障害者が芸術家になる3パターンの方法について考察してみた。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「障害者と芸術との関わり方について知りたい」

「障害者が芸術家になる方法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

目次は、以下のようになっております↓

障害者が芸術に触れるメリット

芸術家になった方がいい人とは?

障害者が芸術家になる3パターンの方法

おまけ(支援に関すること)

目次

僕は、発達障害の自閉スペクトラム症を持っています。

それなりに障害者の方たちの気持ちに寄り添った記事を書けると思いますので、よかったら最後まで見ていただけると幸いです。

それでは、始めていきましょう。

障害者が芸術に触れるメリット

障害者の方が芸術に触れると、心が癒され、日常の生活の質が高まる、と思います。

なぜなら、芸術とは見えない傷や、簡単に言葉では言い表せない葛藤やモヤモヤなどを、浄化する働きがあるからです。

例えば、美しい絵画に出会ったとしますね。

見ると、心が癒され、がんばろうという気持ちが湧くとともに、自分もこのような作品を作りたい、と思います。

そして、芸術のエネルギーは多くの人たちに影響を与えていくことも可能です。

芸術を見ることによって、作品と同調し、それがいい作品なら、体にも心にもいい影響を与えることが可能です。

続いて、あえて言いますが、芸術家になった方がいい人について、言及します。

芸術家になった方がいい人とは?

障害者の中でも、芸術家になった方がいい人とは、芸術を作ったときに、一定の実力を持つと保証された人たちの多数が、美しいと判断した場合に限る、と言えるかもしれません。

なぜなら、まず、その作品が美しいと判断されないと、それが世に出たときに、一定の人の人生に悪影響を与える可能性もあるからです。

したがって、芸術がどんなものか分からない人たちに代わって、プロの芸術家、あるいは芸術に対して見る目を持っているとある程度信頼できる人たちに美しいかどうか判断してもらい、自分でも作品に対して美しいと納得してから、芸術家になっていく方が無難だと思います。

そして、それは社会的にも正しい認められ方だと、僕は思います。

一例挙げてみると、ダウン症の書家、金澤翔子さんがいますよね。

TBSの『金スマ』という番組でたまに見かけます。

あの人は、たしかお母さんがプロの書家で、指導を受けつつ、作品を作っています。

その人の作品を見ると、やはり、美しいと感じる人は多いのだろうな、と思います。

醜い作品だった場合、それは見る方も辛いものがあります。

したがって、障害者が芸術家を志すときに、自分の作品が美しいとある程度判断できてから志すというのが、仕事として稼いでいくときに必要なのでは、と思います。

もちろん、作品を作る本人が、ある程度楽しいと把握できてから挑戦する方がいい、と思います。

さて、いよいよ本題ですが、障害者が芸術家になる3パターンの方法について、解説します。

障害者が芸術家になる3パターンの方法

その1:誰に評価されなくても、芸術家としての生き方を実践する。

たとえ障害者の方たちが芸術家になれなくても、芸術家としての生き方は実践できます。

例えば、普段の身体所作から、考え方、あるいは作品を作るときの態度に、芸術家としての生き方が表現されることもあります。

もちろん、芸術をたくさん見て成長したり、作品を、忍耐強く楽しく作りながら生きていく中で、人々の目に留まるということもあると思います。

その2:発信活動や営業を通して認知してもらう

今は、ブログやSNS、YouTubeなど、自分を幅広く認知してもらう制度は整っているので、利用しない手はない、と思います。

僕も、ブログで発信していますし、noteやツイッターで発信していた時期もありました。

他にも、個展とかなら、イベントスペースとか場所をレンタルできるサービスとかもあるので、それを活用しつつ、広告宣伝に多少のお金を使うか、あるいは人気になった発信元で集客し、計画を立てたりしつつ、運営することも可能なのではないか、と思います(ここら辺、詳しくないので曖昧です。すみません)。

その3:作品を作り、賞に応募する。

障害者の方が作品を作ったときに、賞に応募するという方法もあります。

おそらく、これが一番手っ取り早く芸術家に近づく方法だと思います。

例えば、詩で言うなら、現代詩手帖賞がかなり有名です。

ここから詩人になった方も多いです。

あと、ネット詩誌『MY DEAR』というサイトでは、免許皆伝という制度があり、かなり詩を作るのが上手な人でも、プロの詩人になるには最低2~3年くらいかかる、と一応管理人の方に聴く機会があったので、聴きました。

詳細は、『MY DEAR』のサイトをご参考ください↓

ネット詩誌『MY DEAR』さんのホームページ

というわけで、今回の記事を終わりにしようかな、と思います。

おまけ(支援に関すること)

障害者が芸術家になる上で、芸術だと仕事として成立しないかもしれない。

あるいは、自分たちの力だけでは不十分なので、支援を受けよう。

このような思考で、検索される方もいるのかな、と個人的には思います。

支援してもらうのもいい、と僕は思います。

しかし、自分たちでまず芸術家として覚悟を持って生きると決めていない人たちに、お金を貸したい、または投資したい、と向こう側の人たちが考えてくれるかどうか、一度考えてみる必要はあるのではないか、と僕は思います。

その辺は、頭の片隅に入れるか、聞き流してくれたら、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました。

障害者が芸術に触れるメリット

→日常の生活の質が高まる

芸術家になった方がいい人とは?

→醜い作品ではなく、できれば美しい作品を作れる人

障害者が芸術家になる3パターンの方法

その1:誰に評価されなくても、芸術家としての生き方を実践する。

その2:発信活動や営業を通して認知してもらう

その3:作品を作り、賞に応募する。

おまけ(支援に関すること)

→自分が投資してもらえる人か、一度考えてみる。

芸術は、爆発だ!

