コミュニケーションが苦手な人に贈る3つの対処法

「コミュニケーションが苦手で、困っている」

「コミュニケーションをうまくしようとしても、なかなかできない」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

コミュニケーションが苦手で、3度のいじめ、休学、そこから復活した僕の考察記事になります。

もしよければ、参考にしてもらえると幸いです。

目次は、以下のようになっております↓

コミュニケーションが苦手、とは?

コミュニケーションが苦手な僕が実行した3つの対処法

その1:話すことをやめて、書くことに注力。

その2:自分の得意なコミュニケーション方法を見つけて、自信を上げる。

その3:田舎で暮らす

コミュニケーションが苦手であるならば、在宅ワークはいかがですか?

まとめ

それでは、始めていきましょう。

コミュニケーションが苦手、とは?

コミュニケーションが苦手、ということは、話すことが苦手、ということでしょうか。

しかし、コミュニケーションは話すばかりがすべてではない、というのが僕の持論です。

話し方や環境などによっては、うまく話せるという場合もありますからね。

僕が、話すことの代替案として挙げたいのが、書く、作る、行動という3つの表現手段になります。

書く、に関しては、次の見出しで説明いたしますので、ここでは省略します。

作る、というコミュニケーション手段は、その作品(文学、音楽、絵画など)で、周囲の人に認められるということが挙げられます。

よく、学校で、意外な一面を見せることに成功した、というのがこの事例だと思います。

行動、というコミュニケーション手段は、生きざま、とか、思いやり、とか、普段の立ち居振る舞い・態度などです。

例えば、周囲に馬鹿にされてしまう人であったとしても、その人の生きざまが一部の人たちに認められて、交流が始まる、という場合もあります。

あと、話せない代わりに、勇気を出して人を思いやることができる人は、この人やさしいんだな、ということを伝達します。つまり、コミュニケーションは取れていますよね。

そのような事例から、話すことが苦手だけなら、まだコミュニケーションが苦手、とは言えないのではないか、と僕は思うのです。

次に、コミュニケーションが苦手な僕が実行した3つの対処法を紹介します。

コミュニケーションが苦手な僕が実行した3つの対処法

その1:話すことをやめて、書くことに注力。

話すことをやめて、書くことに注力することによって、自分の負担が下がり、長所を伸ばすことに成功しました。

例えば、今書いているこのブログは、話すというよりは書くことによって、皆さんとコミュニケーションを取っています。

他にも、SNS、YouTubeではコメント欄に書くことも可能です。

このような事例から、僕はコミュニケーションが苦手ですが、ネット等を使うことによって、コミュニケーションを取ることができています。

その2:自分の得意なコミュニケーション方法を見つけて、自信を上げる。

自分の得意なコミュニケーション方法とは、先ほども言ったように、話し方や環境を整えるということです。

例えば、信頼できる人と話すならば、ゆっくり話してもいいか、と訊いてみるのもありです。

そして、僕はマンツーマンで話すことが得意なので(1人に集中できるため)、そこには自信を持っています。

それから、自宅で話すのか、車の中で話すのか、自然に囲まれたところで話すのか、によって、自分の話しやすさに変化はないですか。

一度、自分に合った話し方とその環境はどんなところか考えてみて、このコミュニケーション方法なら、と思ったら、そのコミュニケーション方法を何度か試し、自信を持つよう心がけてみてはいかがでしょうか。

その3:田舎で暮らす

田舎で暮らすことによって、都会のような圧迫感はないように思います。

例えば、都会や郊外は、車の排気ガスの匂いや、様々な光、クラクションのような音があって、ストレスが普段から溜まりやすい環境にあります。

なので、都会から田舎に移り住むことによって、体が楽になり、心に余裕が生まれ、コミュニケーションにも余裕が出てくる場合があります。

こちらの記事では、多拠点生活というものにも触れていますので、よかったらご参考ください↓

コミュニケーションが苦手であるならば、在宅ワークはいかがですか?

最近だと、コロナ渦により、在宅ワークやリモートワークに光が当たりました。

在宅ワークだと、HSPや発達障害の人たちなんかに、おすすめです。

なぜなら、人間関係の負担が圧倒的に下がるからです。

僕の場合だと、現在、田舎で在宅ワークをして暮らしています。

といっても、現状、ものすごく稼げているわけではありませんが……。

でも、人間関係が最小限なので、気楽にワクワクしながら、試行錯誤を繰り返しています。

コミュニケーションが苦手であるならば、在宅ワークも一度、検討してみるのもいいかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

コミュニケーションが苦手、とは?

