田舎での散歩を楽しくする7つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「田舎での散歩の楽しみ方を知りたい」

このようなことを、お考えではないでしょうか。

田舎での散歩を実践する若者からのアイデア記事です。

目次は、以下のようになっております↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

目次

僕は、田舎での散歩を実践してきており、現在もたまに散歩して気分転換しています。

皆さんの役に立つ内容が、1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

田舎での散歩において、ゆっくり歩くことを心がけましょう。

ゆっくり歩くことによって、周りの景色や音、匂いなどに敏感になりながら、充実した散歩が可能になると思います。

道端に咲いている花も、都会なら気にせず通り過ぎる方も多いと思いますが、田舎なら人目を気にする必要もありません。

ゆっくり散歩することによって、今を生きるよろこびを感じてみましょう。

その2:人かペットと歩く

人かペットと田舎を散歩することによって、1人では得られなかった充実感があると思います。

ここでいうペットは主に犬のことですが、1人では発見できなかった田舎の魅力というものがあると思います。

例えば、散歩の途中で犬が嗅いだ花の匂いや、犬が歩いている姿が気持ちよさそうで、そういえばいい天気だよな、と気づいたりします。

人と散歩するなら、もう少し具体的な四季の感覚や、会話しながら歩くことによって、1人で歩くのとはまた違う新鮮さというものがあると思います。

人かペットと田舎を散歩することによって、田舎のさらなる魅力に迫ってみましょう。

その3:写真を撮って記録を取る

田舎で散歩する上で、写真を撮って記録を取っていくというのもいいと思います。

そうすることによって、一時の感動を、半永久的に残すことが可能になります。

例えば、花の写真を撮ったり、珍しい光景を撮ったり、あるいは自然や四季の移り変わりを写真に収めて、ブログやSNSで上げるというのもいいと思います。

田舎での散歩において、写真で記録を撮ってみましょう。

その4:運動にこだわる

田舎での散歩において、運動にこだわるというのも1つの手です。

散歩=運動であるならば、運動にも多様性があるはず。

僕は一時期ダイエットしていたときもありましたので、ジョギングをしてみたり、ダイエット用品を試してみたり、呼吸法や運動前の体操、どうやったらきれいに歩けるか、とかも考えていたときもありました(変なこと考えてるなあ)。

運動にこだわることによって、新たな散歩の可能性が見えるはず。

ぜひ、参考にしてみてください。

その5:鼻歌を歌って歩く

田舎での散歩において、鼻歌を歌って歩くというのも面白いと思います。

周りに人がいないのですから、不可能ではないはずです。

もし難しいのであれば、心の中で鼻歌を歌ってもいいと思いますし、鼻歌のリズムに合わせて、両手を振ってリズムよく歩くのも気分がいいものだと思います。

鼻歌を歌って歩くことによって、何気ない散歩もポジティブなものに変化させましょう。

その6:車を使って、少し遠出

田舎での散歩において、車を使って、少し遠出してみるのもいいのではないか、と思います。

田舎だったら、車を使って散歩する道を変えることも可能です。

普段の散歩道では気づけなかった新鮮さや発見、気分転換にもなると思います。

車を使って遠出することによって、新たな散歩道を開拓してみましょう。

その7:あえて、人と仲良くなってみる

田舎での散歩において、多少すれ違う人も出てくると思います。

その人たちと仲良くなることによって、散歩がさらに充実したものになる可能性もあります。

やっぱり、1人で歩くだけでは気づけなかった発見や、その人たちと会話することによって、新たなアクションに繋がることも大いにあると思います。

あえて、人と仲良くなることによって、田舎での散歩の可能性を開拓しましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

歩こう、歩こう♪

田舎での散歩は都会での散歩よりも、何もない分、想像力や遊び心が磨かれると思います。

ぜひ、皆さんもこれ以外に楽しい散歩の仕方がありましたら、実践してもらいたいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かにする3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「生きがいを感じたい、もしくは生きがいを持ってほしい方がいる」

「親身に寄り添ってくれる記事を読みたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

若者の考察記事ですが、心を込めて話していきますので、よかったら見てもらえるとうれしいです。

目次は、以下のようになっております↓

生きがいとは?