ここまで、障害者と芸術との関係について、述べてきました。

つい楽しくなって、結構な文量書いたかな、と個人的には思います。

他にも記事作成していますので、よかったら見ていただけると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPやマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

疲れた時におすすめの飲み物ベスト5

「疲れたから、体の元気を取り戻したい」

「何かおすすめの飲み物ないかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

ベスト3ではなく、ベスト5なので、ボリューム少しあります。

かじってみてください。

さて、目次は、以下の5つになります↓

その1:天然水

その2:コーヒー

その3:カルピス

その4:アーモンド効果

その5:ココア

目次

僕は、水が大好きです。

なんとなく惹かれて、多少は水にこだわりがあると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、始めていきましょう。

その1:天然水

天然水を飲むと、体が透き通るイメージが湧きます。

見ているだけでも、癒される感じがしますし、余計なものが入っていないというのもいいですね。

僕の事例を挙げると、昨年の夏(2020年)は自宅で天然水を夜に飲みながら、オフの時間を過ごしていました。

とても体が軽くなるような心地がして、個人的にはいい気分でした。

天然水は、疲れたときの飲み物で結構おすすめなので、前の方で紹介させていただきました。

その2:コーヒー

コーヒーを飲むと、体の疲れが取れるというか、朝に飲むとリセットされる感じがあります。

皆さんも、コーヒーを飲むとついため息が出て、ホッとすることはありませんか。

コーヒーって、自分で淹れることもできますよね。

あとは、インスタントコーヒーとか、今はとても安くてかつ美味しいと思います。

缶コーヒーとかは、健康によくないといううわさもささやかれるので、避けた方が無難かもしれませんね。

僕も缶コーヒー好きだったんですが、今はちょっと高めのインスタントコーヒーで朝の時間に気合い入れています。

コーヒーは趣味としても活用できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

その3:カルピス

カルピスを飲むと、なんていうか、心が少年少女に戻った感じがしますね。

僕だったら、長澤まさみさんが出ているCMとか思い出しますね。

カルピスは血圧を下げたり、自律神経のバランスを整えてくれるそうです。

要は、リラックス効果があるということです。

僕も先日、冷蔵庫にあるカルピスを飲んでみたら、たしかに疲れが取れそうだな、と思いました。

疲れた時には、カルピスというのもいいかもしれませんね。

その4:アーモンド効果

アーモンド効果を飲んでみると、ほんとうにほんのりアーモンドの味がして、美味しかったのを覚えています。

女性の方におすすめかもしれませんね。

ダイエット効果も、もしかしたら運動と併せて利用してみると、効果があるかもしれません。

かもしれません連発で恐縮ですが、調べてみると色々出てくると思います。

とにかく美味しいことはたしかだし、健康にもいい気がする、そして僕の場合はコーヒーと併用して飲んでいました。

砂糖不使用もありますので、健康にも配慮できます。

アーモンド効果は、飲んでみると気分が落ち着くので、参考にしてもらえたら、と思います。

その5:ココア

ココアを飲んでみると、美味しいし、冬の最中に飲めば安心感に包まれる心地もあります。

チョコレートがベースでしょうし、様々な健康効果があります。

ストレスに効いたり、リラックスしたり、血行が促進されるということで、飲むとホッとあたたまる感じがしますね。

僕の父親の例を挙げてみると、車の長距離運転をした時、特に冬に飲むココアは、とても美味しいと言っていますし、糖分を補給するという意味でも疲れを取る働きがあるのかもしれませんね。

ココアを飲むことによって、深い森の中にいるイメージを抱くことも可能だと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

その1:天然水

その2:コーヒー

その3:カルピス

その4:アーモンド効果

その5:ココア

水は、体を浄化する。

僕の実体験多めだったので、割とどうなんだろうと思った方はいるかもしれませんが、少しでもいいなと思ったら、ぜひ試しに買ってみるでもいいし、人に教えてもいいと思います。

あなたがこれらの飲み物を飲んで、少しでも疲れ取れたな、と思ったらとてもハッピーです。

僕もこの記事参考にして、また水のこだわり度合いを深めていきたい、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者、マイナーな方向けの記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けていきます。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ

時間の楽しい使い方~時間は量より、質です~

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「効率的に時間を使うことがすべてなのかな?」

「質の高い時間の使い方って、なんだろう?」

「時間の質を高めるための、具体的な方法ってある?」

これらのようなことをお考えのあなたに、この記事はおすすめです。

時間の効率的な使い方よりも、時間の楽しい使い方、またはそれが効率的な時間の使い方につながることを考察した記事です。

目次は、主に以下の3つになります。

・時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

・時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

・実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

僕は、時間を効率的に使うように心がけている上で、大切にしていることがあります。

その大切なことが、時間の楽しい使い方であり、それが効率のよい時間の使い方につながっていくという思想のもと、この記事で解説したいと思います。

それでは、始めてまいります。

時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

時間を効率よく使おうと焦っている方は、その使えた時間を楽しめていない、ということもあり得ます。

もちろん、時間を効率的に使うことによって、快楽を覚える方は、時間を効率的に使うことを楽しめているのかもしれませんが・・・。

しかし、時間を効率的に使うことも度を越せば、命を粗末にしている、と言えます。

なぜなら、時間=命をものや利便性のためだけに利用するのは、動物をものとして見ていることに近いのではないか、と僕は思います。

時間を効率的に使うことだけを考えている方は、何か焦っていたり、実際、忙しかったり、余裕がないような気がします。

時間を効率的に使うことを非難するわかではありません。

ただ、度を越すと、それは自分や他人を束縛することに近づいていきますよ、と僕は思うわけですね。

それでは、時間の楽しい使い方、余裕を持った使い方をするには、どうすればいいか、考えていきましょう。

時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

結論を言います。

鍵は、無駄な時間を取り入れることによって、時間の質を高める、という方法です。

それをなぜ行うかというと、あくまでも時間を有意義に効率的に使おうという考えなんですね。

例えば、ボーッとしていないといい閃きは生まれません。これはクリエイターの方なら知っていることかもしれません。

リラックスした状態の方が、アイデアが浮かびやすいというものですね。

なんでそうなるかというと、脳にスキマができて、無意識の考えが活性化したからなんですね。

アバウトに言うと、ですけど。

ですから、無駄な時間は無駄ではなく、むしろ効率のよい時間の使い方をするには、必需品と言えます。

次に、実際に時間を楽しく使うための3つの趣味について解説していきます。

実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

その1:詩を読む、またはビジネス書ではなく、文学。

これは無駄と呼ばれるものの1つですね。

詩や文学が好きな僕からしたら、複雑な気持ちですけど。

詩や文学を読むことによって、非日常を体験することが可能になります。

それによって、感情が豊かになり、QOL(人生の質)も上がることになります。

ビジネス書ばかりを読んでいると、頭が固くなり、柔軟で閃きのようなアイデアが浮かばなかったり、感覚的ではなく、論理的に動くことになると思います。

僕の実感から言うと、論理的に行動するよりも、感覚または直感的に動けた方が楽しいし、それが効率のいい時間の使い方に活かされる、と思います。

続いて、娯楽です。

その2:お笑いやゲームなどの娯楽

お笑いやゲームも無駄なものと言われたりすることもありますが、それを大事にしている方からすると、人生の必需品ですよね。

お笑いやゲームをすることによって、楽しい気分になります。

その気分が効率よく時間を使うときのエネルギー源になると思います。

またお笑いはコミュニケーション能力を活性化させたり、ゲームは頭を鍛えるときに役に立つこともありますよね。

ですから、無駄と言われているものの、実生活には応用できる面も多々あるのかな、と思います。

続いて、瞑想やヨガです。

その3:瞑想やヨガ、アロマを焚く

効率的に生きる時間の使い方をしている方には、命を浪費している感じがあるかもしれません。

人生には休息の時間が必要です。

その休息の時間が、真の動くべきときの時間に、役立つのです。

瞑想やヨガ、アロマを焚くなどの方法があります。

セラピー系ですよね。

それを言うなら、音楽を聴くだとか、お風呂に入ったときに、入浴剤を使ったり、と様々な時間の使い方が考えられます。

心身ともにリラックスして、今までに見えてこなかったものが見えてくる可能性もあります。あと、閃きが生まれたり、人としての余裕ができて、器がでかくなったようにも見せることができるかもしれません。

それでは、まとめです。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回紹介した記事内容は、以下のようなものでしたね↓

・時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

・時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

・実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

実際、そうは言われても、効率的に生きる習慣から変わらないよ、という方もいると思います。

しかし、そのような方でも、質の高いもっと楽しい時間の使い方をしたいなら、日頃から意識することを心がけてみてください。

それだけでも、短期では無理であったとしても、長期ではそのような時間の使い方を実行することは可能になる、と僕は思っています。

ですので、ぜひ頭の片隅に、今回の記事内容は留めておいてくださると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

雨が好きな人の3つの理由を考察しました。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、雨ってなんでこんなに降るとうれしいんだろう? とか、雨が好きな人の心理って、どんなものがあるんだろう? とか、雨が好きなことにスピリチュアル的な意味とかって、あるのかな? という方におすすめの記事となっております。

雨好きな人に、なぜ自分は雨が好きなのか、いくつかの気づきを与えられるよう記事を書いていきます。

目次は、以下の3つになります。

雨が好きな人の理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな人の理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな人の理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは小さい頃から雨が好きで、なんでこんなに雨が好きなんだろう?と不思議に思っていました。

しかし、長年生きていると、残念ながら具体的にではないのですが、抽象的にハッキリその理由が分かってきました。

それらのことをお伝えし、雨が好きな人にもっと雨を好きになってもらいたいなあと思います。

それでは、始めていきましょう。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が降ると、なぜか昔を思い出す気持ちになります。

これは、なぜかというと、雨はもともと帰る場所に起因しているからだと思うのです。

つまり、天から降ってきて、スピリチュアル的に意味があると、わたしは確信しています。

しかし、わたしはすごい霊能力者とかそういうのではなく、人生論としてのスピリチュアルを支持しているので、現実的にしか答えることができません。

そのことに配慮していただきつつ、意見を言わせてもらうと、雨は、心を浄化する働きがあるとともに、わたしたちの内なる魂の声を響かせてくれる感覚があります。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨は生きているような感覚があるのですが、これは雨好きな人にしかそうそう分かることではないような気がします。

どのように生きていると感じるかと言われても、生きているとしか答えようがないです(笑)。

わたしは、波動とか、雰囲気とか、そういったエネルギーを感じることに、やや秀でていると思っています。

その観点から述べると、雨にはやさしさがあると言えそうです。

雨に打たれると、冷たいと普通の人は感じますが、わたしはぬくもりのようなもの、愛を感じることができます。

これはおそらく、他の雨好きな人も共感できることだと思います。

雨には、やさしさがある、ということです。

なんとなく、イメージできるでしょうか?

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは、台風とか嵐が来たときに、やや喜んでいる場合があります。

失礼なんですけど、それは、なぜか?

自然の力に圧倒されつつ、生きている心地がするからなのです。

雨はやさしいとともに、ときに厳しいものであります。

これはなにかに似ているとは、思いませんか?

わたしが思うに、人生の起伏に似ていると感じます。

つまり、雨は自然由来のものであり、命そのもの。

わたしたちはそこに、友達のようなものを見出し、ともに生きる歓びを歌いたくなるのでしょう。

例えば、自分から積極的に、雨に濡れに行ったり、寝る前に聴くと、ぐっすり眠れるみたいな感じです。

それでは、今回の記事をまとめていきたい、と思います。

まとめ:雨が好きな人は、龍神様が味方している?

