情報収集を、仕事に! 初心者でもできるおすすめの3つの職種

「情報収集を仕事にできたら、幸せだな」

「誰でもできる情報収集の仕事って、ないのかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

現在の職種を始める、または実行している中で、この職種ならいけるんじゃない?と思ったものを3つ紹介します。

目次は、以下のようになっております。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

目次

それでは、始めていきましょう。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にするということは、インプットだけではなく、おそらくアウトプットが主体になると思います。

なぜなら、価値は生み出すことによって生まれるからです。

具体例を挙げますと、サラリーマンは言われたことをただ聴くだけではなくて、実際に行動しないと価値が出ません。

情報収集も、していて楽しいだけでは、自己満足になってしまいます。

もちろん、それも悪いことではありませんが、仕事となると話は別です。

アウトプットすることによって、稼いでいきましょう。

樺澤紫苑先生の『アウトプット大全(1595円)』より、話す・書く・行動するをピックアップしました。

その視点から、自分が実感を持って書ける職種を3つ紹介していきます。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

まず初めに、Webライターをおすすめします。

なぜなら、初心者でも始めやすく、初月で稼ぎやすい側面があるからです。

情報収集を仕事にするにはうってつけであり、実際、僕も仕事をしていく中で情報収集を活用する頻度は高いと感じています。

情報収集を仕事にする上で、ぜひ調べておくことをおすすめします。

その2:アフィリエイター

続いて、アフィリエイターをおすすめします。

なぜなら、広告商品の情報を集め、あるいはそれに関する情報を集め、商品を売り出すからです。

ブロガーという方法もありますが、僕はアフィリエイターをおすすめします。

その方が、今後稼ぎやすいと思うからです。

その3:ラジオパーソナリティ

最後に、ラジオパーソナリティをおすすめします。

なぜなら、最近、YouTubeの次の段階として音声メディアが騒がれているからです。

実際にそのような動きもあり、僕のファンでもあるマナブさんが音声メディアの可能性に言及し、実行しています。

マナブさんの音声メディア言及記事

現段階では、まだまだ可能性は薄いですが、将来に向けて、音声コンテンツを溜めたり、企画を練っておくと、後々スタートダッシュが早くなると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:情報収集を、仕事に!

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

→インプットではなく、アウトプットが主体になるということ。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

インプット→アウトプット

情報収集を仕事にすることは、僕も夢見たことはあります。

その結果、現在、Webライターとしてのんびり活動していこうと試行錯誤を繰り返しています。

今回紹介した項目の内、1つでも参考になるところがあれば幸いです。

~★~★~★~

このブログを、定期的にご覧いただいている方々へお知らせです。

現在、「スピランド」という特化ブログを作成中です。

記事はまだ入れておりません。

地に足付けたスピリチュアルとして、皆様の悩みが解決され、それでいて遊園地のように楽しめる、そんなブログにしようかな、と思案中です。

興味のある方は、1ヶ月後くらいに検索してみると、記事が上がっていると思います。

随時、このブログで宣伝しておきます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

コメントする

CAPTCHA