スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

「スピリチュアルを信じる人は、変なのか?」

「スピリチュアルは、そもそも信頼できるのか?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、精神系の本を100冊以上読み込み、それらを実践し続けています。

ということで、目次は以下の3つになります。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

スピリチュアルの信頼性について

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

まとめ

目次

それでは、始めていきましょう。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

スピリチュアルを信じる人は、変ではありません。

なぜなら、スピリチュアルに明確な根拠はいらず、感覚的に信じることができると思えば信じるだけだからです。

例えば、芸術というものは感覚的なものであり、論理や意味はそれほど重要なものではありません。

芸術が論理的なものになったら、味気ないものになってしまいますよね。

つまり、スピリチュアルを信じる人は、論理的ではなく感覚的なだけであり、ほんもののスピリチュアルを見抜ける人は、見抜いていると思います。

続いて、じゃあそもそも、スピリチュアルに信頼性はあるのか、についてお話します。

スピリチュアルの信頼性について

スピリチュアルに信頼性は、あります。

なぜなら、文学、あるいは言葉はスピリチュアル的なもの、と言えるからです。

例えば、抽象的な言葉と、具体的な言葉がありますよね。

具体的な言葉は、現実に見える物を中心に創造されたものですので、言葉に信頼性は、あると言えます。

一方で、愛とか、勇気といったものは、どうでしょうか。

愛がなければ、この世界は確実に辛いものとなりますし、勇気がなければ誰もチャレンジしないので、世界は停滞します。

つまり、スピリチュアルも、見えないからといって信頼できないわけではなく、むしろ大切な言葉であることが分かります。

たしかに、言葉巧みに操る仮霊能者はいますので、そのような人は信頼できません。

しかし、僕が最近YouTubeで色々な方を見ていると、全員が偽者というわけではない、と思います。

論理的な思考を重視し、現実的な人は、ほんもののスピリチュアルを見抜ける可能性は低いと思われますので、信頼できる人から紹介してもらったり、チャンネル登録者数などの数字に着目してみるのもいいと思います。

最後に、スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話をしたいと思います。

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいます。

なぜなら、スピリチュアルな気質から、スピリチュアルなことに惹かれている方は、多いと想像できるからです。

具体例に、僕の事例を話します。

僕は、幼い頃から見えない世界に興味があり、中学生の頃は哲学や心理学に興味がありました。

自己啓発を読み漁り(主に斎藤一人さん)、心理学系の大学に入りつつ、スピリチュアルという概念にも出会うようになりました。

つまり、スピリチュアル気質がある方は、スピリチュアルという言葉に抵抗があっても、スピリチュアル系の趣味にハマっていたり、学問を修めている可能性があります。

ということで、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

→変じゃない(人も数多)

スピリチュアルの信頼性について

→信頼性はあるが、偽物も多い。

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

→スピリチュアルに近い情報を得ている可能性あり

まとめ

スピリチュアルにも、色々ある。

僕は、スピリチュアルを信じています。

しかし、それが変だという方は多いのでしょう。

関係ない。僕はスピリチュアルがあると、確信し、それは誰かに支配される心じゃないから。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^_^ゞ

「占いに、根拠はあるのか」

「占いが当たるものなら、信じたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

占いに対するスピリチュアリストの考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

その3:実際に、占ってもらう。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

僕は、精神関係の本を100冊以上読んで、実践しています。

占いもそれなりに活用しているので、実感に基づく記事を書けると思います。

それでは、始めていきましょう。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いに根拠はないと言うこともできますが、信じるに値する情報は揃っていると思います。

なぜなら、占ってもらった多くの方を観察していると、自分にとって当たっていると思われる情報を受け取り、信じた方がいいかもしれない、となっているように見えるからです。

