HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「緊張感を和らげたい」

「緊張を和らげ、疲れを取りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法について、微力ながら考察させていただきました。

目次は、以下の5つになります↓

・HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

その1:1人の時間を充実させる

その2:詩を書く

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

その4:上手に避ける

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

僕は、HSPで、今まで緊張していたことも何度かあります。

学校だけじゃなく、家の中でも緊張していたこともあります。

その視点から、何か1つでも参考になるものがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

その1:1人の時間を充実させる

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、1人の時間を充実させるというものがあります。

普段、1人でいないときは、緊張感に満ちていて、リラックスどころではないと思うので、1人の時間になったときに、気持ちを緩める、リカバリーが大切だと思います。

例えば、アロマを焚くだったり、コーヒーを飲むだったり、音楽を聴いてリラックスするというものがあると思います。

1人の時間を充実させることによって、緊張状態に備えることができますし、メリハリを作ることができると思います。

その2:詩を書く

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、詩を書くがあります。

詩を書くことによって、頭が整理され、浄化されます。

例えば、その日あった嫌な出来事も、自分なりに美しい出来事に変えることができたなら、少し気が楽になります。

詩を書くことによって、日中の緊張を緩めることも可能だと思われますので、ぜひ参考にしてみてください。

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、チョコレート、もしくはココアを飲む、という方法があります。

チョコは、疲れたときに食べると、癒しの効果があるみたいですね。

僕とかも、疲れたときや緊張したときに、チョコを食べると少し元気になる気がします。

父も、車で長距離運転したときにココアとか飲んでいましたし、緊張を和らげる何かがあったのかもしれませんね。

なので、緊張したときは、チョコやココアを飲んだりすると、少し気分が和らぐと思います。

ですが、食べすぎには注意した方がいいと思います。

その4:上手に避ける

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、上手に避ける、があります。

例えば、苦手な人の前では自分の意見を言わないが、ネットでは気軽に言うとか、あるいは、相手のネガティブな意見をテキトーにうなづく感じで「へ~、そうなんだ~」と聞き流す、もしくは、だれかに仲介してもらって、場を治めてもらうという方法もあると思います。

上手に避けるという方法は色々あると思いますが、要は、回避しすぎす、ちょっと避けるというイメージです。

ローリスクハイリターンみたいな感じですかね・・・。

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く、という方法があります。

田舎と都会って、緊張度合いが全然違う気がするんですよね。

例えば、高層ビルとか、人混みとか・・・。

田舎の方が、気分が楽なところはあると思います。

あと、ペットや観葉植物を部屋に住まわせるでもいいし、僕が知っている詩の中に、部屋に石を置くシーンがあるのですが、あれなんかは、まさに、自然由来のものを身近に置くことによって楽になっているパターンだな、と思ったりもしました。

田舎に住む、またはたまに自然に出向く、自然由来のものを身につける、部屋に置く、あるいは食べるとかでも、緊張は和らぐことはあるのではないか、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・HSPさんの緊張を解き放つ方法

その1:1人の時間を充実させる

その2:詩を書く

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

その4:上手に避ける

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

あなたの幸せを、願っております。

緊張を解き放つということは、案外むずかしいものがあると思います。

もし自分1人では解決することはむずかしいと思ったら、だれかを頼ったり、カウンセリングを受けることも有効だと思います。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、なにか1つでも参考になったところがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