→話すことが、コミュニケーションのすべてではない

コミュニケーションが苦手な僕が実行した3つの対処法

その1:話すことをやめて、書くことに注力。

その2:自分の得意なコミュニケーション方法を見つけて、自信を上げる。

その3:田舎で暮らす

コミュニケーションが苦手であるならば、在宅ワークはいかがですか?

→人間関係の負担が圧倒的に下がる

まとめ

短所は、長所。

僕は今まで、コミュニケーションが苦手なことに、コンプレックスを持っていたこともありました。

しかし、それは長所だということに、最近気づいたのです。

できないところがあるから、できるところが、輝くんですよね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る手紙

「人生に疲れた、しんどい」

「人生に疲れたときの対処法を知って、成長したい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております↓

人生に疲れ、自殺を何度も考え、絶望していたこともある20代男性からのメッセージです。

読んでいただけると、うれしく思います。

目次は、以下のようになっております↓

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

その3:精神的なことを学ぶ

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

その5:思い切って休む(最終手段)

目次

それでは、始めていきましょう。

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れたと言ってしまったとき、考えてほしいことがあります。

それは、その言葉に重みはあるのか、ということです。

よく人は、疲れた、もう死にたい、とか、軽々しく言ってしまっている、と僕は思います。

なぜなら、次の日になっても、明後日になっても、なんとなく仕事を続けていたり、人間関係を続けているからです。

例えば、ほんとうに人生に疲れた、とか思うのであれば、自傷行為をしていたり、自殺しようかな、と寸前まで陥った方は結構いると思います。

もちろん、そうならないで、単純に人生に疲れた、とか思うのであれば、軽々しく死にたい、しんどい、もうイヤだ、とか言わないでほしいのです。

ネガティブな言葉は、ネガティブな事象を引き寄せます。

人生に疲れたと言いそうになったときは、ほんとうにそうなのか、と自分自身に問い、辛くても、前を向いて、こんなに一生懸命がんばっている自分はエライ!と強くホメてあげてください。

続いて、人生に疲れて休み、新たな道が開けた僕の事例を少し紹介します。

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れて、僕は何をしたかというと、休学しました。

某有名大学を中退し、2年の休学の末、通信制大学に編入したあと、無事卒業しました。

なぜ、そうなったかというと、今まで3度くらいのいじめに遭い、もともと持っている発達障害とかHSPの気質から、某有名大学に入って1年経ったとき、父に泣きながら電話で「もう無理だ……」と言ったのを今でも覚えています。

