家族の絆を深める3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、家族の絆の大切さを理解していて、もっと家族の絆を深めたいという方に、おすすめの記事です。

他の記事で、家族の絆とは? 家族の絆を深めるメリットについて、自分なりの意見を述べているので、よかったらご覧ください♪

この記事では、家族の絆を深める方法として、以下の項目に答えたいと思います。

1、ぶつかり合って、理解を深める

2、ささいなことでも、感謝し合う

3、与え合うこと

です♪

わたしはこれまで、家族とは何度もぶつかり合い、その度に理解を深めてきました。

それでは、まず、そのことについて触れてみたいと思います!

家族の絆を深める方法その1:ぶつかり合って、理解を深める

家族とぶつかり合うということは、悪いイメージがありませんか?

しかし、いい面もあります。

それは、ぶつかり合うことによって、その人の本心に近づけるのです。

喧嘩をすることによって、その人本来の姿や、本音が出やすいものです。

それを、ああ、こんな面もあったんだ、とか、なるほど、こういう気持ちで葛藤していたのか、とその人に優しくなることができるのです。

そして、喧嘩をするのはいいけれど、そこから這い上がる必要があります。

でないと、社会に出て同じ目にあったとき、対処の仕方に困るからです。

喧嘩をし、這い上がる。

そのことによって、人は成長し、それ以外の人間関係でも活かしやすくなるのです。

今風に言うと、ワクチンの投与みたいな感じですね。

そして、ここで注意点なのですが、殴り合いとか、悪意に満ちた言動は極力控えた方が、よいと思います。

身体を予想以上に傷つけてしまうこともあるし、放った言葉で、のちのち思い返して、苦しむということもあるからです。

喧嘩といっても、ほどほどが大事ですね。

家族の絆を深める方法その2:ささいなことでも、感謝し合う

2つ目になりますが、ささいなことでも、感謝し合いましょう。

なぜかというと、日頃から、家族はそれぞれ苦労しています。

そんな家族に、たった一言の「ありがとう」で、頑張れる、励まされることは大いにあるのです。

だから、感謝の言葉はためらうと思ったら、言いましょう(笑)。

感謝の言葉、例えばありがとう、とか、褒め言葉ですが、それらは、あなたの心も元気にし、気分をよいものにしてくれます。

たった一言で、その日の気分はだいぶ違うものです。

コツは、見返りを求めないことです。

見返りを求めると、その感謝は偽物になるからです。

なぜなら、その感謝は愛がなく、受けた側も返さないといけないの? と険悪な雰囲気になってしまいます。

注意しましょうね。

そして、感謝し合うことによって、家族全体の士気が上がります。

家族全体の士気が上がると、どうなるのか?

それは、そのまま社会貢献になり、多くの人を元気づけることができます。

わたしたちは、思っているより、繋がっているのです。

リアルでも、ある人のもとには数十人の知り合いや友達がおり、それがネット社会だと、貢献度はますます違いますよね。

ぜひ、目の前の人のその先も、見据えたいものです。

家族の絆を深める方法その3:与え合うこと

さて、家族の絆を深める方法として、最後になりますが、与え合うことです。

これは、感謝とか、肩たたきとか、プレゼントとか、サプライズとか、ですね。

色々な方法があると思います。

つまり、感謝をもっと具体的にするということですね。

与え合うことによって、その癖が社会に表面化します。

つまり、家族関係=人間関係とも言えると思います。

なぜなら、人はわざわざ多くの人と関わる必要はないのです。

その人に合った学びが、目の前の人にあり、縁のない人に出会っても、ぎこちないだけだからです。

だから、縁のある人に精一杯のギブ、与えるをしましょう。

けれど、多くの人はなかなか与えるということをせず、もらってばかりが多いと思います。

なぜなら、その方が楽に思えるからですね。

しかし、それだと資源のように枯渇してしまいます。

だから、与え合う、投資し合うなどによって、この世界は循環し、エネルギーが巡っていくのです。

そういうものです、この社会は・・・(笑)。

よかったら、この本もおすすめです。

『変な人の書いた世の中のしくみ』(文庫748円↓)

話はまた戻りますが、与え合うと言っても、感謝するだけで価値があるのです。

価値がある、つまり、勝ちがある。

その人は人生の勝利者になることができます。

試すだけだったら、誰にでもできると思います。

あとは、継続することですね。

それでは、まとめていきます。

おわりに

家族の絆を深めるためには、3つの方法があります。

それらは、ぶつかり合って理解を深める、ささいなことでも感謝、そして与え合うがあります。

最後に、言い忘れていたのですが、その相手を知る、または理解し合うということも大事です。

わたしは、わかり合えなくても、わかり合おうと努力することは大切だと思っています。

なぜなら、それで誠意は伝わるし、なんだかわかり合えなくても、わかり合えているような気分になるからです。

それでは、わたしはこの辺で。

家族の絆3部作、終了です。

他の記事もよかったらご覧ください♪

かめれもん★でした(^^ゞ

家族の絆とは?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、家族の絆に焦点を絞って、自分なりに深掘っていこう、と思います。

前回、家族の絆を深めるメリット、についても話しました。

この記事と併用して、読んでくだされば、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

まず、家族の絆について、大まかな見解を伝えます。

次に、家族の絆が深いとどのようなメリットがあるのか、伝えます。

そして、家族はぶつかり合って成長することについて

最後に、真の家族の絆、について述べていければな、と思います。

それでは、始めていきましょう!

家族の絆とは?