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

その1:運動

その2:読書

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

目次

僕の地元では高齢者の方たちが多いですし、親の都合で様々な高齢者の方たちと接してきました。

僕の文章で、参考になるところが1つでもあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

生きがいとは?

僕が精神的なことに思いを巡らせて、生きがいってこういうことだよな、と思ったことの1つ目に、とにかく一生懸命目の前の人生を生きる、ということが挙げられます。

そして2つ目に、その人生をどう生きるか、どう遊び心を持って生きるか、ということが挙げられます。

なぜ、この2つが重要かというと、1つは、一生懸命生きるとエネルギーの循環が起こるからです。

例えば、一生懸命生きていないと、食欲が湧かないですよね。

食欲が湧かないということは、栄養補給が完全ではないので、動く元気をなくす、ということです。

これはほぼ、うつと同じ感じですね。

そして、遊び心を持ちつつ工夫して生きるということは、人生がゲーム感覚になります。

例えば、タレントの所ジョージさんを思い浮かべるとわかりやすいかもしれないですね。

生きがいとは、目の前の人生を一生懸命生き、遊び心を持って工夫して生きることによって生まれる、と僕は思っています。

ぜひ、参考にしてもらえたら、と思います。

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

さて、それでは、前置きが長くなってしまいましたが、本題に入りたいと思います。

その1:運動

運動をすることによって、まずは生きがいを感じる土台を作ります。

体が元気じゃないと、心も元気になれないですからね。

例えば、よく言われる散歩でもいいと思いますし、踊りでもいいと思いますし、僕の父がやっていることは、トレッキングというやつで山を歩いたりもします。

イベントを探してみてもいいと思いますし、地元の公民館とかでやってる集まりに参加してもいいと思いますし、家族といっしょにか、1人で運動をするでもいいと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

その2:読書

読書をすることによって、先人たちのあるいは今をときめく方たちの考えを学ぶことができます。

考えを学ぶことによって視野が広がり、新たな生きがいを持つ方法が思い浮かぶ可能性は高いです。

例えば、古典を読むとか、哲学、心理学を読む、あるいは著名人のエッセイを読む、僕がブログ作りとか、個人で稼ぐ力を身につけるにあたって参考になったのが、マナブさんという方です。

ぜひ、興味ありましたら、こちらのブログもご参考ください。

マナブさんのブログ、manablog

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

詩を読む、あるいは芸術鑑賞することによって、元気が出ます。

参考になりそうな記事を貼っておきますので、よかったらご参考ください↓

とはいっても、芸術の種類を言わないでこの記事を書いていくのも、何か違うと思いますので、言っておきます。

音楽(クラシックとか)、映画(アマゾンプライムビデオというサービスで見れます。ぜひ、検索してみてください)、漫画(手塚治虫とか、赤塚不二夫、藤子・F・不二雄さんでもいいと思います)、自分の好きな作品で元気の力を借りてみましょう。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、幸せ連鎖というものが生まれます。

まず、自分が生きがいを持って元気になりますよね。

そしたら、周りもおそらく元気になりますよね。

その姿を見たら、自分もさらに元気が出て相乗効果が生まれる、という感じです。

ですから、自分が生きがいを持って生きるということは、周りを元気にし、人の役に立つということです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

生きがいとは?

→一生懸命生き、遊び心を持って生きる。

高齢者の方が、生きがいを感じて人生豊かになる3つの方法

その1:運動

その2:読書

その3:詩を読む、あるいは芸術鑑賞。

高齢者の方が、生きがいを感じて生きていくと、どのような効果があるか。

→幸せ連鎖が起こる

生きがい、楽しい。

今回は、高齢者方向けの記事を作ってみました。

また作る機会があったら、どしどし作る予定なので、このブログに来てもらえるとうれしいです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPやマイナーな方向けの記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けていきます。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