今を生きるとは? 自然体に生きるコツ

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、以前、今を生きることについての記事を書きたい、と言っていたのを思い出し、それを書いていこうと思います。

それでは、今を生きる、とはなんなのでしょうか?

その根本的な意味について、解説していきましょう。

今を生きるとは?

今を生きるとは、何にも囚われておらず、ただ目の前の扉を開き続ける人生とも言えると思います。

過去に抱いた、ネガティブな気持ち、後悔や未練、執着を手放している状態とも言えます。

そして、未来に、不安や恐れを抱くことなく、明るいを未来を信じながら歩いていく姿を言うのだと思います。

ですから、とても身軽なことには間違いないでしょう。

余計なものを身に着けていないので、自然体で、ラフな格好をしているかもしれません。

今を生きることは、とても楽です。

ただただ、何も考えず、生きていくそれだけです。

しかし、そのような状態であればこそ、エネルギーが魂の底から湧き上がってくるのです。

続いて、今を生きる具体的な方法について、解説していきたいと思います。

今を生きる具体的な方法

今を生きる具体的な方法には、瞑想マインドフルネスヨガなどがあります。

しかし、これらは単なるツールとしか言えません。

これらツールを使っていれば、必然的に今を生きる状態に入ることも可能となりやすいということです。

ところで、皆さんは、今を生きるという概念を聞いてみて、実感が湧かないという人も多いのではないか、と思います。

人は、今を生きている様で、割と日頃から雑念を抱えている状態だと思います。

瞑想を例に挙げると、わたしの場合していないと、頭の中に雑念が渦巻いて、仕事(学業)になりません。

したがって、瞑想は、頭の中の掃除ということになります。

人は、頭の中を放っておくと、自然と雑念だらけになってしまう生き物なのです。

ですから、無心になれることを、日々の中で、増やすということも大事です。

例えば、散歩などでも、気分はリフレッシュしますし、逆に、ゲームなどをして、無心になれて、嬉しいというパターンもありますが、寝る前に、そのことが雑念として渦巻くのであれば、少し控えた方がいいのかもしれません。

それでは、今を生きるメリットについて解説します。

今を生きるメリット

今を生きるということは、究極のところ、幸せに生きる姿そのものだと、わたしは思います。

今を生きるということは、自然と、世界と、一体になっている姿です。

そのような人は大体、自然体で、素朴で、安心感もあるかもしれません。

今を生きることによって、まず自分が幸せになり、周りを幸せにし、社会の向上、宇宙とつながっている時点(スピリチュアル的な話で申し訳ない)で、天からも○をいただけるのです。

そういう斎藤一人さんの思想を借りても、今を生きるということは、世界と調和した姿なのだと思います。

そして、今を生きることは、フローゾーンといった概念に繋がってくるかと思います。

よくフローは、日常で体験しますが、ゾーンは割と一流のスポーツ選手に多いパターンかもしれませんね。

フローは、例えば、ゲームなどをして、程よく集中している状態、それから読書でページをパラパラめくれる状態、そして、家事でパッパッパッとルーティーンをこなせる状態、他にも色々あります。

ゾーンは、極度の集中状態と言えると思います。

一部の発達障害に見られる過集中とほぼ同じと思っていただいて結構だと思います。

これは、今に没頭している姿であり、ものすごく幸せな時間がそのとき流れていくと思います。

しかし、過集中の場合は、うまくコントロールできないと、過度に疲れてしまうリスクもありますので、注意しておきたいところですね。

それでは、まとめます。

おわりに

今回は、今を生きることについての記事を書いてみました。

今を生きるとは、雑念のような無駄なものを手放している状態とも言えます。

過去や未来を、頭の中で想起することはほぼなく、ただ今を見つめている姿のことです。

補足ですが、この時、そういったものを抑え付けてしまうとうまくいきません。

そういったものは、そのような感情があるなあと、チェックすることが大事です。

ありのままに見て、評価することは避けておきましょう。

今を生きる方法には、瞑想ヨガマインドフルネスがあります。

今を生きることは、幸せに生きることと、ほぼ同義だと思います。

今を生きることは、あなたの生活の質を格段に上げてくれることでしょう。

それでは、少しまとめが長くなりましたが、これにてこの記事を終了とします。

ここまで、見ていただいて、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした~(^_^)/~

瞑想の効果が実感できない方へ~瞑想にも、準備が必要だよ~

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、瞑想をやり始めたけど、なかなかうまくいかない、途中で雑念がものすごい出てくる人とかに、紹介しておきたい情報をシェアします。

それでは、さっそくいってみましょう!

瞑想の効果を実感する人と、しない人の違い

まず、瞑想の効果をうまく感じられる人と、そうでない人の違いはわかりますか?