まず、家族の絆は、そもそも深いか、深められる可能性が高いと思います。

なぜなら、生まれてからずっと近くにいるのだし、心だけでなく身体という繋がりもありますよね。

だから、家族の絆は深く、深めていくことによって、安心感等も出てきます。

そして、絆が深いゆえの、分かりあえなかったときは、相当ショックを受けます。

しかし、だからこそ、人間的に成長し、さらに広い視野で、人間関係を俯瞰することができます。

ぶつかり合う、またはぶつかり合うに近い、ピリピリモードなどで、お互いにメンタルが強化されたり、耐性が付きますよね。

それから、血縁は関係ないですね。

この人は家族だと思ったり、何らかの情緒的絆が形成されると、血縁の壁はあっさり乗り越えられると思います。

情緒的絆とは、身体の繋がりではなく、心の繋がりとも言えると思います。

家族の絆を深堀り!

さて、今述べた家族の絆の定義をもとに、さらに深堀っていきましょう!

家族の絆が深いと?

家族の絆が深いと、何かあったときに安定剤の役割を果たします。

しかも、自然的であって、化学的ではありません。

健全な家族の絆が築かれると、それはお互いに独立し、互いに援助し合います。

それが豊かな家族関係と、文化を育んでいきます。

社会にも反映されるのですね。

何のためにぶつかり合うのか?

何のためにぶつかり合うのか、と問われると、難しい内容ではあります。

しかし、ぶつかり合うことによって、リアルで深い人間関係を体験できます。

最近は、VRとかネットとか、仮想空間が重視されがちですが、リアルとフィクションの融合で、新たな人間関係を目指すこともできます。

つまり、バランスが必要なのですね。

だから、もう少しリアルで密な人間関係が重視されるべきだと思うところがあります。

真の家族の絆とは?

さて、真の家族の絆とは?

先ほど述べた、血縁関係は必要ないという話です。

これは実は、誰にでも経験あることだと思います。

わたしにも、大切な人がいましたが、その人はおそらく亡くなっている、安否も確認できないのです。

しかし、血縁はなけれど、その人は大切な人で、心の繋がり、情緒的絆は築かれていたと思います。

それでは、まとめに入っていきましょう。

おわりに

家族の絆といっても、一言ではなかなか言えないと思います。

人間関係における一種の深い絆と言っておきましょうか。

家族の絆を深め、ぶつかり合い、それらが社会に反映されていくということは、決して見えない動きが社会の役に立たないというわけではありません

家族の絆は奥が深いものです。

参考になるところが多少でもあれば、幸いです。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた方々、どうもありがとう(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ

家族の絆を深める3つのメリット!

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、家族の絆を深めるメリットについて、紹介していきたいと思います。

皆さんは、家族の絆を深めること、どのように思いますか?

もしかしたら、必要ないという方も、いるかもしれませんね。

しかし、そんなことはありません。

そのことを、この記事でなんとなく理解していただければ、うれしく思います。

それでは、始めていきましょう!

家族の絆を深めるメリットその1:心身が安定しやすい

家族の絆を深めるメリットにおいて、まずこのことを述べたいと思います。

それは、心身が安定しやすくなる、ということです。

なぜ、安定するのかというと、絆=つながりを深めることによって、いつどこにいても、その絆が心のふるさとのような役目を果たしてくれるからです。

例えば、家族と離れ離れになって、少しさびしい想いをしても、過去に絆を育んだことが、心の支えになって、頑張れるということは、ないでしょうか?

家族の絆を深めることによって、情緒的に人は安定するとは思います。

家族の絆を深めるメリットその2:手軽に人間関係を学びやすい

これは、家族は社会を構成する最小単位ということから、分かるかもしれません。

どういうことかというと、一番密接に関わる人間同士ということです。

なので、そこで得た人間関係が、さらに広い人間関係へと発展するということになります。

例えば、家族で習慣になっていた行為や仕草等が、さらに広い人間関係へと発展したとき、露呈するということになります。

なので、家族で健全な絆を深めていくことは、いずれ社会に出たときに、有利に働きやすくなると思います。

大切に家族関係を育むと同時に、家の中での生活習慣にも気をつけておきたいところですね。

家族の絆を深めるメリットその3:人間的に成長しやすい

これはどういうことかというと、密接な人間関係である家族では、当然ぶつかりやすくなったり、トラブルや衝突を起こしやすくなったりします。

しかし、これはデメリットだけではありません。

そうすることによって、お互いに改善、人間関係を学び、成長していくというメリットがあるのです。

だからといって、ぶつかりたくない、という方もいると思います。

しかし、そのような家族関係では、真に豊かな絆は深めることはむずかしいのではないか、と僕は思っています。

おそらくですが、家族関係で解決しなかったトラブルというのは、違う人間関係で同様のパターンか、違うパターンで現れてくる可能性があるからです。

そんなことあるわけないよ、と思う方ほど、いざトラブルに遭うと、大ダメージを負ってしまうと思います。

なので、社会の最小単位である、お互いに気兼ねしない人間関係で、色々なことを学んでおいた方が、得策だし、効率的だと、僕は思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

家族の絆を深めることは、意外と様々なメリットがあると思います。

家族と言っても、家族のような人間関係でもいいと思います。

そのような人たちであっても、心のふるさとになったり、人間関係を手軽に学べたり、お互いにぶつかり合ったり、主張しあって、成長していくことができると思います。

あなたと家族の絆によって、よりよい未来を育めることを祈願します。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