フロー体験を、自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験と検索すると、いっぱい記事が出てくる。

でも、どの記事も専門的でわかりづらい!

このようなことが頭によぎった方は、この記事がおすすめです。

自己啓発系本を、100冊以上読み込んで実践している僕の考察記事となります。

目次は、以下のようになっております↓

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

その2:ゲーム

その3:読書

フロー体験とゾーンの違いについて

まとめ

目次

それでは、始めていきましょう。

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験とは、今を生きる、ということだと思います。

なぜなら、フロー体験とは没頭と言えるし、今を生きるということだからです。

今を生きるということは、簡単に言うと、雑念がなく、心の奥の声に従って生きている、ということだと思います。

つまり、美味しいものを食べたら、美味しいと言うことができ、桜吹雪を見たらきれいだな、と素直に思うことかもしれません。

フロー体験とは、今を生きることであり、例えば、瞑想・ヨガ・マインドフルネス等で実践できる部分があると思います。

続いて、フロー体験の例を、深掘りします。

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

フロー体験の例に、勉強が挙げられます。

勉強も、ある意味では、ゲームみたいなものだと思います。

それゆえに、楽しい気分になってきて、テスト勉強に励む。

いい点が取れると、次はこうしようか、と試行錯誤し、フロー体験を獲得できると思います。

つまり、フロー体験を獲得するには、楽しい気分でいるように、日頃からメンタルを整えたり、体にいい習慣を形成しておくというのが、よさそうです。

その2:ゲーム

ゲームでも、フロー体験を獲得できると思います。

ゲームは、そのまま、ゲーム。

ハマるように設計されていると思うので、フロー体験を獲得しやすい、と思います。

ものすごく難易度が高いゲームというよりも、少し難易度高めのゲーム、あるいは目標を設定するといいかもしれませんね。

その3:読書

読書でも、フロー体験を獲得できると思います。

読書は、読み始めに時間がかかりますが、流れに乗るとスラスラ読んでいたという経験はありませんか。

静かな環境、あるいは少しガヤガヤした環境。

自分に合った環境、少し難易度高めの本を読むことによって、フロー体験を獲得できる可能性があります。

最後に、フロー体験とゾーンの違いについて、解説します。

フロー体験とゾーンの違いについて

フロー体験は、日常生活で起こるような集中状態、つまり今を生きている状態です。

ゾーンとは、フロー体験から別次元の集中状態に入るということです。

つまり、フロー体験がベースにあることによってゾーンに入れる状態を作り出すというのが理想と言えます。

フロー体験は、継続的なもの、かつ、集中状態はゾーンに比べ、やや落ちます。

ゾーンは、一時的なものではありますが、その状態は、フローよりもさらに集中状態が強くなります。

ということで、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

→今を生きる

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

その2:ゲーム

その3:読書

フロー体験とゾーンの違いについて

→ベースのフロー体験から、ゾーンが生まれる

フロー体験は、楽しい!

フロー体験とかゾーンと聴くと、ワンピースの覇気が現実で使えるんじゃないか、というワクワク感がありますよね。

フロー体験についてなんとなく理解を深めた上で、実践にも活かしてほしいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

真理とは? 具体例を挙げつつ、できるだけ簡単に説明してみた。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「真理とは何か、簡単に知りたい」

「真理の例を楽しく知りたい」

「真理を知ることによって、どのようなメリットがあるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自己啓発系の本を100冊以上おそらく読んでいる僕の考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

真理とは?

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

目次

僕は、真理はあると思っているし、ものすごく頭で考えるものではない、と思っています(ここ賛否両論あると思うけど)。

真理というものを、色々な書物を読んで理解し、個人的な意見としてわかりやすく提示できればな、と思います。

よかったら、参考にしてみてください。

それでは、始めていきましょう。

真理とは?

真理とは、簡単に、必要な箇所だけ覚えようとすると、世の中を正しく動かす法則のようなもの、と捉えていただいてもよいかもしれません。

真理があることによって、世の中が正常に動いていくのです。

例えば、飛行機に乗ると、目的地に到達します。

そのためには、様々な人の努力とチームワーク、コミュニケーション、ルールなどが、おそらく要りますよね。

このように、何か目的を成し遂げるために、真理というものが必要なのでは、と僕は考えます。

真理とは、要するに、この世界のほんとうのルールと言ってもいいかもしれません。

続いて、真理の例を、詩から3つ列挙します。

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

この詩は、茨木のり子さんが書いた詩で、聴くことの重要性が美しく記憶される詩です。

つまり、人々は、聴くことをおろそかにして、何かを話したり、何かを書いたり、何か行動に移したりしているわけです。

けれど、聴くというやさしさなしに、アウトプットは可能なのか、と僕にはそう聴こえました。

その2:『なぜ』川崎洋

この詩は川崎洋さんが作った詩で、大人になって好奇心を失ったのはいつからだろう的なことが書かれています(詩はぜひノウハウを得るより、味わってくださいね)。

好奇心が大切だというのも、真理の1つだと思います。

好奇心なしに、世の中が動いていたら、世界はつまらないものになっていると思います。

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

この詩は、まど・みちおさんが書いた詩で、存在の重要性について、やさしい韻律で歌っています。

現代に生きていると、あの人は存在価値があって、自分には価値がない、と思って生きている人がいたり、自分は存在価値があるけれど、それ以外は価値がない、と思って生きている人がいたりします。

