『雨ニモマケズ』の意味解釈 現代における3つの価値について探ってみた。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「雨ニモマケズは、どういう意味とか解釈ができるのか」

「雨ニモマケズの新たな価値に気づいて、より詩の奥深さに気づきたい」

これらのようなことをお考えのあなたに、この記事はおすすめです。

『雨ニモマケズ』の個人的な評論とも言えますね。お手柔らかにお願いします。

目次は、以下の3つになります。

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その1:コロナ渦や災害を生き抜くヒントがある

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その2:賢治の人としての在り方が示されている

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その3:グローバル社会における公平な世界を目指す指標

僕は、『雨ニモマケズ』をもう何回か読んでいると思います。

体感としては、10回か、それ以上読み込んでいると思います。

詩の研究も、このブログでしておりますので、それと併せてこの記事をご覧いただければ、と思います。

それでは、始めていきましょう。

『雨ニモマケズ』の意味解釈その1:コロナ渦や災害を生き抜くヒントがある

『雨ニモマケズ』の意味を解釈してみて、まず考えられるのが、コロナ渦や災害を生き抜くヒントがある、ということです。

それは、タイトルに既に表れています。

『雨ニモマケズ』には、僕なりの意味解釈をしてみると、淡々と困難に立ち向かう強い意志、というものが感じられます。

これに対し、そう誰もが読めるわけではない、と思うかもしれませんが、あなたの好きなように解釈をすることも大切です。

それを妨げたりは、決してしません。

淡々と困難に立ち向かう強い意志、というものが、詩によって高らかに、その精神の高さから歌われ、僕たちに静かに訴えかけるものがあります。

次に、賢治の人としての在り方が示されていることについて、述べていきたいと思います。

『雨ニモマケズ』の意味解釈その2:賢治の人としての在り方が示されている

『雨ニモマケズ』の意味解釈をしていくなか、賢治の人としての在り方が示されているように感じます。

なぜなら、それは、次のような韻文からも言えることです。

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモ マケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

欲ハナク

決シテ怒ラズ

イツモシズカニワラッテイル

田中和雄、ポケット詩集、童話屋、1998

このようなことが、『雨ニモマケズ』の全体から伝わってきます。

賢治の人としての在り方を見ることによって、そんなことは無理だ、と思うかもしれませんが、この詩を読むことによって、根本の魂から近づいていける何かがある、と思います。

ですので、この『雨ニモマケズ』を読んで、生きる指針の少ない現代において、参考にしてみるのも悪くない、と思います。

それ以前に、この詩から流れ出てくるリズムや感動は相当いいものだと思いますが・・・。

最後に、『雨ニモマケズ』の意味解釈として、グローバル社会における生き方を示してくれていることについて、述べたいと思います。

『雨ニモマケズ』の意味解釈その3:グローバル社会における公平な世界を目指す指標

賢治の『雨ニモマケズ』は、世界規模と言えると思います。

現代のグローバル社会における公平な世界を目指す上での指標ともなり得る、と意味解釈しました。

なぜなら、それは次の韻文から読み取れるからです。

東ニ病気ノコドモアレバ

行ッテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ

行ッテソノ稲ノ束ヲ負イ

南ニ死ニシソウナ人アレバ

行ッテコワガラナクテモイイトイイ

北ニケンカヤソショウガアレバ

ツマラナイカラヤメロトイイ

田中和雄、ポケット詩集、童話屋、1998

これらの韻文は、世界規模の愛にあふれていると感じることもできます。

書かれてある通り、東西南北すべての人に対し、やさしさがあふれています。

そこまで深いことが書かれているのか、と思われるかもしれませんが、詩は様々な解釈ができ、そこから見出だした価値があれば、それでよいのだと思います。

賢治の『雨ニモマケズ』は、とても高い視点から書かれており、かといって見下しているわけでもなく、ニッコリ笑って、世界平和、つまりここでは、グローバル社会における公平で、素晴らしい世界を夢見ていた、いや、実際に見ていた、と思います。

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

この記事では、以下のようなことについて述べていましたね↓

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その1:コロナ渦や災害を生き抜くヒントがある

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その2:賢治の人としての在り方が示されている

・『雨ニモマケズ』の意味解釈その3:グローバル社会における公平な世界を目指す指標

賢治の『雨ニモマケズ』は、とても広い視点に立って、天からの光のように書かれたことが感じられます。

価値を見つけて、実用的であればいいや、というものではありませんが、『雨ニモマケズ』からは、そのリズムや深い悟りの境地、愛の歌を感じることができます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