具体例を挙げてみると、自分の性格や生活環境、他人が知らないことまで言われ、納得するしかないと占ってもらった方はそうなっている気がします。

普段口にしていなかったとしても、占ってもらうことによって、そう!そう!となる現象や、信じないと思って占ってもらった方が信じる現象もあります。

占いとは、占い師の力量と、占いを信じる人の力が合わさって、奇跡のようなことが起こっているのだと思います。

続いて、占いを信じるための3つの方法について、解説したいと思います。

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

実際に、占ってみることによって、占いとはこんなものかと、理論的に分かります。

占ってもらった人の顔を見て、占いは当たるんだな、と深く納得することができます。

例えば、身近なものにタロットカードがあります。

実際に僕もオショー禅タロットさん、活用させていただいておりました。

たしかに、占い(のようなもの)は、当たるなと深く実感しました。

それは、たしかです。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

占いを信じる、あるいは当たると思うためには、結局、自分の本心がそうだな、と納得する必要があると思います。

占い師の言うことだから、当たっているだろう、では当たっているとは言えません。

自分軸で生きるとは、他人の声ではなく、自分の本心に従うということです。

つまり、頭で考えるのではなく、心で感じている、ということが言えます。

その3:実際に、占ってもらう。

やはり、実際に占ってもらうことは、最強です。

そのためには、まず、占い師の力量を見極める力と、自分の本心、心が当たっていると、感覚的に思えるかどうかが重要だと思います。

占ってもらうことによって、頭で考えてあれこれ悩むよりも、しっくりくる可能性は高いです。

何事も、行動して分かることが多いです。

僕は、ゲッターズさんの占い本とか読んだことありますし、利用しているサイトもこちらの記事で紹介しておりますので、ぜひご参考ください↓

最後に、占いに根拠はあると個人的に思っている話をしたいと思います。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

占いに根拠はあると、個人的にはそう思っています。

なぜなら、心で感じれば、信じるに値する情報が多いです。

占いに救われた人も何人かいますし、なぜ人々がこんなに占いに惹かれるのか。

それは、スピリチュアルなことや、生死を考えることが、誰でも1度はあるようなことと似ています。

占いを活用することによって、幸せに生きるヒントをいただけるので、ほどほどに、自分の意見を持った状態で活用してみるといいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

その3:実際に、占ってもらう。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

占いの、その先。

占いっていうのは、結局、当たると、頭ではなく心が思うかどうかだと思います。

芸術とかも、結局、美しいと感じるかどうかは、心です。

大切なこと、見えないことは、結局、信じたり、想像力で実感と繋がることが、大切だと思います。

そのための、小さな当たっているかもしれない、はいくつか必要かもしれないですけどね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

真理とは? 具体例を挙げつつ、できるだけ簡単に説明してみた。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「真理とは何か、簡単に知りたい」

「真理の例を楽しく知りたい」

「真理を知ることによって、どのようなメリットがあるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自己啓発系の本を100冊以上おそらく読んでいる僕の考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

真理とは?

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

目次

僕は、真理はあると思っているし、ものすごく頭で考えるものではない、と思っています(ここ賛否両論あると思うけど)。

真理というものを、色々な書物を読んで理解し、個人的な意見としてわかりやすく提示できればな、と思います。

よかったら、参考にしてみてください。

それでは、始めていきましょう。

真理とは?

真理とは、簡単に、必要な箇所だけ覚えようとすると、世の中を正しく動かす法則のようなもの、と捉えていただいてもよいかもしれません。

真理があることによって、世の中が正常に動いていくのです。

例えば、飛行機に乗ると、目的地に到達します。

そのためには、様々な人の努力とチームワーク、コミュニケーション、ルールなどが、おそらく要りますよね。

このように、何か目的を成し遂げるために、真理というものが必要なのでは、と僕は考えます。

真理とは、要するに、この世界のほんとうのルールと言ってもいいかもしれません。

続いて、真理の例を、詩から3つ列挙します。

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

この詩は、茨木のり子さんが書いた詩で、聴くことの重要性が美しく記憶される詩です。

つまり、人々は、聴くことをおろそかにして、何かを話したり、何かを書いたり、何か行動に移したりしているわけです。

けれど、聴くというやさしさなしに、アウトプットは可能なのか、と僕にはそう聴こえました。

その2:『なぜ』川崎洋

この詩は川崎洋さんが作った詩で、大人になって好奇心を失ったのはいつからだろう的なことが書かれています(詩はぜひノウハウを得るより、味わってくださいね)。

好奇心が大切だというのも、真理の1つだと思います。

好奇心なしに、世の中が動いていたら、世界はつまらないものになっていると思います。

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

この詩は、まど・みちおさんが書いた詩で、存在の重要性について、やさしい韻律で歌っています。

現代に生きていると、あの人は存在価値があって、自分には価値がない、と思って生きている人がいたり、自分は存在価値があるけれど、それ以外は価値がない、と思って生きている人がいたりします。

けれど、よく考えてみれば、この宇宙が無限だと分かれば、存在があると感じることさえできれば、それだけで素晴らしいことだし、平等に人も動物も自然も愛されるべきではないか、と分かるような詩です。

