スピリチュアルとは?~実践の幸せ法則~

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、スピリチュアルって、なにかよく分からないという方、スピリチュアルの効果をしっかり感じたい方スピリチュアルな実践例って、どんなものがあるの?と気になる方に、おすすめの記事となっております。

目次は、以下の3つになります。

・スピリチュアルとは?

・スピリチュアルは知識よりも実践が大事

・スピリチュアルな3つの実践例

わたしは、スピリチュアルと出会って、ようやく心が落ち着きました。

自分が長年探し求めてきた、幸せの普遍の法則にたどり着いたからです。

皆さんも、スピリチュアルのことを身近な存在に感じてもらって、本来は怪しいものではないんだよ、ということを少しでも伝えることができれば、と思っています。

それでは、始めていきましょう!

スピリチュアルとは?

スピリチュアルとは、一般に目に見えない世界のことを言います。

例えば、風は見えないけれど、花が揺れることで在ることがわかりますよね?

人の愛情も、目には見えませんが、誰かを思う気持ちがあることはたしかですよね?

スピリチュアルは、目には見えませんが、確実に在るもので、色々な概念があります。

その中で、わたしは、スピリチュアルのことを幸せになる法則のことだと思っています。

スピリチュアルは知識よりも実践が大事

で、スピリチュアルは、知識として覚えようと思うとなかなかむずかしいですよね?

なぜなら、具体的な手に触れるようなものではなく、目に見えない抽象的なものだからです。

だからこそ、実践が大切だと、わたしは思っています。

スピリチュアルの実践例を後に少々挙げますが、スピリチュアルは実践することで、なるほど効果があるな、とわかるものがあると思います。

知識優位だと、どうしても実践できず、やっぱりスピリチュアルってよく分からね! や~めた! に、なってしまいます。

一方で、実践優位だと、スピリチュアルな効果を実感しながら、進めていけるので、モチベーション高く、スピリチュアルに生きる方法を実践できます。

だから、スピリチュアルは、知識として覚えるよりも、ぜひ実践してみてください。

スピリチュアルな3つの実践例

その1:瞑想

さて、ここで、スピリチュアルな実践例を挙げてみましょう。

皆さんも手軽に実践できるものです。

まずは、瞑想

瞑想とは、椅子やベッドなどを使用し、呼吸を整え、調子の波も整える作業と言えそうです。

なぜ、瞑想がスピリチュアルな実践例か、考えてみると、やはり精神統一のイメージがありますよね。

瞑想をやることによって、様々な効果があります。

ぜひ、自分に実践できる範囲で、やっていきましょう。

その2:天国言葉

次に、天国言葉を挙げます。

天国言葉って、なにかって言うと、斎藤一人さんがよく提唱?している言葉たちのことを言います。

それらは、ありがとう・うれしい・たのしい・幸せ・ツイてる・感謝してます・許します・愛してます、のような言葉たちです。

その反対の言葉を地獄言葉と言います。

簡単に言ってしまうと、ネガティブな言葉で、天国言葉は、ポジティブな言葉と言えますね。

なぜ、天国言葉がスピリチュアルな実践例か、というと、やはり唱えることによって、精神が向上、自分で自分の機嫌を取れるからなんですね。

天国言葉は、心をポッと灯りのように照らしてくれます。

詳細は、こちらを参考にしてみてもよいと思います↓

その3:清潔感を保つ

さて、最後に、清潔感を保つ、について話してみます。

清潔感を保つっていうのは、きれいに生きる、生活するということです。

つまり、当事者を見ていて、心が落ち着く生き方している、と感じれば、その人はきれいに生きている、と言うことができそうです。

なぜ、清潔感を保つことが、スピリチュアルな実践例につながってくるのか。

詳細は、こちらの本(単行本で1,540円)が参考になりそうです↓

書いている内容を、少し読んでみますね。

きれいに生きることで、龍神様が味方をしてくれる。

きれいに生きるためには、生活する場所が心地よい空間であることが大切。

こころもきれいに保って、魅力的であること、というようなことが書かれています。

清潔感を保って、より幸せに生きるための実践をしていきたいですね。

それでは、まとめていきます。

おわりに

はい、いかがだったでしょうか?

今回学んだことは、以下のようなことでしたね。

・スピリチュアルとは?

・スピリチュアルは知識よりも実践が大事

・スピリチュアルな3つの実践例

実践例については、瞑想・天国言葉・清潔感を保つ、がありましたね?

スピリチュアルな知識はほどほどにして、実践を積み重ねることで、ひとりひとりが幸せになることが大切だ、とわたしは思っています。

スピリチュアルは割と身近なもので、怖いものではありません。

ぜひ、実践して幸せな生き方にシフトチェンジしていきましょう。

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、他に詩とか、スピリチュアル(精神関係)、わたしの人生のコンテンツ化を行っているので、よかったら参考にしてみてください。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

「スピリチュアルとは?~実践の幸せ法則~」への2件のフィードバック

  1. スピリチュアルという言葉、瞑想、宗教上の言葉、それらすべてを忘れること。何かを目指す、達成するという目的思考を捨てること。この世は夢、幻ということは平家物語以来、よく聞く言葉だが、そう思っている”自分”もまた幻であるということ。そこからすべては始まる。私の到着点です。

    返信
    • すみません。
      コメント確認、随分遅くなってしまいました。
      初めてのコメントだったので、チェックを怠っていました。
      まことに不甲斐ないです。

      おそらく、無ということをおっしゃりたいのだと思われます。
      瞑想をやっていると、そのような気分になることも多々あるように感じます。
      己に寄りかかる雑念を、日頃から取り除くように努力し、澄んだ心で信念を持ち生きていくというのは、
      私もまた、精進していきたい気持ちであります。

      返信

コメントする

CAPTCHA