はい、いかがだったでしょうか?

雨が好きな人は、なぜ自分が雨が好きなのか、少しでも参考になるところはありましたか?

その理由に、このようなものを挙げてきました。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

以上のことを踏まえつつ、わたしは雨にはスピリチュアル的な、神秘の力が秘められていると感じます。

多くの人たちは、そのことにあまり関心を寄せないのかもしれないですけど・・・。

そして、スピリチュアル的な意味で言うと、これはわたしの推測になるのですが、雨が好きな人は龍神様(大いなる存在)が味方してくれているような気がします。

おそらくそうなのだろうな、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、詩とか、スピリチュアル(精神関係)、わたしの人生をコンテンツ化していますので、興味がある方は、ご覧いただけるとうれしいです。

ちなみに、雨関係の記事はこちらです↓

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございます(^^ゞ

かめれもん★でした(^_^)/~

こころに余裕が持てる! 5つの魔法の習慣

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

普段、心に余裕を持てていないな。どうしよう?という方、心に余裕を持ってイキイキと生きたい方自分を変えたい方にこの記事はおすすめです。

心に余裕を持って、今よりも澄みやかに生きる方法・習慣をシェアできれば、と思います。

目次は、以下の5つになります。

その1:ストレスの5段階評価

その2:瞑想

その3:芸術鑑賞&創作

その4:水にこだわる

その5:習慣の力を借りる

目次

わたしは今まで、心に余裕がなく取り乱すこともありました。

そのため、様々な心の落ち着け方と出会いました。

その方法・習慣を、皆さんにシェアできれば、この上なく幸いです。

それでは、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

心に余裕を持つ習慣その1:ストレスの5段階評価

朝起きたら、自分のストレスを5段階で評価してみましょう。

セルフチェックをすることで、無意識に無理してしまうことを、抑えることができます。

自分の心の状態を、大ざっぱに把握することができるので、5段階評価で4以上は無理しないようにしたり、3以下はちょっと仕事を張り切ってみる、または敢えて休むでもいいと思います。

慣れてきたら、朝起きてすぐに自分の心の状態を把握し、疲れているな、と思ったら即座に、いつもより低血圧で生きるということも、大切だと思われます。

心に余裕を持つ習慣その2:瞑想

続いて瞑想ですが、手軽かつ心と身体のバランスを取るのにちょうどいいツール・習慣になります。

ところで、瞑想は大したことないと思う方は意外に多いのではないでしょうか?

しかし、瞑想の効果は一定期間やってみて、よく分かるものがあります。

瞑想の基本は、呼吸に意識を向けることです。

なるべく静かな場所で行い、雑念が浮かんだら、浮かんだなあ程度で、また呼吸に意識を戻します。

リラックスしながら、ただゆっくり息を吐き、ゆっくり息を吸います。

瞑想は慣れたら、色々な方法でできると思います。

中には、とてもユニークな瞑想法もあるので、他のサイトでもご確認ください。

普通に座って行うものや、歩き瞑想、立ち瞑想などがあります。

自分のペースで、朝でも夜でも、1日1回、10分くらいでもいいと思います。

ぜひ、実践してみてください。

心に余裕を持つ習慣その3:芸術鑑賞&創作

まず、芸術鑑賞の例を挙げてみます。

小説エッセイを読む、音楽でクラシック・J-POP・ジャズなどを聴く。他にも映画を見たり、イベント・個展・美術館に顔を出すと、新たな自分を発見し、落ち着くこともあると思います。

創作活動を通して、普段自分が心の奥にためていた感情を、浄化することもできます。

魂の底から癒され、じわじわと心の余裕を取り戻すことができます。

それと同時に、生きる歓びが湧いてくることもあると思います。

心に余裕を持つ習慣その4:水にこだわる

水を積極的に飲む温度の調整軟水・硬水にするか考えたり、どういう場所から水を汲むか、紅茶にするか、コーヒーにするかあるいは白湯など、色々と考えることができます。

水は身体を循環し、体内から癒してくれます。

老廃物が出ていったり、疲労感がなくなったりもします。

水自体は、日本だとどこでもきれいです。

飲むことによって、自分がきれいになるイメージを思い浮かべることもできます。

普段、飲んでいる水は、とてもありがたいものなのです。

心に余裕を持つ習慣その5:そのまま習慣の力を借りる

習慣の力は、一言で言ってしまうと、自動化の力とも言えます。

つまり、効率よく、力を入れずに大量の仕事を処理するうえで必要になります。

ルーティンを入れたりするのもいいと思います。

1つずつ、無理なく実践していきます。

なるべく、三日坊主は越えるといいのではないか、と思います。

習慣の力を取り入れることができれば、手動(マニュアル)に頼る必要がなくなり、頭も身体も自動化により解放されます。

習慣の力は、とても大事です。

ぜひ、日常に取り入れてみては、いかがでしょうか?

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい、いかがだったでしょうか。

ここまで紹介してきた5つの習慣で、1つでも実践してみようかなと思うものはあったでしょうか。

1つでもあると幸いです。

こちらのようなものを挙げてきました↓

その1:ストレスの5段階評価

その2:瞑想

その3:芸術鑑賞&創作

その4:水にこだわる

その5:習慣の力を借りる

心の余裕は、体の自由。

あなたの人生が少しでもきらめくと、とてうれしいです。

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、詩やスピリチュアル(精神関係)、人生にまつわることを発信しておりますので、よかったら参考にしてもらえるとうれしいです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(^^ゞ

感謝とは、なにか。感謝することのメリット、コツについて言及します。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、感謝ってよく聞くけど、具体的にどういうことを言うの? 感謝することって、結局意味あるの? 感謝してみたいけど、コツとかあるの? そのようなことに、お答えする記事となっております。