う~ん、となりますよね。

それはですね。

普段から、頭の情報がいっぱいで、パンクしているかパンクしていないかの違いだと、わたしは思うんです。

パンクはパンクでも、音楽ではないですよ(笑)。

瞑想をやりたい人というのは、だいたいこのような状況だと思うんです。

瞑想をやりたいけど、しかし、こんなものして、何のためになるの?とか、すでに頭に蓄積していたデータが、考えないようになった途端に、ぶわっと頭に沸騰してくる・・・。

わかりますよ、それ。

では、その解決法を簡単に述べていきたいと思います。

瞑想にも、準備が必要!

まず、スケジュールの見直しが挙げられます。

遊びの時間を取り入れてください。

ほんとの遊びだけではなくて、スキマ時間とか、脳の運動を緩める、停止させる時間ですね。

5分とか、10分とかでもいいと思います。

散歩するだけでも、だいぶ違いますよね。

働き方の見直し、というのも必要です。

現在は、リモートワークやリモート授業、在宅ワークなどが流行っていますよね。

それを取り入れるだけでも、だいぶ違います。

それから、人間関係の見直し

余計な人とは、なるべく関わらないようにし、SNSなどからの情報は極力抑えます(ラインの音を小さくするとか)。

そして、もちろん、リラックスできる環境は必要です。

姿勢を正し、余計なものは身に着けない。

雑念になるものは、極力遠ざけます。

ヒーリングミュージックを、かけながらやるのもいいですね。

では、瞑想の効果がいつ頃あらわれるか。

それを、いっしょに考えていきましょう!

瞑想の効果いつまで? 考えるな!

瞑想の効果がいつ頃から、表れてくるか。

それが気になるのは、わかります。

先ほども言いましたからね。

しかし、その時点であなたは考え事をしていることでしょう。

脳内に情報をいっぱい溜め込んで、あれこれ考え続けた末に、やっぱりそれではダメなんだと気づき、あなたは今、瞑想に取り組んでいるわけですよね。

だったら、ここで思い切って、なんにも考えない、無駄な時間を過ごす覚悟と決断をしてみてください。

そうすれば、今よりあなたは、身軽になれます。

まとめ:現代人は忙しい

瞑想は、効果的ですが、現代人はそれ以上に疲れすぎです。

瞑想は、人としてあるべきほんとうの時間の流れを体感できる、有益なツール、だとわたしは考えています。

ですから、瞑想への準備はめんどくさいと思わず、きっちりとやってみてはいかがでしょうか?

瞑想にも準備が必要なのです。

すぐにできるイメージがあると思いますが、そこまでのマインドセットというのもあります。

どうぞ、頭の片隅に留めておいてください。

瞑想で、マインドフルネスな体質を、ぜひ手に入れてみましょう。

そうすることによって以前より、さらに活発に動いていくことができるでしょう!

それでは、また!

かめれもん★でした~\(^o^)/

瞑想とクリエイティビティ、そして実践のススメ

はじめに

瞑想、皆さんはしていますか。

していない人もいるかもしれないですが、今や瞑想の効果は様々なところで言われていることです。

今回は、瞑想とクリエイティビティ、つまり創造性について、少し述べていきたいと思います。

瞑想のメリット

すでに瞑想をしている方は、知っているかもしれないですが、瞑想は、閃きや直観を冴え渡らせてくれます。

その理由は、瞑想をすることによって、雑念など、脳に要らない情報を排除してくれる働きがあるからです。

そのことによって、頭がスッキリした状態になるので、仕事の効率性も上がるというわけです。

僕は、ブログやnoteなどを執筆していて思うことは、瞑想状態のときと、創作に取り掛かっているときの態度は、ほぼ同じだということです。

不思議なことですが、瞑想状態だと、創作意欲も増しますし、何より質のいい記事も書けている実感があります。

逆に、雑念やエゴなど、脳に必要のない情報があふれていると、それらが気になって創造性が削がれてしまうのです。

これは、僕の実体験です。

人はある程度リラックスしていて、それでいてどことなく緊張感がある・・・、そんなときに良いパフォーマンスを発揮することができると思います。

フローとか、ゾーンとかにも似てますね。

ものは試しで、皆さんも実践してみてはいかがでしょうか。

瞑想のシンプルなやり方

瞑想のやり方は様々ですが、まずリラックスした状態(椅子に座る、寝る)になります。

呼吸に意識を向け、ゆっくりその動作を行います。深呼吸のことですね。

そして、呼吸の数を数えていきます。1・・・2・・・3・・・4・・・と。

雑念が浮かんできたら、手放すということが重要です。

この手放すは、抑え付けるのではなく、今雑念が浮かんだな、という確認でオッケーとなります。

そして、それをご自身の力量で判断すればよいと思いますが、1日1回、朝か寝る前の10分~15分より始めることをオススメします。

実践することによって、クリエイティビティ以外にも様々な効果があります。

ぜひ、お試しあれ!