独特な3つの目線から眺める俳句とは?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の魅力を、もっと深堀りしたい! オリジナリティある俳句論を聴きたい! という方におすすめの記事となっております。

独特な3つの目線から、俳句とは何かを考えることで、今よりももっと俳句に親しめる記事になればいいなあ、と思います。

目次は、以下のようになっております。

俳句とは?:俳味が、魅力的!

俳句とは?:俳句は、とても自由!

俳句とは?:俳句は手段であって、大事なのは作者の想い

に、なります♪

わたしも、俳句を作ったり、寝る前に歳時記を読んだり、このブログで俳句に関する記事等を書いてます。

ですので、少なからず説得力のある俳句論を展開できるのではないか、と思っております。

最後まで読んでいただけると、とてもうれしいです。

それでは、始めていきましょう!

俳句とは?:俳味が、魅力的!

俳句とは、なにか?で、わたしが一番最初に魅力的だな、と思ったのは、俳味です。

俳味とは、現代のお笑い要素、とも言えるでしょう。

滑稽可笑しみといった、爆笑というお笑いというよりも、クスッと笑える文学的なお笑い要素と言えるでしょう。

例えば、それを体現している俳人には、小林一茶という人がいますね。

松尾芭蕉、与謝蕪村、と同じく、俳句を知らない方でも、ある程度耳にしたことがある俳人だと思います。

庶民に寄り添った、お茶の間に笑いを届ける風な、面白い俳句をたくさん創られました。

わたしも、小林一茶という俳人が好きですので、皆さんも本やネットで、一度調べてみると、よいのではないか、と思います。

俳句とは?:俳句は、とても自由!

俳句は、とても自由です!

しかし、だからといって、人に評価されるにはある程度の枠組みにハマる必要もあります。

よく世間で言われる「常識」も、守ることである程度生きやすくなるのと、同じ原理です。

ただ、一人で作る分には、自由律俳句でもいいし、俳句っぽいものならなんでもいいと思います。

例えば、わたしが以前作った自由律俳句で、『酸っぱいをしゅっぱいにして言ったら失敗に聞こえた』も自由に作った結果、俳味もあるし、韻を踏んでいたり、定型とは違う独特なセンスが磨かれました。

ですので、自由律俳句を作ってみて、定型俳句に挑戦するでもいいと思います。

そうすると、より自分の個性が定型に反映されると思います。

世間に認知される俳句を作りたいという方は、ある程度、論理的に考えて俳句を作る必要があると思います。

なぜなら、論理的に考えて俳句を作るということは、世間で常識的に認知される1つの枠組みになるからです。

つまり、これは俳句だな、と認知されやすくなるのです。

そのロジックで、枠組みにある程度ハマりつつ、やや型破りな俳句を作れば、世間に幅広く面白いと認知される俳句が作れると、わたしは思っています。

俳句とは?:俳句は手段であって、大事なのは作者の想い

そして、俳句とはなにか? と考えすぎるのはどうなのかな?と思うこともあります。

なぜなら、俳句は手段であって、分解しても中身がないのです。

大切なのは、俳句という定型ではなく、詩という抽象的なものなのです。

では、その抽象的な大切なものとは、なんなのか?

皆さんは、何だと思いますか?

わたしは、俳句という身体よりも、大切なのは作者の心、想いだと思っています。

作者が俳句を作るとき、どんなイメージを膨らませたか、が大事で、俳句はその副産物に過ぎない、と思っています。

作者の想いに、オリジナリティがあり、それがきれいに俳句で表現されていれば、いい俳句になるのではないか、と思います。

もちろん、一生懸命作られた俳句は、どれも本質的には美しいんですけどね♪

それでは、まとめていきたいと思います。

おわりに:俳句はもっとシビれる

俳句は、俳味というお笑い要素が加われば、もっと面白くなると思います。

俳句は、本来自由な表現が許されていますが、世間にある程度認知されたいと願う方は、定型や季語や切字など、一定のロジックを覚える必要があります。

そこから、型破りすると、よいと思います。

俳句で大切なのは、作者の想いであり、それがちゃんと論理的に人々に伝われば、みんなが幸せになると思います。

俳句とは、詩とは、本来そういうものです。

多くの生きとし生けるものと調和して、みんなと生きる歓びを歌うことです。

そのことをぜひ、大切にしてもらえればな、と思います。

それでは、今回はこの辺で。

他に俳句や、詩論、人生にまつわる様々なことに言及した記事を書いていますので、よかったら読んでくださるとうれしく思います。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