けれど、よく考えてみれば、この宇宙が無限だと分かれば、存在があると感じることさえできれば、それだけで素晴らしいことだし、平等に人も動物も自然も愛されるべきではないか、と分かるような詩です。

※余談:今紹介した3つの詩は、こちらの詩のアンソロジー(1650円)に収録されています。

よかったら、ご覧ください↓

最後に、真理を正しく知ると、どのような効果があるのか、について答えたいと思います。

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

真理を正しく知ると、スムーズに動けると思います。

ものすごく噛み砕いて言うと、ですけど。

なぜなら、真理、つまり世の中のほんとうのルールが分かることによって、人々は幸せに生きることができるからです。

まあ、真理が人々を不幸にするものとは、おそらく言えないと思うし、少なくとも僕は真理は人を幸せにするものだと捉えています。

例えば、先ほど挙げた『聴く力』1つとっても、相手の話をよく聴くことによって、こちらも納得して楽しく返答できますよね。

『なぜ』を挙げてみても、好奇心があることによって、世の中に楽しい人が増え、例えばエンタメ業が盛んになって、世界に活気が出るという例もあります。

『ぼくが ここに』を読んでも、ここにいていいんだ!と多くの人が思うことによって、無理に自己肯定感を上げなくても、ありのままの自分でいいんだと気づき、自然体で、本来の力を発揮する人も増えると思います。

真理を知ることによって、人々は幸せになる基本を掴んだり、詩を読むことによって細部の色々な真理を知って心を豊かにすることも可能だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

真理とは?

→世の中を正しく動かす法則のようなもの

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

→幸せに生きやすくなる

真理を知って、楽しく生きよう。

真理というと、難しいと考える人もいると思いますが、本質は簡単かつシンプルなのだと僕は思っています。

真理を知って、楽しく生きましょう。

そして、みんなと楽しく生きましょう(なんか宗教っぽいですが、宗教ではありません)。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

「うまくいかない」に本気で答えます。7つの対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「うまくいかないので、対処法を手短に、具体的に知りたい」