※余談:今紹介した3つの詩は、こちらの詩のアンソロジー(1650円)に収録されています。

よかったら、ご覧ください↓

最後に、真理を正しく知ると、どのような効果があるのか、について答えたいと思います。

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

真理を正しく知ると、スムーズに動けると思います。

ものすごく噛み砕いて言うと、ですけど。

なぜなら、真理、つまり世の中のほんとうのルールが分かることによって、人々は幸せに生きることができるからです。

まあ、真理が人々を不幸にするものとは、おそらく言えないと思うし、少なくとも僕は真理は人を幸せにするものだと捉えています。

例えば、先ほど挙げた『聴く力』1つとっても、相手の話をよく聴くことによって、こちらも納得して楽しく返答できますよね。

『なぜ』を挙げてみても、好奇心があることによって、世の中に楽しい人が増え、例えばエンタメ業が盛んになって、世界に活気が出るという例もあります。

『ぼくが ここに』を読んでも、ここにいていいんだ!と多くの人が思うことによって、無理に自己肯定感を上げなくても、ありのままの自分でいいんだと気づき、自然体で、本来の力を発揮する人も増えると思います。

真理を知ることによって、人々は幸せになる基本を掴んだり、詩を読むことによって細部の色々な真理を知って心を豊かにすることも可能だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

真理とは?

→世の中を正しく動かす法則のようなもの

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

→幸せに生きやすくなる

真理を知って、楽しく生きよう。

真理というと、難しいと考える人もいると思いますが、本質は簡単かつシンプルなのだと僕は思っています。

真理を知って、楽しく生きましょう。

そして、みんなと楽しく生きましょう(なんか宗教っぽいですが、宗教ではありません)。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

「うまくいかない」に本気で答えます。7つの対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「うまくいかないので、対処法を手短に、具体的に知りたい」