いい人の特徴は◯◯◯ いい人になる5つの方法についても解説

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「いい人の特徴を簡単に知りたい」

「いい人になるには、どんなことに気をつければいい?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

いい人の特徴を一言で定義し、いい人になるにはこんなことをしてみたらいいのではないか、という考察記事です。お手柔らかに……。

目次は、以下の通りです↓

・いい人の特徴は、◯◯◯

・いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

その3:言霊に気をつける

その4:身体所作に気をつける

その5:瞑想

目次

僕はいい人だと思っています(自分で言うのもどうかと思いますが)。

周りからもそう言われるし、それが自分のほんとうの姿だしなあ、とも思います。

参考になるところがあるかどうかわかりませんが、1つでも「これはっ!」と思うものがあると幸いです。

それでは、始めていきましょう。

いい人の特徴は、◯◯◯

いい人とは、自然体な人のことだと思います。

自然体な人は、どんな人かというと、無理をしておらず、かといってがんばりすぎてもいない、公平で、穏やかな人、というイメージです。

なぜ、いい人が自然体な人かというと、世間でよく言われるいい人はニセモノだと思うからです。

例えば、いい人ぶっている人は、真のいい人ではありません。

それは、自分らしい、ありのままの姿に嘘をついていると言えるからです。

なので、この場合、いい人はあまり目指すべきものではないのかもしれません。

自然体であることは、自分らしさを取り戻すということです。

自然体になれば、だれが見ても不快に思われることはないですし、その方が楽しい、と思います。

いい人とは、自然体な人であり、いい人を目指すことは悪いことではないと思います。

もし、いい人がこの世界からいなくなったら、大変なことになると思いますし、いい人はどんな人か、しっかり理解しておく必要がある、と思います。

続いて、いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと、について述べていきたいと思います。

いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

いい人になりたいのであれば、自然とたくさん触れ合うことは大切だと思います。

なぜなら、自然を見ていると、体も自然体になって、リラックスしてくるからです。

自然と触れ合うことがむずかしくても、家に観葉植物を置いたり、ペットを飼ってみたり、たまに外出して自然に触れてみるといいかもしれません。

自然とたくさん触れ合うことによって、自然体になり、日常生活でも自然体で行動できる頻度が増える、と思います。

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

いい人になりたいのであれば、少し負荷がかかる環境でリラックスするといいかもしれません。

なぜなら、それが自然体であるときに必要なことであり、自分の能力を発揮しやすい状態だからです。

例えば、リラックスしすぎても、不意打ちに対処できなかったり、柔軟に対応できない場合があります。

一方で、プレッシャーがかかりすぎても、自然体でなくなり、笑顔を作ったりするのもむずかしくなります。

少し負荷がかかる環境で、リラックスすると、本来の力が発揮できるようになり、顔もイキイキしだすと思います。

その3:言霊に気をつける

いい人になりたいのであれば、言霊に気をつけるということも必要だと思います。

なぜなら、ネガティブな言葉、グチや悪口を言っていると、自然体ではなくなり、気持ちよく行動することがむずかしくなるからです。

ポジティブな言葉を無理に言おうとしなくてもいいと思います。

ただ、グチや悪口のような自分も他人も気分が落ち込んでしまうような言葉を慎むだけでいいと思います。

それだけで、自然体に近くなる、と思います。

言霊に気をつけることによって、本来の人が幸せに向かう道へ転換することも可能だと思います。

その4:身体所作に気をつける

いい人になりたいのであれば、身体所作に気をつける、というのもいいかもしれません。

なぜなら、自然な身体所作を意識すれば、心にも自然さが行き届くからです。

心や考え方を自然にするには、むずかしいものがあるかもしれません。

しかし、体を自然にするには、意識しやすいものがあります。

例えば、茶道とかの自然的な動きをイメージしてもらえるといいかもしれません。

身体所作に気をつけることによって、心も整い、それが習慣化されれば、自然体に近づくと思います。

その5:瞑想

いい人になりたいのであれば、瞑想をやることもいいかもしれません。

なぜなら、瞑想は雑念を排除し、本来の人の生き方に戻す作用があるからです。

瞑想がいい、という情報は、今は色々なところで広がっていることだと思います。

瞑想とは、今を生きる訓練だと思っています。

瞑想をやることによって、自然体になり、頭もスッキリすると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・いい人の特徴は、自然体

・いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

その3:言霊に気をつける

その4:身体所作に気をつける

その5:瞑想

いい人は、楽しい!

僕は、世間で言われるいい人、いい人ぶっている人は、不自然体に見えます。

他の人にいい人と見られることもあると思いますが、長続きしませんし、ほんとうの自分を隠そうとする行為も疲れてくると思います。

自然体でいることは、だれにでもできることですし、だれにでも目指せるものです。

ぜひ参考になるところが1つでもあったら、行動に移してもらえると、うれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

ネットの情報の信頼性、活用法、疲れたときの対処法についての考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「ネットの情報って、信頼性どのくらいあるのかな」

「ネットを上手に活用する方法について知りたい」

「ネットで疲れたときの対処法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

ネットの情報の信頼性に対する個人的な意見なので、参考程度に聴いてもらえれば、と思います。

目次は、以下の通りです↓

・ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

・ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

その2:一度、紙の本を読んでみる

その3:複数の人から意見を聴く

・ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

目次

僕は、以前、ネットの情報を漁りすぎて、頭の中が混乱していたことがあります。

現在は、その点を反省し、情報のインプットの仕方に気をつけたりしています。

その視点から、なにか1つでも参考になるものを紹介できれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか、というと、ほぼないと言えるかもしれません。

