、他人軸、つまり他人に人生を左右されることになります。

これは、ほんとうに辛い。

だから、自由になるためには、屈しないのではなく、そういうのは一部の人に任せて、上手に逃げる方法を考えてみたいと思うのです。

それでは、わたしが考える4つの方法を、紹介したいと思います。

同調圧力からうまく逃げる4つの方法

その1:同調圧力が発生するところへは行かない。

これは、現時点での同調圧力は仕方ないとして、これから新しいコミュニティに入るときに、なるべく同調圧力が低い場所へ避難することを目的とします。

そして、今所属しているコミュニティでは、うまくはぐらかしたり、適当に付き合ったり、小さな嘘をついたりして、そこから離れます。

つまり、適当に付き合って、適当に同調圧力が低いコミュニティへ避難するということです。

その2:相手にあまり反応しすぎない。

これは、先ほど述べたことと若干重なるのですが、向こうに合わせすぎない、適当に相槌を打つ、ということです。

ある意味、これは基本かもしれないです。

そうすると向こうは、コイツつまんねえやつだな、よし距離を置こう、となり、距離を置かれたら、違うコミュニティへ避難すればいいのです。

その3:リアル主体ではなく、ネット主体にする。

リアル主体とは、現実での人間関係ですね。

しかし、それでは、つながりが強すぎ、となってしまいます。

ですから、ネットという弱いつながりをベースに、リアルで定期的に会うことを心がければ、適度な距離感を保てるので、安心感があります。

いざとなったら、ネットでこれから会わないことを宣言して、それっきり会わないということも、選択できます。

そして、昨今のコロナ騒ぎのように、時代も味方してくれています。

今まではリアル主体で、避けられない関門がありましたが、現在は、ネットという弱いつながりも主体にされつつあります。

そのことによって、人間関係が楽になった方もいるのではないでしょうか?

テレワークや、リモートワークですね。

新しい働き方にも、目がいったのではないでしょうか?

もちろん、リアルで出会う新鮮さはありますが、ネットでうまくつながれる人たちはいます。

その4:人の力を借りる。

これは、だれか身近な人に相談する、専門家やカウンセラーに話を聴いてもらう、ネットでメール等で相談してみる、鴻上尚史さんに本で相談する、だれかに仲介してもらって、うまくその場を離れる、などがあります。

1人で悩まなくてもいいのです。

あなたには、思ったより、味方がいると僕は思います。

なぜなら、皆、隠れて悩んでいることが多いと、推測できるからです。

人との距離は、適度に保っておきたいところですね。

そうすることによって、あなたは羽を伸ばすことができます。

場合によっては、誰とも会わない、友達も作らないとか、あると思います。

これは、第5の選択肢ですね。おまけです(笑)

それでは、まとめに入っていきたいと思います。

おわりに:もし逃げれないなら、屈しないマインドセットを。

同調圧力に屈しないように努めなくてもいい。

これが、わたしの考えです。

同調圧力からうまく逃げる方法も、述べてきました。

少しでも、参考になると幸いです。

もし逃げれないなら、屈しないためのマインドセットがあります。

同調圧力に詳しい方に、鴻上尚史さんがいます。

ぜひ、本を購入してみることをおすすめします。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

コメントする

CAPTCHA