田舎暮らしの3つの現実と3つのメリットかつ3つの移住手順

「田舎暮らしの理想と現実を知りたい」

「田舎暮らしのメリットについて知りたい」

「田舎暮らしの実際を垣間見たい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

約20年の田舎暮らしと、様々な田舎を垣間見て、集約された経験記事です。

目次は、以下のようになっております↓

田舎暮らしの3つの現実

その1:田舎者からの若干の偏見

その2:車が基本。徒歩は無理。自転車はがんばればギリオッケー。

その3:自然が思っていたよりワイルド

田舎暮らしの3つのメリット

その1:自然が豊かで、空気もおいしい。

その2:在宅ワークにぴったり

その3:心身ともに鍛えられる

田舎に移住するための3つの手順

ステップ1:ネットや本等で調べる

ステップ2:実際に足を運んでみる

ステップ3:移住、もしくは多拠点生活

目次

それでは、始めていきましょう。

田舎暮らしの3つの現実

その1:田舎者からの若干の偏見

田舎に住む人たちは、都会に住む人たちに慣れているわけではありません。

なので、カルチャーショック的なことは起こる可能性があります。

実際、都会から来た人も何人か見たことはありますが、田舎に住む人と若干ズレているように感じます。

そこから、都会人に対する若干の偏見は生まれる可能性があります。

その2:車が基本。徒歩は無理。自転車はがんばればギリオッケー。

田舎暮らしでは、車が命です。

僕もおそらく、田舎に住むことが多くなると思いましたので、免許取りました。

徒歩では、目的地まで絶望的な距離があると思います。

自転車については、実際、それである一定の町中まで買い物に出かける人はいるようなので、おそらくがんばれば大丈夫です(運動だと思えばなんとか)。

その3:自然が思っていたよりワイルド

自然は思っているよりワイルドだと思います。

動物と車の交通事故はよくあることですし、森の中はけわしく、虫も多いです。

どのくらい虫が多いかというと、家の中にガやクモなどがたまに登場するくらいです。

以前、都会から田舎に来たと言っていた方は、部屋に虫が入ってきて、色々と騒いでいました。

田舎暮らしの3つのメリット

その1:自然が豊かで、空気もおいしい。

自然が豊か。これは大部分を占めるのではないか、と思います。

海や、川、森などで、子育て、心身のリラックスができるのは、大きなメリットだと思います。

僕は、HSP(ひといちばい繊細な人)なので、都会に住むよりは、田舎で住む方が圧倒的に天国です。

以前、田舎に来た郊外からの女性の方は、空気がおいしいと言っていましたので、言われてみればそうだな、と深く納得するものがありました。

その2:在宅ワークにぴったり

在宅ワークには、ぴったりです。

コロナ渦で、さらに加速しましたね、この流れが。

就農するのもいいと思うし、今だったら、後継者を探している人は多いはず。

そのようなサポートもあったと思いますし、Webライターとか、株の投資とかだと、田舎でもできると思います。

その3:心身ともに鍛えられる

田舎に来る都会人で、たまに見かけるのが、田舎をナメているパターンです。

このパターンはおそらく、田舎に来たら何もかもストレスフリーだと思っている方たちだと思います。

ただ、僕が思うに、田舎に合っている人っていうのはいると思いますし、その人たちっていうのは、大概好奇心旺盛だったり、多少の困難にはめげない、ワイルド気質な方たちなんじゃないかな、と思います。

田舎に移住するための3つの手順

(この見出し内容は、若干内容が薄いので、参考程度にお願いします)