感謝を知り、感謝の恩恵を授かりたい方に、しっかり届くよう書いていこうと思います。

目次は、以下の3つになります。

感謝とは?:あたりまえの日常が、あたりまえではない、と気づけること。

感謝のメリット:心にエネルギーが、充電される。

感謝のコツ:声に出して言う。

わたしは今まで、不幸になったこともあります。

現在は、すごい幸せですが・・・。

そうなったときに、感謝することって、大事だなあ、と思うのです。

それは、なぜか。

感謝の本質を、ひもといていきます。

感謝とは?:あたりまえの日常が、あたりまえではない、と気づけること。

感謝というのは、不幸になったときに、初めてあたりまえの日々が恵まれていた、つまり感謝に値するものだったと気づけること、とわたしは考えています。

感謝とは、実は、いちいちもらったときに行うものではないと思います。

今ここの現状に、感謝することを言います。

例えば、今水を飲めることは、今の自分の喉の渇きを潤し、明日を生きる活力まで生みます。

実際に、ゆっくり味わって飲んでみると、日本の水は、ほとんど美味しいのです。

決して、自分だけの力で、わたしたちは生きているわけではありません。

ペットボトルにしても、自動販売機に入れ込む人たちがいて、メーカーの人たちがいて、わたしたちの手元に届くのは、流通業者のおかげです。

もちろん、自然のおかげとも言えますし、わたしたちは、水を飲んで幸せに生きるチャンスをもらっているのです。

感謝のメリット:心に、エネルギーが充電される。

先ほども言ったように、何かをもらって感謝ではなく、今ここ現状に感謝することが大切です。

感謝とはなにか、というと幸せそのものだと思っています。

幸せとは、探しに行くものではないのです。

今ここの現状に、満足する意志と言えるのです。

感謝することによって、心に幸せのエネルギーがたまり、それがさらに幸せな現状を引き寄せます。

感謝って、とてもありがたいものなんです。

感謝のコツ:声に出して言う。

感謝って、心で思うだけだと、半減するんです。

声に出して言うことによって、存在は大きくなる。つまり、感謝の波動が周囲にピカー!って伝わるんですね。

感謝の念が、声帯を震わせ、口から声になって出て、それが自分の耳や対象、周囲に反響します。

そうすることによって、より幸せの存在を実感するのです。

それから、もう1つおまけとして、感謝できることにも感謝することって、意外に大切だと思っています。

感謝できることも幸せですから、もちろんここにも感謝なんですね(笑)。

なんでかというと、感謝できないと、人は幸せになれないからなんですね。

たとえどんな絶望の最中にいても、そこで感謝できることは、紛れもない愛なのです。

それでは、まとめていきます。

おわりに

感謝って、今幸せだって気づけることだと思います。

広い視野で見てみると、結構幸せだったりするんですよね。

感謝することによって、人に幸せになれます。

なぜかというと、感謝できること=幸せだからです。

感謝するときにも、ぜひ声に出して言ってみてはいかがですか?

独り言でもいいし、小さな声でもいいし、なんだったら心の中で、心を込めてありがとう、と感謝するでも充分です!

ぜひ、日常のささいなことで感謝を取り入れ、実践していってみてください。

皆さんが、幸せになることを、祈っています。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、どうもありがとう~(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ

田舎と若者の現状、向き不向き、休日は何してるの?について。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、田舎と若者の現状って、どうなってんの? とか、田舎と若者の相性って、どんな感じ? とか、田舎の若者は、休日なにしてんのかな? に、お答えしたいと思います。

田舎と若者の知られざる実態について、踏み込んでいきたいと思います。

目次は、以下の3つになります。

・田舎に住んでる若者の現状について

・刺激が好きな若者は都会へ。刺激が苦手な若者は田舎へ。

・田舎に住んでる若者は、休日何してるの?

に、なります♪

わたしは、田舎生まれ、田舎育ちの、いわゆる田舎のエキスパートですね(笑)。

現状の生活も踏まえて、実体験に基づく記事を作成したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

田舎に住んでる若者の現状について

まず田舎は、同年代の仲間が少ないと言えます。

多くの若者は都会に出ていて、若者が気軽に交流しやすい建物とかは、ありません。

あっても、車で出ていく必要があると思います。

したがって、基本リアルの交流というよりは、ネットでの交流になると思います。

ネットの使い方を、しっかり押さえ、マスターしておくと、少し住みやすくなると思います。

そして、たまに息抜きとして外出します。

電車とかは、大体の場合、遠いので、車で外出します。

自然が豊かなので、自然好きな人は、いいかもしれませんね。

刺激が好きな若者は都会へ。刺激が苦手な若者は田舎へ。

わたしは、都会に憧れがあるわけではないのですが、多くの若者は都会に一定の憧れのようなものがあるようです。

わたしは、HSPであり、発達障害(自閉スペクトラム症)なので、このような場合は、都会よりも、田舎の方が住みやすいという場合もあります。

田舎は静かだし、刺激臭とかもないので、リラックスできます。

だから、自然という観点において、環境はいいと思います。

あとは、人間関係とかはありますが、こちらは慣れだったり、文化の違いを知ることによって、多少は適応できると思います。

しかし、ちょうどいい距離感は、必要でしょうね。

田舎に住んでる若者は、休日何してる?