「他のサイトを見ても、どこか抽象的で納得がいかなかった」

これらのようなことをお考えの方たちに、全力で、心を込めて話していきたいと思います。

うまくいかないときのラッキーセブン7つの対処法です。

目次は、以下のようになっています↓

その1:寝る

その2:幸せ貯金

その3:大切な人を笑顔にする

その4:詩を読む

その5:空を眺める

その6:水を飲む

その7:音楽を聴く

目次

僕もうまくいかないときは、何度もありました。

そのたびに這い上がって、知恵を身につけてきました。

皆さんに、何か1つでも、参考になる情報があれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

その1:寝る

うまくいかないなら、寝るか、思い切って休む時間を大幅に取りましょう。

うまくいかないということは、無理をしているということです。

寝るか、休む時間を取ることによって、一旦落ち着くし、頭が混乱していたときよりも、スムーズな回答を引き出せる可能性があります。

その2:幸せ貯金

誰にでも、調子の波というものはありますし、試練とか困難みたいなものはあります。

そんなときだからこそ、小さな幸せに感謝していくのです。

そのことによって、幸せな気持ちが少しずつ充電され、やがては時が解決してくれることも多いと思います。

幸せというのは意志であり、幸せなものに焦点を当てるということです。

いくら物質的に豊かになっても、それに対して感謝し続けなければ、精神的には豊かになれませんし、そういったものも手放しやすい、と僕は考えます。

その3:大切な人を笑顔にする

うまくいかないときというのは、自分のことをコントロールできないときも多いものです。

そんなときだからこそ、大切な人の笑顔というのは、心を潤してくれるものがあります。

両親、恋人、親友、あるいはペットでもよいと思います。

大切なことは、心を込めて無償で喜ばすということです。

見返りを求めていると、返してくれなかったとき、辛いものがありますので、注意しておきましょう。

その4:詩を読む

このブログは、詩を専門にしているところもありますので、それについてお答えします。

詩を読む、あるいは書くという行為は、心身を安定させる効果があると、個人的には実感しております。

詩を読む、あるいは詩を書くという行為は、つまり、それが醜いか美しいかに関わらず、愛に意識を向けているということです。

誰でも、愛を意識して感じれば、基本、辛くはないと思います。

おすすめの詩集と、詩の基本的な書き方の記事を貼っておきますので、ご参考ください↓

その5:空を眺める

空は、僕たちが地球に存在する限り、どこにでもあります。

あるいは、自然に触れるでもいいと思います。

インドアなら観葉植物でもいいですし、海に行ってもいいし、山に行ってもいい。

日向ぼっこをしてもいいし、あるいはオーガニックな食品等に目を向けるのもいいのではないか、と思います。

その6:水を飲む

水は、心も体も清浄にしてくれる働きがあると思います。

おそらく、それは皆さんも感じていることですよね。

僕の例を挙げてみると、昨年の夏頃(2020年)は天然水をよく晩に飲んでいました。

体が透き通るイメージが湧くんですよね。

今だったら、ウォーターサーバーとかを吟味したり、こまめに日常で水を飲むことによって、心身がリラックスすると思います。

その7:音楽を聴く

さて、最後になりました。

音楽を聴くという手段です。

僕を例に挙げますと、J-POPも品のあるもの(小田和正さんとか、くるりとか)は聴きますし、クラシックとかその類もたまに聴きます。

音楽を聴くことによって、なんだか生きる力が湧いてくるんですよね。

特に、心身ともに疲れたときに聴く音楽は、ものすごく力があると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

その1:寝る

その2:幸せ貯金

その3:大切な人を笑顔にする

その4:詩を読む

その5:空を眺める

その6:水を飲む

その7:音楽を聴く

逆境があるから、高く飛べる。

うまくいかないときの対処法は、他にも色々あると思います。

そのことに関しては、この記事をヒントにしてもらったり、最終的には時間が解決してくれます。

7つの対処法を参考にしつつ、自分を成長させ、試練と困難を乗り越えていきましょう。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

エゴイストとは? 本質を、丁寧にわかりやすく伝えます。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「エゴイストを簡単に知りたい!」

「エゴイストと言われた。どうしよう?」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

エゴイストの本質について迫り、エゴイストのデメリットとメリットについて押さえます。

目次は、以下の3つになります↓

エゴイストとは?

エゴイストのデメリット

エゴイストのメリット

目次

僕は、小学校の頃、エゴという言葉が、あまり好きではありませんでした。

しかし、それから幾年か経ち、たぶん今ではエゴはほぼ消えている方だと思います。

皆さんにこれから情報提供しますが、何か1つでも参考になるところがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

エゴイストとは?

エゴイストとは、利己主義、つまり、自分のことだけしか考えていない人になります。

現代には、多かれ少なかれ、このような人たちがいますよね。

例えば、自分の話ばっかり聴いてほしい人とか、与えるだけ与えて、見返りを求めようとする人とか、あるいは、人のことは傷付けてもいいから、手柄を立てたい人とか・・・、たくさんの方たちがいらっしゃると思います。

エゴイストは、自分のことだけしか考えていない人で、相手を傷付けても自分のことだけ考えていたい人とも言えます。

エゴイストのデメリット

エゴイストのデメリットは、相手を傷付けてまで、自分勝手に生きたい、ということです。

この相手を傷つけるとは、暴力をふるうとか、お金を騙し取るとか、いじめとか、色々考えられます。

相手を無意識に傷つけることは、やられた方はなんでやねん!となってしまいますし、おそらく本人も幸せではない、と思います。

相手を傷付けてまで、自分勝手に生きようとする人は、自分も、相手も、そして世界さえも、愛していない生き方と言えると思います。

エゴイストのメリット

エゴイストのメリットとして、自分のことだけ考えて生きているんだけれども、相手を傷付けていないパターンが考えられます。

その場合、その人はどこか憎めなかったり、社会に貢献している、またはこれから社会に貢献していく人たちではないか、と考えられます。

お前は、エゴイストだ!ともし言われた方がいたとしたら、覚えてほしいことが2つあります。

1つは、エゴイストだ!と言った方が、エゴイストの可能性があるということ。

2つは、エゴイストと言われる人の中には、きっちり世界に貢献している方もいる、ということです。

ほんとうのエゴイストなら、そんなこと言われても気にすることはありません。

たとえ、エゴイストだったとしても、それはそれで必要悪なのかもしれませんから、致し方ないとしましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

エゴイストとは?

→自分のことだけしか考えていない人

エゴイストのデメリット

→他人だけではなく、自分も、世界も傷つける

エゴイストのメリット

→中には、人を傷付けていない場合もあります。

エゴイスト、なんとなく分かりましたか。

エゴイストは、厄介と言えば厄介ですが、そういう人たちがいるから、周りの人は成長できて幸せになるというパターンもあると思います。

なので、気楽に生きましょう。

完全に悪というものはないと、僕は思っていますから。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

選択的注意とパラレルワールドの関係についての考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「選択的注意をわかりやすく知りたい」

「パラレルワールドをわかりやすく知りたい」

「選択的注意とパラレルワールドの関係って、どんなだろう」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

選択的注意は心理学用語で、パラレルワールドはスピリチュアル用語だと思います。

心理学と、スピリチュアルの関係についても、なんとなく理解できるかもしれません。

目次は、以下の3つになります↓

のすごくザックリとした選択的注意とは?

