詩と死の関連性、生死についてのわかりやすい考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「詩と死の関連性って、どんなものがあるの?」

「生きるとは、何か」

「死が、怖い」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

詩と死、生きることの考察を、心を込めて話していきます。

目次は、以下の3つになります。

・詩と死の関連性は、高い。

・死を考えることは、生きることを考えること

・死が怖いとお考えの方へ(おすすめ本の紹介)

目次

僕は今まで、このブログで詩の研究を行い、人間の生死についても数多く考える機会がありました。

その知見を、このブログで多少なりとも、紹介することができれば、うれしく思います。

それでは、始めていきましょう。

詩と死の関連性は、高い。

詩と死の関連性は高い、と僕は思っています。

まず、詩は何を歌っているか、というと、存在、命、生きる歓びを歌っている、と僕は考えます。

そして、死を考えるということは、存在、命、生きる理由とかを考えますよね。

両者比べてみると、共通点があるように思います。

つまり、両者、存在や命と関わりが深い、ということです。

具体例を挙げてみると、詩を読むことで、人は心の奥にある何か大切な感覚を思い出すことがあります。

そして、詩には様々なもの、具体的なものや見えないものについて書かれており、その存在意義を静かに唱えています。

それらを読んでいると、自分も生きる意味があるのかもしれない、と存在意義を見出し、死(存在の尊さ)を受け止め、生きることを考えるようになります。

つまり、詩を読むと、命(こころ)がやさしい気持ちになり、死を見つめると、詩のような存在の尊さを歌っているものに、自然と惹かれていくのだと思います。

よく類は友を呼ぶ、というものがありますよね。

あんな感じで、詩に触れ合う人は、死や生きることを考え、死と接した人は、自然と心深くにある魂の傷を癒すために、詩のことを考える傾向があるのだと思います。

死を考えることは、生きることを考えること

死を考えることって、案外ネガティブなものばかりではない、と僕は考えます。

なぜなら、死を見つめるということは、その限りある命をどう生かそうか、と生きることを真剣に考えるようになるからです。

僕は、今までおよそ3度のいじめに遭っています。

自殺したいと思ったことは何度もあり、惨めな思いになったことは数知れず(現在は克服しています)。

そんなときに、命の淵まで何度も行ったことがあります。

思索に思索を重ねて、根本的な魂のところまで降りていったわけですね。

そして、命のリアリティや、普通に日常生活を送れることのなんと素晴らしいことか、若くして悟ったわけです(若干、自慢、すいません)。

ですので、死を考えることは、同時に生きることを真剣に考えることに繋がっていきます。

すると、どうなるのか。

幸せに生きることができるよう試行錯誤を繰り返し、徐々に生きることが楽になっていく、ということが考えられることの1つです。

もちろん、死を見つめることは、他にも生きることへ様々なメリットを及ぼすと思いますが、この記事ではここまでにしておきます。

それから、死を考えなければならないということはありませんから、ご心配なく。

ただ死を意識して、生きるよう心がけると、生の質が上がるということを言いたかったのです。

死が怖いとお考えの方へ(おすすめ本の紹介)

さて、ここでは死が怖いとお考えの方へ、参考本をご紹介します。

それは、生きがいの創造(完全版)という本(1650円)です↓

この本は、知人から紹介された本ですが、とても面白い本でした。

僕の死生観を、激しく揺さぶりました。

それまでは、死が怖くて、それには立ち向かっていかなければならないもの、と思っていました。

しかし、この本はある種の文章テクニックを巧みに使い、科学的に死は怖いものではない、と勇気や感動を与える名著です。

ボリュームがかなりあるのは難点ですが、それが気にならないくらいスラスラスラと読めます。没頭するくらい読めます。

この本を読むと、ほんとうに生きることが怖くなくなる、または生きることがほんの少しでも楽になる、人生にハリが出てくる効果があると思います。

なので、よかったら読んでみてください。

これ以外の本で、参考程度に、斎藤一人さんの本を読むという方法もあります。

死に関しても、明るく、楽しく、話されています。

もしよかったら、こちらの記事を参考にしてください↓

それでは、まとめです。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

この記事では主に、このようなことに触れてきました↓

・詩と死の関連性は、高い。

・死を考えることは、生きることを考えること

・死が怖いとお考えの方へ(おすすめ本の紹介)

詩と死は、奥が深い・・・。

詩と死は関連性が高く、詩を読むことは、死を考えることにも繋がっている、と個人的には思います。

そして、これを読んでいただいた方たちには、生きることを考え、死を怖れず、前向きに足を踏み出されることを、影ながら祈っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます(^^ゞ

かめれもん★でした(^_^)/~

コメントする

CAPTCHA