とりあえず休日は、インドア活動です。

コロナでステイホームがありましたよね。

あれにちょっと似ていると思います。

アウトドアの方は、車で遠い場所まで出かけるということがあると思います。

主に自然の中で遊ぶという感じですね。

刺激は少ないものの、楽しむことは十分可能です。

工夫とか趣向を凝らして、趣味の力を最大限引き出すことが大切ですね。

田舎では足ることを知ることができます。

一方で、都会はどんどんエスカレートしてしまうのではないか、と思います。

なぜなら、刺激がほぼ無限にあるからですね。

それでは、田舎と若者の考察を、ここでまとめていきたいと思います。

おわりに

田舎と若者の現状は、基本仲間が少ないです。

ですから、ネットでの交流が基本になると思います。

田舎はやはり、自然が多いので、そういうのが好きな人は、田舎に向いてると思います。

田舎に住む若者の休日は、基本インドア活動だと思います。

そして、足ることを知ることができるので、精神的に豊かになれる可能性もあります。

要するに、田舎も工夫次第で生活できますし、向いてる人はちゃんと向いてると言えそうです。

ということで、稚拙な考察だったかもしれませんが、参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、主に詩とか、スピリチュアル(精神関係)についての記事を展開しています。

よかったら、そちらもご覧ください。

ここまで見ていただいた方々、どうもありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

同調圧力に屈しないと言うけれど、立ち向かわず、上手に逃げよう。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、同調圧力に屈しないと言われても、そんなのできっこないじゃないか!という方、もしくは、同調圧力からうまく逃げれる方法があるなら、それを知りたい方、におすすめの記事となっております。

同調圧力に屈しないことが正義みたいになっていますが、それよりも上手に逃げたいとは思いませんか? という記事になります。

目次は、以下の3つになります。

・同調圧力に屈しないことは、正しいのか?

・自分らしく生きるために、同調圧力を回避!

・同調圧力からうまく逃げる4つの方法

目次

わたしは今まで、同調圧力に屈しないように戦ってきました。

しかし、戦い尽くして、疲れてしまいました。

戦っても、戦っても、敵はいなくならないのです。

だから、思いました。

上手に逃げた方が、よっぽどマシじゃん! と。

それでは、記事のほう、粛々と始めさせていただきますm(_ _)m

同調圧力に屈しないことは、正しいのか?

同調圧力に屈しないことは、1つの正義であって、絶対正義ではありません。

なぜなら、同調圧力自体が異常で、屈しないようにすると、ますます息苦しい世の中になってしまいます。

ただでさえ、同調圧力で苦しんでいるところへ、さらに苦しいと思いながら、屈しない人がいるとしたら、それは辛いと思います。

もちろん、屈しないことができる人は、屈しないようなマインドセットが大切になります。

こちらは、他のサイトを参考にするか、鴻上尚史さんが書く本を参考にしてみてください。

同調圧力のことも書かれており、多くの人に読まれやすい本(1,430円)です↓

話は少し逸れましたが、つまり、同調圧力に屈してしまうのはあたりまえで、それより上手に逃げる方法を考えてみましょう、ということです。

自分らしく生きるために、同調圧力を回避!

同調圧力に巻き込まれてしまうと、ほんとうに苦しいです。

皆さんも、なんとなくわかりますよね?

わたしは、小・中・高といじめられていて、同調圧力の怖さは、身を持って知っています。

個性が出せないということは、自由の反対、束縛を生みます。

言いたいことも言えずに、やがて自分軸が失われ、他人軸、つまり他人に人生を左右されることになります。

これは、ほんとうに辛い。

だから、自由になるためには、屈しないのではなく、そういうのは一部の人に任せて、上手に逃げる方法を考えてみたいと思うのです。

それでは、わたしが考える4つの方法を、紹介したいと思います。

同調圧力からうまく逃げる4つの方法

その1:同調圧力が発生するところへは行かない。

これは、現時点での同調圧力は仕方ないとして、これから新しいコミュニティに入るときに、なるべく同調圧力が低い場所へ避難することを目的とします。

そして、今所属しているコミュニティでは、うまくはぐらかしたり、適当に付き合ったり、小さな嘘をついたりして、そこから離れます。

つまり、適当に付き合って、適当に同調圧力が低いコミュニティへ避難するということです。

その2:相手にあまり反応しすぎない。

これは、先ほど述べたことと若干重なるのですが、向こうに合わせすぎない、適当に相槌を打つ、ということです。

ある意味、これは基本かもしれないです。

そうすると向こうは、コイツつまんねえやつだな、よし距離を置こう、となり、距離を置かれたら、違うコミュニティへ避難すればいいのです。

その3:リアル主体ではなく、ネット主体にする。

リアル主体とは、現実での人間関係ですね。

しかし、それでは、つながりが強すぎ、となってしまいます。

ですから、ネットという弱いつながりをベースに、リアルで定期的に会うことを心がければ、適度な距離感を保てるので、安心感があります。

いざとなったら、ネットでこれから会わないことを宣言して、それっきり会わないということも、選択できます。

そして、昨今のコロナ騒ぎのように、時代も味方してくれています。

今まではリアル主体で、避けられない関門がありましたが、現在は、ネットという弱いつながりも主体にされつつあります。

そのことによって、人間関係が楽になった方もいるのではないでしょうか?

テレワークや、リモートワークですね。

新しい働き方にも、目がいったのではないでしょうか?

もちろん、リアルで出会う新鮮さはありますが、ネットでうまくつながれる人たちはいます。

その4:人の力を借りる。

これは、だれか身近な人に相談する、専門家やカウンセラーに話を聴いてもらう、ネットでメール等で相談してみる、鴻上尚史さんに本で相談する、だれかに仲介してもらって、うまくその場を離れる、などがあります。

1人で悩まなくてもいいのです。

あなたには、思ったより、味方がいると僕は思います。

なぜなら、皆、隠れて悩んでいることが多いと、推測できるからです。

人との距離は、適度に保っておきたいところですね。

そうすることによって、あなたは羽を伸ばすことができます。

場合によっては、誰とも会わない、友達も作らないとか、あると思います。

これは、第5の選択肢ですね。おまけです(笑)

それでは、まとめに入っていきたいと思います。

おわりに:もし逃げれないなら、屈しないマインドセットを。

同調圧力に屈しないように努めなくてもいい。

これが、わたしの考えです。

同調圧力からうまく逃げる方法も、述べてきました。

少しでも、参考になると幸いです。

もし逃げれないなら、屈しないためのマインドセットがあります。

同調圧力に詳しい方に、鴻上尚史さんがいます。

ぜひ、本を購入してみることをおすすめします。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

お笑いで笑えない人に 理由とメリット、対策について

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、お笑いでなぜ笑えないんだろう? お笑いって、笑わなきゃいけないの? お笑いで、もっと笑いたい! という方におすすめの記事となっております。

お笑いで笑えない人に、少しでも楽しんで見てもらえれば、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

お笑いで笑えない理由その1:現実主義者であり、ファンタジー(お笑い)を楽しめない?