「他のサイトを見ても、どこか抽象的で納得がいかなかった」

これらのようなことをお考えの方たちに、全力で、心を込めて話していきたいと思います。

うまくいかないときのラッキーセブン7つの対処法です。

目次は、以下のようになっています↓

その1:寝る

その2:幸せ貯金

その3:大切な人を笑顔にする

その4:詩を読む

その5:空を眺める

その6:水を飲む

その7:音楽を聴く

目次

僕もうまくいかないときは、何度もありました。

そのたびに這い上がって、知恵を身につけてきました。

皆さんに、何か1つでも、参考になる情報があれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

その1:寝る

うまくいかないなら、寝るか、思い切って休む時間を大幅に取りましょう。

うまくいかないということは、無理をしているということです。

寝るか、休む時間を取ることによって、一旦落ち着くし、頭が混乱していたときよりも、スムーズな回答を引き出せる可能性があります。

その2:幸せ貯金

誰にでも、調子の波というものはありますし、試練とか困難みたいなものはあります。

そんなときだからこそ、小さな幸せに感謝していくのです。

そのことによって、幸せな気持ちが少しずつ充電され、やがては時が解決してくれることも多いと思います。

幸せというのは意志であり、幸せなものに焦点を当てるということです。

いくら物質的に豊かになっても、それに対して感謝し続けなければ、精神的には豊かになれませんし、そういったものも手放しやすい、と僕は考えます。

その3:大切な人を笑顔にする

うまくいかないときというのは、自分のことをコントロールできないときも多いものです。

そんなときだからこそ、大切な人の笑顔というのは、心を潤してくれるものがあります。

両親、恋人、親友、あるいはペットでもよいと思います。

大切なことは、心を込めて無償で喜ばすということです。

見返りを求めていると、返してくれなかったとき、辛いものがありますので、注意しておきましょう。

その4:詩を読む

このブログは、詩を専門にしているところもありますので、それについてお答えします。

詩を読む、あるいは書くという行為は、心身を安定させる効果があると、個人的には実感しております。

詩を読む、あるいは詩を書くという行為は、つまり、それが醜いか美しいかに関わらず、愛に意識を向けているということです。

誰でも、愛を意識して感じれば、基本、辛くはないと思います。

おすすめの詩集と、詩の基本的な書き方の記事を貼っておきますので、ご参考ください↓

その5:空を眺める

空は、僕たちが地球に存在する限り、どこにでもあります。

あるいは、自然に触れるでもいいと思います。

インドアなら観葉植物でもいいですし、海に行ってもいいし、山に行ってもいい。

日向ぼっこをしてもいいし、あるいはオーガニックな食品等に目を向けるのもいいのではないか、と思います。

その6:水を飲む

水は、心も体も清浄にしてくれる働きがあると思います。

おそらく、それは皆さんも感じていることですよね。

僕の例を挙げてみると、昨年の夏頃(2020年)は天然水をよく晩に飲んでいました。

体が透き通るイメージが湧くんですよね。

今だったら、ウォーターサーバーとかを吟味したり、こまめに日常で水を飲むことによって、心身がリラックスすると思います。

その7:音楽を聴く

さて、最後になりました。

音楽を聴くという手段です。

僕を例に挙げますと、J-POPも品のあるもの(小田和正さんとか、くるりとか)は聴きますし、クラシックとかその類もたまに聴きます。

音楽を聴くことによって、なんだか生きる力が湧いてくるんですよね。

特に、心身ともに疲れたときに聴く音楽は、ものすごく力があると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

その1:寝る

その2:幸せ貯金

その3:大切な人を笑顔にする

その4:詩を読む

その5:空を眺める

その6:水を飲む

その7:音楽を聴く

逆境があるから、高く飛べる。

うまくいかないときの対処法は、他にも色々あると思います。

そのことに関しては、この記事をヒントにしてもらったり、最終的には時間が解決してくれます。

7つの対処法を参考にしつつ、自分を成長させ、試練と困難を乗り越えていきましょう。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自動筆記とは? 詩作との関係と健康なやり方に迫る!

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自動筆記って、結局のところよく分からないなあ」

「自動筆記と詩作との関係って、あるの?」

「自動筆記の健康でできれば安全のやり方を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

自動筆記に関する個人的考察です。

目次は、以下のようになっています↓

自動筆記とは?

自動筆記と詩作との共通点とは?

自動筆記を健康に安全に行うための3つの方法

その1:心の奥の繊細な動きをキャッチし書く

その2:素早く書く

その3:言葉の意味をジャッジしない

目次

僕は、自動筆記はやったことないんですが、詩作は行なっています。

詩作って、なんとなく自動筆記に似てないですか(似てない?)。

参考になる情報が1つでもあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

自動筆記とは?

自動筆記とは、自然と文章がスラスラと紙に書ける状態のことを言います。

なぜ、そんなことができるかというと、近くにいるなにかに耳を澄まし、書いていく、つまり、本人というフィルターを通して、文章がアウトプットされるからです。

例えば、後で記しますが、詩を書く作業というのもほぼ自動筆記でないと出てこないと思います。

それから、衝動的に話すだったり、体が動く、例外もありますが、これらアウトプットも、自動筆記とそれほど大差はないと考えます。

自動筆記とは、詩作と同じようなものと捉えれば、なにか親しみが湧くような気がしますね。

自動筆記と詩作との共通点とは?

さて、自動筆記と詩作との共通点を探してみると、おそらく頭で考えていないということです。

自動筆記はよくスピリチュアルと関連付けられますし、詩作もスピリチュアルと似たようなものだと思われるからです。

例えば、詩は神聖なイメージがすると思われる方もいるかもしれませんが、それは詩自体がスピリチュアルな波動を放っているからだと思われます。

それから、自動筆記も詩作も、なにか、あるいはなにものかによって書かされるというのは、似たところがあると思います。

誰だったか、昔、詩作に関して、そのようなこと、書いているのではなく書かされていると言った方はいたと思うし(たぶんギリシャ系の人)、谷川俊太郎さんも、突然詩を書きたい衝動に襲われるといったことは述べています。

そのことに関しては、以下の本、『詩を書く』谷川俊太郎著(1078円)を参考にさせていただきました↓

いずれにしても、自動筆記と詩作は関係あるってことです!

自動筆記を健康に安全に行うための3つの方法

その1:心の奥の繊細な動きをキャッチし書く

よく見えない存在というのは、僕たちの思考やインスピレーションからメッセージを伝えてくれると言います。

根拠を挙げてみなさいと言われたら、どちらかというとないです。

しかし、最近の僕はそれを信じていますし、信じることによって運が切り開かれているという実感はあります。

さて、話が少し脱線しましたが、心の奥の繊細な動きをキャッチして書くためには、普段から直感でパッパッパッと動いていくことが大切です。

なんとなくいいと思ったら、なるべくローリスクで選択、あるいは買い物するといいと思います。

あとは、瞑想、ヨガ、マインドフルネス。

これらの内どれかを選んで実践するのもいいと思います。

きっと、あなたの人生を豊かにするはずです。

その2:素早く書く

なぜ、素早く書くかというと、あまり深く考えないようにするためです。

直感もあまり深く考えないから、素早く動けるのです。

コツといえば、考えるよりも先に書くという感じで、目を薄めにして書くというのも1つの方法かもしれませんし、素早く、エネルギッシュに書いていく、というのも大切かもしれません。