ステップ1:ネットや本等で調べる

まず、ネットや本等で調べることによって、田舎に住むイメージを膨らませます。

これって、意外と大事で、思い描くことによって、現実にも行動するマインドセットをすることが可能になります。

モチベーションも上がりますし……。

ただ、思い描くことに熱中してしまっては、いざ田舎に行けたとしても、理想と現実に悩まされる可能性もあります。

ステップ2:実際に足を運んでみる

実際に、足を運ぶことによって、田舎暮らしってこんななのか、と実感が湧くと思います。

自然の壮大さに圧倒されたり、はたまた、田舎での地味な暮らしを実感することもあると思います。

そして、田舎暮らしと言えども、何年も住んで色々なところを回っていないと分からないこともあると思います。

ですので、何度も田舎に足を運ぶか、何日か滞在してみて、田舎暮らしを実感していきましょう。

ステップ3:移住、もしくは多拠点生活

最後に移住になります。

ここで、僕が気になっているのは、多拠点生活というものです。

例えば、平日は都会にいるけど、週末は田舎、とか、1つの拠点に縛られない生活です。

参考リンクを、ここに張っておきますので、よかったらご覧ください↓

定額 全国住み放題 ADDress

新生活の新しい選択肢? NHKより

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

田舎暮らしの3つの現実

その1:田舎者からの若干の偏見

その2:車が基本。徒歩は無理。自転車はがんばればギリオッケー。

その3:自然が思っていたよりワイルド

田舎暮らしの3つのメリット

その1:自然が豊かで、空気もおいしい。

その2:在宅ワークにぴったり

その3:心身ともに鍛えられる

田舎に移住するための3つの手順

ステップ1:ネットや本等で調べる

ステップ2:実際に足を運んでみる

ステップ3:移住、もしくは多拠点生活

田舎、ナメんなよ。

僕は、田舎にも色々あると思いますので、全員が田舎暮らしの現実を思い知るわけではないと思っています。

合う人、合わない人、いると思われますので、都会での生活が快適なら都会で暮らすといいと思います。

そして、田舎の方が自分には合っていると心から思うようなのであれば、ぜひ検討してみるといいのではないか、と思います。

皆さんの田舎暮らしを、陰ながら応援しています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「田舎での散歩の楽しみ方を知りたい」

このようなことを、お考えではないでしょうか。

田舎での散歩を実践する若者からのアイデア記事です。

目次は、以下のようになっております↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

目次

僕は、田舎での散歩を実践してきており、現在もたまに散歩して気分転換しています。

皆さんの役に立つ内容が、1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

田舎での散歩において、ゆっくり歩くことを心がけましょう。

ゆっくり歩くことによって、周りの景色や音、匂いなどに敏感になりながら、充実した散歩が可能になると思います。

道端に咲いている花も、都会なら気にせず通り過ぎる方も多いと思いますが、田舎なら人目を気にする必要もありません。

ゆっくり散歩することによって、今を生きるよろこびを感じてみましょう。

その2:人かペットと歩く

人かペットと田舎を散歩することによって、1人では得られなかった充実感があると思います。

ここでいうペットは主に犬のことですが、1人では発見できなかった田舎の魅力というものがあると思います。

例えば、散歩の途中で犬が嗅いだ花の匂いや、犬が歩いている姿が気持ちよさそうで、そういえばいい天気だよな、と気づいたりします。

人と散歩するなら、もう少し具体的な四季の感覚や、会話しながら歩くことによって、1人で歩くのとはまた違う新鮮さというものがあると思います。

人かペットと田舎を散歩することによって、田舎のさらなる魅力に迫ってみましょう。

その3:写真を撮って記録を取る

田舎で散歩する上で、写真を撮って記録を取っていくというのもいいと思います。

そうすることによって、一時の感動を、半永久的に残すことが可能になります。

例えば、花の写真を撮ったり、珍しい光景を撮ったり、あるいは自然や四季の移り変わりを写真に収めて、ブログやSNSで上げるというのもいいと思います。

田舎での散歩において、写真で記録を撮ってみましょう。

その4:運動にこだわる

田舎での散歩において、運動にこだわるというのも1つの手です。

散歩=運動であるならば、運動にも多様性があるはず。

僕は一時期ダイエットしていたときもありましたので、ジョギングをしてみたり、ダイエット用品を試してみたり、呼吸法や運動前の体操、どうやったらきれいに歩けるか、とかも考えていたときもありました(変なこと考えてるなあ)。