山尾三省さんの詩集『火を焚きなさい』レビュー

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、山尾三省さんの詩集『火を焚きなさい』のレビューを書いていきます。

ただ単に、レビューを書いただけではなく、そこから自分なりに得られた3つの教訓、そして実際に移せる3つの行動についても考察しましたので、よかったらご覧ください。

わたしは今まで、詩の記事を50記事くらい(2021年1月31日現在)書いてきました。

様々な名詩に触れ、レビューもそこそこ書いています(ものすごく多くはないですけど・・・)。

今回は、山尾三省さんということで、心を込めて書いていきたいと思います。

それでは、始めてまいります。

山尾三省さんの詩集『火を焚きなさい』レビュー

この詩集を読む前は、ちょっとむずかしくて、文語とか出てくるのかと思っていました。

しかし、思っていたより初心者向けで、口語も結構出てきました。

それに、読み進めるたびに、心の中で火が焚かれているような思いがして、とても清々しい気分になりました。

漫画散文などもあり、山尾三省さんの世界観が凝縮されたような本だったと思います。

山尾三省さんの詩集『火を焚きなさい』から得た3つの教訓

ひとつは、原点(魂の泉)に帰ることを思い出させてくれました。

つまり、心の拠り所、アイデンティティと繋がって生きることの大切さがよく分かりました。

ふたつに、表面的なことに囚われず、自分の心の声(直感)に従って生きることが大切だと思いました。

この記事を書いている最中は、コロナ渦ということで、様々な情報がちまたにあふれ返っています。

それらを、適切に見極め、自分の心の声を見失わないようにすることは、大切だと思いました。

みっつに、自然と一体になった魂、こころ、体。わたしたちは、心の中に火を焚かなければならない、いや、これから未来に向かって焚き続けていかなければならない、と思いました。

なぜなら、それは命の炎で、一番エネルギーに満ちている存在だからです。

山尾三省さんの詩集『火を焚きなさい』から実際に起こせる3つの行動

ひとつは、実際に自然と触れ合う経験を増やすことです。

わたしたちの命は、もともと世界と繋がっているものであり、例えばそこらに生えている草や花、野菜を収穫するときの重さ、手触り、命の歓びを感じ、文明社会に走りすぎてはいけない、と思います。

わたしたちは常に、世界の豊かさを感じていなければならない、と思うのです。

ふたつに、外から来た情報を疑い、自分の心の声に耳を澄ます必要があると思います。

そのためには、瞑想・ヨガ・マインドフルネスを取り入れてみるのもよいと思います。

清々しい気分で、常に火を焚く原点に帰ることができます。

みっつに、自分だけが持つ欲を限りなく削ぎ落とし、命の底から溢れ出るエネルギー(火から炎へ移り変わるエネルギー)を重視する必要があると思います。

そのために、ちょっとやそっとの困難ではくじけず、前を向いて少しずつ歩んでいけばいい、と思いました。

例えば、人生の節目に詩を書いて、自分を一層盛り上げていくことも大切であると思いました。

詩を読んだり、詩を書くことこそが、火を焚くことなのかもしれない、と思いました。

それでは、まとめていきます。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか?

山尾三省さんのこの詩集は、案外初心者向けで、思いっきり世界観に触れることができます。

世の中の表面的なことに囚われず、内なるこころの火を焚き、それを信じて生きていく必要がありますね、きっと。

自然と触れ合ったり、瞑想などを行ったり、詩を書き、わたしたちも山尾三省さんと魂の火を焚きましょう。

これからの未来のために。そして何より、わたしたちのために。

『火を焚きなさいー山尾三省の詩のことば(1,980円↓)』

~★~★~★~

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、心が豊かになる記事を展開しています。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

岸田衿子さんの『いそがなくてもいいんだよ』レビュー

はじめに

こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩人である岸田衿子さんの『いそがなくてもいいんだよ』をレビューしておきたいと思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

1、先ほど紹介した本を、レビュー

2、岸田衿子さんって、そういえばどんな人?