なんだか、根性論になってすみません(笑)。

その3:言葉の意味をジャッジしない

言葉の意味をいちいち考えてたら先に進めません。

静なる心で、心を込めて、内なる感覚や意志を携えて、情熱的に書くというのも1つの方法かもしれません。

あと言葉の意味は、書き終わってから考えましょう。

そこにあなたに関わる無意識の情報が表れている可能性もあります。

少し、言葉多めにして精神論ごまかしました。またまたすいません。

ただ言い訳になってるとは思いますが、そういう不思議なことっていうのは、あんまり深入りしない方がいいのです。

齋藤一人さんというものすごくタメになる精神論を発信している方の言葉です。

僕も、そうだなと思いますし、不思議なことって深入りしない方が楽しいと思うんですよね。

想像するのとか、楽しいじゃないですか!

てなわけで、今回の記事は、意図せず自動筆記みたいに脱線しまくりですが、これにて終了とします。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

自動筆記とは?

→自然と文章がスラスラと紙に書ける状態

自動筆記と詩作との共通点とは?

→頭であまり考えていない

自動筆記を健康に安全に行うための3つの方法

その1:心の奥の繊細な動きをキャッチし書く

その2:素早く書く

その3:言葉の意味をジャッジしない

自動筆記、詩の基本。

自動筆記と詩って似てるなあ、というところから、この記事を書き始めました。

まあ、たしかに、この記事を書いて関係していると思いました。

あとは、不思議なことにのめり込みすぎず、それこそ聖なる心で向き合っていきたいところですね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

エゴイストとは? 本質を、丁寧にわかりやすく伝えます。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「エゴイストを簡単に知りたい!」

「エゴイストと言われた。どうしよう?」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

エゴイストの本質について迫り、エゴイストのデメリットとメリットについて押さえます。

目次は、以下の3つになります↓

エゴイストとは?

エゴイストのデメリット

エゴイストのメリット

目次

僕は、小学校の頃、エゴという言葉が、あまり好きではありませんでした。

しかし、それから幾年か経ち、たぶん今ではエゴはほぼ消えている方だと思います。

皆さんにこれから情報提供しますが、何か1つでも参考になるところがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

エゴイストとは?

エゴイストとは、利己主義、つまり、自分のことだけしか考えていない人になります。

現代には、多かれ少なかれ、このような人たちがいますよね。

例えば、自分の話ばっかり聴いてほしい人とか、与えるだけ与えて、見返りを求めようとする人とか、あるいは、人のことは傷付けてもいいから、手柄を立てたい人とか・・・、たくさんの方たちがいらっしゃると思います。

エゴイストは、自分のことだけしか考えていない人で、相手を傷付けても自分のことだけ考えていたい人とも言えます。

エゴイストのデメリット

エゴイストのデメリットは、相手を傷付けてまで、自分勝手に生きたい、ということです。

この相手を傷つけるとは、暴力をふるうとか、お金を騙し取るとか、いじめとか、色々考えられます。

相手を無意識に傷つけることは、やられた方はなんでやねん!となってしまいますし、おそらく本人も幸せではない、と思います。

相手を傷付けてまで、自分勝手に生きようとする人は、自分も、相手も、そして世界さえも、愛していない生き方と言えると思います。

エゴイストのメリット

エゴイストのメリットとして、自分のことだけ考えて生きているんだけれども、相手を傷付けていないパターンが考えられます。

その場合、その人はどこか憎めなかったり、社会に貢献している、またはこれから社会に貢献していく人たちではないか、と考えられます。

お前は、エゴイストだ!ともし言われた方がいたとしたら、覚えてほしいことが2つあります。

1つは、エゴイストだ!と言った方が、エゴイストの可能性があるということ。

2つは、エゴイストと言われる人の中には、きっちり世界に貢献している方もいる、ということです。

ほんとうのエゴイストなら、そんなこと言われても気にすることはありません。

たとえ、エゴイストだったとしても、それはそれで必要悪なのかもしれませんから、致し方ないとしましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

エゴイストとは?