運動にこだわることによって、新たな散歩の可能性が見えるはず。

ぜひ、参考にしてみてください。

その5:鼻歌を歌って歩く

田舎での散歩において、鼻歌を歌って歩くというのも面白いと思います。

周りに人がいないのですから、不可能ではないはずです。

もし難しいのであれば、心の中で鼻歌を歌ってもいいと思いますし、鼻歌のリズムに合わせて、両手を振ってリズムよく歩くのも気分がいいものだと思います。

鼻歌を歌って歩くことによって、何気ない散歩もポジティブなものに変化させましょう。

その6:車を使って、少し遠出

田舎での散歩において、車を使って、少し遠出してみるのもいいのではないか、と思います。

田舎だったら、車を使って散歩する道を変えることも可能です。

普段の散歩道では気づけなかった新鮮さや発見、気分転換にもなると思います。

車を使って遠出することによって、新たな散歩道を開拓してみましょう。

その7:あえて、人と仲良くなってみる

田舎での散歩において、多少すれ違う人も出てくると思います。

その人たちと仲良くなることによって、散歩がさらに充実したものになる可能性もあります。

やっぱり、1人で歩くだけでは気づけなかった発見や、その人たちと会話することによって、新たなアクションに繋がることも大いにあると思います。

あえて、人と仲良くなることによって、田舎での散歩の可能性を開拓しましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

歩こう、歩こう♪

田舎での散歩は都会での散歩よりも、何もない分、想像力や遊び心が磨かれると思います。

ぜひ、皆さんもこれ以外に楽しい散歩の仕方がありましたら、実践してもらいたいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

地元民が語る! 和歌山のおすすめ特産物ベスト5

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「和歌山の隠れた特産物を知りたい」

「和歌山の美味しい特産物を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

地元民が厳選した、5つの特産物です。

目次は、以下の5つになっております↓

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

その2:柿

その3:山椒

その4:梅干し

その5:わさび寿司

目次

僕は地元に住んでいて、様々な場所に訪れる機会がありましたので、少なからず知っているという次第です。

皆さんが、和歌山にこんな特産物あったんだ、と思ってもらえたり、美味しそうだなあ、この特産物というものがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

和歌山のおすすめの特産物といえば、みかんです。

生産量は、日本でトップクラスです。

デコポンやじゃばらといった品種があります。

デコポンは、みかんの中でもかなり美味しいと思いますし、じゃばらは北山村という飛び地で栽培され、花粉症にも効くといううわさがあります。

その2:柿

和歌山の特産物において、もおすすめです。

たねなし柿という品種もあるそうで、たねがないそうです。

以前、和歌山の山奥に行ったとき、柿畑というものがありました。

とても広い土地に、たくさんの柿の木があり、見ると何か癒される気配もありました。

その3:山椒

和歌山の特産物に、山椒があります。

山椒は小粒でもぴりりと辛い、ということわざが有名ですね。

ブドウサンショウという山椒の実もあり、ブドウの房のようにたくさんの実がつきます。

山椒の木に近寄ってみると、独特の香りがします。

とてもいい匂いだったと記憶しています。

その4:梅干し

和歌山の特産物で真っ先に思い浮かぶものといえば、梅干しが挙げられると思います。

ほぼ日本一と言ってもいいと思います。

健康志向の方におすすめで、梅酒や梅ジュースといった加工品もありますね。

はちみつ梅というのもあります。

梅関係で、ギフトを贈ろうとか、美味しいものが食べたいという方は、こちらで確認するのもおすすめです↓

紀州梅の里なかた

その5:わさび寿司

わさびの葉を巻いた寿司で、和歌山の郷土料理です。

個人的には葉とすし飯を併せた歯応えが、絶妙に美味しいと感じます。

地元の番組を見ていると、よくわさび寿司が登場します。

『赤玉』という有名なお店がありますので、行ってみるのもいいのではないか、と思います。

赤玉さんのホームページ

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

その2:柿

その3:山椒

その4:梅干し

その5:わさび寿司

和歌山には、魅力がいっぱい。

僕は、この中では、みかんとわさび寿司がおすすめですね。

他の特産物に申し訳ないですが、やっぱり食べていて美味しいと感じました。

梅干しは、梅酒とか、梅ジュースはいけるんですが、梅単体はちょっと、ね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者方向けの記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かにする3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「生きがいを感じたい、もしくは生きがいを持ってほしい方がいる」

「親身に寄り添ってくれる記事を読みたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

若者の考察記事ですが、心を込めて話していきますので、よかったら見てもらえるとうれしいです。

目次は、以下のようになっております↓

生きがいとは?

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

その1:運動

その2:読書

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

目次

僕の地元では高齢者の方たちが多いですし、親の都合で様々な高齢者の方たちと接してきました。

僕の文章で、参考になるところが1つでもあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

生きがいとは?