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

選択的注意とパラレルワールドの関係について

目次

僕は、心理学とスピリチュアルは密接に関わっていると思っています。

今回は、選択的注意とパラレルワールドの関係ですが、楽しんで読んでもらえたら幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ものすごくザックリとした選択的注意とは?

選択的注意を、ものすごくザックリと言うと、自分の見たいものだけを見る、ことを言います。

自分の見たいものだけを見るとは、自分の見たいものに意識が向く、ということです。

例えば、自分がいい気分でいると、いいものや現象が自然と目に見えます。

反対に、ネガティブな気持ちでいると、どんどん悪いものや現象が引き寄せられて、落ち込んでいく、あるいは這い上がるのに時間がかかる経験はないでしょうか。

選択的注意とは、自分が何を見たいか、自分がどういう気分でいるかによって、見えてくるものも違うと思います。

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

パラレルワールドを、ものすごくザックリと言うと、同時並行世界、たくさんの選択肢としての未来とも言えると思います。たぶん、スピリチュアル用語だと思います。

たくさんの選択肢としての未来と言うからには、それは選択が可能で、大きく未来が変わる可能性もあります。

どうなんでしょうね~?と思う方は、この先、見なくても大丈夫です。

気になる方だけ、見てもらえたら、と思います。

具体例を挙げますと、何か気づきや成長があるとパラレルワールドが移行する感じがあります。

あとは、いいことが立て続けに起こったり、あまり気分がいいものでない出来事が立て続けに起こったりすることもあると思います。

いいことが続いていく・・・と思ったら、いきなりズドーンと目の前の出来事が変わったりすることもあると思います。

パラレルワールドは、たくさんの選択肢としての未来ということで、自分で選択し、未来を大きく変えていくことも可能だと思います。

選択的注意とパラレルワールドの関係について

選択的注意とパラレルワールドの関係はあると同時に、いい気分でいることにより、いいパラレルワールドに移行し続ける、と考えられます。

いい気分でいるということは、いいものや現象に意識が向きやすいということです。

そうなると、そういったものが起こるようになる、もしくはそういったものに反応してさらにいい気分になった意識がさらにいいものや現象を引き寄せる、と考えられるからです。

スピリチュアルは、感覚的なところも結構あるのですが、僕の体験談で言うと、やはりいい気分、またはいい言霊を発していると、いいことが起こりやすくなる、ということを何回か経験しています。

反対に、ちょっと暗い気分でいると、そのようなものや出来事を引き寄せ、這い上がるのに苦労した、という経験も何度もあります。

今回の記事は、そのような体験から閃き、書いてみようと思ったものです。

いい気分でいる、または自分の見たいものに意識を向けて生活することによって、それ相応のパラレルワールドが展開されると思います。

参考までにとどめてもらえれば、と思います。

それでは、今回の記事をまとめます。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ものすごくザックリとした選択的注意とは?

→自分の見たいものを見ること

ものすごくザックリとしたパラレルワールドとは?

→たくさんの選択肢としての未来

選択的注意とパラレルワールドの関係について

→いい気分でいることによって、いいパラレルワールドへ移行しやすくなる

幸せに、生きよう!

今回は、心理学のみならず、スピリチュアルのことについても言及しました。

僕はスピリチュアルのことを知らないわけではないのですが、霊能力者であるわけでは、たぶんないので、意見を少し控えておりました。

ぜんぶを信じる必要はもちろんありませんので、参考になるところをチョチョッと学んでいただければ幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自分を上手に客観視する3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自分を客観視することが苦手だ」

「自分を客観視することで、冷静に行動できるようになりたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自分を上手に客観視するための経験談・考察記事となります。