それまでにいじめを受けていた最中にも、自殺しかけたことはありますし、ものすごく絶望的な気持ちで過ごしていました。

けれども、みんなと違う人生に逸れたことによって、色々な発見がありました。

たくさんのユニークな人たちに会えましたし、色々な場所も訪れることができました。

なので、僕は人生に疲れて、普通の大卒→就職という道は逸れましたが、それでよかったと思っています。

人生はそれによって、豊かになり、新たな道は開けたので、一例として参考にしてもらうとうれしく思います。

さて、それでも、人生に疲れてどうしようか悩んでいる方もいるのだろう、と思います。

ということで、人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法を紹介します。

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

まず、健康習慣を整えましょう。

人生に疲れているときは、そうなるような生活習慣を抱えていることも多いからです。

食事をちゃんと取っていないと元気は出ない、これはあたりまえですよね。

睡眠を取っていないと、日中、猛烈な眠気に襲われる、これもわかりますよね。

運動をしていないと、体力が持たないのも言うまでもないです。

ということで、健康習慣を整えるために、次の本(1760円)をおすすめします↓

この本は、精神科医の樺澤紫苑先生が書かれた本です。

最近書かれた本で、心の悩みに対処する『ストレスフリー超大全(1760円)』もありますので、併せてご覧ください↓

YouTubeチャンネルで、視聴者からの膨大な悩みに答えていますので、ぜひチェックしてみてください↓

精神科医・樺澤紫苑の樺チャンネル

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

色々な人の考えを知って、視野を広くすることによって、自分が抱えていた問題が大したことないな、と思うようになります。

今、あなたが悩んでいる問題は、先人たちによって既に解決されている場合もあります。

日本にも、長い歴史があります。

ということは、その過程で生じた悩み解決の知恵も、現代の先人たちが紹介してくれている事例もあります。

名言集や、ことわざ、あるいはアニメや漫画でも、あなたを奮い立たせる言葉というものがあります。

それから、詩を読んでみるのもいいでしょう。

おすすめの本は、こちらです↓

ポケット詩集1~3

この詩集は、シリーズもので全部で3冊あります。

僕は何度も繰り返し読んでいますが、そのたびに発見があります。

あなたの疲れた心を、やさしく解き放ってくれる言葉もたくさんあります。

ぜひ、おすすめです。

その3:精神的なことを学ぶ

精神的なことを学ぶことによって、あなたの心を強くすることも可能です。

先ほど紹介した『ストレスフリー超大全』でもいいと思います。

ただ、個人的には、斎藤一人さんの本を読むことを勧めています。

僕はおそらくこの人の本は10冊以上読んでいると思いますし、人生の悩みに対する基礎的な法則とかを、ものすごくわかりやすく書かれています。

僕も疲れていた時期に、斎藤一人さんの本は何冊か読めたので、救いのような本でした。

おすすめの本は、こちらで紹介しています↓

YouTubeチャンネルもありますので、こちらも押さえておくと、有益です↓

斎藤一人さんのラジオ形式チャンネル

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

就職もいいですが、在宅ワークもいいと思います。

時代の流れというのも、ありますし……。

具体的には、Webライターとか、Webデザイナー、イラストレーターとかあると思います。

プログラミングとかも、結構稼げると聞きます。

もし就職しているなら、副業でそのようなことを始め、準備ができたらそちらに移行するという方法もあると思います。

人生に疲れたときは、在宅ワークで、田舎で暮らすという方法もあると思います。

以下、紹介する記事にて、まとめの上の内容辺りで、多拠点生活というものにも触れていますので、ぜひ参考にしてもらえるとうれしいです↓

その5:思い切って休む(最終手段)

思い切って休む。

これは、最終手段ですね。

働きすぎたり、人間関係に疲れて、人生に絶望したりしているということは、おそらく、その道は間違っているということだと、僕は思います。

なので、もし今の状態を維持するのが辛いのであれば、長期的な視点で休むという方法もあると思います。

誰かに頼る、でもいいと思うし、貯金があるなら、それを使うでもいいと思います。

田舎暮らしが合うならそれをしてみてもいいと思いますし、カウンセラーの力を借りつつ、休むという方法でもいいと思います。

日本に居れば、生活保護を受けるということも、一応可能であることはたしかです。

もしほんとうに、人生に疲れて思い切って休めるかも……と思えるのであれば、休むという選択肢も勇気がある行動だと、僕は思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:疲れても、死なない限り、未来は明るい。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

その3:精神的なことを学ぶ

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

その5:思い切って休む(最終手段)

陰極まって、陽生ず。

僕は、人生に疲れたときはありましたが、そのおかげでものすごく成長できたと思っています。

幸せにもなれましたし、心の余裕もあります。

皆さんの悩みに、何か1つでもヒントがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

頭の中のごちゃごちゃを整理する8つの方法

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「頭の中のごちゃごちゃを整理したい」

「もっとビジネスや日常生活を豊かにしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

普段から思考するタイプの男が、頭を整理するためにやってきた8つのことを考察としてまとめておきます。

目次は、以下の8つになります↓

頭の中のごちゃごちゃを整理する8つの方法

その1:紙に書く

その2:運動

その3:音楽やアニメで気分転換

その4:習慣の力を借りる

その5:ルーティーンで思考の自動化

その6:間を置く

その7:思索は詩作のように行う

その8:瞑想

目次

これら目次の中で、参考になるものが1つでもあれば幸いです。

皆様が、頭スッキリ快適ライフを送れるよう、願っております。

それでは、始めていきましょうヽ(^o^)丿

頭の中のごちゃごちゃを整理する8つの方法

その1:紙に書く

紙に書くことによって、頭の中のごちゃごちゃが、具体的になって目に見えます。

例えば、考えすぎて頭がお疲れモードになっているとき、紙に書くことによって、ある程度整理されることも多々あります。

紙に書くことによって、頭の中の混乱を客観視しながら、整理することが可能になると思います。

その2:運動

運動をすることによって、思考より身体に注意が向きます。

例えば、散歩していると、思考より身体に注意が向き、リフレッシュすることはないでしょうか。

運動をすることによって、頭がリラックスし、ひらめきが浮かんできたり、無意識の処理がなされると思います。

その3:音楽やアニメで気分転換

音楽やアニメで気分転換することによって、思考することから一旦距離を置き、その間に頭が整理されることもあると思います。

例えば、音楽を聴いているときは、割と思考に注意が向いていないと思います。

そして、アニメを見ているときも、真面目な思考はあまりしませんよね。

音楽やアニメで気分転換することによって、思考がやわらぎ、感覚とのバランスが取れ、思考を再開するための準備を整えることが可能だと思います。

その4:習慣の力を借りる

習慣の力を借りるとは、日々の行動を自動化するということです。

このことによって、考えすぎるというパターンを減らしていくことも可能だと思います。

例えば、書くことを習慣化して、生活しているなら、頭の中にあった考えを整理することも可能だと思いますし、いちいち考えて手動的に生きていく必要がなくなり、習慣化という自動化のもと、余計なことを考えずに行動に移っていくことが可能だと思います。