僕が精神的なことに思いを巡らせて、生きがいってこういうことだよな、と思ったことの1つ目に、とにかく一生懸命目の前の人生を生きる、ということが挙げられます。

そして2つ目に、その人生をどう生きるか、どう遊び心を持って生きるか、ということが挙げられます。

なぜ、この2つが重要かというと、1つは、一生懸命生きるとエネルギーの循環が起こるからです。

例えば、一生懸命生きていないと、食欲が湧かないですよね。

食欲が湧かないということは、栄養補給が完全ではないので、動く元気をなくす、ということです。

これはほぼ、うつと同じ感じですね。

そして、遊び心を持ちつつ工夫して生きるということは、人生がゲーム感覚になります。

例えば、タレントの所ジョージさんを思い浮かべるとわかりやすいかもしれないですね。

生きがいとは、目の前の人生を一生懸命生き、遊び心を持って工夫して生きることによって生まれる、と僕は思っています。

ぜひ、参考にしてもらえたら、と思います。

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

さて、それでは、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りたいと思います。

その1:運動

運動をすることによって、まずは生きがいを感じる土台を作ります。

体が元気じゃないと、心も元気になれないですからね。

例えば、よく言われる散歩でもいいと思いますし、踊りでもいいと思いますし、僕の父がやっていることは、トレッキングというやつで山を歩いたりもします。

イベントを探してみてもいいと思いますし、地元の公民館とかでやってる集まりに参加してもいいと思いますし、家族といっしょにか、1人で運動をするでもいいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

その2:読書

読書をすることによって、先人たちのあるいは今をときめく方たちの考えを学ぶことができます。

考えを学ぶことによって視野が広がり、新たな生きがいを持つ方法が思い浮かぶ可能性は高いです。

例えば、古典を読むとか、哲学、心理学を読む、あるいは著名人のエッセイを読む、僕がブログ作りとか、個人で稼ぐ力を身につけるにあたって参考になったのが、マナブさんという方です。

ぜひ、興味ありましたら、こちらのブログもご参考ください。

マナブさんのブログ、manablog

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

詩を読む、あるいは芸術鑑賞することによって、元気が出ます。

参考になりそうな記事を貼っておきますので、よかったらご参考ください↓

とはいっても、芸術の種類を言わないでこの記事を書いていくのも、何か違うと思いますので、言っておきます。

音楽(クラシックとか)、映画(アマゾンプライムビデオというサービスで見れます。ぜひ、検索してみてください)、漫画(手塚治虫とか、赤塚不二夫、藤子・F・不二雄さんでもいいと思います)、自分の好きな作品で元気の力を借りてみましょう。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、幸せ連鎖というものが生まれます。

まず、自分が生きがいを持って元気になりますよね。

そしたら、周りもおそらく元気になりますよね。

その姿を見たら、自分もさらに元気が出て相乗効果が生まれる、という感じです。

ですから、自分が生きがいを持って生きるということは、周りを元気にし、人の役に立つということです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

生きがいとは?

→一生懸命生き、遊び心を持って生きる。

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

その1:運動

その2:読書

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

→幸せ連鎖が起こる

生きがい、楽しい。

今回は、高齢者方向けの記事を作ってみました。

また作る機会があったら、どしどし作る予定なので、このブログに来てもらえるとうれしいです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPやマイナーな方向けの記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けていきます。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

田舎と若者の現状、向き不向き、休日は何してるの?について。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、田舎と若者の現状って、どうなってんの? とか、田舎と若者の相性って、どんな感じ? とか、田舎の若者は、休日なにしてんのかな? に、お答えしたいと思います。

田舎と若者の知られざる実態について、踏み込んでいきたいと思います。

目次は、以下の3つになります。

・田舎に住んでる若者の現状について

・刺激が好きな若者は都会へ。刺激が苦手な若者は田舎へ。

・田舎に住んでる若者は、休日何してるの?

