丁寧な言葉遣いで話したい! 言葉遣いを直す3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「言葉遣いを直したい」

「相手を傷つけることなく、いい人になりたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

言葉遣いを直す方法に焦点を絞って、手短かにインプットすることが可能です。

目次は、以下の3つになります↓

言葉遣いを直す3つの方法

その1:現代の名作(絵本、詩、小説など)を読む。

その2:漫画、バラエティ番組、心が乱されるインプットは避ける。

その3:クラシック、ジャズ、ヒーリングミュージックなどを聴く。

目次

僕は、よく丁寧な言葉遣いと言われることもありますし、礼儀正しいと言われることもあります。

そういえば、このスキルを誰かにシェアすることも可能なのではないか、と思い、今回の記事にしてみました。

よかったら、見ていただけると幸いです。

それでは、始めていきましょう。

言葉遣いを直す3つの方法

その1:現代の名作(絵本、詩、小説など)を読む。

言葉遣いを直す方法として、現代の名作(絵本、詩、小説など)を読む、があると思います。

なぜなら、言葉遣いとはアウトプットのことであり、インプットを変えればアウトプットが変わってくる可能性があるからです。

例えば、絵本を読むとやさしい気持ちになったり、やさしい言葉がなんとなく無意識下に入ると思います。

そうなると、自然と話す言葉や書く言葉が変わってくると思います。

インプットした言葉が形になるまで、時間がかかるのでは?という意見もあるかもしれませんが、僕は文章とか書いてて、昨日読んだ本の中に含まれていた1つの言葉が、次の日に表れてくるというのも、それなりにあるような気がしています。

アウトプット(言葉遣い)を直すために、インプット(絵本、詩、小説など)を取り入れてみてはいかがでしょうか。

その2:漫画、バラエティ番組、心が乱されるインプットは避ける。

言葉遣いを直す方法として、漫画、バラエティ番組、心が乱されるインプットはなるべく避けた方がいいと思います。

なぜなら、質の低いインプットを避ければ、それだけ質の高いアウトプット(言葉遣い)ができるようになると推測できるからです。

例えば、バラエティ番組は見ると元気になるような気がしますが、一瞬だけのような気もします。

僕の場合は、見た後に疲れるような気がします。

完全にそういうインプット(漫画、バラエティ番組など)をなくせばいいの?と思う方もいるかもしれませんが、完全にではなくて大丈夫です。

少しだけ減らして、その代わりに質の高いインプット(絵本や詩など)を増やすというのも1つの手です。

言葉遣いを直すために、ぜひ質の低いインプットを避けてみてはいかがでしょうか。

その3:クラシック、ジャズ、ヒーリングミュージックなどを聴く。

言葉遣いを直すために、クラシック、ジャズ、ヒーリングミュージックなどを聴くのはいかがでしょうか。

なぜなら、感情の部分がそれほど乱れておらず、静まり返っているのであれば、言葉遣いも清らかになると考えられるからです。

例えば、僕の場合は、毎日クラシックとかヒーリングミュージック系を1つほど聴いて、もう1曲はJ-POPなどの明るく心が少し動く曲を聴いています。

そうすることによって、無理なく言葉遣いを直す努力ができると思います。

結局のところ、言葉遣いというのは、話すときにいかに相手のことを尊重し、愛を込めて言葉を語れるか、によるものも大きいと思っています。

ですから、大切なのは気持ちであり、マインドセットだと僕は思います。

言葉遣いを直すために、ぜひ心が静まる音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

言葉遣いを直す3つの方法

その1:現代の名作(絵本、詩、小説など)を読む。

その2:漫画、バラエティ番組、心が乱されるインプットは避ける。

その3:クラシック、ジャズ、ヒーリングミュージックなどを聴く。

丁寧な言葉遣いを、目指そう。

言葉遣いを直すために、インプットの質を高め、質の低いインプットを排除し、感情を清らかにする方法を述べてきました。

あとは、人と接するときに、愛の込もった言葉を発するように心がけましょう。

言霊の力というのもあると思われますので、それで元気になる可能性もあります。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

コメントする

CAPTCHA