お笑いで笑えない理由その2:逆に笑いのセンスが高すぎて、つまらないと感じる

お笑いで笑えない人のメリット:ひょっとして、別分野が得意?

お笑いで笑えない人に贈る対策論その1:お笑いは、つまらなくてもいい

お笑いで笑えない人に贈る対策論その2:別分野で笑えれば、そこで笑えばいい

に、なります♪

わたしは、幼い頃からお笑いが好きです。

しかし、父はお笑いがあまり好きというわけではなく、お笑いであまり笑うようなことはありません。

それも参考にしつつ、わたしなりの見解を述べることができればな、と思っております。

それでは、始めていきましょう!

お笑いで笑えない理由その1:現実主義者であり、ファンタジー(お笑い)を楽しめない?

お笑いで笑えない人の多くは、もしかしたら現実主義者ではないでしょうか?

つまり、具体的なことや科学的なことに重きを置き、抽象的なことよりも、物質的なことに重きを置く。

もしかすると、現実の人間関係をとても大切になさる方々かもしれませんね。

そうなってくると、例えばお笑いで過度に笑っていいところ、楽しんでいいところを、冷めた目で見ることになるかもしれませんね。

単純に見たお笑いが一発芸人とかで、あれの何が楽しいんだというのは、真のお笑いを見たことにはなりません。

実力派コント師というのがあるように、お笑いにもしっかりしたお笑いと、消費性の高いお笑いがあります。

そこにも、注意していただきたいところです。

お笑いは、リアルとファンタジーの間を行ったりきたりすると思います。

もしかすると、時事漫才で言う爆笑問題や漫才協会に所属するナイツとかがおすすめかもしれませんね。

お笑いで笑えない理由その2:逆に笑いのセンスが高すぎて、つまらないと感じる

これは先ほど述べたように、冷めた目でお笑いを見てしまうということです。

そうです。その通りです!

お笑いは、実はつまらないものなんです。

だから、冷めた目で見てしまうのは、当然なのです。

問題は、そのお笑いをつまらないなあ!と言って笑ってあげられるやさしさや習慣になってくるかもしれません。

厳しく言うと、ですけど。

つまり、お笑いで笑えるポイントに着目して、笑える癖が必要になります。

お笑いといっても、作品や芸術のように観賞するということですね。

これには、幼い頃からお笑いを見ていると、必然的にここで笑えば最高だ!という瞬間を見つけやすくなります。

ですから、気軽に肩をリラックスさせて、どうやったらもっと笑えるだろう? と味わってみるというのも1つの方法です。

あと、お笑いに対する先入観ができて、お笑いはつまらないものだ、となっているかもしれません。

しかし、お笑いのつまらないはつまらないでも、笑えるつまらなさ、可笑しみを含んでいるのです。

可笑しみとは、爆笑とか、ゲラゲラした笑いではなく、クスリとした味わい深い笑いになります。

ですから、安定した芸歴の高い実力派漫才師や、M-1で史上最高得点を取ったミルクボーイなんかが、可笑しみや味わい深さがあるように思います。

お笑いで笑えない人のメリット:ひょっとして、別分野が得意?

お笑いで笑えない人は、お笑いにもともと興味がないのかもしれません。

当然といえば、当然ですが・・・。

ですが、お笑いで笑いたい人もいるのかもしれませんね。

そんな方は、お笑いではなく、もしかすると、例えば現実主義者の方がよく好みそうな事務作業とか、政治や経済、幅広い人間関係、もしくはマイナーな趣味とかが合っているかもしれません。

とにかく、お笑いで笑えなくても、別のことなら笑えるという人はいるのではないでしょうか?

そこで笑えれば、あなたはお笑いで笑えなくても大丈夫だと思います。

お笑いで笑えない人に贈る対策論その1:お笑いは、つまらなくてもいい

先ほども言ったように、お笑いはつまらないのです。

しかし、だからこそ可笑しみがあり、バラエティ番組を見て頑張っているなあ、という気持ちになるのです。

そして、声を上げて笑うということは、よっぽどのことがない限り難しいですよ。

わたしだったら、M-1とかで、やっと声を上げて笑う感じでしょうか。

だから、もし心の中で楽しんでいるなら、それでよいと思います。

お笑いとは、そういうものです。

見た目で笑っていなくても、心が楽しんでいるなら、それでよいのです。

お笑いで笑えない人に贈る対策論その2:別分野で笑えれば、そこで笑えばいい

わたしの父を見ていて思うのですが、彼はお笑いと違う分野で楽しんでいるように思うのです。

ですから、お笑いで笑う必要はないと思うのです。

人それぞれ違いますし、人それぞれ楽しめるポイントは違います。

だから、もしお笑い以外の何かで人と笑い合えるのなら、それで充分ではないでしょうか?

お笑いに過度に期待する必要はありません。

お笑いといっても、ピンからキリまでありますし、合う合わないもあります。

人でも、食べ物でも、趣味でも、そうですね。

あなたに合った分野で精一杯楽しめば、それでグッドだと思います。

おわりに:お笑いで、笑えなくてもいい

いかがだったでしょうか?