に、なります♪

わたしは、田舎生まれ、田舎育ちの、いわゆる田舎のエキスパートですね(笑)。

現状の生活も踏まえて、実体験に基づく記事を作成したいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

田舎に住んでる若者の現状について

まず田舎は、同年代の仲間が少ないと言えます。

多くの若者は都会に出ていて、若者が気軽に交流しやすい建物とかは、ありません。

あっても、車で出ていく必要があると思います。

したがって、基本リアルの交流というよりは、ネットでの交流になると思います。

ネットの使い方を、しっかり押さえ、マスターしておくと、少し住みやすくなると思います。

そして、たまに息抜きとして外出します。

電車とかは、大体の場合、遠いので、車で外出します。

自然が豊かなので、自然好きな人は、いいかもしれませんね。

刺激が好きな若者は都会へ。刺激が苦手な若者は田舎へ。

わたしは、都会に憧れがあるわけではないのですが、多くの若者は都会に一定の憧れのようなものがあるようです。

わたしは、HSPであり、発達障害(自閉スペクトラム症)なので、このような場合は、都会よりも、田舎の方が住みやすいという場合もあります。

田舎は静かだし、刺激臭とかもないので、リラックスできます。

だから、自然という観点において、環境はいいと思います。

あとは、人間関係とかはありますが、こちらは慣れだったり、文化の違いを知ることによって、多少は適応できると思います。

しかし、ちょうどいい距離感は、必要でしょうね。

田舎に住んでる若者は、休日何してる?

とりあえず休日は、インドア活動です。

コロナでステイホームがありましたよね。

あれにちょっと似ていると思います。

アウトドアの方は、車で遠い場所まで出かけるということがあると思います。

主に自然の中で遊ぶという感じですね。

刺激は少ないものの、楽しむことは十分可能です。

工夫とか趣向を凝らして、趣味の力を最大限引き出すことが大切ですね。

田舎では足ることを知ることができます。

一方で、都会はどんどんエスカレートしてしまうのではないか、と思います。

なぜなら、刺激がほぼ無限にあるからですね。

それでは、田舎と若者の考察を、ここでまとめていきたいと思います。

おわりに

田舎と若者の現状は、基本仲間が少ないです。

ですから、ネットでの交流が基本になると思います。

田舎はやはり、自然が多いので、そういうのが好きな人は、田舎に向いてると思います。

田舎に住む若者の休日は、基本インドア活動だと思います。

そして、足ることを知ることができるので、精神的に豊かになれる可能性もあります。

要するに、田舎も工夫次第で生活できますし、向いてる人はちゃんと向いてると言えそうです。

ということで、稚拙な考察だったかもしれませんが、参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、主に詩とか、スピリチュアル(精神関係)についての記事を展開しています。

よかったら、そちらもご覧ください。

ここまで見ていただいた方々、どうもありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、田舎暮らしって、ほんとに快適に過ごせるの? 田舎暮らしって、自分に向いているのかな? 田舎暮らしって、リアルな話、いいところってないのかな? と思案する方におすすめの記事となっております。

都会人が田舎暮らしを検討するうえでの不安を払拭し、田舎暮らしを前向きに考え始めるきっかけを、この記事で作ることができればな、と思います。

目次は、以下のようになっております。

その1:都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

その2:田舎暮らしが向いている方の3つの特徴

その3:田舎暮らしにおける3つのストレスフリー

に、なります♪

わたしは実際に田舎で暮らしていて、都会にあまり行くということはありません。

なぜなら、田舎での生活にとても満足しているからです。

その辺りの経験も踏まえつつ、今回の記事を進めていこうと思います。

それでは、始めていきましょう!