3、この本を出版した会社について説明

私は、詩のことをブログで研究したりしていて、今まで50記事くらい(2021年1月31日現在)書いてきました。

そんな私ですが、レビュー記事始めていきたいと思います。

岸田衿子さんの『いそがなくてもいいんだよ』レビュー

この本の外観というか、本の固さ、手触りがわたしは好きです。

岸田衿子さんらしい表紙でもあると思います。

ページをめくっていきますと、ところどころに花の画が添えられており、のどかな雰囲気が漂っております。

最初のページの方で出てきた『南の絵本』という詩は、岸田衿子さんの代表作ですね。おそらく・・・。

いそがなくてもいいんだよ、というフレーズが入っております。

スピリチュアル的にも、とても深い作品だと思います。

ほんとうにやさしく、ファンタジーのような、岸田衿子さんらしさがよく伝わる1編だと思います。

他の詩も見ていきますと、4行詩?もありますね。

どれもいい詩ばかりです。

どことなくとらえどころのない不思議な詩集です。

それが、岸田衿子さんらしさ、なのかもしれないですけど・・・。

寝る前に読むと、やさしい夢が見れそうな、とても買って満足した本になります。

では、岸田衿子さんって、そういえばどんな人か、簡単に説明します。

岸田衿子さんって、どんな人?

岸田衿子さんは、日本の詩人・童話作家です。

どうやら田舎?の方で、住んでおられたようです。

簡単に言うとですけど・・・。

子どもたちに深い愛情があるんでしょうか。

子どもたち向けの作品が多いですね。

生き方に一貫性もあります。

そして、谷川俊太郎さんと、一時期結婚して別れていますね。

それと、どことなく不思議な人だったのだと思います。

個人的に、そのように感じられます。

それでは最後に、この本を制作した会社に迫っていきましょう。

この本を制作した会社『童話屋』

わたしは、この会社が制作する詩集とか、本が好きです。

ポケット詩集も全巻(1~3巻)買って、何度も何度も読み返し、写経もし、持ち歩いたり、とても愛着のある詩集になっております。

『ポケット詩集』(1,650円↓)

事あるごとに、田中和雄さんという人を目にします。

とても詩に愛情を持っている人なのだろうな、と思います。

ホームページを見てみますと、とても心が安らぐデザイン・見た目で登場します。

詩とか、児童書を手掛けているようですね。

ぜひ、興味がある方は、一度見てみるとよいと思います。

それでは、まとめです。

おわりに

岸田衿子さんのこの詩集は、ほんとうに読むごとに、心身の細部まで癒やされそうです。

子どもたちに愛情を注ぐ、詩人と童話屋のコンビネーションで、この詩集は異彩を放っています。

とても美しい作品とも言えそうです。

これがほんとうの詩だと思うのと同時に、もっとこのようないい詩・詩集等が、世の中に知られていけば、世界はますます美しく豊かな世界になるのだろうな、と夢見る心地です。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

谷川俊太郎『詩人なんて呼ばれて』レビュー

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、谷川俊太郎さん関係の本『詩人なんて呼ばれて』(2,310円↓)を読み終わったので、レビューしておきたいと思います。