季語の魅力が伝わるような季語エッセイFile.1『秋の風』

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、季語の魅力が伝わるような季語エッセイということで、若干新しい試みです。

この記事では、季語『秋の風』の魅力が、それとなく伝わることを目指します。

気軽に読んでくだされば、幸いです。

それでは、始めていきます。

秋の風を感じる機会が少ない

秋の風といっても、普段、わたしは外に出る機会が少ないのです。

それでも、たまに外に出てみると、晴れていて、これは秋の風ではなく、夏の風なのである。

そんな季語があるかどうかは、知らないけれど・・・。

しかし、そのような風の中に、微かに秋の風を感じることがある。

そのとき、わたしは秋を身に沁みて感じるのである。

もともと、HSPだから、そういうのは得意だ。

繊細な感覚ゆえに、微細な感覚を捉えるのに、長けている。

ゆえに、俳句というものをやっているのだろう。

秋の風をもっと感じたい

話は少し変わり、そういえば、秋の風を感じるというのは、具体的にどういう状況なのであろうか。

飛行機に乗っていても、窓ガラス越しに、秋の風は感じにくい。

フェリーに乗っていても、秋の風というよりこれは、海の風だ。

やはり、秋の風は、車とか、自転車とか、その場に立ってのように、自分が動かず身に沁みて感じるものらしい。

つまり、素朴な風=秋の風とも言える。

家の中の秋の風

普段、外に出歩くのが少ないので、秋の風は家の中で感じることが多い。

家の中の秋の風といえば、まっ先に思いつくのが、台所の風である。

網戸から、外の秋草や澄んだ空気を引き連れて、秋の風を感じることがある。

秋の風とは、ある意味、家の中でも感じることができるものである。

わざわざ外に行って、秋の風を感じることはない。

自分が身に沁みて、秋の風のようなものを感じれば、それは俳句になるのかもしれない。

とはいえ、外に出ていって感じる秋の風は、よりリアリティが含まれ、気持ちいいことは、確かである。

それに、家の中で、秋の風を感じるというのは、やや陰気というか、インドアな気がする。

やはり、自然の流れというのは、外に出ていって感じるものであって、観葉植物に、人が通り過ぎていく中で、揺れる秋の風というのは、なんか違う気がするし、ちょっとナンセンスだね。

それでは、まとめていきます。

おわりに

いかがだったでしょうか。

秋の風。

なんとなく伝わりましたでしょうか。

でも、このような記事では、まだ伝達不足かもしれませんね。

次回、書くときは、もう少し練ったり、真剣に書こうと思います(真剣じゃなかったんかい!)。

ここ最近、少しブログ止めていましたが、腹風邪によるものです。

今は、回復期間中です。

これからも、無理せずブログを、マイペースに更新し続けようと思います(^^ゞ

かめれもん★でした~(^_^)/~

季語の覚え方&俳句の親しみ方

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、季語の覚え方&俳句の親しみ方について、考察していきたいと思います。

この記事は、季語を学校で学ぶ方や、実際に俳句を通して季語を知りたい方におすすめの記事となっております。

具体的なステップは、以下の通りです。

まず、俳句の作り方を知ります。

次に、実践の中で季語を覚える、ということについて、解説していきます。

最後に、焦らず俳句づくりを継続していくこと、について解説していきます。

それでは、始めていきましょう!

季語の覚え方ステップ1:俳句の作り方を学ぶ、もしくはすぐ実践

これはまず、実際に俳句の作り方について書かれた本を読むか、歳時記を買って覚えていくパターンがあります。

『芸人と俳人』(1,430円↓)