しかし、中には信頼できる情報もあることはたしかです。

なぜ、信頼性がほぼない、と言えるかというと、情報元が、ネットではない可能性があるからです。

例えば、本からの情報だったり、とある論文を参考にしていたり、あとは、プロのライターさんが書いていない情報もあるからです。

ネットを見ていると、ほんとのこと言ってそうな記事もあるよ、という方もいると思います。

しかし、最終的には自分の価値観で、情報を判斷することになります。

ネットでこんな風に言っていたから、ではなく、それに対して自分はどう思うか、という意見を大切にするとよいのかもしれませんね。

次に、ネットを上手に活用する3つの方法について、述べたいと思います。

ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

ネットの情報は、参考程度に、という心構えが大事だと思います。

なぜなら、参考程度にという心構えを取ることによって、ネットの情報とちょうどいい距離が取れるからです。

ネットの情報を参考程度にすることによって、幅広い情報を効率よくインプットすることも可能だと思います。

その2:一度、紙の本を読んでみる

ネットの情報を取り扱ううえで、一度紙の本を読んでみるのもいいのかもしれません。

なぜなら、ネットの本より、紙の本の方が本気度が違うし、能動的に読めると思うからです。

その上で、ネットと紙の本を使い分けるようになればいいのではないか、と思います。

その3:複数の人から意見を聴く

ネットの情報を鵜呑みにする前に、複数の人から意見を聴くことが大事だと思います。

なぜなら、1人の意見を聞いていたときよりも、複数の意見を聞いていたときの方が、視野が広くなるからです。

正しい情報は1つとは限りませんし、色々な情報を尊重できればいいのかもしれませんね。

最後に、ネットの情報に疲れたら、本を読もう、について述べたいと思います。

ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

ネットの情報に疲れたら、本を読んでみるのも、いいのかもしれません。

個人的には、紙の本がおすすめです。

なぜ、そう述べるかというと、ネットの情報は主に一般の方たちが投稿していると言えるからです。

もちろん、企業さんが投稿している例もありますが……。

例えば、ネットだと、気軽に誰でも記事を投稿することが可能です。

つまり、プロのライターさんによって書かれていない記事が多い。だから、疲れると僕は思うのです。

これを言うと、ネットで記事書いている人たちには申し訳ないと思いますが、個人的な意見として言わせていただきます。

あと、紙の本の方がなぜいいのかというと、内容がスッと入ってくる気がするし、電子書籍よりも真剣に読もうという気がするのです。

ネットだと、つい気軽に読んでしまい、内容が頭に入ってこないこともあると思います。

ネットの情報は、真実が書かれているとは言いがたいと思いますし、慎重に、参考程度に読むのがいいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

→ほぼない。しかし、質の高い情報もたまにあり。

・ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

その2:一度、紙の本を読んでみる

その3:複数の人の意見を聴く

・ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

ネットと上手に付き合おう。

ネットの情報は便利な反面、リスクがある部分もあります。

その見極めをしっかり行い、誰が、どのように情報を発信しているかなど、確認してもらえれば、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPによる5つの生きづらいあるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPって、生きづらいなあ」

「HSP向けのあるあるって、どんなものがあるかなあ」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPによる生きづらいあるある、紹介していきたいと思います。

目次は、以下の5つになります↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

目次

僕は、HSPです。

今まで、生きづらいと思ったことも何度かあります。

それらを今回の記事で、紹介していこうと思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPによる5つの生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、嵐のような人に振り回される、があります。

なぜなら、HSPさんは、よく人に振り回されてしまう人だからです。

具体的に言うと、職場にいる嵐のような人とか、飲食店で店員さんを困らす嵐のような人とか、近所に住む困った人とか、まあ、色々あると思います。

HSPさんは、嵐のような人が来たら、「うわ、また来た」ではなく、「ああ、また来ましたか~はいはい」みたいな感じで受け流す努力をしてみるといいのかもしれません。

その2:騒音に惑わされる

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、騒音に惑わされる、があります。

なぜなら、HSPさんは感覚過敏なので、小さな音でも「うわっ」と驚いてしまうからです。

例えば、家の中でゆったりしていると急に外から変な音、あまり聞かない音が聞こえてきて「なんだ、なんだ」となったり、あるいは電車の行き交う音でも結構ストレスになると思います。

HSPさんは、騒音に惑わされないよう、都会から田舎へ引っ越したり、家の中では耳栓などの防音対策を講じるなど、色々と工夫してみることが大切だと思われます。

その3:些細なことでトラウマ抱える

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、些細なことでトラウマ抱える、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、些細な嫌なことでも思い返し、処理するのに時間がかかると思われるからです。

例えば、誰かから言われた自分を理解してくれない言動から、傷つき、その記憶をいつまでも保持してしまう、があると思います。

他にも、これは僕の場合なんですが、いじめを受けていたので、周りから見てそれほど大したことないように見えても、大ダメージをくらっていたこともあります。

あっ、いじめのトラウマは克服しておりますので、ご心配には及びません(^^ゞ

HSPさんは些細なことでトラウマを抱えやすい傾向があると思われますので、そのような場所、仲間から一歩引くよう心がけ、トラウマを抱えることがあっても、すぐに回復できるよう家での過ごし方に気をつけたいところですね。

その4:情報で頭がパンクする

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、情報で頭がパンクする、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、情報をたくさん脳内に取り込みやすいので、すぐに頭の中でパンクする可能性があるからです。

例えば、ネットとかの情報は、どんどん手に入れやすいですよね。

しかし、それ故に、質の低い情報がどんどん頭の中に雑念として残ってしまいます。

ほんとのこと言えば、今見てもらっているこのブログも、情報としては浅いものだと思います。

なので、気軽に、慎重に(大切に)、情報をインプットしていくことが大切だと思います。

HSPさんは、情報のコントロールを制すれば、質のいいインプットをたくさんできると思われますので、ぜひ本やYouTubeとか見るのもいいのかもしれませんね。

その5:同調圧力に屈してしまう

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、同調圧力に屈してしまう、があります。

なぜなら、HSPさんは他人の意見を優先することが多いからです。

例えば、集団で何か発言するときに、みんながこれだという方向に行っていたら、発言することはむずかしくなり、他人の意見を優先させてしまいます。

これはある意味、自分の意見に何か言われることを避けるためだと思われます。

HSPさんは、相手の意見を聞き流し、それでいてさりげなく自分の意見を言い、違うところ(例えばネットや別のコミュニティ)で自分の意見を言い、その人たちと仲良くなればいいのだと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