目次は、以下の3つになります↓

自分を上手に客観視する3つの方法

その1:瞑想、ヨガ、マインドフルネス

その2:メモする癖をつける

その3:友達、家族、上司など、外部からの意見を参考にする

目次

僕は、自分を客観視することが得意だと思っています。

しかも、それは最近になってからです。

僕が客観視することを得意にできたノウハウを今から紹介させていただきます。

参考になるところが1つでもあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

自分を上手に客観視する3つの方法

その1:瞑想、ヨガ、マインドフルネス

自分を上手に客観視するためには、瞑想、ヨガ、マインドフルネスをしてみるのもいいと思います。

なぜなら、それらをやることによって、自分の心の動きを眺める練習ができたり、心身の動きが統一されるからです。

具体的に言うと、瞑想をやることによって、他者から言われたこととか、頭の中に渦巻いている雑念を認知し、処理できます。

すると、自分の本心、心の本来の動きを察知することが容易になってきます。

マインドフルネスで言うと、歩くときに、自分の体を動かしているのは、今ある意識だと理解できていったり、体をスムーズに違和感なく動かせるとも言えます。

そして、自分一人だけの視野にとどまらず、他の人といった広い視野を持てます。

これらに対し、ほんとうかなあ、と思うのであれば、実際にやってみるといいと思います。

誰にでも、いつ、どこにあってもできることだと思います。

これを読んでいる方たちは、おそらく客観視をすることがむずかしく自分ではその方法を見つけられなかった、と推測できます。

であるならば、やってみる価値はあると思います。

やってみて、違ったと思うのであれば、それは、客観視するための合っていない方法を1つ見つけたと思って、次に進みましょう。

その2:メモする癖をつける

自分を上手に客観視するために、メモする癖をつけてみましょう。

なぜなら、自分の普段考えていることが、文字として見える化されるからです。

例えば、今日は何食べたとかのメモでもいいし、将来の夢についてでもいいし、アイデアや閃きをメモするのもいいと思います。

メモをする癖をつけることによって、普段の自分の行動や、自分の願望、自分の考え方についても客観視することが可能だと思います。

その3:友達、家族、上司など、外部からの意見を参考にする

自分を上手に客観視するために、友達、家族、上司などから、意見を参考にしてみましょう。

なぜなら、自分一人で客観視できなくても、周りからの意見によって、自分はこんな感じなのか、と容易に参考にすることが可能だからです。

例えば、友達に、自分ってどんな雰囲気の人間なんだろう、と訊いてみるのもいいし、家族に、自分の長所ってなんだろう、得意なことってなんだろう、と訊いてみるのもいいと思います。

意外な答えが返ってくるかもしれませんよ。

これらに対し、自分のことを他の人から訊き出す勇気もないし、そういった信頼できる人もいないという方は、ネットで心理テストみたいなものもありますよね。性格診断とか……。

自分を上手に客観視するために、ぜひ他の人たちからの意見を参考にしてみましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

自分を上手に客観視する3つの方法

その1:瞑想、ヨガ、マインドフルネス

その2:メモする癖をつける

その3:友達、家族、上司など、外部からの意見を参考にする

客観視、モノにしよう!

客観視することはむずかしいとよく思われますが、練習やトレーニング次第で客観視も次第に容易になってくるのではないか、と思います。

今回紹介した方法で、ピンときたものがあればぜひ実行し、効果が出るか検証してみてください。

少なくとも僕はこの方法で、かなり客観視をすることが上手になったと思いますので、参考にしてもらえるとうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神科連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

不安を抱えたときのための3つの対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「不安に対処したい」

「不安によるストレスを少しでも抑えたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

不安を抱えたときのための対処法を、考察させていただきました。

目次は、以下の3つになります↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

目次

僕は、不安や恐れを抱えて生きてきたことは、結構な期間あります。

最近になってようやく、ポジティブに物事を考えられるようになってきました。

僕の意見は、微力なものだと思いますが、少しでも参考になるところがあるように、精一杯書いていきたいと思います。

それでは、始めていきましょう。

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

不安を払拭するために、考えることを少なくし、行動を増やすという方法があります。

なぜなら、考えたり不安になるのは、何もしていないからそうなるとも言えるからです。

例えば、『宇宙兄弟』のムッタも、不安になると、色々な行動をして考えないようにしてたと思います。

行動を増やしたくても、忙しくてしかも不安だ、という方もいるかと思います。

そのような方は、行動に意識を向け、今を生きることに努めます。

忙しくて、しかも頭が不安だと、大変だと思われますので、行動リストを作成、もしくは大雑把にこれはいらないな、という行動を1つでもいいから減らすという方法もあると思います。

適度な行動が、適度なメンタルを作ることにつながる、と思うからです。

考える暇があるなら、スモールステップでもいいので、とにかく行動、自分の体を適度に動かすことも重要だと思います。

次に、不安を払拭するための対処法として、芸術に触れる、を挙げます。

その2:芸術に触れる。

不安を払拭するために、芸術に触れるという方法もあると思います。

なぜ、芸術に触れるかというと、不安や恐れはひとまず置いといて、見えない何かに対しては、見えない力が必要だからです。特に、芸術のような心を浄化するものです。

具体的には、文学、音楽、絵画、映画、漫画などです。

芸術でなければダメなのか、というとそんなことはないと思います。

自分の心が不安と反対のポジティブな気持ちになるようなものであれば、食事でも、自然でも、お香やアロマなどのセラピーでもいいと思います。

不安や恐れに注意を向けるのではなく、その反対の明るい何かに意識を向け続けるのは必要だと思います。

最後に、不安を払拭するための対処法として、今できることをやっていくに触れたいと思います。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

これは、当然といえば当然なんですが、あまり意識できていない方は、多いのではないかと思います。

人間、不安や恐れを感じることはよくあります。

しかし、感じたところで、できることをやるしか方法はなく、それこそが最善の策となります。

例えば、未来のことを考えていくら対策を練ったとしても、未来はいくらでも変わりますし、今できることを集中して選択し続けないと、今が大変なことになる可能性もあります。