後者の場合は、力づくですので、やれないことはないと思いますが、疲れてしまうと思います。

本来、季語の価値は、ゆっくり向き合っていく中で、自覚されるものです。

その点、押さえてもらうと、嬉しく思います。

あと、テレビでやっている『プレバト!!』を見たり、『夏井いつきチャンネル』を通して、季語の情報収集することも可能ですね。娯楽にもなりますし、一石二鳥ですね♪

それから、俳句らしきものを作り、そこに季語を入れて、実践していくことも可能です。

この場合、季語を覚える上で、即効性はあります。

しかし、王道ではありません。

やはり季語は、5・7・5の定型で覚えてほしいものですね。

次に、実践の中での季語の覚え方について、解説していきます。

季語の覚え方ステップ2:実践していく中で、季語を覚える

俳句の作り方を学んだら、基本毎日作っていた方が、効率いいですし、教養になったり、趣味にすることも可能です。

わたしの場合、毎日3句は作ろうとしています。

俳句は作ろうと思ったら、歳時記を開きますので、そのときに季語に必然的に親しみますよね。

季語は実践していく中で、覚えやすいし、身につくものです。

最後に、季語の覚え方において、実践していく中でのコツについて、解説します。

季語の覚え方ステップ3:コツは、焦らず俳句づくりを継続していくこと

季語を覚える、または身につかせるためには、継続は大事です。

そして、一気に覚えようとせず、毎日の積み重ねが、功を奏します。

歳時記を、いつも身近に置いておくのもいいですね。

季語をどんどん覚えられますし、自然のよさも分かってくるでしょう。

わたしは、寝る前に、歳時記を読んで眠ることも多いです。

寝る前に、あった出来事は、頭の中に記憶されやすいのです。

ぜひご参考に。

では、まとめていきましょう。

おわりに

季語とは、覚えるものではなく、身につけ教養を高めるものでもあります。

俳句の作り方を学び、毎日の実践の中で真の教養は身につきます。

そして、季語は広範囲に及び、奥深さもあります

あなたに合った方法で、一気に覚えるかそれとも少しでも教養になるよう俳句づくりの中で季語を覚えるかじっくり人生を味わうために俳句づくりに専念するか、考えていただければと思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他にも、詩や俳句の作り方&豆知識など、様々な記事を更新していますので、よかったらご覧ください♪

かめれもん★でした~(^^ゞ

「俳句を投稿したい!」 おすすめの場所7選

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の投稿場所7選ということで、俳句を投稿するときに、どこに発表できるか、ということについて考察していきたいと思います。

ちなみに、投稿ではなく、投句なんですけどね。ほんとは。

それでは、投稿場所7選、見ていきましょう!

俳句の投稿場所その1:投稿サイト

まず初めに、投稿サイトがあります。

これはもう、ほんとに様々です。

試しに「俳句 投稿サイト」で打ってみるだけでも、色々出てくると思います。

この投稿場所のメリットは、ネットで気軽に投稿できるというところです。

そして、同じ仲間にも出会える

しかし、その一方で、趣味とか、単純に発表したいだけというものに限られるのではないか、と思います。

俳句の質も、その気軽さゆえに、少し低めの作品が多いと思います。

もちろん、そうでないサイトもあるとは思いますが・・・。

俳句の投稿場所その2:新聞

続いて、新聞があります。

これは、わたしもやったことありますが、新聞の投句欄というものがあります。

そこに投稿すると、俳人と呼ばれる方に見てもらうことができます。

新聞を購読している方で、ハガキで投句できるよ、という方におすすめです。

何回か投稿していると、またこの人だ、という同じ仲間にも出会えると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