お笑いで笑えないというのは、その通りです。

なぜなら、お笑いはつまらないからです。

しかし、可笑しみがある。

そこに対する愛情というのも、1つの鍵となるでしょう。

お笑いで、笑えなくてもいいです。

他の分野で笑える、楽しめるなら、最高です。

お笑いを見て、声を上げて笑っていなくても、心の中でほんわかしているなら、それで充分です。

もし、この記事を見てお笑いはやっぱりつまらないだとか、お笑いの何が面白いのか分からないという方は、無理にお笑いを見る必要はありません。

あなたが好む趣味なり、ブームなり、自由に追ってくれれば、それで万事解決かな?と思います。

ここまで見ていただいた方々、ほんとうにありがとうございました(^_^)/~

よかったら、他の記事も見てくださると、嬉しく思います。

かめれもん★でした~(^^ゞ

家族の絆を深める3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、家族の絆の大切さを理解していて、もっと家族の絆を深めたいという方に、おすすめの記事です。

他の記事で、家族の絆とは? 家族の絆を深めるメリットについて、自分なりの意見を述べているので、よかったらご覧ください♪

この記事では、家族の絆を深める方法として、以下の項目に答えたいと思います。

1、ぶつかり合って、理解を深める

2、ささいなことでも、感謝し合う

3、与え合うこと

です♪

わたしはこれまで、家族とは何度もぶつかり合い、その度に理解を深めてきました。

それでは、まず、そのことについて触れてみたいと思います!

家族の絆を深める方法その1:ぶつかり合って、理解を深める

家族とぶつかり合うということは、悪いイメージがありませんか?

しかし、いい面もあります。

それは、ぶつかり合うことによって、その人の本心に近づけるのです。

喧嘩をすることによって、その人本来の姿や、本音が出やすいものです。

それを、ああ、こんな面もあったんだ、とか、なるほど、こういう気持ちで葛藤していたのか、とその人に優しくなることができるのです。

そして、喧嘩をするのはいいけれど、そこから這い上がる必要があります。

でないと、社会に出て同じ目にあったとき、対処の仕方に困るからです。

喧嘩をし、這い上がる。

そのことによって、人は成長し、それ以外の人間関係でも活かしやすくなるのです。

今風に言うと、ワクチンの投与みたいな感じですね。

そして、ここで注意点なのですが、殴り合いとか、悪意に満ちた言動は極力控えた方が、よいと思います。

身体を予想以上に傷つけてしまうこともあるし、放った言葉で、のちのち思い返して、苦しむということもあるからです。

喧嘩といっても、ほどほどが大事ですね。

家族の絆を深める方法その2:ささいなことでも、感謝し合う

2つ目になりますが、ささいなことでも、感謝し合いましょう。

なぜかというと、日頃から、家族はそれぞれ苦労しています。

そんな家族に、たった一言の「ありがとう」で、頑張れる、励まされることは大いにあるのです。

だから、感謝の言葉はためらうと思ったら、言いましょう(笑)。

感謝の言葉、例えばありがとう、とか、褒め言葉ですが、それらは、あなたの心も元気にし、気分をよいものにしてくれます。

たった一言で、その日の気分はだいぶ違うものです。

コツは、見返りを求めないことです。

見返りを求めると、その感謝は偽物になるからです。

なぜなら、その感謝は愛がなく、受けた側も返さないといけないの? と険悪な雰囲気になってしまいます。

注意しましょうね。

そして、感謝し合うことによって、家族全体の士気が上がります。

家族全体の士気が上がると、どうなるのか?

それは、そのまま社会貢献になり、多くの人を元気づけることができます。

わたしたちは、思っているより、繋がっているのです。

リアルでも、ある人のもとには数十人の知り合いや友達がおり、それがネット社会だと、貢献度はますます違いますよね。

ぜひ、目の前の人のその先も、見据えたいものです。

家族の絆を深める方法その3:与え合うこと

さて、家族の絆を深める方法として、最後になりますが、与え合うことです。

これは、感謝とか、肩たたきとか、プレゼントとか、サプライズとか、ですね。

色々な方法があると思います。

つまり、感謝をもっと具体的にするということですね。

与え合うことによって、その癖が社会に表面化します。

つまり、家族関係=人間関係とも言えると思います。

なぜなら、人はわざわざ多くの人と関わる必要はないのです。

その人に合った学びが、目の前の人にあり、縁のない人に出会っても、ぎこちないだけだからです。

だから、縁のある人に精一杯のギブ、与えるをしましょう。

けれど、多くの人はなかなか与えるということをせず、もらってばかりが多いと思います。

なぜなら、その方が楽に思えるからですね。

しかし、それだと資源のように枯渇してしまいます。

だから、与え合う、投資し合うなどによって、この世界は循環し、エネルギーが巡っていくのです。

そういうものです、この社会は・・・(笑)。

よかったら、この本もおすすめです。

『変な人の書いた世の中のしくみ』(文庫748円↓)

話はまた戻りますが、与え合うと言っても、感謝するだけで価値があるのです。

価値がある、つまり、勝ちがある。

その人は人生の勝利者になることができます。

試すだけだったら、誰にでもできると思います。

あとは、継続することですね。

それでは、まとめていきます。

おわりに

家族の絆を深めるためには、3つの方法があります。

それらは、ぶつかり合って理解を深める、ささいなことでも感謝、そして与え合うがあります。

最後に、言い忘れていたのですが、その相手を知る、または理解し合うということも大事です。

わたしは、わかり合えなくても、わかり合おうと努力することは大切だと思っています。

なぜなら、それで誠意は伝わるし、なんだかわかり合えなくても、わかり合えているような気分になるからです。

それでは、わたしはこの辺で。

家族の絆3部作、終了です。

他の記事もよかったらご覧ください♪

かめれもん★でした(^^ゞ