雨が好きな人の3つの理由を考察しました。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、雨ってなんでこんなに降るとうれしいんだろう? とか、雨が好きな人の心理って、どんなものがあるんだろう? とか、雨が好きなことにスピリチュアル的な意味とかって、あるのかな? という方におすすめの記事となっております。

雨好きな人に、なぜ自分は雨が好きなのか、いくつかの気づきを与えられるよう記事を書いていきます。

目次は、以下の3つになります。

雨が好きな人の理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな人の理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな人の理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは小さい頃から雨が好きで、なんでこんなに雨が好きなんだろう?と不思議に思っていました。

しかし、長年生きていると、残念ながら具体的にではないのですが、抽象的にハッキリその理由が分かってきました。

それらのことをお伝えし、雨が好きな人にもっと雨を好きになってもらいたいなあと思います。

それでは、始めていきましょう。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が降ると、なぜか昔を思い出す気持ちになります。

これは、なぜかというと、雨はもともと帰る場所に起因しているからだと思うのです。

つまり、天から降ってきて、スピリチュアル的に意味があると、わたしは確信しています。

しかし、わたしはすごい霊能力者とかそういうのではなく、人生論としてのスピリチュアルを支持しているので、現実的にしか答えることができません。

そのことに配慮していただきつつ、意見を言わせてもらうと、雨は、心を浄化する働きがあるとともに、わたしたちの内なる魂の声を響かせてくれる感覚があります。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨は生きているような感覚があるのですが、これは雨好きな人にしかそうそう分かることではないような気がします。

どのように生きていると感じるかと言われても、生きているとしか答えようがないです(笑)。

わたしは、波動とか、雰囲気とか、そういったエネルギーを感じることに、やや秀でていると思っています。

その観点から述べると、雨にはやさしさがあると言えそうです。

雨に打たれると、冷たいと普通の人は感じますが、わたしはぬくもりのようなもの、愛を感じることができます。

これはおそらく、他の雨好きな人も共感できることだと思います。

雨には、やさしさがある、ということです。

なんとなく、イメージできるでしょうか?

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

わたしは、台風とか嵐が来たときに、やや喜んでいる場合があります。

失礼なんですけど、それは、なぜか?

自然の力に圧倒されつつ、生きている心地がするからなのです。

雨はやさしいとともに、ときに厳しいものであります。

これはなにかに似ているとは、思いませんか?

わたしが思うに、人生の起伏に似ていると感じます。

つまり、雨は自然由来のものであり、命そのもの。

わたしたちはそこに、友達のようなものを見出し、ともに生きる歓びを歌いたくなるのでしょう。

例えば、自分から積極的に、雨に濡れに行ったり、寝る前に聴くと、ぐっすり眠れるみたいな感じです。

それでは、今回の記事をまとめていきたい、と思います。

まとめ:雨が好きな人は、龍神様が味方している?

はい、いかがだったでしょうか?

雨が好きな人は、なぜ自分が雨が好きなのか、少しでも参考になるところはありましたか?

その理由に、このようなものを挙げてきました。

雨が好きな理由その1:原始時代の心に、帰れるから。

雨が好きな理由その2:雨はやさしくて、友達のように感じるから。

雨が好きな理由その3:自然の力に圧倒されつつ、楽しんでいるから(笑)。

以上のことを踏まえつつ、わたしは雨にはスピリチュアル的な、神秘の力が秘められていると感じます。

多くの人たちは、そのことにあまり関心を寄せないのかもしれないですけど・・・。

そして、スピリチュアル的な意味で言うと、これはわたしの推測になるのですが、雨が好きな人は龍神様(大いなる存在)が味方してくれているような気がします。

おそらくそうなのだろうな、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、詩とか、スピリチュアル(精神関係)、わたしの人生をコンテンツ化していますので、興味がある方は、ご覧いただけるとうれしいです。

ちなみに、雨関係の記事はこちらです↓

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございます(^^ゞ

かめれもん★でした(^_^)/~

日光浴の時間短縮? 実体験に基づくシンプル考察

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、日光浴の時間短縮について、個人的考察を施したいと思います。

記事の構成は、以下の通りです。

まず、日光浴は5分程度の時間でも、オッケーじゃないのか、ということについて言及します。

次に、日光浴を効果的に行うには、どうしたらいいのか、について解説します。

最後に、日光浴はHSP(ひといちばい繊細な人)に効果的?について考察していきたいと思います。

それでは、チャチャッと始めます!