習慣の力を借りることによって、日々の生活を自動化し、余計なことを考えずに生きていくことが可能だと思います。

その5:ルーティーンで思考の自動化

これは、習慣と似たようなものですが、ルーティーンです。

ルーティーンを行うことによって、スムーズに作業に移ることが可能です。

例えば、僕は寝る前に、まず瞑想をして、詩を読み、その日生きたことに感謝し、天国言葉(ありがとう、ツイてる、許します等)を3週繰り返し言い、その日あったいいことを3つほど思い出して寝ます。

自分なりのルーティーンを見つけることによって、頭がスッキリした状態で行動に入ることが可能になり、生活するときのメリハリや、モチベーションを上げることも可能になると思います。

やるとポジティブな気持ちになるルーティーンを取り入れてみるといいのかもしれませんね。

その6:間を置く

間を置くことによって、無意識の頭の処理がなされます。

例えば、運動しながら間を置いてもいいですし、音楽聴きながら間を置いてもいいと思います。

間を置くことによって、思考をさらにごちゃごちゃさせる必要がなくなり、自然と頭が整理されると思います。

怒りなんかも、そのときはカッとなったりしますが、ちょっと間を置くだけで冷静に考えられることもありますよね。それに似た感じです。

その7:思索は詩作のように行う

思索は詩作のように行うことによって、美しく脳内が整理整頓されます。

例えば、詩は普通の文章では表現できない想いを形にするということはよくあります。

そのことによって、頭とか心がスッキリします。

これを思索のときに、詩を書くように行えば、脳内のもやもやがスッキリし、頭の整理がなされた、ということもあると思います。

したがって、思索を詩作のように行えば、頭の中、紙、パソコン等で美しく整理することが可能なのではないか、と思います。

その8:瞑想

瞑想をすることによって、雑念を客観視し、自分の本心に耳を傾けることが可能です。

頭がごちゃごちゃしているということは、自分の本心が聴こえづらくなっている状況とも言えると思います。

僕は寝る前、5分ほど瞑想をし、朝起きてからも10分くらい瞑想しますが、頭がとてもスッキリした状態で日々生活できている実感があります。

瞑想をすることによって、今を生きることが可能になり、余計なことを考えずに行動することが可能だと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

頭の中のごちゃごちゃを整理する8つの方法

その1:紙に書く

その2:運動

その3:音楽やアニメで気分転換

その4:習慣の力を借りる

その5:ルーティーンで思考の自動化

その6:間を置く

その7:思索は詩作のように行う

その8:瞑想

頭スッキリへの道

頭の中を整理するということは、考えすぎる人にとって、結構むずかしいことだと思います。

考えすぎる僕は、これらの対処法を考えましたが、何か1つでも皆さんの参考になる方法が見つかれば幸いです。

考えすぎずに、感覚的に生きることはとても楽しいと僕は思うので、皆さんの自由に満ちた生活を応援しています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

不安を抱えたときのための3つの対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「不安に対処したい」

「不安によるストレスを少しでも抑えたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

不安を抱えたときのための対処法を、考察させていただきました。

目次は、以下の3つになります↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

目次

僕は、不安や恐れを抱えて生きてきたことは、結構な期間あります。

最近になってようやく、ポジティブに物事を考えられるようになってきました。

僕の意見は、微力なものだと思いますが、少しでも参考になるところがあるように、精一杯書いていきたいと思います。

それでは、始めていきましょう。

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

不安を払拭するために、考えることを少なくし、行動を増やすという方法があります。

なぜなら、考えたり不安になるのは、何もしていないからそうなるとも言えるからです。

例えば、『宇宙兄弟』のムッタも、不安になると、色々な行動をして考えないようにしてたと思います。

行動を増やしたくても、忙しくてしかも不安だ、という方もいるかと思います。

そのような方は、行動に意識を向け、今を生きることに努めます。

忙しくて、しかも頭が不安だと、大変だと思われますので、行動リストを作成、もしくは大雑把にこれはいらないな、という行動を1つでもいいから減らすという方法もあると思います。