俳句の投稿場所その3:アプリ

俳句のアプリというのもあるんですね。

わたしも一度、やってみたりしましたが、長続きしませんでした。

やっぱり、多くの方に見てもらいたいというのもあって、アプリでは、それは不可能に近いのかもしれません。

そして、手軽さゆえの、本格的な俳句からは遠ざかっていってしまう、という現象も出てくるかもしれません。

やはり、俳句は紙の本でしっかり読んで、本格的な場所に投稿したいものですね。

俳句の投稿場所その4:テレビ

テレビでも俳句は投稿できます。

最近は、プレバトで俳句に親しめますよね。

しかし、ここでは、投稿はできません。

投稿するなら、「NHK俳句」や初心者向けの「俳句さく咲く!」がいいと思います。

テレビで有名な俳人さんに見てもらえると、テンション上がりそうですね。

解説もしてくれるかもしれませんし、ぜひおすすめです。

俳句の投稿場所その5:ラジオ

ラジオにも投稿場所はあります。

最近、ラジオといえば、マイナーな方かもしれませんが、様々な場所で募集しています。

夏井いつきの一句一遊」という番組もありますね。

ここだと、夏井先生に自分が作った俳句を見てもらえるかもしれません。

ラジオだと、リスナーとの距離が近いので、静かな環境でワクワクしながら耳を澄ませるということもできるかもしれません。

ぜひ、試してみてください。

俳句の投稿場所その6:雑誌

それから、雑誌に投稿という方法もありますね。

しかし、わたしは俳句雑誌に挑戦しようとして、何度も挫折しました。

俳句の雑誌は、敷居が高い気がしたからです。

もっと、他にいい投稿場所があるだろうと思って、遠慮していました。

ただ、俳句雑誌に投稿する人たちは、それなりに手練の人たちなんじゃないかなあ、と思います。

まあ、雑誌で投稿して、賞とか、有名な俳人さんに見てもらえるかも、と思う方は、投稿してみてもいいかもしれませんね。

俳句の投稿場所その7:コンテスト&賞

これは、一番難易度が高いのではないか、と思います。

割と俳句が作れるようになってから、ここへ投句という形が、王道と言えます。

うまくいけば、入選とか、入賞とかで、自分の実力に自信を持てるようになります。

その肩書きで、様々な俳句関連の活動に踏み出してみてもいいかもしれませんね。

例えば、俳句教室を開いてみるとか。

俳句を生活の傍らに置いておきたいという方は、ぜひこのような場所に投稿してみるのもいいですね。

おわりに

俳句の投稿場所といっても、様々な場所があります

あなたに合う投稿場所を、ぜひ探してみてください。

わたしも、この記事を書いたので、後で読み返して参考にしてみようと思います。

一番、俳句初心者におすすめなのは、投稿サイトですね。

ネットで投稿してみると、気軽に自分の実力も分かったりするかもしれません。

ちゃんとした記事を書けたかどうか、多少不安はあるものの、少しでも多くの人に、何らかの俳句の投稿場所において気づきがあればなあ、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、詩や俳句に対する様々な考察、スピリチュアルなど精神関係、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信しておりますので、よかったら見ていただけると幸いです(^^ゞ

俳句の評価は、結局最後、感覚になる話

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の評価で大切な感覚の話をしていきたいと思います。

俳句は論理的に考えすぎてもいけないし、作者の想いを尊重する場面もある。

そして、俳句の評価を、これからはどのように行っていけばいいのか。

わたしの考えを、述べさせていただきます。

それでは、始めていきましょう!

俳句の評価は、論理的に考えすぎないほうがいい

俳句の評価で、なぜ、論理的に考えすぎてはいけないのか。

これは、それなりに大事な話でもあります。

人間は、論理的に作って、それなりに評価される俳句もあります。

例えば、東大生がプレバト!!で作る俳句のように、ですね。

東大生が作るすべての俳句を否定するつもりはありません。

しかし、中には、少し人間の醜の部分が入っていたり、中身が空疎であったりと、すべての俳句が美しいというわけではないと思います。

これが、俳句を論理的に作りすぎてはいけない、1つの理由です。

他にも、この世界は、科学が非常に発達してきましたが、それによって、多かれ少なかれ、人類は弊害をこうむってきました。

環境破壊や、公害などが、その例として挙げられます。

この場合、感覚、つまり人類の愛の比重が多ければ、それほど科学は、害をもたらす可能性は低かったでしょう。

つまり、俳句を作るときは、思考や論理の前に、感覚や感情などの愛が大切になってくるということです。

俳句の評価で大切な感覚の話

俳句の評価で、なぜ、感覚が大切なのか。

皆さんは、なんとなく分かってきましたか?

最近の俳句ブームでも、添削などで、論理的な側面だけしか見ずに、この俳句は最高だ!と言う人も中にはいるような気がします。

しかし、肝心なのは、そこではありませんよね。

肝心なのは、外見ではなく、中身です。

つまり、外見でいいと思っても、付き合っていく内に、この人、あんまり中身がない、ということになりかねません。

もちろん、それで、その人にとって学ぶことが多ければ、次に活かせるからよいのです。

俳句は、論理ばかりを重視し過ぎると、いつのまにか、中身がないのに、それいいね!と呼ばれる作品であふれ返ってしまう可能性もあるのです。

そこのところは、気を付けておきたいところですね。

それでは次に、俳句の評価をこれからどのように行っていけばいいのか。

いっしょに考えていきましょう。

俳句の評価をどのように行っていけばいいか

俳句を評価する上で、一定の基準で、論理的に読み解くというのは、可能だと思います。

したがって、大まかな評価基準があるのは、よいと思われます。

一方で、論理的には読み解けないけど、なんかすごく圧倒される。

もしくは感動するような作品もあることもまた、事実です。

例えば、子どもたちの詩や、俳句の作品を見てみると、技術的には、幼いような印象を受けますが、ときに大人の気づけなかったことを、堂々と正直にスパッと述べてくれることがあります。

