読書は、娯楽としての勉强。

はじめに

「読書と勉强の違いって、なんだろう?」

「読書を娯楽として楽しむための方法、なんかないかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

読書は、ほんとうは楽しいものなんだよ~となんとなく分かってもらえると幸いです。

目次は、以下の通りです↓

読書と勉强の違い

読書を娯楽として楽しむための3つの方法

その1:漫画や絵本も、読書の内。

その2:アウトプットもセットで。

その3:飲み物やお菓子もセットで。

目次

僕は、読書は勉强と別物だと思っています。

読書を娯楽としての勉强として、何かしらヒントがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

読書と勉強の違い

読書と勉强の違いについて、簡単に解説していきます。

まず、読書は、しなければいけないというものではありません。

先生に指示されるわけでもなく、自分の本心に基づいて行動すればいいからです。

一方、勉强は、しなければならないと受け止められがちです。

先生に指示され、解きたくない問題集など解かされ、この文章の意味は?などという一見答えのないような問題を解かされたりするからです。

読書は、真の勉强の楽しさを思い出させてくれ、視野を広げ、気分転換にもなります。

なので、読書は勉强の中でも、かなり楽しい部類に入ると思います。

それでは、次に、読書を娯楽として楽しむための3つの方法について、述べたいと思います。

読書を娯楽として楽しむための3つの方法

その1:漫画や絵本も、読書の内。

読書を楽しむための方法として、漫画や絵本などの敷居の低い本から読み始めてみてもいいと思います。

なぜなら、最初の読書の入口さえ確保すれば、あとは慣れて、加速度的に本を読むスピードが上がっていくからです。

読書を楽しむためには、ぜひ肩を楽にして臨んでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめです。よかったら見ていただけるとうれしく思います。

その2:アウトプットもセットで。

読書を楽しむための方法として、アウトプット、発信活動も並行して行っていくといいと思います。

なぜなら、レビューやメモなどのアウトプットをしていくことによって、知識やスキルが身につき、読書の効果を実感して楽しくなってくると思うからです。

読書を楽しむために、ぜひアウトプットもセットで、読書の効果を最大限発揮してみてはいかがでしょうか。

その3:飲み物やお菓子もセットで。

読書を楽しむための方法として、飲み物やお菓子などもセットで、リラックスできる環境をセッティングしてみてはいかがでしょうか。

なぜなら、読書は勉强ではないので、思いっきりリラックスして味わうことができるからです。

読書を楽しむために、グッズを買ってみてもいいし、電子書籍や紙の書籍にするか悩んでみてもいいし、オーディブルを検討してみてもいいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

読書と勉强の違い

読書を娯楽として楽しむための3つの方法

その1:漫画や絵本も、読書の内。

その2:アウトプットもセットで。

その3:飲み物やお菓子もセットで。

読書は、楽しい。

僕は、勉强も読書も好きですが、やはり読書の方が自由な感じがします。

読書をもっと楽しく尊重することによって、新しい世界が体感できることを願っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

コメントする

CAPTCHA