→自分のことだけしか考えていない人

エゴイストのデメリット

→他人だけではなく、自分も、世界も傷つける

エゴイストのメリット

→中には、人を傷付けていない場合もあります。

エゴイスト、なんとなく分かりましたか。

エゴイストは、厄介と言えば厄介ですが、そういう人たちがいるから、周りの人は成長できて幸せになるというパターンもあると思います。

なので、気楽に生きましょう。

完全に悪というものはないと、僕は思っていますから。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

選択的注意とパラレルワールドの関係についての考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「選択的注意をわかりやすく知りたい」

「パラレルワールドをわかりやすく知りたい」

「選択的注意とパラレルワールドの関係って、どんなだろう」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

選択的注意は心理学用語で、パラレルワールドはスピリチュアル用語だと思います。

心理学と、スピリチュアルの関係についても、なんとなく理解できるかもしれません。

目次は、以下の3つになります↓

のすごくザックリとした選択的注意とは?

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

選択的注意とパラレルワールドの関係について

目次

僕は、心理学とスピリチュアルは密接に関わっていると思っています。

今回は、選択的注意とパラレルワールドの関係ですが、楽しんで読んでもらえたら幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ものすごくザックリとした選択的注意とは?

選択的注意を、ものすごくザックリと言うと、自分の見たいものだけを見る、ことを言います。

自分の見たいものだけを見るとは、自分の見たいものに意識が向く、ということです。

例えば、自分がいい気分でいると、いいものや現象が自然と目に見えます。

反対に、ネガティブな気持ちでいると、どんどん悪いものや現象が引き寄せられて、落ち込んでいく、あるいは這い上がるのに時間がかかる経験はないでしょうか。

選択的注意とは、自分が何を見たいか、自分がどういう気分でいるかによって、見えてくるものも違うと思います。

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

パラレルワールドを、ものすごくザックリと言うと、同時並行世界、たくさんの選択肢としての未来とも言えると思います。たぶん、スピリチュアル用語だと思います。

たくさんの選択肢としての未来と言うからには、それは選択が可能で、大きく未来が変わる可能性もあります。

どうなんでしょうね~?と思う方は、この先、見なくても大丈夫です。

気になる方だけ、見てもらえたら、と思います。

具体例を挙げますと、何か気づきや成長があるとパラレルワールドが移行する感じがあります。

あとは、いいことが立て続けに起こったり、あまり気分がいいものでない出来事が立て続けに起こったりすることもあると思います。

いいことが続いていく・・・と思ったら、いきなりズドーンと目の前の出来事が変わったりすることもあると思います。

パラレルワールドは、たくさんの選択肢としての未来ということで、自分で選択し、未来を大きく変えていくことも可能だと思います。

選択的注意とパラレルワールドの関係について

選択的注意とパラレルワールドの関係はあると同時に、いい気分でいることにより、いいパラレルワールドに移行し続ける、と考えられます。

いい気分でいるということは、いいものや現象に意識が向きやすいということです。

そうなると、そういったものが起こるようになる、もしくはそういったものに反応してさらにいい気分になった意識がさらにいいものや現象を引き寄せる、と考えられるからです。

スピリチュアルは、感覚的なところも結構あるのですが、僕の体験談で言うと、やはりいい気分、またはいい言霊を発していると、いいことが起こりやすくなる、ということを何回か経験しています。

反対に、ちょっと暗い気分でいると、そのようなものや出来事を引き寄せ、這い上がるのに苦労した、という経験も何度もあります。

今回の記事は、そのような体験から閃き、書いてみようと思ったものです。

いい気分でいる、または自分の見たいものに意識を向けて生活することによって、それ相応のパラレルワールドが展開されると思います。

参考までにとどめてもらえれば、と思います。

それでは、今回の記事をまとめます。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ものすごくザックリとした選択的注意とは?

→自分の見たいものを見ること

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

→たくさんの選択肢としての未来

選択的注意とパラレルワールドの関係について

→いい気分でいることによって、いいパラレルワールドへ移行しやすくなる

幸せに、生きよう!

今回は、心理学のみならず、スピリチュアルのことについても言及しました。

僕はスピリチュアルのことを知らないわけではないのですが、霊能力者であるわけでは、たぶんないので、意見を少し控えておりました。

ぜんぶを信じる必要はもちろんありませんので、参考になるところをチョチョッと学んでいただければ幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