このような場合、思考よりも感情が勝っているのです。

だから、ヘタで評価できないかも、と思っても、大人たちには感動をもたらすことがあります。

したがって、このような場合、人はある程度、俳句や詩を感覚的に評価できる能力を持っていると思います。

問題は、それを評価する大人が、論理的なことばかりしか見ずに評価する人なのか、そうでない人なのか。

その見分け方は、難しいですが、今のところ、このように述べておきます。

その人の思考と感情のバランスがとれていて、安定しているように見えるか、どうか。

つまり、自然体であるか、どうか

もしくは、SNS等で、信頼できる人なのか、どうか

その人の作品を、ある一定の評価を受けた詩人や俳人が、いいと判断するか、どうか

このような判断基準が、挙げられると思います。

参考程度にしてもらうと、ありがたいです(笑)。

ですから、人の俳句や詩を評価するときは、自分でもそのような思考と感情のバランスがとれた作品を作れているかどうか、というのが1つの判断基準になりそうです。

それから、論理的に俳句を評価せず、感覚的にも俳句を評価できると自負している方々が、とりあえず添削などを行っていくというのが、大切なような気がします。

うまく言えていない可能性がありますが、まとめで思考を整理していきたいと思います。

おわりに

俳句は、見た目ですべて分かるというものではありません。

問題は、その奥にある感情です。

人々は、ネットを使うようになって、適当に論理的な文章などを書いて、忍ぼうという人も、それなりにいるかと思います。

しかし、それでは、世の中に、正しくないのに、これはいいんだ、とか、悪いんだとか、そういうものが増えてしまう気がします。

だから、心が込もったものが、世の中にあふれていないと、いつのまにか、中身がない世界を愛するという、歪んだ図式が完成してしまうと思います。

そのようなことには、なってはいけないのだと思います。

俳句の評価でも、思考と感情のバランスが大切です。

ここで、一番大切なのは、俳句は技術がすべてではない、ということ。

論理で作られた俳句がすべてではない、ということを深く理解する、ということが大切だと思います。

そのような人たちが、自分は、論理だけでなく、感覚の部分も分かると積極的に発言し、もしくは、何も言わずに、覚悟を持って、相手を尊重した評価をしてほしいな、と切に願います。

それでは、わたしはこの辺で。

他にも、俳句や詩関連の考察を、深く、心を込めて書いていますので、よかったらご覧ください♪

かめれもん★でした(^^ゞ

俳句の取り合わせって、具体的になんだったっけ? 取り合わせを深堀ろう!

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の取り合わせって、どんな感じだったっけ? もっと詳しく知りたい方向けの記事となっております。

俳句の取り合わせは、できるとほんとに面白いですからね。

自分なりの世界観も出せますし・・・。

では、始めていきましょう!

俳句の取り合わせとは?

俳句の取り合わせって、どんな感じ?と思う方は、もうそれなりに俳句のことをちらほら知っているかもしれません。

取り合わせとは、2つの物(言葉)を組み合わせることによって、新しい味を生み出す俳句の型です。

主に季語と、別のもの(描写)が組み合わさって、独自の世界観が出るのですね。

それでは、取り合わせをもっと詳しく知るために、一物仕立てというものと比較してみましょう。

一物仕立てと取り合わせの違い

一物仕立ては、主に季語の描写だと思われます。

そう考えてよいでしょう。

ただ描写すればいいだけではありません。

季語の本質を捉えて、美しく描写するという感じでしょうか。

その一方で、取り合わせは、意外な物と物を組み合わせることによって、新しい世界観、妙味を生み出す俳句の手法と呼べるでしょう。

つまり、取り合わせは、どんな季語と、どんなものを描写するかが、鍵を握っていると思われます。

それでは、取り合わせのコツ、本質を見ていきましょう!