今できることをやると言われても、不安が脳裏に浮かぶという方は、考えてもいいと思います。

しかし、なるべくぼんやり過去や未来のことを思い浮かべるにとどめた方がいいと思います。

あまり考えすぎると、不安が不安を呼ぶ可能性もありますので、ポジティブな情報に目を向け、感覚的に、今をできることをやっていくことがベストだと思います。

それでも、不安を考えてしまうという方は、それがその人にとって必要なことであるから、起こっている可能性もあると思われますので、そこから学べることや気づきを経て、未来に向けて自分を成長させるということも必要だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

不安が希望に、変わりますように。

不安を払拭するというのは、結構むずかしいものだと思います。

僕なんかは、精神科医とか行って、処方してもらって、かなり楽になったことがあります。あと、とかもよかったですね。

もしものときには、薬を頼ったりすることも、ご自身の体を愛することになると思われますので、参考になったら幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

トラウマに対抗する6つの治療法(すべて体験済み)

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、トラウマが辛くて治療したい、という方、トラウマの治療方法とその種類が知りたい、という方におすすめの記事です。

トラウマの6つの治療法と、それに対する体験談も交えて、解説していきます。

目次は、以下の6つになります。

その1:薬による治療

その2:EMDRによる治療

その3:カウンセリングによる治療

その4:自律訓練法

その5:マインドフルネス

その6:自然回復

に、なります。

僕は、今まで小・中・高といじめを受けてきました。

そして、おそらく複雑性PTSDだったと思うのですが、それを長い時間と様々な人の協力があって、なんとか克服、今はとても元気です。

この記事があなたに合うかどうかは、見てもらって、実際にやってもらわないと分からないことだと思います。

よかったら、参考にしてみてください。

それでは、始めて参ります。

トラウマに対抗する6つの治療法(すべて体験済み)