生きづらい世の中、楽しんでいこう。

HSPの生きづらいあるあるって、まだまだ他にもあると思うんですよね。

けれど、最近のコロナ渦によるオンライン化からしても、世界はいい方向に向かっていると思います。

少数の有志とともに、世界をよりよい方向に変えていけたらいいですよねヽ(^o^)丿

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

占いが当たらない・・・。当たるようにするには、どうしたらいいのか。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「占いが当たらないのは、なぜ?」

「占いに当たるって、どういうこと?」

「占いが当たるようにするには、どうしたらいいの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

占いが当たらない理由と、占いが当たるために、どのような行動を起こせばいいのかについての考察記事です。

目次は、以下の3つになります↓

・占いが当たらない人の特徴

・占いが当たる人の特徴

・占いが当たらない・・・。当たるようにするには、どうしたらいい?

目次

僕は、日頃から占いを利用していたり、スピリチュアルなことには、情報のアンテナを張っています。

精神関連の本は、100冊くらいは読んでいると思います。

そんな僕ですが、1つでも参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

占いが当たらない人の特徴

占いが当たらない人の特徴として、理屈っぽい、頭が固いが挙げられると思います。

なぜなら、占いの本質に気づかず、言葉通りに受け取っている可能性があるからです。

例えば、大勢の方に言った言葉を、自分には当てはまっていない箇所が多いから、占いは当たらないものだ、と言っている感じです。

占いが絶対的なものかというと、そうではないと思います。

絶対的なものがあると思うと、その人は視野が狭くなります。

なぜなら、自分の考えが絶対だと思うと、他の人の考えを排除したくなりますし、みんな違って、みんないい、のように色々な考えや、ほんとうのこともあります。

占いが当たらない人の特徴として、理屈っぽい、頭が固いがありますが、占いに期待しすぎず、もう少し寛容になる必要があるのかもしれませんね。

次に、占いが当たる人の特徴を、述べていきたいと思います。

占いが当たる人の特徴

占いが当たる人の特徴として、直観力に優れていることが挙げられると思います。

直観力とは、感覚的に本質を見抜く力のことを言います。

なぜ、直観力が優れているかというと、限られた言葉やアドバイスを手がかりに、当たっているか否かを判断、もしくは想像するからです。

例えば、占いで当たったと思うためには、センサー、つまり直観力がある程度あった方が察知しやすいです。

占いといっても、完全に当たるものはないと思いますし、当たったら怖いです。

それに当たらない方が、依存してしまうことが少なくなります。

占いに当たるかどうかが、すべて鑑定される方の力量にあるかというと、そういうわけではないと思います。

単純に占い師の力量によって、占いは当たるものなんだ、と思うこともあると思います。

占いは、占い師の力量と、鑑定される方の直観力、つまり想像力によって、当たる確率は変動するものと思われます。

最後に、占いが当たるようにするには、どうしたらいいのか、について述べていきたいと思います。

占いが当たらない・・・。当たるようにするには、どうしたらいい?

占いが当たるようにするには、頭の中に雑念が少ない状態を保つことが大事だと思います。

なぜなら、頭の中に雑念が渦巻いていると、自分の心の声に耳を澄ましにくくなるからです。

雑念が少ない状態を保つためには、瞑想やヨガ、テレビやマスコミといったネガティブな情報をシャットアウトし、ポジティブな情報、不安や恐れではなく、自分がワクワクしたり、ドキドキする情報、スピリチュアルや、本、YouTubeを見るでもよいと思います。

自分の心の声に耳を澄ますとは、占い師が言ったことが自分に当たっていると判斷するために必要なことです。

自分の心の声に耳を澄まさず、占い師の言うことが正しければそれでいいや、と思う方もいるかもしれません。

しかし、それだと他人軸で幸せな気持ちにはなれないと思いますし、最終的には自分の心の声に耳を澄まして行動した方が楽しい、と僕は思います。

占いが当たるようにするには、占い師の力に頼りすぎることなく、できるだけ自分の心の声に耳を澄まして判断した方がよいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・占いが当たらない人の特徴

→理屈っぽい、頭が固い

・占いが当たる人の特徴

→直観力、想像力が優れている

・占いが当たらない・・・。当たるようにするには、どうしたらいい?