適度な行動が、適度なメンタルを作ることにつながる、と思うからです。

考える暇があるなら、スモールステップでもいいので、とにかく行動、自分の体を適度に動かすことも重要だと思います。

次に、不安を払拭するための対処法として、芸術に触れる、を挙げます。

その2:芸術に触れる。

不安を払拭するために、芸術に触れるという方法もあると思います。

なぜ、芸術に触れるかというと、不安や恐れはひとまず置いといて、見えない何かに対しては、見えない力が必要だからです。特に、芸術のような心を浄化するものです。

具体的には、文学、音楽、絵画、映画、漫画などです。

芸術でなければダメなのか、というとそんなことはないと思います。

自分の心が不安と反対のポジティブな気持ちになるようなものであれば、食事でも、自然でも、お香やアロマなどのセラピーでもいいと思います。

不安や恐れに注意を向けるのではなく、その反対の明るい何かに意識を向け続けるのは必要だと思います。

最後に、不安を払拭するための対処法として、今できることをやっていくに触れたいと思います。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

これは、当然といえば当然なんですが、あまり意識できていない方は、多いのではないかと思います。

人間、不安や恐れを感じることはよくあります。

しかし、感じたところで、できることをやるしか方法はなく、それこそが最善の策となります。

例えば、未来のことを考えていくら対策を練ったとしても、未来はいくらでも変わりますし、今できることを集中して選択し続けないと、今が大変なことになる可能性もあります。

今できることをやると言われても、不安が脳裏に浮かぶという方は、考えてもいいと思います。

しかし、なるべくぼんやり過去や未来のことを思い浮かべるにとどめた方がいいと思います。

あまり考えすぎると、不安が不安を呼ぶ可能性もありますので、ポジティブな情報に目を向け、感覚的に、今をできることをやっていくことがベストだと思います。

それでも、不安を考えてしまうという方は、それがその人にとって必要なことであるから、起こっている可能性もあると思われますので、そこから学べることや気づきを経て、未来に向けて自分を成長させるということも必要だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

不安を抱えたときのための3つの対処法

その1:考えずに、行動を増やす。

その2:芸術に、触れる。

その3:今できることを全力でやっていれば、完全にベスト。

不安が希望に、変わりますように。

不安を払拭するというのは、結構むずかしいものだと思います。

僕なんかは、精神科医とか行って、処方してもらって、かなり楽になったことがあります。あと、とかもよかったですね。

もしものときには、薬を頼ったりすることも、ご自身の体を愛することになると思われますので、参考になったら幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自己肯定感を上げる3つの習慣

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自己肯定感をを上げたい」

「幸せな気分で日々過ごしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自己肯定感を上げる習慣に対する考察記事です。1つでも参考になるものがあればうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

目次

僕は、自己肯定感が低い過去がありました。

しかし、現在では様々な書籍を読むなどして、自己肯定感は充満しています。

そのノウハウ?をここで述べて、少しでも参考になるところがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

1つ目に、できないことがあるから選択肢は限られ、強化できます。

なぜなら、できることを探す方法もあるけれど、できないことを探すことによって、その反対の長所に気づけるからです。

例えば、数学や理科が苦手だったとします。

そしたら、国語や社会に全力を傾けることも可能です。

他にも、自分は真面目で頭が固いように感じていたけれど、その真面目さでコツコツ仕事を続けることができ、周りからの信頼を得やすいという反面もあります。

それらが自分の武器となり、短所が長所を活かす形になります。

ぜひ、見つけた長所を伸ばすために、文系の学びを習慣に取り入れたり、真面目さの長所に気づき、自己肯定感を保った生き方を可能にしてもらえるとうれしいです。

次に、自己肯定感を上げる習慣として、ブログ等を書くを挙げます。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

2つ目に、ブログ等を書きましょう。

なぜなら、自分を知って客観視し、短所を許せます。

自分を知って客観視することによって、自己肯定感が低い部分を上手に受け容れることが可能です。

それから、長所を伸ばすことも可能です。

例えば、いじめを受けていたとしても、それを記事にして書くことにより頭の中を整理でき、同じ境遇の人を助けて反応をもらうことも可能だからです。

ブログ等で、自分が書くジャンルを広げていき、反応をもらえたり、自分で楽しいと思うし、ある程度社会に貢献できるな、と思う部分も見つかってくると思います。

そうすることによって、自己肯定感を上げる習慣を打ち立てることが可能になると思います。

最後に、寝る前に自分をホメることについて、述べたいと思います。

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

3つ目に、寝る前に自分を「よくがんばったなあ」とホメてみましょう。

1日を頭の中で振り返って、「よくがんばったなあ」です。

自分の辛い気持ちは、自分が一番よく分かっています。

その気持ちに、耳を傾けるつもりで、「よくがんばったなあ」とホメてあげましょう。

寝る前に、自分をホメる、もしくは許す習慣は、いい気分で寝ることに繋がります。

もちろん、日中のスキマ時間とか、失敗したときに、「まあ、いいか!」と言うことも効果的です。

寝る前に、自分をホメることは、頭の中にインプットされやすいし、誰にも邪魔されずに、自己肯定感を上げることが可能になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