その1:薬による治療

薬を飲むことによって、不安が軽減されたり、うつっぽい気持ちが改善されたりします。

飲んでみて思ったのが、早く飲んでおけばよかった、というもの。

薬は、体と心をサポートしてくれるので、なんだか松葉杖をもらったような心地でした。

その2:EMDRによる治療

内容は、簡単に言うと、目を動かしてトラウマを処理するという感じです。

そんなことができるんですか?って、できるみたいですね、どうも。

実際に、カウンセラーの人に促されてやってみると、残念ながら僕はフラッシュバックしてしまいました。

けれど、すごくフラッシュバックしたわけではないです。ちょっとだけです。

まあ、重症だったのもあるし、止めたいときには止めれるので、やりたい方はやってみるといいと思います。

世界的に画期的な治療法として認められているみたいなので、おすすめであることはたしかです。

その3:カウンセリングによる治療

これはそのまんま、カウンセリング、対話による治療ですね。

自分の中にあるトラウマを、思い出せる範囲で思い出していく、または他愛もない話をしながら、突然思い出してそれを話すという感じですね。

もちろん、プロのカウンセラーであるならば、安心して話すことも可能です。

そうした信頼関係をラポールと言ったりもしますね。

どうでもいい話ですね。すみません(笑)。

カウンセリングは、効果が出るまで時間がかかりますが、少しずつ自分の中にある痛みや悲しみが軽減されていく感じがありました。

あとは、信頼できる人と出会うことですね。

そのためには、様々な場所を巡ることもあるかもしれないですが、トラウマ治療に対して、必要な投資になると思います。

その4:自立訓練法

これは、リラックスした状態を作り、緊張感を取ることに役立つと思います。

トラウマを抱えていると、常に体が緊張した状態になることもしばしばですから。

やってみて思ったのは、すごくリラックスできるという感じでした。

信頼できるカウンセラーさんに促されてやったので、とても順調に体の血行がよくなった記憶があります。

自律訓練法は自宅でもできるので、実際に行動に移してみることもおすすめですね。

しかし、合わないと思ったら続けるのはやめておきましょう。

無理は禁物ですから。

その5:マインドフルネス

これには、瞑想・ヨガ・マインドフルネスが挙げられると思います。

要は、今に集中して生きて、5感に意識を向けるという感じです。

集中力が増し、ストレスの軽減、またはクリエイティブな作業にも活躍すると思います。

マインドフルネスは自宅でもできるので、おすすめです。

ただし、継続することは大切ですね。

1日10分、リラックスして、意識して呼吸を感じる。

そして、過去や雑念を思い出したら、ああこんな感情を持っていたんだなあ、と客観的に気づくだけで結構です。

気づいたら、また呼吸に意識を向けていきます。

そうして徐々に、トラウマからの解放を図ります。

その6:自然回復

これは、カウンセリングなど専門の治療を受けたくない、あるいは何もしたくない、といった場合の対処法です。

まず、今いる環境が、トラウマを思い起こすことがよくある場所であるなら、思い切ってそこから逃げる、もしくは避難することも大切なことです。

そうでなければ、やはり自然回復するには、時間がかかると思います。

自然回復は、色々な行動をしている中で、自然と頭の中で記憶が処理されるという感じだと、僕は思います。

しかし、それがむずかしかったり、待ってられないという場合は、専門の治療を受けることをおすすめします。

僕は、専門家というわけではありません。

ただ、実際に治療を受けていないとなると、それが治るまでとてもしんどいだろうな、と思うのです。

ですから、これは最終手段だと思ってください。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

トラウマの治療法には、以下の項目がありましたね。

その1:薬による治療

その2:EMDRによる治療

その3:カウンセリングによる治療

その4:自律訓練法

その5:マインドフルネス

その6:自然回復

この中で一番おすすめなのは、薬とカウンセリングによる治療だと思います。

実際、わたしもそれでかなり回復した記憶があります。

他の治療法もありますが、今回紹介したものを、セットでやっていくと効果があるかもしれません。

トラウマはとても辛いものです。

しかし、乗り越えることによって、あなたは以前のあなたよりも幸せになることができます。

なぜなら、それは成長したあなただから。

この治療の機会も、あなたが前に進むための一歩だと思って、じっくり進んでいきましょう。

あなたは一人ではなく、大勢の方とともに歩んでいかれることを願います。

~★~★~★~

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けていきます。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

雨が好きな人の3つの理由を考察しました。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、雨ってなんでこんなに降るとうれしいんだろう? とか、雨が好きな人の心理って、どんなものがあるんだろう? とか、雨が好きなことにスピリチュアル的な意味とかって、あるのかな? という方におすすめの記事となっております。

雨好きな人に、なぜ自分は雨が好きなのか、いくつかの気づきを与えられるよう記事を書いていきます。

目次は、以下の3つになります。

雨が好きな人の理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな人の理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな人の理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは小さい頃から雨が好きで、なんでこんなに雨が好きなんだろう?と不思議に思っていました。

しかし、長年生きていると、残念ながら具体的にではないのですが、抽象的にハッキリその理由が分かってきました。

それらのことをお伝えし、雨が好きな人にもっと雨を好きになってもらいたいなあと思います。

それでは、始めていきましょう。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が降ると、なぜか昔を思い出す気持ちになります。

これは、なぜかというと、雨はもともと帰る場所に起因しているからだと思うのです。

つまり、天から降ってきて、スピリチュアル的に意味があると、わたしは確信しています。

しかし、わたしはすごい霊能力者とかそういうのではなく、人生論としてのスピリチュアルを支持しているので、現実的にしか答えることができません。

そのことに配慮していただきつつ、意見を言わせてもらうと、雨は、心を浄化する働きがあるとともに、わたしたちの内なる魂の声を響かせてくれる感覚があります。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨は生きているような感覚があるのですが、これは雨好きな人にしかそうそう分かることではないような気がします。

どのように生きていると感じるかと言われても、生きているとしか答えようがないです(笑)。

わたしは、波動とか、雰囲気とか、そういったエネルギーを感じることに、やや秀でていると思っています。

その観点から述べると、雨にはやさしさがあると言えそうです。

雨に打たれると、冷たいと普通の人は感じますが、わたしはぬくもりのようなもの、愛を感じることができます。

これはおそらく、他の雨好きな人も共感できることだと思います。

雨には、やさしさがある、ということです。

なんとなく、イメージできるでしょうか?

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは、台風とか嵐が来たときに、やや喜んでいる場合があります。

失礼なんですけど、それは、なぜか?

自然の力に圧倒されつつ、生きている心地がするからなのです。

雨はやさしいとともに、ときに厳しいものであります。

これはなにかに似ているとは、思いませんか?

わたしが思うに、人生の起伏に似ていると感じます。

つまり、雨は自然由来のものであり、命そのもの。

わたしたちはそこに、友達のようなものを見出し、ともに生きる歓びを歌いたくなるのでしょう。

例えば、自分から積極的に、雨に濡れに行ったり、寝る前に聴くと、ぐっすり眠れるみたいな感じです。

それでは、今回の記事をまとめていきたい、と思います。

まとめ:雨が好きな人は、龍神様が味方している?

はい、いかがだったでしょうか?

雨が好きな人は、なぜ自分が雨が好きなのか、少しでも参考になるところはありましたか?