この記事は、もしかしたら、ほぼ自分のために書くかもしれないです(笑)。

けれども、見てくれる人にとっても、なんとなく楽しい記事を目指すので、ぜひ最後までご覧ください!(^^ゞ

『詩人なんて呼ばれて』を読む前

『詩人なんて呼ばれて』を読む前でも、それなりに詩論や詩集など、詩に関する本は読んできました。

そして現在、卒論で、詩に関するものをテーマに作業を進めている最中です。

そんな最中、それなりに知識が多くなって挑んだ、結構分厚く、やや難易度高めの本となっております。

『詩人なんて呼ばれて』から気づいたこと

この本を読んで、谷川さんが、いかに詩に対して、果敢に挑んできたかが分かりました。

わたしは詩の重要性に疑念を感じている部分がありましたが、それを払拭してくれるような部分も多く含んでいる本です。

詩というのは、それぞれに詩人と呼ばれる人たちが考えた詩論で、その周辺を探り、結局最後は、想像力で詩の核心に迫るものなのだな、と理解しました。

詩を理解するには、多くの詩を読むことも大切ということが分かりました。

『詩人なんて呼ばれて』から得たToDoリスト3つ

わたしも、詩に対して果敢に挑み、詩の面白さを多くの人に伝えたいと思いました。

そのためにまずは、このブログを書いていくことが大切だろうなと思いました。

様々な詩論を展開していく中で、少しでも多くの人に、詩ってこんなものなのかな、とある種の期待を抱かせることができたなら、と思います。

とりあえず、わたしも多くの詩集、句集、歌集などを読んで、詩をもっと体感していこうと思いました。

まとめ

詩はやはり重要なものなのだな、と改めて認識をしました。

そして谷川俊太郎さんが、孤独にその地表を拓いていった軌跡を引き継ぐくらいの気持ちで、しっかり詩の面白さを追究していこうと思いました。

たとえ、周りが詩を大したことないと言ったとしても、わたしが思う以上に詩の可能性を信じることは大切なような気がするから。

だから、わたしは、詩とともにこれからも自分らしい人生を歩いていきたいと思いました。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで、読んでくれた方々、ありがとう!

かめれもん★より

金子みすゞさんの名言『みんな違って、みんないい』を考察してみました。

はじめに

こんにちは~、かめれもん★です(^^ゞ

今回は、金子みすゞさんの名言である『みんな違って、みんないい』を自分なりに深く考察してみました。

流れとしては、まず簡単なみすゞさんの紹介と、みんな違って、みんないいの思想の基礎の部分、それから実際にそれを実践するには、どのような意識の方向づけをしていけばいいか、を話していきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

金子みすゞさんの簡単な紹介

金子みすゞさんは、おそらく日本人であれば誰でも知っているほどの有名人ですよね。

童謡詩人です。

大正の時代から、昭和初期まで活躍しますが、26歳でお亡くなりになります。

代表作に、『わたしと小鳥と鈴と』『大漁』があります。

わたしは、みすゞさんのことを、ものすごく知っているというわけではないのですが、大まかに知ってはいます。

詩も読んだことがあって、今の日本の文化の源流を作ったかのような詩も多かったと記憶しています。

みんな違って、みんないい。当たり前のことが、こんなにも輝いて。

みんな違って、みんないい。

この言葉に、どれほど多くの人が励まされ、今日までそのような文化を作り上げたか。

金子みすゞさんは、言葉を、思想を、そのような詩に託したのみだったと思いますが、多くの人の心を揺さぶり、やさしさのタネを植え付けたと思います。

当たり前の言葉ですが、奥が深くて、唱えるごとに何度も輝きを放つ、名器のような詩です。言葉です。

おそらく、今の日本人の根底に、その思想が絶え間なく流れていることでしょう。

それを私たちは、どれだけ理解し、どれだけ実践しているか。

そのことについて、触れていきたいと思います。

みんな違って、みんないい。私たちは、どう人と接していけばいいか。

まず、私たちは、多くの人の場合、自尊心を失くしてしまっているかと思います。

もちろん、そうじゃない人もいるかもしれませんが。

ですから、それを高めるために、この言葉は有効だと思います。

私たちは、他の人と比べ、だれかより勝ったとか、だれかに負けた~とか、一喜一憂していますが、ほんとはそうじゃないですよね。

そんなことしていたら、みんな必ずだれかより劣っていて、だれかより優れているということになってしまいます。

そうではありません。

あなたはナンバーワンにはなれません。

しかし、オンリーワンにはなれます。

宇宙を基軸にし、広い視点で見てみると、この言葉が大事だということがよく分かります。

オンリーワンこそが、ナンバーワンになることだと言えるかもしれません。

そのようにして、まず、自分もその他の人と同じように違っているということを、確認します。

みんな違って、みんないい。

だから人々は、ある意味皆同じで、魂の底で繋がっているということが、少しずつ分かってくるかと思います。

そして、自分を敬うことで、人を非難する力も失せます。

なぜなら、非難をする人たちは大抵、自己防衛のために非難するからです。

自分が傷ついているから、相手が悪い、という考えになります。

アドラー風に言うと、かわいそうなわたし、悪いあの人と同じですね。

したがって、自分をしっかりこれでいいんだと愛することで、相手も悪くないよね、という気持ちになり、世界を愛することに繋がっていくのです。

それでは、まとめていきましょうか。

まとめ:みんな違って、みんないい。あとは実践で身に沁みて実感すること。

みんな違って、みんないい。

事あるごとに、この言葉を、呪文のように唱えましょう。

もちろん、心の中で、ですけど。

だれかと、喧嘩したときに、みんな違って、みんないい。

分かり合えなくても、お互いに違っていて、お互いにユニークだよね。

わたしはあの人にかなわない。

そうではありません。

わたしは、あの人にない強みを持ってる。

あの人は歌が上手い。

じゃあ、わたしは、絵が得意かもしれない。

同じ芸術関係でなら、才能が他にもあるかもしれない、というように。

あの人のおかげで、気づく部分もあるかもしれない。

自分が持っている輝きに。

みんな違って、みんないい。

人間関係で困ったら、この言葉を唱えましょう。

自分も、他人も、世界も愛せる、魔法の言葉。

みんな違って、みんないい。

あなたを愛するのと同様に、一人ひとりの無限の可能性を信じてみましょう。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました~(^_^)/~