都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

まず、この疑問ですが、田舎はストレスフリーで生活することが可能だと、わたしは思っています。

あくまで可能であって、最初からストレスフリーというわけにはいかないと思いますが・・・。

田舎は都会のように、物質的な豊かさというよりも、精神的な豊かさに重きが置かれています。

これはやはり、都会のビル群が皆無に等しく、自然と触れ合う時間が多いからこそ、ストレスも減っていくのだと思います。

例えば、都会では人混みが多くて、騒がしい感じ、ものがたくさんうごめいている感じですが、田舎は人が少なく、逆に自然が多いですよね。

だから、都会の物質面に依存している方ほど、田舎に移住してきて何もない! と苦労することになると思います。

したがって、田舎に移住する際には、自分が過度に都会での暮らしに依存していないか、チェックする必要があると思います。

続いて、田舎暮らしが向いている方の特徴3つについて、解説していきたい、と思います。

田舎暮らしが向いている方の特徴3つ

自然が好き

まず、自然が好きな人が、挙げられますね。

自然が好きだと、居心地がいいですし、虫や動物にも免疫があります。

それを活かして、様々な場所に出かけてみることも可能だと思います。

ただ、車の免許は極力持っていたほうがよいと思いますが・・・。

森の静けさや、川のせせらぎ、そして空を見上げる解放感・・・。

自然が多いのは、ほんとに癒しポイントだと思います。

ITに強い

2つ目に、ITが得意な人が、挙げられると思います。

これはなぜかというと、都会人が田舎暮らしを実行するうえで、仕事に就かねばなりませんよね。

例えば、肉体労働をするなら、仕事は少しはあるかと思います。

ですが、それをする人は、わたしのイメージでは都会人には、ない、というイメージになります。

間違えてたら、すみません(汗)。

その点、ITが得意で、田舎でも在宅ワークとかで仕事ができるなら、田舎は最高の立地になり得ると思います。

ぜひ、参考程度に・・・。

不便をサバイバル感覚で楽しめる人

あと、田舎でサバイバル感覚で楽しめる方は、相性がいいと思います。

なぜなら、田舎暮らしは田舎ならではのトラブルが多いからです。

例えば、移動に車の免許を取っておくのは、ほぼ必須であり、虫や動物と出会う回数もかなり多いです。

それから、都会で充実していたサービスもほぼない。

となると、それらを楽しんで、当たって砕けろ的な行動ができる人は、逆に田舎で面白い人だな、と重宝されると思います。

それでは次に、田舎暮らしにおける3つのストレスフリーについて、見ていきましょう。

田舎暮らしにおける3つのストレスフリー

人混み&騒音が少ない

これはほんとに、感覚が鋭い方なら、とても楽になると思います。

都会での人混みとか、騒音は、異常だなと、わたしは思うことがあります。

その点、田舎は限りなく、それが少ない。

だから、ストレスフリーにもなり、静かな場所でゆっくりしたいという方には、ピッタリだと思います。

HSP(ひといちばい繊細な人)と呼ばれる人にも、ストレスフリーになると思います。

HSP記事は、こちらです↓

自然に癒やされる&アウトドアが楽しめる

2つ目に、自然に癒やされるのはもちろんのこと、アウトドアも楽しめますね。

わたしが住んでいる地元でも、鮎釣りをする方が何人もいるのです。

川が流れている最中、水に浸かって、鮎を釣り上げる。

釣り好きなら、とてもいい環境だと思います。

そして、自然に囲まれた場所で、バーベキューをしたり、キャンプをしたりすれば、とても気分がリフレッシュされることだと思います。

ぜひ、田舎暮らしの際には、その点も注意を払ってみると、よいと思います。

一人の時間が生まれる&インドアの充実

最後に、これを言わせていただきます。

田舎では人間関係が密になっており、都会人が来る前にすでにその体系が形成されていると思います。

ですから、都会人と田舎人では、何かしら世代間ギャップじゃないですけど、壁が少しあると思います。

もちろん、田舎で積極的に関係性を築きたいという方は、築いてみるとよいと思います。

しかし、前者の場合、何かしらの空想にふけったり、クリエイティブな活動をするには、ちょうどいいと思います。

そのような環境を、自宅にセッティングするのもいいですね。

田舎は、やはり静かで、外に出向くよりも、家にこもって活動することも多くなると思います。

そんなときに、インドアの方、一人が好きな方は、最適なんじゃないかなあ、と思います。

それでは、まとめていきましょう!

おわりに

都会人にとって、田舎はストレスフリーの生活が可能だと思います。

そのためには、都会の物質面に過度に依存していないかどうか、チェックしてみるとよいと思います。

田舎暮らしに向いている方の特徴というのは、色々あると思いますが、ITに強いというのは武器になると思います。

あとは、田舎特有の典型的な悩みに、果敢に対処していくハートが大事だと思います。

田舎のストレスフリーについて、総じて言えることは刺激が少ないということですね。

しかし、だからこそ、都会での生活のありがたさに気づいて、心があたたかくなるのではないでしょうか?

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた方々、どうもありがとう~(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