その理由に、このようなものを挙げてきました。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

以上のことを踏まえつつ、わたしは雨にはスピリチュアル的な、神秘の力が秘められていると感じます。

多くの人たちは、そのことにあまり関心を寄せないのかもしれないですけど・・・。

そして、スピリチュアル的な意味で言うと、これはわたしの推測になるのですが、雨が好きな人は龍神様(大いなる存在)が味方してくれているような気がします。

おそらくそうなのだろうな、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、詩とか、スピリチュアル(精神関係)、わたしの人生をコンテンツ化していますので、興味がある方は、ご覧いただけるとうれしいです。

ちなみに、雨関係の記事はこちらです↓

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございます(^^ゞ

かめれもん★でした(^_^)/~

こころに余裕が持てる! 5つの魔法の習慣

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

普段、心に余裕を持てていないな。どうしよう?という方、心に余裕を持ってイキイキと生きたい方自分を変えたい方にこの記事はおすすめです。

心に余裕を持って、今よりも澄みやかに生きる方法・習慣をシェアできれば、と思います。

目次は、以下の5つになります。

その1:ストレスの5段階評価

その2:瞑想

その3:芸術鑑賞&創作

その4:水にこだわる

その5:習慣の力を借りる

目次

わたしは今まで、心に余裕がなく取り乱すこともありました。

そのため、様々な心の落ち着け方と出会いました。

その方法・習慣を、皆さんにシェアできれば、この上なく幸いです。

それでは、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

心に余裕を持つ習慣その1:ストレスの5段階評価

朝起きたら、自分のストレスを5段階で評価してみましょう。

セルフチェックをすることで、無意識に無理してしまうことを、抑えることができます。

自分の心の状態を、大ざっぱに把握することができるので、5段階評価で4以上は無理しないようにしたり、3以下はちょっと仕事を張り切ってみる、または敢えて休むでもいいと思います。

慣れてきたら、朝起きてすぐに自分の心の状態を把握し、疲れているな、と思ったら即座に、いつもより低血圧で生きるということも、大切だと思われます。

心に余裕を持つ習慣その2:瞑想

続いて瞑想ですが、手軽かつ心と身体のバランスを取るのにちょうどいいツール・習慣になります。

ところで、瞑想は大したことないと思う方は意外に多いのではないでしょうか?

しかし、瞑想の効果は一定期間やってみて、よく分かるものがあります。

瞑想の基本は、呼吸に意識を向けることです。

なるべく静かな場所で行い、雑念が浮かんだら、浮かんだなあ程度で、また呼吸に意識を戻します。

リラックスしながら、ただゆっくり息を吐き、ゆっくり息を吸います。

瞑想は慣れたら、色々な方法でできると思います。

中には、とてもユニークな瞑想法もあるので、他のサイトでもご確認ください。

普通に座って行うものや、歩き瞑想、立ち瞑想などがあります。

自分のペースで、朝でも夜でも、1日1回、10分くらいでもいいと思います。

ぜひ、実践してみてください。

心に余裕を持つ習慣その3:芸術鑑賞&創作

まず、芸術鑑賞の例を挙げてみます。

小説エッセイを読む、音楽でクラシック・J-POP・ジャズなどを聴く。他にも映画を見たり、イベント・個展・美術館に顔を出すと、新たな自分を発見し、落ち着くこともあると思います。

創作活動を通して、普段自分が心の奥にためていた感情を、浄化することもできます。

魂の底から癒され、じわじわと心の余裕を取り戻すことができます。

それと同時に、生きる歓びが湧いてくることもあると思います。

心に余裕を持つ習慣その4:水にこだわる

水を積極的に飲む温度の調整軟水・硬水にするか考えたり、どういう場所から水を汲むか、紅茶にするか、コーヒーにするかあるいは白湯など、色々と考えることができます。

水は身体を循環し、体内から癒してくれます。

老廃物が出ていったり、疲労感がなくなったりもします。

水自体は、日本だとどこでもきれいです。

飲むことによって、自分がきれいになるイメージを思い浮かべることもできます。

普段、飲んでいる水は、とてもありがたいものなのです。

心に余裕を持つ習慣その5:そのまま習慣の力を借りる

習慣の力は、一言で言ってしまうと、自動化の力とも言えます。

つまり、効率よく、力を入れずに大量の仕事を処理するうえで必要になります。

ルーティンを入れたりするのもいいと思います。

1つずつ、無理なく実践していきます。

なるべく、三日坊主は越えるといいのではないか、と思います。

習慣の力を取り入れることができれば、手動(マニュアル)に頼る必要がなくなり、頭も身体も自動化により解放されます。

習慣の力は、とても大事です。

ぜひ、日常に取り入れてみては、いかがでしょうか?

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい、いかがだったでしょうか。

ここまで紹介してきた5つの習慣で、1つでも実践してみようかなと思うものはあったでしょうか。

1つでもあると幸いです。

こちらのようなものを挙げてきました↓

その1:ストレスの5段階評価

その2:瞑想

その3:芸術鑑賞&創作

その4:水にこだわる

その5:習慣の力を借りる

心の余裕は、体の自由。

あなたの人生が少しでもきらめくと、とてうれしいです。

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、詩やスピリチュアル(精神関係)、人生にまつわることを発信しておりますので、よかったら参考にしてもらえるとうれしいです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(^^ゞ