日光浴は5分程度の時間でも、効果あり!

わたしは、普段外をあまり出歩きません。

というか、出歩くような環境ではないと思います。

ですので、インドアの方や、高齢者の方に、どちらかというとこの記事はおすすめかもしれませんね。

日光浴を行うことによって、気分がリセットされたかのような心地があります。

たった5分の時間ではありますけど・・・。

少し、疲れも取れたような気がします。

身体に多少の反応ありで、代謝がよくなった、血の巡りが良くなったような気がします。

次に、日光浴を効果的に行う方法について、言及します。

日光浴を効果的に行う方法

まず、この方法で意識することは、2つあると思います。

1つは、リラックスして日光浴を行うこと。

2つに、集中して日光浴に取り組むがあると思います。

これらのことを実践するために、以下のような方法があると思います。

まず、環境は大事だと思います。

少し場所を変えるだけでも、もしかしたらリラックスできたり、集中できたりするかもしれません。

その他、具体的な方法で、椅子やベンチに座るだったり、音楽を聴きながらだったり、歩きながらだったり、瞑想と日光浴を組み合わせてもいいかもしれませんね。

自分が意識してリラックス&集中できる環境、または体調を整えましょう。

体調に関しては、むしろ日光浴した方が、改善する可能性が高いと思われますので、おすすめ致します。

最後に、日光浴は、HSPに効果的?について解説していきたいと思います。

日光浴は、HSPなら特に効果的?

HSPは、もともと刺激に対して、繊細に感じることができる体質です。

ですから、HSPと思われる方は、それは活かし方次第と言えます。

単に、ちょっと繊細かも、と思われる方でも、日光浴は効果的だと思われます。

日光浴をすることで、プラスのエネルギーを短時間効果的に補充することができると思います。

わたしもHSPですので、日光浴や、雨に打たれることが好きだったりします。

それでは、まとめていきます!

おわりに

日光浴を普段から、そんなにする機会がない。

もしくはやろうとしない方でも、5分程度の日光浴で体調はよくなる可能性があると思います。

体感としては、気分もいいです。

先ほど紹介した具体的な方法を実践しつつ、日光浴を楽しみましょう!

HSPなら、さらに短時間効果的に日光浴をすることができると思われますので、ぜひ意識してみてくださいね♪

それでは、かめれもん★でした~(^_^)/~

ここまで見たいただいた方々、ありがとうございます!(^^ゞ

雨の日の過ごし方:繊細な人が考える3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、雨の日の過ごし方として、HSPであるわたしが、繊細に考えたシンプルな3つの方法について、紹介したいと思います。

雨の日って、何をして過ごせばいいか、迷いますよね。

雨の日に、自宅で気分よく過ごせれば、また外出するとき、気分よく活動できますよね。

それでは、そのための1つ目、紹介します!

雨の日の過ごし方その1:読書

読書は、落ち着いた空間で、スムーズにできるという人は、多いと思います。

逆に、外が多少騒がしい方が、集中できるという人も、雨の音でちょうどいいBGMになっております。

台風のときは別ですよ。嵐とか。

それで、読書はストレス解消にいいという効果もあります。

加えて、新しい知識を手に入れ、言葉をサラサラ読んでいくことで、頭の中もスッキリするのではないでしょうか?

雨の中の読書は、ものすごくリラックスしてできるし、何よりお洒落ではないですか?

一度、試して、インドアの充実感を満喫しましょう!

雨の日の過ごし方その2:音楽

音楽はいいですよね。

特に、わたしはJ-POPとかクラシックですね。

わたしは、結局のところ、王道しか合わなかったので、そういうものを好んで聴きます。

雨が外でザアザア振っていて、それでも、耳には騒がしい音楽や、静かな音楽が沁み渡ってくるのです。

たぶん、外で雨が降っていると、集中力が上がると思うのです。

だから、芸術とかそういった分野に、感性が鋭くなるという現象が見られると思うのです。

雨の中で聴く音楽で、魂に沁み渡る音楽を、選択しましょう。

心も洗濯しましょう(笑)。

雨の日の過ごし方その3:落語

それとこれは、少しマイナーかもしれませんが、落語です。

最近は、若い人も聴きますよね、おそらく。

わたしは、たまにしか聴きませんが、こういう時にこそ、あたたかい落語家さんの語りを欲するような気がします。

人情噺や滑稽噺。雨の中で聴くことによって、沈んでいた心もヒートアップしてくるでしょう。

アマゾンミュージックでも聴けるようですね。

あと他にSpotifyとか。

CDとかでも聴けるようですが、まず速攻聴いて、心が洗われたいなら、ストリーミングで聴く方法もおすすめでしょう。

落語を雨の中で聴くと、明日もがんばろう!または、今は疲れて動けないけど、落語を聴いてちょっとした気分転換に!とか、色々応用の仕方はあると思います。

ぜひ、落語を耳で聴いてみましょう!