草野心平『秋の夜の会話』レビュー

草野心平って、どんな人?

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、草野心平さんについて、取り上げたいのですが、その中でも『秋の夜の会話』という詩をレビューしたいと思います。

この詩は、ポケット詩集(1650円)で知りました。

草野心平さんといえば、詩人であり、福島県生まれ

蛙の詩人とも呼ばれ、蛙の詩を多数残しています。

その一方で、割と知られていないですが、富士山を題材にした詩も多数あります。

オノマトペを頻繁に使用し、ときには前衛的な詩も残しています。

前衛的というのは、詩の新たな試みのようなものであり、画期的な詩、とも呼べると思います。

それでは、作品をレビューしていきたいと思います。

作品レビュー

この詩を読む前、あるいはこの詩人と出会う前、詩というものは、割と型にハマったものなのかな、という印象がありました。

しかし、草野さんの詩を多く読む中で、鮮烈なインパクトが脳裏に焼き付きました。

その中で、この詩は、割と控えめなのかな、と思いました。

しかし、身に迫る命の儚さ、悲哀、その中でも命が輝き、小さく健気に揺れている。

そのように、心が動かされました。

『秋の夜の会話』という通り、二匹の蛙が、寂しく、それでも生きている鮮烈さを、静かに描くことに成功しています。

わたしたちは、生きているだけで、よいのだと思います。

小さく、健気に、控えめに生きていても、たしかに存在している、地球のどこかに。

そのことを、この詩は、わたしたちに再確認させてくれます。

それでは、まとめです。

まとめ

草野心平さんは、蛙の詩人とも呼ばれ、この詩も蛙のことが描かれています。

『秋の夜の会話』は、わたしたちに、小さくても命の存在がたしかに輝きを放っていることを、再確認させてくれます。

他にも、草野さんは、詩や作品を多数残しておりますので、ぜひご確認いただければ、と思います(詩集は、748円です↓)

それでは、わたしはこの辺で。

かめれもん★でした(^^ゞ

吉野弘の『夕焼け』を、心を込めてレビュー致します。

この詩に出会ったのは、たしか

詩とまだ分かち合えず、世間をふらふらと

悲しみでさ迷っていた頃のことだった。

僕は詩に興味があったわけでもない。

なんとなく詩を読んだ。

そして、涙は出なかったが、

心の奥にストンと落ちたものがあった。

僕はその当時、いじめられていた。

あるいは、いじめられているのか皆目

分からなかったが、僕がクラスから

退けられているのは分かった。

そんなときに目にした『夕焼け』(だったと思う)。

やさしい人を根本的に救うかのような

肯定してくれるかのような、やさしいさざめきに満ちた

そんな詩だった。

電車での出来事で、ある娘のやさしさの葛藤を描いている。

これは、実際にあった出来事だと思うが、

この娘が、のちに幾千もの人を勇気づけることになるとは、

夢にも思っていないだろう。

それを詩人の吉野さんは、やさしくすくい取ったのだ。

この最後の夕焼けの配置。

これには、色々な解釈ができるかもしれない。

たとえ哀しみに暮れていても、あの夕焼けは決して

そのようには見えないというような。

あるいは、娘がかなしい想いをしている中でも、

夕焼けはだまって見つめてくれているというような。

はたまたそれ以上の、何か大切なものを指し示してくれる。

吉野さんの詩は、とても懐かしく、台所にあるお盆のような

ものを想像させてくれる。変なたとえだが。

この『夕焼け』という詩以外にも、優れたユニークな詩は

たくさんあるので、ぜひ参考になさってみてください。

読みやすく、時を経るごとに、ハートの波を鎮ませてくれる

微笑みが自然と漏れるやさしい詩がいっぱいありますので。

かめれもん★より