取り合わせのコツ(本質)をご紹介

これはですね。

正直、センスでもあり、慣れでもあると、わたしは思います。

ですから、俳句をただひたすら作って、取り合わせは作れるときに作るといった感じでしょうか。

あとは、他のサイトで取り合わせの例を見てもらうとか、そんな感じでしょうか(笑)。

いずれにしても、取り合わせというのは、すぐにできるから、いいというわけではないと思います。

イチロー選手も言っていましたが、結果よりも過程(プロセス)が大事だということです。

つまり、取り合わせをうまいこと作っていくよう努力していくことに面白みがあり、しっかりと俳句歴を積んで見事に創作できるからこそ、達成感もあり、人からも面白いと言われる俳句が作れるのだとわたしは考えています。

ですから、俳句の取り合わせのコツは、俳句を作っていくプロセスを楽しんでいく中で、熟達していくというのが、本質だと思われます。

それでは、今回のまとめです。

おわりに

俳句の取り合わせは、2つの物をいかに組み合わせるかが大事だと述べました。

そして、俳句の取り合わせは、付かず離れず

正直、これも大事です。

2つの物は、なんとなく違うんだけど、合わせると、なんか雰囲気いいよね、という感じになるとベストです!

そのことを踏まえた上で、俳句をどんどん作っていきましょう!

取り合わせは作れるときに作り、できたかどうかよりも、取り合わせと向き合っていく中で、いつか人からも、いいね!と言われると嬉しいですね♪

それでは、わたしはこの辺で。

今回もここまで、お読みいただき、ありがとうございます。

次回も、いい記事が書けるよう、奮闘していきたいと思います(^^ゞ

かめれもん★でした~(^_^)/~

初心者にもわかりやすい自由律俳句の作り方講座

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、初心者のための自由律俳句の作り方講座ということで、自由律俳句とは何ぞや、自由律俳句を実際に作っていきたいけど、何から始めていいんだ、みたいな人たち向けの記事となります。

この記事を読んで、ぜひ自由律俳句の魅力を、多くの人たちに伝えていってくれたらな、と思って書いていきます。

それでは、始めていきましょう!

自由律俳句とは何か?:自由律俳句は、リズムが命

自由律俳句って、たまに聞くけど、いったいそれはどのようなものなんだ、というと、とてもシンプルです。

想いがリズムになり、それが一行で表される強い詩のことです。

つまり何が言いたいのか。

自由律俳句において、リズムは最重要事項といってもいいでしょう。

その他の特徴に、切れ字がないとか、口語が多いとか、ありますけれど、基本的に、自由律俳句を鑑賞するときは、このリズムに乗って感じられる、その作者の想いを重視することが大切です。

それでは、自由律俳句の作り方講座に入っていきましょう。

自由律俳句の作り方その1:下手でもいいから、まずは作ること

自由律俳句で書くといっても、書くのを躊躇する人がいると思います。

それはなぜか。

いきなり書いて、変な句ができたらどうしよう、とか。

自由律俳句がどんなものか、分からないからまず調べて、とか。

だいたいそのような感じではないでしょうか。

しかし、自由律俳句は、考える前に行動するくらいの気持ちで、さっと2、3句書いてみたらいいのです。

周りを見渡してください。

なんでもいいから、気になったものとか、人とかを描写してみるのです。

散文的でもいいから、自由律俳句っぽいものができたらそれで大成功です。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その2:自己流を極めること

自由律俳句は、そもそも、普通の定型俳句よりも、芸術性の方向に向かっていったと思われます。

つまり、自由律俳句を作りたいという方は、簡単そうだから作ろうと願っているか俳句よりももっと気持ちを最大限に表現したい、という2タイプに分かれると思います。

ここでは、後者の方たちに伝えていこうと思いますが、自由律俳句は、書いて書いて書いて、書きまくるのです。

それが、上達の究極の奥義です。

要は、慣れですね。

そうすれば、自ずと、リズムは身に付き、自由律俳句はうまくなっていることでしょう。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その3:分からなければ、自由律俳句の句集を読んで、真似てみること

どうしても、自由律俳句って、どう作るのかなあ、と迷う方は、本物の自由律俳句を見てみることを、おすすめします。

例えば、尾崎放哉、種田山頭火、住宅顕信、最近では、又吉直樹さんやせきしろさんの本がおすすめですね。

一度、読んでみるのもいいと思います。

『蕎麦湯が来ない』(1,540円↓)

ここで、重要なのが、下手な自由律俳句を見て、こういうものが自由律俳句だと、決めつけないことです。

自由律俳句にも、上手い下手は、ハッキリとあり、それなりの熟練者であれば、見分けは付きます。

あくまで、いいお手本を見て、自由律俳句の上達に役立ててくれることを願っています。

それでは、まとめです。

まとめ:自由律俳句は、面白い!