→瞑想をしたり、ネガティブな情報をシャットアウトして、自分の心の声に耳を澄ませるように努力する。

占いと、上手に付き合おう。

占いが当たるかどうかは、鑑定される方と占い師の両方の力量のバランスによって、左右されると思います。

お互いに寄り添って、よりよい未来へ舵を切れるよう努力していきたいところですね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩、スピリチュアル(精神)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

【完全版】初心者のための詩の読み方講座

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「詩を楽しむためには、どうしたらいいのだろう」

「詩をもっと好きになる読み方とかあるのかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

詩の読み方の記事をまとめると同時に、詩に対する親しみ方について、述べています。

目次は、以下の3つになります↓

・詩の読み方その1:何度も読む

・詩の読み方その2:谷川俊太郎さんの詩を入口にする

・詩の読み方その3:合わないと思ったら、無理して読まない。

目次

僕は、今まで詩関連の記事を50記事以上書いてきました。

なので、その視点をもとに少なからず参考にすることができる情報をお届けしたいと思います。

それでは、始めていきましょう。

詩の読み方その1:何度も読む

詩の読み方において大切なのは、何度も読むことだと思います。

なぜなら、詩は1回読んだだけでわかるものではなく、何度も読むことによって隠されたほんとうの意味や、味わい深さに気づけるからです。

例えば、ビジネス書や自己啓発本とかであれば、大半は1回読めば得られるものがあります。

なぜなら、1つの意味の情報しかないからです。

笑顔が大事とか、こういったビジネスマナーを心がければ、とか、そういった本は知識よりも行動することが大切だと思います。

詩を何度も読むことがめんどくさいという人は、もしかすると詩は向いていないかもしれません。

しかし、詩でしか得られない精神の豊かさというものがあります。

詩を何度も読むことによって、自分という人間に深みが増すことにつながる可能性もあるので、ぜひよければ何度も読むことを心がけてみてください。

次に、谷川俊太郎さんの詩を入口にする、について述べていきたいと思います。

詩の読み方その2:谷川俊太郎さんの詩を入口にする

詩の読み方において、谷川俊太郎さんの詩を入口にすることは、とてもいい方法だと思います。

なぜなら、谷川俊太郎さんの詩は、万人受けするので初心者向けであり、様々な詩集を出しているからです。

例えば、代表作の『二十億光年の孤独』や『生きる』などは、子どもでもなんとなく惹かれるものがあります。

そして、『夜のミッキーマウス』や、最近では『ベージュ(1650円↓)』という詩集も出されています。

2冊とも読みましたが、とても満足がいくものでした。

谷川俊太郎さんじゃなくて、もっとマイナーな詩人さんを読みたいという方は、ポケット詩集1~3を読みつつ探してみたり、海外の詩集もありますので、自分の好きなところから攻めていきましょう。

『ポケット詩集(1650円↓)』

詩の読み方において、谷川俊太郎さんの詩から入ることは、とてもいい入口だと思いますので、ぜひ実行してもらえるとうれしく思います。

最後に、合わないと思ったら、無理して読まなくていい、ということについて述べたいと思います。

詩の読み方その3:合わないと思ったら、無理して読まない。

詩の読み方において、合わないと思ったら、無理して読まない、があります。

なぜなら、合わない詩があり、しかもそれが難解だったら、読を嫌いになる人も出てくると思うからです。

例えば、合わない詩人さんの本を購入してしまったとします。

すると、読まなくては、という思いが生じると同時に、詩特有の難解な言い回しに疲れてしまうこともあると考えられるからです。

詩そもそもが現代人に合わないものなのでは、と思う方もいるかもしれません。

しかし、詩のような時間の質、つまり精神の豊かさというものが忘れ去られてきたからこそ、現代社会でうつになる人とかが出てきているのではないか、と僕は思ったりもします。

詩の読み方において、合わないと思ったら、無理して読む必要はなく、パッパッパッと読み進めて、気に入った詩人さんの詩集を何冊か読むという方法もあると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて触れてきました↓

・詩の読み方その1:何度も読む

・詩の読み方その2:谷川俊太郎さんの詩を入口にする

・詩の読み方その3:合わないと思ったら、無理して読まない。

詩は、楽しく、自由だ。

詩の読み方にこれといった決まりというものは、そんなにないと思います。

しかし、自分の好きなように読むことによって、詩の楽しさや奥深さに触れることもできると思います。

ぜひ、自分の好きなように、自由に詩の世界に触れてもらえるとうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

吉濱ツトムさんの本『2040年の世界とアセンション』感想

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「吉濱ツトムさんの本を知りたい」

「スピリチュアルで幸せになる方法を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

吉濱ツトムさんの本『2040年の世界とアセンション』についてのレビュー記事になります。

目次は、以下の3つで構成されています↓

・この本を読む前

・この本から得た気づき

・この本から起こせる行動

目次

僕は、スピリチュアル(精神世界)を違和感なく受け取ることができます。

といっても、過剰なオカルトとかは別ですけど・・・。

まあとにかく、吉濱ツトムさんのこの本は、とてもおすすめですので、よかったら読んでいただけるとうれしいです。

それでは、始めていきましょう。

この本を読む前

この本を読む前は、視野が狭い方だったと思います。

なぜなら、未来がどうなっている可能性があるか、世界はどのように様変わりしているか、具体的にイメージできていなかったからです。

その概要をここで少し述べると、異次元存在とアメリカ大統領が会談したことを、2025年ごろに公式に発表することや、地球が一貫してよくなっている事実がデータを基に解説されています。

例えば、20世紀は殺人と戦争が最も少なかった世紀であることなど。

これに対し、ほんとうか? そんなことあるわけないじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、本の内容をしっかり読み込むと、吉濱ツトムさんが地に足をつけた説明をしていることがなんとなくわかったり、納得できる部分も多いです。

