感受性が豊かな人の大まかな3つの長所

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「感受性が豊かだと、どんな長所が言えるかな?」

「感受性が豊かだと、どんないいところがある?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

感受性が豊かな人の長所と、それを肯定する記事です。

目次は、以下の3つになります。

感受性が豊かな人は、魅力的で人間味にあふれている。

感受性が豊かな人は、クリエイティブな活動が得意。

感受性が豊かな人は、人助けに向いている。

僕は、HSPです。

HSPといえば、感受性が豊かという特徴もあります。

なので、そのような目線も踏まえつつ、解説していければ、と思います。

それでは、始めていきましょう。

感受性が豊かな人は、魅力的で人間味にあふれている。

まず、感受性が豊かな人は、魅力的で人間味にあふれている、と言えます。

なぜなら、心が豊かで、世界をみずみずしく感じられる素質がある、と言えるからです。

例えば、ふとしたことで感動して、周囲の人たちにもその気にさせたり、世界をありのままに捉えるので、素直で正直な部分があると言えます。

もちろん、個人によっては、違うこともあるとは思いますが、感受性が豊かな人は、心が豊かで、会うと安心できる人が多いと思います。

次に、感受性が豊かな人は、クリエイティブ活動が得意ということについて触れたいと思います。

感受性が豊かな人は、クリエイティブな活動が得意。

感受性が豊かな人は、クリエイティブ活動が得意と言えます。

なぜなら、大量にインプットできるから、その分アウトプットに興味が向くと言えるからです。

例えば、いい情報を受ければ、感受性が豊かな人は、ものすごく心地良い世界に浸れるので、そのときの感動をアウトプットすると、評価される可能性があります。

逆に、悪い情報とかネガティブな情報を受けると、気分が沈んでしまいますが、それをコントロールする術を備えているなら、さらなる長所と言うことが可能だと思います。

感受性が豊かな人は、インプットをコントロールし、アウトプットも訓練すれば、クリエイティブ活動でも本領を発揮することが可能だと思います。

最後に、感受性が豊かな人は、人助けに向いていることについて、述べたいと思います。

感受性が豊かな人は、人助けに向いている。

感受性が豊かな人は、人助けに向いている、と言えます。

なぜなら、人の痛みに敏感だからです。

例えば、つらい状況にある人を察知して、手助けすることも可能です。

それから、授業や何かのセミナーでもうなづきをすることによって、話者に聴いてくれている、と心を和らげることも可能です。

反対に、人助けをし過ぎて、過干渉になったり、人の痛みをわかりすぎて辛いこともあると思います。

しかし、それは、やさしさゆえの現象なので使い方さえ気をつければ、カウンセラーや相談業務、ボランティアや心理学を学び、人を手助けする力を得ることも可能だと思います。

それでは、この記事をまとめたいと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて述べてきました。

感受性が豊かな人は、魅力的で人間味にあふれている。

感受性が豊かな人は、クリエイティブな活動が得意。

感受性が豊かな人は、人助けに向いている。

感受性が豊かだと、短所だと言われることもあります。

しかし、感受性が豊かだということは、長所もたくさんあることはたしかです。

感受性が豊かということは、言葉で述べる以上に、多くの長所やメリットがあると思いますので、ぜひそれを大切にしてみてください。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

この記事では、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで、読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

言霊とは? 言霊の例、効果検証、言霊の力を借りる方法

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「言霊って、イマイチよくわからない」

「言霊の具体的な例や、言霊を活用する方法を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

言霊のしくみを、様々な角度から考察しました。

目次は、以下の3つです。

言霊の例:「天国言葉」と「地獄言葉」

言霊の効果を検証(体験談)

言霊の力を借りる3つの方法

目次

僕は、普段から詩の研究や、詩を作ったり、このように発信活動を行っています。

そのため、言霊という言葉は自分にとって、非常に大切なものです。

そんな僕ですが、この記事で、1つでも何か参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

言霊の例:「天国言葉」と「地獄言葉」

まず、言霊の例には、天国言葉地獄言葉があります。

天国言葉は、明るくポジティブな言葉ですね。

例えば、うれしい、楽しい、ありがとうなどです。

そして、地獄言葉は暗くネガティブな言葉ですね。

例えば、つらい、しんどい、楽しくない、という言葉は、地獄言葉と言えます。

このように言霊は、言う、もしくは聞くと感情が揺れたり、影響を与える言葉の力と言うことができます。

次に、実体験から言霊検証をしたいと思います。

言霊の効果を検証(体験談)

僕は普段から、このような発信活動を続けておりますが、言葉には結構気を遣います。

なぜなら、ネガティブな言葉を受け、ネガティブな言葉を発してしまうと、調子や感情の波が乱れ、発信活動に影響が出るからです。

例えば、ついバラエティ番組や、テレビのネガティブな側面を見たとき、自分のエネルギーが乱れたり、小さくなるのが分かります。

そして、その気分のままでいると、言葉を発する、または発信活動を行うときにも感情が乱れるのです。

だから疲れて、余計ネガティブな言葉や情報に意識を向けやすくなり、悪循環を招いてしまいます。

そのため、普段から言葉と触れ合っていると、その効果を実感することは多々あります。

続いて、言霊の力を上手に借りるには、どうしたらいいか、具体的な例も交え、話していきたいと思います。

言霊の力を借りる3つの方法

その1:生活習慣を整える

まず、生活習慣を整えることが挙げられます。

生活習慣というのは、睡眠・運動・食事・休息などが挙げられます。

これらは、言霊の土台になるものです。

天国言葉を言うためには、その土台である生活習慣が整えば、自然と体が元気になり、調子も出てきて、天国言葉を言いやすくなるということです。

その2:自己啓発系の本を読み、実行する。

これは、よい考え方を取り入れ、身につける、ということです。

正しい考え方は、美しい言霊の土台になるものです。

したがって、哲学や心理学、スピリチュアルや人生論でもなんでもいいですが、あなたにとって、活用しやすい考え方を取り入れるとよいと思います。

そのために自己啓発系の本をしっかり読み、実践できるとなおよいですね。

その3:詩を読み、詩を書く。

これは、美しい言葉(情報)を受け、美しい言葉を発信することが目的です。

そのため、詩じゃなくても、美しい言葉を聴いて、美しい言葉を話すでもいいし、美しい行動を見て、自分も美しい行動をするでもいいです。

そうすることによって、あなたの心の中に豊かさや、愛があふれるようになる、と思います。

それでは、この記事をまとめたいと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました。

言霊の例:「天国言葉」と「地獄言葉」

言霊の効果を検証(体験談)

→言葉と日々触れ合っていると、その効果は実感しやすい

言霊の力を借りる3つの方法

→生活習慣を整える

→自己啓発系の本を読み、実行する。

→詩を読み、詩を書く。

言霊は、実はすごい。

言霊は、たしかに存在しています。

そして、そのような言霊は、僕たちに多大な影響を知らず知らずの内に与えています。

美しい言葉をインプットし、美しい言葉をアウトプットすることは、あなたの心を豊かにするものと思われますので、ぜひ活用することを意識してみてください。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