自由律俳句は、リズムが大事です。

リズムにすべてが詰まっているとも言えるかもしれません。

作者の想いが、リズムにピタッとハマっているかということですね。

なんか、カタカナばっかになりましたけど、すいません(笑)。

始めは下手でもいいし、誰に見せるとか、そういうものではないと思うので、積極的に周りの気になったものを描写していきましょう。

どんどん書いて、どんどん書けば、ほぼ誰でも上達は可能なことだと思います。

なぜなら、それは慣れの問題と言えるからです。

自由律俳句を誰にも見せる必要がなければ、思う存分書きまくれるので、慣れの問題は、誰にでも克服できることでしょう。

続かないなら、向いていないような気もしますし、そんなときはやめましょう。

無理は禁物です。

本物の自由律俳句を見ながら、自由律俳句は、こういうものか、と考えていくのもいいし、自分なりのこれが自由律俳句だと思うものを追究しても構いません。

あなたらしい自由律俳句は、世界でもかけがえのない財産になるでしょう。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

俳句『プレバト!!』3つの魅力 1ファンとして解説!

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、プレバトの3つの魅力と題しまして、わたしは一応プレバトを毎週見てまして、おそらく1年か2年以上は見ていると思います。

もっと見ている方には失礼かもしれませんが、長年プレバトを見てきた感想をここに載せられるということで、感無量です。

それでは、始めていきましょう!

プレバトの魅力その1:夏井先生の毒舌でスッキリ!

プレバトの有名人として、夏井いつき先生が挙げられますよね。

ダメと言われる俳句には、容赦なく毒舌を放っていきます(笑)。

それが見ている人にはとても痛快で、ストレスフリーになるような心地もあります。

それから、出演者との掛け合いが面白いですね。

出演者が自作の俳句に、これこれこうで、とか色々言うのですが、夏井先生がそれをバッサリ斬るという(笑)。

まあ、出演者たちも夏井先生の愛の添削によって、まあよしとするか、という気持ちもあるのでしょう。

夏井先生は、生徒たちのことをほんとうに見守ってくれていることが、見ていて分かります。

プレバトの魅力その2:出演者たちの物語が熱い!

プレバトの出演者たちは、各自に成長を見せます。

プレバトには、いい俳句を連作して、実力が認められれれば、特待生になる資格が与えられます。

まあ、その上に、名人とか、10段とか、永世名人とか、あるんですけどね(笑)。

出演者の例として、立川志らくさんが挙げられます。

彼は、ここ最近調子がいいような気がします。

偉そうな目線ですが、とても本気で覚悟を持って、俳句に臨んでいるような気がします。

それから、皆藤愛子さんも、歴代俳句でたしか、かなり上位に入っていたはずですね。

本人も結構、驚いてました。

あとは、岩永徹也さんとか、キスマイの横尾さんとかを個人的には、応援しています(笑)。

それぞれに成長を見せ、バラエティ特有の掛け合いの中、個性が際立って見えてきます。

プレバトの魅力その3:雰囲気がいい テレビのバラエティの底力

あと、芸能人がみんな仲良さそうにやっているのが、見ているこっちも楽しくなってきますね。

梅沢さんとか、よく怒ってますけど、浜田さんと、夏井先生に牽制されて、場は落ち着いているように、見えなくもないですね。

それから、アナウンサーの玉巻さんも、浜田さんの横でしっかりサポートしてくれていて、がんばっているなあ、と感心することもあります。

自分も頑張ろうという気持ちにさせてくれるんですよね。

おわりに

プレバトはやはり、視聴率がいいだけあって、様々な要素が絡まり合い、結果的に、番組の雰囲気もよくしているのかなあ、と思います。

夏井先生や、浜田さんのさばきがいいのももちろんのこと、それで出演者たちが頑張って成長する→視聴率がよくなる→さらにモチベーションが上がる、と大体こんな感じかなと、思います。

素人目なので、把握できていないことも幾つかあるかもしれませんが、ご了承を。

これを機に、プレバトファンはもっとプレバト!!を楽しみ、初心者の方は、ゆっくり俳句と親しんでみてはいかがでしょうか?

それでは、わたしはこの辺で!

かめれもん★でした(^^ゞ

他に、詩と人生のことに関する記事も載せておりますので、よかったらご覧ください(^_^)/~