それでは、まとめていきます。

おわりに

雨の中の読書は、誰にでも合っていると思います。

昔から、晴耕雨読とか言いますし、ほんとだなあ、と思ったりして。

音楽も、雨では魂に沁み渡る旋律であるでしょう。

でもいいですよ。詩もおすすめです(笑)。

それから落語も、冷たい自分の心に火を入れてくれます

落語家さんの力を借りて、明日を生きる力を、手に入れましょう!

それでは、わたしはこの辺で。

他に詩や、人生にまつわる処方箋、楽しみ方等、載せておりますので、よかったらご覧ください。

かめれもん★でした(^^ゞ

また、お会いしましょう!(^_^)/~

僕が落ち込んだとき、空はいつでも味方だった。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、いつもと少し違う雰囲気ですが、空を見上げることについて考察してみようと思います。

わたしは、小さい頃から、何かが起こる度に、いつでも空を見上げていました。

その度に、心を何度も救われました。

この記事では、空に対する考察(エッセイ調)に加え、空を見上げることの効果や心理についても考えていきたいと思います。

それでは、始めていきます。

空を見上げると、いつでも安心感があった

わたしは、幼い頃から、何度も災いというか、色々なことを経験してきました。

例えば、いじめとか、HSPならではの細かい気配りや気疲れなどですが、その度に、よく空を見上げたものです。

自分はなんで生きているのだろう。

周りの人たちはそんなこと考えていないのかな。

空を見上げると、帰る場所があるような気がして、泣きながら、日々生きていたのを思い出します。

もちろん、そのことで色々なことを学べたので、このブログでは、そのような経験をもとに、発信活動を続けております。

空を見上げると、自分が小さいことで悩んでいたと、気づく

空を見上げているとですね、自分はなんて小さいんだと、多くの人が気づくはずです。

様々な人間関係が、繰り広げられる現代社会のなか、いつでも空は様々な顔を、天気として表現しています。

何かが起こり、心が傷ついたとき、空は人の心を軽くしてくれる、鳥のように純粋な心を思い出させてくれる

そのような効果や、心理があるのだと思います。

空を見上げたときの安心感が、この社会にも必要

空を見上げたとき、なんとなく安心感があるような気がします。

これは、わたしだけなのでしょうか。

多くの人が思うことなのではないでしょうか。

現代社会に生きていて、心身ともに疲れた人は、たまに空を見上げたくなる心理があるようです。

おそらく、これは、誰もが感じたことあるのではないでしょうか。

この働きは、詩にも言えることかもしれません。

人は疲れて、行き場を失ったとき、なにかふるさとのような場所、または心の拠り所を必要としている気がするのです。

皆さんに、わたしがささやかに述べたいことは、たまに公園とか、人通りが少ない場所で、できるだけ空を眺めてみるのも、よいのだと思います。

空は、わたしたちに安心感を与え、発展ばかりが、正義ではないと、人間の狭い考え方だけが、すべてではないと、教えてくれるのだと思います。

それでは、まとめに入ります。

おわりに

空は、わたしたちをいつでも、見守ってくれている気がします。

空は、もちろん、人ではありませんが、見上げたときのあの安心感はなんなのでしょうか。

空は、わたしたちが遠いところを探検して、迷子になったときに帰れる我が家のような場所です。

たまに、そのような自然の心を、人は思い出す必要があるのでしょう。

詩にもそれは言えることであって、もしかしたら、そのような人々が拠り所とするものや存在は、幾つもあるのかもしれませんね。

それでも、空を見上げることには、特別ななにか感情があるような気がします。

皆さんも、たまに空を見上げてみましょう。

わたしも、たまに空を見上げて、不思議な気持ちになってみようと思います。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた皆様方、どうもありがとう(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