この本を読む前は、視野が狭かったですが、この本を読んだおかげで、たとえ嘘だったとしても、未知の世界、ファンタジーとして広い視野を持つことができたと思っています。

次に、この本から得られた気づきについて、述べたいと思います。

この本から得られた気づき

この本を読んで思ったのは、読む前と読んだ後での安心感に差があるということです。

なぜなら、吉濱ツトムさんが全力で、主にスターシード(発達障害)に対し、安心してもいいとメッセージを送ってくれているからです。

例えば、アセンション(つまり地球が急激によくなっていく過程)で、2極化の話がスピリチュアルでは一時話題になりました。

その時、暗いネガティブな方向で、不安と焦りを手放さなければ大変なことになる、という人もちらほらいました。

そんな方たちによる暗いメッセージに対し、スターシードたちが絶望の底に堕ちたままにしないように、アセンションゲートは閉じておらず、いつでも幸せな方向に舵を切れるということを、吉濱ツトムさんが本著で話しています。

スターシードしか読めないのか、というと、そんなことはないと思います。

スターシードでない人でも、新しい価値観や、新しい世界を垣間見えるし、安心できる情報もあると思います。

この本は、特にスターシード(発達障害)の人には、ぜひ読んでほしいし、興味がある人なら誰でも読んでほしい本になっています。

最後に、この本からどういう行動に移せるか、考えていきたいと思います。

この本からどういう行動に移せるか

この本を読むことによって、自分が幸せな方向に行き、多くの人を絶望の底から、少しでも這い上がらせることができると思います。

なぜなら、この本は、一般のスピリチュアルのような幸せになるためのワークも少し含まれているからです。

例えば、ワクワクに従うことによって、正しい方向に導かれることや、ありがとうを意識して言うことを心がけることによって、波動つまり体の調子をいい方に保つことができる、ということなどです。

スピリチュアルなワークをやっても何も変化が起こらない、という人もいると思います。

そのような人はまず、1回やれば効果が多大に得られると思っていないかチェックすることが大切だと思いますし、何事も継続することによって得られるものがあります。

例えば、スポーツでもすぐにはうまくならないですよね。

継続といっても、1日にワークをやる回数を減らしたり、もしくは意識することを減らしたり、自分に合ったワークで、少しずつ変化を起こしていくことが大切だと思います。

この本を読むことによって、自分が幸せな方向に舵を切ることもできますし、そのおかげで多くの人を元気づけることも可能だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・この本を読む前

→視野が狭かった

・この本から得た気づき

→読むと読まないとでは、安心感に差がある

・この本から起こせる行動

→自分も幸せになり、人の幸せも援助できる

世界は、ますます良くなっていく。

吉濱ツトムさんの本は、初めて読みましたが、とても濃密な本でした。

YouTubeもやっているので、よかったら見てみるといいかもしれません↓

吉濱ツトムさんのYouTubeチャンネル

吉濱ツトムさんって、こんな人かあって想像できると思いますし・・・。

『2040年の世界とアセンション(1870円↓)』

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

文才がある人の3つの特徴

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「文才がある人の特徴って、何だろう?

「自分も文才があったりしないかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

内容は、そのまんま文才がある人の3つの特徴になります。よかったら、見ていただけると幸いです。

目次は、以下の3つになります。

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴その3:HSP

目次

僕は、執筆活動を1~2年くらい高頻度で続けてきて、文才がある人はこういう人なのでは、となんとなく分かってきたので、それを紹介します。

僕はというと、もしかしたら文才があるわけではないかもしれません。

しかし、文才がある人を得意の読解力と分析力で見てきたりもしたので、それらを参考にしつつ、紹介したいと思います。

それでは、始めていきましょう。

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴として、書くことやアウトプットが苦痛ではない、ということが挙げられます。

なぜなら、書くことやアウトプットが苦痛だと、せっかく文才があったとしても、開花することはむずかしいからです。

例えば、才能があっても、それを形にするテクニックがなければ開花しません。

それに、書くことやアウトプットがそもそも好きでないと、継続することが困難になり、楽しくもありません。

書くことやアウトプットが苦痛でも、続けることはできるかというと、むずかしいものがあります。

なぜなら、好き=才能に近いものを持っている、と僕は思うからです。

せっかく、才能があるなら、好きなもので開花させたいですよね。

なので、書くことやアウトプットが苦痛ではないことが、文才がある人の特徴と言えます。

続いて、目に見えないものが好き、という特徴に迫っていきます。

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴として、スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き、が挙げられます。