不安を抱えたときのための3つの対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「不安に対処したい」

「不安によるストレスを少しでも抑えたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

不安を抱えたときのための対処法を、考察させていただきました。

目次は、以下の3つになります↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

目次

僕は、不安や恐れを抱えて生きてきたことは、結構な期間あります。

最近になってようやく、ポジティブに物事を考えられるようになってきました。

僕の意見は、微力なものだと思いますが、少しでも参考になるところがあるように、精一杯書いていきたいと思います。

それでは、始めていきましょう。

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

不安を払拭するために、考えることを少なくし、行動を増やすという方法があります。

なぜなら、考えたり不安になるのは、何もしていないからそうなるとも言えるからです。

例えば、『宇宙兄弟』のムッタも、不安になると、色々な行動をして考えないようにしてたと思います。

行動を増やしたくても、忙しくてしかも不安だ、という方もいるかと思います。

そのような方は、行動に意識を向け、今を生きることに努めます。

忙しくて、しかも頭が不安だと、大変だと思われますので、行動リストを作成、もしくは大雑把にこれはいらないな、という行動を1つでもいいから減らすという方法もあると思います。

適度な行動が、適度なメンタルを作ることにつながる、と思うからです。

考える暇があるなら、スモールステップでもいいので、とにかく行動、自分の体を適度に動かすことも重要だと思います。

次に、不安を払拭するための対処法として、芸術に触れる、を挙げます。

その2:芸術に触れる。

不安を払拭するために、芸術に触れるという方法もあると思います。

なぜ、芸術に触れるかというと、不安や恐れはひとまず置いといて、見えない何かに対しては、見えない力が必要だからです。特に、芸術のような心を浄化するものです。

具体的には、文学、音楽、絵画、映画、漫画などです。

芸術でなければダメなのか、というとそんなことはないと思います。

自分の心が不安と反対のポジティブな気持ちになるようなものであれば、食事でも、自然でも、お香やアロマなどのセラピーでもいいと思います。

不安や恐れに注意を向けるのではなく、その反対の明るい何かに意識を向け続けるのは必要だと思います。

最後に、不安を払拭するための対処法として、今できることをやっていくに触れたいと思います。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

これは、当然といえば当然なんですが、あまり意識できていない方は、多いのではないかと思います。

人間、不安や恐れを感じることはよくあります。

しかし、感じたところで、できることをやるしか方法はなく、それこそが最善の策となります。

例えば、未来のことを考えていくら対策を練ったとしても、未来はいくらでも変わりますし、今できることを集中して選択し続けないと、今が大変なことになる可能性もあります。

今できることをやると言われても、不安が脳裏に浮かぶという方は、考えてもいいと思います。

しかし、なるべくぼんやり過去や未来のことを思い浮かべるにとどめた方がいいと思います。

あまり考えすぎると、不安が不安を呼ぶ可能性もありますので、ポジティブな情報に目を向け、感覚的に、今をできることをやっていくことがベストだと思います。

それでも、不安を考えてしまうという方は、それがその人にとって必要なことであるから、起こっている可能性もあると思われますので、そこから学べることや気づきを経て、未来に向けて自分を成長させるということも必要だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

不安が希望に、変わりますように。

不安を払拭するというのは、結構むずかしいものだと思います。

僕なんかは、精神科医とか行って、処方してもらって、かなり楽になったことがあります。あと、とかもよかったですね。

もしものときには、薬を頼ったりすることも、ご自身の体を愛することになると思われますので、参考になったら幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自己肯定感を上げる3つの習慣

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自己肯定感をを上げたい」

「幸せな気分で日々過ごしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自己肯定感を上げる習慣に対する考察記事です。1つでも参考になるものがあればうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

目次

僕は、自己肯定感が低い過去がありました。

しかし、現在では様々な書籍を読むなどして、自己肯定感は充満しています。

そのノウハウ?をここで述べて、少しでも参考になるところがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

1つ目に、できないことがあるから選択肢は限られ、強化できます。

なぜなら、できることを探す方法もあるけれど、できないことを探すことによって、その反対の長所に気づけるからです。

例えば、数学や理科が苦手だったとします。

そしたら、国語や社会に全力を傾けることも可能です。

他にも、自分は真面目で頭が固いように感じていたけれど、その真面目さでコツコツ仕事を続けることができ、周りからの信頼を得やすいという反面もあります。

それらが自分の武器となり、短所が長所を活かす形になります。

ぜひ、見つけた長所を伸ばすために、文系の学びを習慣に取り入れたり、真面目さの長所に気づき、自己肯定感を保った生き方を可能にしてもらえるとうれしいです。

次に、自己肯定感を上げる習慣として、ブログ等を書くを挙げます。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