自己肯定感を上げる習慣その1:できないことがあるから選択肢は限られ、強化できる。

自己肯定感を上げる習慣その2:ブログ等を書く

自己肯定感を上げる習慣その3:寝る前に自分をホメる

目次

自己肯定感というのは、ほんとうは追い求めるものではないと思っています。

理想の自分を設定し、追いつけない葛藤はとてもしんどいものがあります。

ほんとうに大切なことは、自分らしくあることなのではないか、と僕は思っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュア(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

才能がなくても、努力は楽しい。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「才能に努力が勝ることはあるのか」

「努力の素晴らしい側面はないのか」

「努力して、失敗しても得られるものはないのか」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

才能がある人と比較した努力の新しい+の側面について、考察した記事です。

目次は、以下の3つになります↓

・才能がなくても、努力は楽しい。

・才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

・才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

目次

僕は、努力家とよく言われることがあります。

結果を出せない経験も、今まで何度かありました。

それらの経験から、才能がある人よりも、努力で勝っている部分について考えてきた経緯がありますので、少し紹介させていただきます。

それでは、始めていきましょう。

才能がなくても、努力は楽しい。

才能がなくても、努力は楽しい、と思います。

なぜなら、才能が最初からあったら、何でもできて楽しくない、と思います。

しかし、才能がなくても、努力する内に結果が出てきたら、達成感が湧くと思います。

具体例を挙げてみると、最初から文才があっても、成長するよろこびはないし、周りからもできて当然みたいな感じで、つまらないパターンになると思います。

一方で、努力する内に結果をつかむ人は、成長するよろこびがあるし、周りからもよくがんばったなあと、過程をホメてくれる機会が増えると思います。

成長するよろこびはあるのか、もしくは成長するよろこびとは何か、と思う方もいると思います。

成長するよろこびはありますし、成長しないと人はいつまでもできることが限られ、広い視野を持てない、と思います。

つまり、才能が最初からある人はつまらないし、結果重視になる。

しかし、努力して結果を収める人はカッコいいし、過程を重視されると思います。

次に、努力で素晴らしい生き様を見せることができる件について、述べたいと思います。

才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない、と思います。

なぜなら、才能がある=その人に魅力があるとは限らないからです。

具体的な例を挙げると、勝負師の世界というものがあります。

将棋とか、スポーツとかですね。

そこで求められるのは、たしかに結果なのですが、その人がどのように闘ったかで、見る人の心を揺さぶる事例もあります。

天才にも、魅力がある人はいるのではないか、という疑問を持つ方もいると思います。

その場合、天才で、才能があったとしても、称賛やあこがれの対象になると思います。

なぜなら、その方は、結果を出すことに満足せず、精一杯生きる姿を見せているのですから、カッコいいとしか言いようがありません。

つまり、才能があっても、生き様を見せてくれないとつまらないし、努力して生き様を見せてくれる方が、カッコいいと僕は思います。

最後に、努力して失敗しても、学んだことを次に活かせるなら成功だね、という話をしたいと思います。

才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある、と思います。

なぜなら、最初から才能がある人には、努力して死にものぐるいで結果をつかもうとする汗と涙の結晶を理解することはむずかしい、と思うからです。

例えば、努力して失敗したとしても、その経験で人の話を聴いてあげたり、失敗した人たちのサポートをすることが可能です。

つまり、やさしくなれる、という側面もあります。

これは、才能があってなんでもできる天才とかには、あまり分からないことなのではないか、と思います。

天才には、天才の役割があり、努力家には努力家の役割があります。

それぞれに生き様を見せることには、おそらく公平に道が与えられています。

努力して失敗した経験は、引きずるのではなく、未来に活かすために具体的にすべきことを実行していけば、成功への道、カッコいい生き様の道というものもあると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・才能がなくても、努力は楽しい。

→成長しがいがあるし、過程が楽しい。

・才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

→結果よりも大事なのは、生き様。

・才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

→努力して失敗した経験は、その人にしかない未来に活かす。

才能には、才能のよさ。努力には、努力のよさ。

ネット見て驚きました。

才能と努力に関する間違った考え方が流布していると思いました。

僕の考えが100%合っているというわけではありませんが、少しでもこの記事を見て楽になる方がいると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