なぜなら、言葉も目に見えないものであり、頭の中の想像力が不可欠になるからです。

例えば、読書するにも、まずは言葉を読みますよね。

そこから、作者の意図を想像します。

言葉という目に見えるものから、目に見えないものに到達することが必要なのです。

そして、作者は目に見えないものを、言葉を通して、伝える必要があります。

つまり、目に見えない存在に親しみがないと、文章に実感がないものができてしまう、と思います。

スピリチュアルと言葉って、関係ないのでは? と思う方もいるかもしれません。

しかし、スピリチュアルも結局想像力や直観を通して、気づくものが多いです。

そして、言葉も想像力や、直観を通して、本意とつながります。

それらを操るためには、精神世界と親しくなくては、言葉にも親しくなれない、と僕は思います。

文才がある人の特徴として、言葉と共通点の深いスピリチュアルや文化などを好きな人が挙げられる、と思います。

最後に、HSPという特徴に触れたい、と思います。

文才がある人の特徴その3:HSP

文才がある人の特徴として、HSPが挙げられる、と思います。

HSPとは、ひといちばい繊細な人、という意味です。

なぜ、HSPさんは文才があるのかというと、感受性が強く、豊かな精神世界を形成していると考えられるからです。

例えば、感受性が強いということは、繊細で緻密な情報をインプットすることが可能ということです。

ということは、繊細で緻密なアウトプットができる才能を抱えている、ということになります。

しかし、だからといって、精神世界を操ることが可能というわけではないと思います。

なぜなら、頭に情報がたくさん入ってきて、パンクする人もいると想像できるからです。

それを解消する方法として、書くことが挙げられると思います。

そうすることによって、頭の中が整理され、質のいいインプットを形にして、文才が開花することもあると思います。

これらの考察から、HSPさんは、文才がある、もしくは抱えている、ということが言えそうです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴その3:HSP

文才は、花開くのを待っている。

僕は、文才がある人は、豊かな精神世界を持っていて、高度な情報処理ができている、と思います。

そして、それは続けていくうちに、鍛錬となって花開くこともあると思います。

もし、自分は文才があるかも、と思った方は、ぜひ執筆活動なり続けてもらうといいのではないか、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

休むことに罪悪感を感じてしまう方へ|エール記事

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「休むことに罪悪感を感じてしまうのは、なんでだろう」

「休んだときに罪悪感を感じないための対処法を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

休むことに罪悪感を感じてしまう方たちに、エールを送るつもりで(余計かもしれませんが)書いてみました。

目次は、以下の3つになります。

・休むことに罪悪感を感じてしまう理由

・休むことに罪悪感を感じる必要はない理由

・休んだときに罪悪感を感じない対処法

目次

僕は、休むことに罪悪感を感じる人でした。

しかし、今では罪悪感を感じることは、非常に少ないです。

僕の意見から、何かしら参考になる情報と、休む勇気が湧くことがあるならば、とてもうれしく思います。

それでは、始めていきましょう。

休むことに罪悪感を感じてしまう理由

休むことに罪悪感を感じてしまう理由の1つとして、休む必要がないのに、休んでいる感覚が挙げられます。

なぜなら、動いていることが普通だと思いこんでいるからです。

ここ重要です。もう1回言います。思い込んでいるからです。

例えば、仕事はしなければならない、となぜ言えるのでしょうか。

もちろん、お金を稼ぐための最低限の労働は必要です。

しかし、欲のために果てしなく労働時間を増やしたり、効率を求めたりすると、肝心の精神的な豊かさがおろそかになってしまいます。

物質的な豊かさは、いつかは消えてなくなります。

しかし、精神的な豊かさは、いつまでも心に残ります。

止まっている、あるいは休んでいる者は、なまけているとなぜ言えるのでしょうか。

じゃあ、あなたは動くために休んでいないと言えるのでしょうか。

言えませんよね。

つまり、休むこともあたりまえに必要なことなのです。

次に、休むことに罪悪感を感じる必要はない理由について、述べたいと思います。

休むことに罪悪感を感じる必要はない理由

結論を言うと、休みなしの生活は破綻します。

なぜなら、休むことは、呼吸における吸う動作だからです。

例えば、アウトプットもたくさんし過ぎると、頭の中の知識とかが枯渇します。

それを補うためには、日々インプットして、頭を鍛える必要があります。

でも、動かないと生活が破綻する場合は、どうしたらいいですか、という疑問が来た場合、そのまま生活すると分かります。間違いなく破綻します。

なぜなら、動かないと生活が破綻するという時点で、生活も困窮しているし、精神的にも多大なプレッシャーがかかっているからです。

つまり、休むことは動くための当然の行為で、少しでもする必要があると思ったら、実行する必要があると思います。

最後に、休んだときに罪悪感を感じない対処法について、述べたいと思います。

休んだときに罪悪感を感じない対処法

これも結論を言うと、まあ、いいかと唱え、休む必要があったから、休んでいると理解すること、になります。

なんだ、精神論か、と思うかもしれませんが、精神論をバカにしてはいけません。

精神論にも中身のある精神論と、中身のない精神論があります。

なぜ、まあ、いいかと唱えたり、精神論が必要かというと、この場合、考え方を変えない限り、罪悪感はおそらくこの先も持続するからです。

例えば、こまめに休む癖をつけるといっても、考え方が休んでもいいよ、になっていないと、実際に休むことに着手することは、むずかしいと僕は考えるからです。

もちろん、精神論に頼らない具体的で実行可能な対策もあると思います。

その場合、そちらをお試しください。

しかし、僕から一言述べたいのは、考え方を変えない限り、ずっと小手先の戦法で世の中を生きていくしかないということです。

休んで罪悪感を感じるって、そもそもおかしいと僕は思うのです。

休んでいいでしょ、で終わる話が、周りを気にするからか、仕事中毒なのか、真面目なのかは分かりませんが、休む必要があると一番理解しているのは、自分だと思うのです。

その自分の心の声に耳を澄ますには、精神論も必要になってくると僕は思っています。

休んだときには、休んでもいいマインドセットと、日頃からの息抜きを心がけるとよいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・休むことに罪悪感を感じてしまう理由