2つ目に、ブログ等を書きましょう。

なぜなら、自分を知って客観視し、短所を許せます。

自分を知って客観視することによって、自己肯定感が低い部分を上手に受け容れることが可能です。

それから、長所を伸ばすことも可能です。

例えば、いじめを受けていたとしても、それを記事にして書くことにより頭の中を整理でき、同じ境遇の人を助けて反応をもらうことも可能だからです。

ブログ等で、自分が書くジャンルを広げていき、反応をもらえたり、自分で楽しいと思うし、ある程度社会に貢献できるな、と思う部分も見つかってくると思います。

そうすることによって、自己肯定感を上げる習慣を打ち立てることが可能になると思います。

最後に、寝る前に自分をホメることについて、述べたいと思います。

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

3つ目に、寝る前に自分を「よくがんばったなあ」とホメてみましょう。

1日を頭の中で振り返って、「よくがんばったなあ」です。

自分の辛い気持ちは、自分が一番よく分かっています。

その気持ちに、耳を傾けるつもりで、「よくがんばったなあ」とホメてあげましょう。

寝る前に、自分をホメる、もしくは許す習慣は、いい気分で寝ることに繋がります。

もちろん、日中のスキマ時間とか、失敗したときに、「まあ、いいか!」と言うことも効果的です。

寝る前に、自分をホメることは、頭の中にインプットされやすいし、誰にも邪魔されずに、自己肯定感を上げることが可能になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

目次

自己肯定感というのは、ほんとうは追い求めるものではないと思っています。

理想の自分を設定し、追いつけない葛藤はとてもしんどいものがあります。

ほんとうに大切なことは、自分らしくあることなのではないか、と僕は思っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュア(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「人を上手に褒めるためには、どうしたらいいのだろう」

「人を上手に褒めるためのコツってあるのかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

人を上手に褒めるための考察記事です。もしよければ見てもらえるとうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

その1:自分を褒める

その2:周囲のモノを褒める

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

目次

僕は、褒めるのが上手だと思っています。自称です。すいませんm(_ _)m

けれど、自分を褒めることが得意だから、他人からの意見に落ち込むことも最近では少ないです。

そんな僕ですが、目次を見て参考になるところがあると思ったら、ぜひ見ていただけるとうれしいです。

それでは、始めていきましょう。

その1:自分を褒める

1つ目に、自分を褒めてみましょう。

なぜ、人を褒める前に、自分を褒めるかというと、自分の気分がある程度高揚していないと、相手を褒めることはむずかしいからです。

例えば、自分が元気じゃないと、人を励ますことはむずかしいです。

自分を褒めるのは、むずかしいと思う方もいると思います。

しかし、自分を褒めることは、いつでもだれにでもできます。

小さなことでいいと思います。

小さなことでも、褒めていく内にだんだんと活気づいてきて、素直に自分を褒めれるようになる、と思います。

自分に対して、許します、と言ってもいいと思います。

人を褒めるために、まず自分を褒めて気分を上げ、褒める練習もかねて行うとよいと思います。

次に、周囲のモノを褒めることについて、述べたいと思います。

その2:周囲のモノを褒める

2つ目に、周囲のモノを褒めましょう。

モノに感謝し、いいところを見つめましょう。

例えば、食事の際に、このハンバーグのここがいいな、とか、この野菜のこの部分が新鮮でおいしい、とか、人ではなく、周りのもの、身近なものに対し、いいところを探してホメます。

もちろん、心の中でも構いません。

動物でも、車でも、お天気でもなんでも褒めることができれば、人を褒めることも容易になると思います。

最後に、褒めれたら褒める、褒めれなかったら聴くに徹する、について述べたいと思います。

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

3つ目に、人に対し、褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹するとよいと思います。

なぜなら、さりげなく褒めることが大事なのと、褒めれたら褒めるということによって、自然に褒めることが可能だからです。

あと、褒めれなかったら、聴くことに徹するおかげで、無理に褒めて、相手の気分を損ねることも回避できますし、真摯に相手の話を聴くことは、相手を肯定することに繋がるからです。

褒めれたら、褒めるという曖昧なものでいいのか、というと、それでよいと思います。

何事もルールは縛りすぎると、動きがぎこちなくなってしまうからです。

人は褒めれたら褒めるという自然なルールで、無理でも聴いて相手を肯定することに努めるとよいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

その1:自分を褒める

その2:周囲のモノを褒める

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

褒め上手は、聴き上手。

褒めるためには、相手に向かって話すことが大事だと思う方もいると思いますが、僕はそうは思いません。

相手を褒めるためには、自分を褒めたり、人の話を聴いてあげたり、もっと大事なことがあるのではないか、と思います。

参考になるものが、1つでもあると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