いい人の特徴は◯◯◯ いい人になる5つの方法についても解説

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「いい人の特徴を簡単に知りたい」

「いい人になるには、どんなことに気をつければいい?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

いい人の特徴を一言で定義し、いい人になるにはこんなことをしてみたらいいのではないか、という考察記事です。お手柔らかに……。

目次は、以下の通りです↓

・いい人の特徴は、◯◯◯

・いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

その3:言霊に気をつける

その4:身体所作に気をつける

その5:瞑想

目次

僕はいい人だと思っています(自分で言うのもどうかと思いますが)。

周りからもそう言われるし、それが自分のほんとうの姿だしなあ、とも思います。

参考になるところがあるかどうかわかりませんが、1つでも「これはっ!」と思うものがあると幸いです。

それでは、始めていきましょう。

いい人の特徴は、◯◯◯

いい人とは、自然体な人のことだと思います。

自然体な人は、どんな人かというと、無理をしておらず、かといってがんばりすぎてもいない、公平で、穏やかな人、というイメージです。

なぜ、いい人が自然体な人かというと、世間でよく言われるいい人はニセモノだと思うからです。

例えば、いい人ぶっている人は、真のいい人ではありません。

それは、自分らしい、ありのままの姿に嘘をついていると言えるからです。

なので、この場合、いい人はあまり目指すべきものではないのかもしれません。

自然体であることは、自分らしさを取り戻すということです。

自然体になれば、だれが見ても不快に思われることはないですし、その方が楽しい、と思います。

いい人とは、自然体な人であり、いい人を目指すことは悪いことではないと思います。

もし、いい人がこの世界からいなくなったら、大変なことになると思いますし、いい人はどんな人か、しっかり理解しておく必要がある、と思います。

続いて、いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと、について述べていきたいと思います。

いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

いい人になりたいのであれば、自然とたくさん触れ合うことは大切だと思います。

なぜなら、自然を見ていると、体も自然体になって、リラックスしてくるからです。

自然と触れ合うことがむずかしくても、家に観葉植物を置いたり、ペットを飼ってみたり、たまに外出して自然に触れてみるといいかもしれません。

自然とたくさん触れ合うことによって、自然体になり、日常生活でも自然体で行動できる頻度が増える、と思います。

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

いい人になりたいのであれば、少し負荷がかかる環境でリラックスするといいかもしれません。

なぜなら、それが自然体であるときに必要なことであり、自分の能力を発揮しやすい状態だからです。

例えば、リラックスしすぎても、不意打ちに対処できなかったり、柔軟に対応できない場合があります。

一方で、プレッシャーがかかりすぎても、自然体でなくなり、笑顔を作ったりするのもむずかしくなります。

少し負荷がかかる環境で、リラックスすると、本来の力が発揮できるようになり、顔もイキイキしだすと思います。

その3:言霊に気をつける

いい人になりたいのであれば、言霊に気をつけるということも必要だと思います。

なぜなら、ネガティブな言葉、グチや悪口を言っていると、自然体ではなくなり、気持ちよく行動することがむずかしくなるからです。

ポジティブな言葉を無理に言おうとしなくてもいいと思います。

ただ、グチや悪口のような自分も他人も気分が落ち込んでしまうような言葉を慎むだけでいいと思います。

それだけで、自然体に近くなる、と思います。

言霊に気をつけることによって、本来の人が幸せに向かう道へ転換することも可能だと思います。

その4:身体所作に気をつける

いい人になりたいのであれば、身体所作に気をつける、というのもいいかもしれません。

なぜなら、自然な身体所作を意識すれば、心にも自然さが行き届くからです。

心や考え方を自然にするには、むずかしいものがあるかもしれません。

しかし、体を自然にするには、意識しやすいものがあります。

例えば、茶道とかの自然的な動きをイメージしてもらえるといいかもしれません。

身体所作に気をつけることによって、心も整い、それが習慣化されれば、自然体に近づくと思います。

その5:瞑想

いい人になりたいのであれば、瞑想をやることもいいかもしれません。

なぜなら、瞑想は雑念を排除し、本来の人の生き方に戻す作用があるからです。

瞑想がいい、という情報は、今は色々なところで広がっていることだと思います。

瞑想とは、今を生きる訓練だと思っています。

瞑想をやることによって、自然体になり、頭もスッキリすると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・いい人の特徴は、自然体

・いい人になりたいなら、心がけた方がいい5つのこと

その1:自然とたくさん触れ合う

その2:少し負荷がかかる環境で、リラックスする

その3:言霊に気をつける

その4:身体所作に気をつける

その5:瞑想

いい人は、楽しい!