→休む必要がないのに、休んでいる感覚があるから

・休むことに罪悪感を感じる必要はない理由

→休むことと動くことはセット

・休んだときに罪悪感を感じない対処法

→「まあ、いいか」と事あるごとに発し、日頃からこまめに休む癖をつけておく。

休むことは、動くこと。

休むことに罪悪感を感じる方は、結構いると思います。

しかし、休むことに罪悪感をいちいち感じていたら、人生楽しめません。

休むことは、動くための勇気の一歩なのだと、僕は思っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPが甘えかどうかは、人による話。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「なぜHSPが甘えと言われるのか」

「HSPが甘えと言われたときの対処法ってあるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPが甘えかどうかは、人によることを説明し、言われたときの対処法について、述べていきます。

目次は、主に以下の2つです↓

・HSPが甘えかどうかは、人による話。

・HSPが甘えと言われたときの3つの対処法

その1:HSP公表は、ネット限定にする。

その2:HSPという事実は変わらないから、大丈夫!

その3:そのような人・コミュニティには近寄らない。

目次

僕は、HSPです。

しかし、それは甘えではない、とハッキリ分かっています。

その視点から、HSPと甘えの関係について、述べていきたい、と思います。

HSPが甘えかどうかは、人による話。

HSPが甘えかどうかは、人によると思います。

なぜ、HSPが甘えかどうかが人によるのかというと、手軽にHSPと名乗っている方もいるだろうし、自分はHSPだと確信して名乗っている方もいると推測できるからです。

つまり、HSPが甘えかどうかを判斷するとき、主に2パターンが考えられるということです。

具体的に言うと、HSPと手軽に何の気負いもなく公表している方がいます。

この場合、たしかに甘えている、と言えるかもしれません。

一方で、HSPのチェックリストを使って結構当てはまっているし、自分でもそうとしか思えないから、自分はHSPだ、という方もいます。

この場合、HSPは甘えている、と言えるでしょうか。

HSPが甘えかどうかは、人により、一概にまとめて言うことはどうなのか、と思います。

次に、HSPが甘えと言われたときの3つの対処法について、述べていきたい、と思います。

HSPが甘えと言われたときの3つの対処法

その1:HSP公表は、ネット限定にする。

HSPが甘えと言われたとき、公表するのは、ネット限定にするといいのではないか、と思います。

なぜなら、ネットだと気軽にニックネームを付けたり、直接の風当たりは避けられるからです。

例えば、リアルでHSPと口にすると、それをいいと思わない方も中にいる可能性があります。

しかし、ネットだと、たとえ言われても自分でしっかり意見を考えて、適切に同じ土俵でコミュニケーションすることが可能です。

HSPが甘えと言われたときは、匿名性が高いネットでの意見公表が適切だと思います。

その2:HSPという事実は変わらないから、大丈夫!

HSPが甘えだと言われても、HSPという事実は変わることがありません。

なぜなら、HSPが甘えというのは、それを言った本人の評価であり、自分の評価ではないからです。

例えば、あなたは人間じゃない、人間と言うことに甘えている、と言われても、いや、自分は人間だから言い返しようがないんだけど、という状況に似ています。

HSPが甘えと言われても、それがほんとかどうかを決めるのは、自分自身です。

人から何か言われて納得する前に、自分はどう思うか、考えてみることも大切です。

その3:そのような人・コミュニティには近寄らない。

HSPが甘えと言われたとき、そのような人・コミュニティは合っていない、と言えます。

なぜなら、そのように生きていることが甘えみたいに言ってくる人たちと、長期に渡って付き合う必要はないからです。

具体的に言うと、HSPが甘えだという価値観を持っている人は、HSPに対して何らかの偏見を持っている、と言えそうです。

そんな人・コミュニティと関わっていて、いいことはほぼ皆無だと思います。

一定の修行みたいなのはできるかもしれませんが、長居する理由がありません。

HSPが甘えと言われて、もしそのような人・コミュニティから逃れることができるのであれば、勇気を出してスパッと別れるか、徐々に別れていくことが大切だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

・HSPが甘えかどうかは、人による話。

・HSPが甘えと言われたときの3つの対処法

その1:HSP公表は、ネット限定にする。

その2:HSPという事実は変わらないから、大丈夫!

その3:そのような人・コミュニティには近寄らない。

HSPは、甘えではありません。

HSPが甘えと言われる理由は、すべての人に当てはまるわけではない、と思います。

むしろ大半の方は、一生懸命がんばって生きている、と思います。

HSPが甘えと言われても、自分はHSPで甘えではない、と分かっているなら、自信を持って、その特性を活かした生き方を模索してみるといいのではないか、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