僕は、世間で言われるいい人、いい人ぶっている人は、不自然体に見えます。

他の人にいい人と見られることもあると思いますが、長続きしませんし、ほんとうの自分を隠そうとする行為も疲れてくると思います。

自然体でいることは、だれにでもできることですし、だれにでも目指せるものです。

ぜひ参考になるところが1つでもあったら、行動に移してもらえると、うれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自己啓発は意味ない、に対する検証記事+おすすめの3つの自己啓発教材

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自己啓発は、意味ないのではないか」

「自己啓発は意味あると思っているけれど、どういった情報を得ればいいのか迷っている」

このような方たちに、この記事は役に立つと思います。

自己啓発は意味ないという意見に対する僕の意見を手短にわかりやすく述べています。

目次は、主に以下の2つになります。

・自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

・おすすめの3つの自己啓発教材

僕はこれまで、自己啓発に関わる本や情報を片っ端からインプットしました。

何冊読んだか、イチイチ覚えていないのですが、100冊くらい読んでいる、と思います。

ですので、基礎的なことはしっかり身についていると思います。

それも踏まえた上で、始めていきたいと思います。

自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

自己啓発は意味ないと思っている方いると思うんですが、半分正解である、と思います。

なぜなら、ほとんどの自己啓発はテキトーに書かれているというか、ほんとうにそうだ、という実感が薄いまま書かれているものが多いと思うからです。

皆さんも思うところ、ないですか?

行動を促されても、なぜか行動起こす気になれなかったり、聞いた、もしくは読んだときは、自分が変わったような気がしても、数日経てばそんなに変わってないじゃん、と気づく、みたいな感じですね。

ですから、この記事の結論としては、名著や、実感を持って書かれた、もしくは述べられた教材から学んでいく、ということをおすすめします。

以下、3つの教材を挙げます。

おすすめの3つの自己啓発教材

その1:嫌われる勇気&幸せになる勇気

フロイト、ユングと並び称されるアドラーによる教えを、哲人と青年の対談形式によって、わかりやすく学ぶことができます。

対人関係における改善のためのシンプルな考え方を提示してくれます。

例えば、僕が感銘を受けた考え方に「課題の分離」というものがあります。

他者は他者、自分は自分というような考え方であり、それが具体的に書かれています。

自己啓発の本質を学べ、入門するにはちょうどいい本だと思います。

『嫌われる勇気(1,650円↓)』

『幸せになる勇気(1,650円↓)』

その2:精神科医である樺沢紫苑先生の樺チャンネル

これは、今流行りのYouTubeからですが、樺沢紫苑先生というメガネかけたおじさんが様々な人間の悩みに答えてくれるチャンネルです。

基本動画は10分弱で、動画数もかなりの数があります。1000くらいあると思います。もしくはそれ以上か・・・。

人生にまつわる悩みを、多く幅広く抱えている方におすすめです。

または教養を高めたい、自己成長して、スキルアップしたい、とお考えの方にもおすすめのチャンネルとなっております。

樺沢先生に質問できるときもありますので、チェックしてみるといいのではないか、と思います。

その3:斎藤一人さんの本またはYouTube

斎藤一人さんの本や考え方は、自己啓発の基本が書かれている、と思います。

この時点ではアドラーと似た感じですね。

しかし、そのわかりやすさたるや、頭それほど賢くないという方でも、実際に行動に移し、それで幸せになっている方たちも多くいるということです。

斎藤一人さんは、納税王と呼ばれる日本でもかなりのお金持ちと言えます。

ただ内容がスピリチュアル系で、もっと地に足ついた自己啓発を読みたいという方は、先ほどのアドラーや樺チャンネルをおすすめします。

それでは、この記事をまとめたいと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

この記事で述べていることは、以下のようなものでしたね↓

・自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

→半分正解。名著を読んでみよう。

・おすすめの3つの自己啓発教材

→嫌われる勇気&幸せになる勇気

→精神科医である樺沢紫苑先生の樺チャンネル

→斎藤一人さんの本またはYouTube

自己啓発は、発信することに、責任を伴う、と僕は思っています。

ですから、ある程度しっかり精神世界を理解できていないと、それだけ人を間違った方向に導いてしまうこともあると思います。

僕の話も、それは違うだろうと思ったら、迷わず他の人の話を聞いてあげてください。

あなたが知って、本心からそうだ、と思った話があるならそれを信じてみるというのもいいと思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