HSPさんは記憶力を整えるために、アウトプットを取り入れよう。

「記憶を整理整頓したい」

「頭がパンクするのをなんとかしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPさんの記憶力を整え、日常がスムーズに送れるヒントを書き記すことができれば、と思います。

目次は、以下のようになっております↓

HSPさんは、アウトプットした方がいい3つの理由

その1:イヤな気持ちを、整理できるから

その2:記憶を思い出す速度を高めることができるから

その3:ワーキングメモリを鍛えることができるから

HSPさんにおすすめの3つのアウトプット

その1:詩

その2:3行ポジティブ日記

その3:SNSよりも、ブログ。

まとめ:HSPさんは、アウトプットしよう。

目次

僕は、HSPで、頭の整理整頓が必要不可欠だと思っています。

なので、今回のアウトプット方法を皆さまに紹介することによって、少しでも生きやすい体質に近づいてもらえるとうれしく思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんは、アウトプットした方がいい3つの理由

その1:イヤな気持ちを、整理できるから

HSPさんは、アウトプットすることによって、イヤな気持ちを整理できます。

HSPさんは、高度な情報処理ゆえに、ポジティブなこともネガティブなことも、ものすごく吸収してしまいます。

その中で厄介なのが、ネガティブな記憶になると思われます。

HSPさんは、アウトプットすることにより、ネガティブな記憶が整理され、日々の生活の質が上がっていきます。

その2:記憶を思い出す速度を高めることができるから

HSPさんは、アウトプットすることによって、記憶を思い出す速度を高めることができます。

なぜなら、アウトプットとは、記憶を思い出す作業に似ているからです。

アウトプットを日々続けることにより、スムーズに脳内の記憶を思い起こすことが可能となり、日常のコミュニケーションや、生活の質に好影響を与えることができます。

HSPさんは、アウトプットを趣味にすることによって、記憶の扱い方が上手になると思います。

その3:ワーキングメモリを鍛えることができるから

HSPさんは、アウトプットをすることによって、ワーキングメモリを鍛えることができると思います。

ワーキングメモリとは、同時並行処理ができる脳の機能と言えます。

HSPさんは、脳内にたくさんの情報が流れてくると、アップアップして、パンクすることもあります。

そうならないために、ワーキングメモリが必要なのです。

ワーキングメモリを鍛えることによって、たくさんの情報が来ても、慌てず脳内で処理できる量が増えます。

まあ、メモとか適宜とるとかでも、いいと思いますけども・・・。

とにかく、アウトプットすることによって、ワーキングメモリを鍛えることができると思います。

HSPさんにおすすめの3つのアウトプット

HSPさんは、アウトプットした方がいい3つの理由を紹介してきました。

HSPさんが記憶力を整えるためには、大量の情報を具体的に処理できる必要があります。

そこで必要なのが、言葉を使ったアウトプットです。

では、紹介していきたいと思います。

その1:詩

詩を取り入れることによって、もやもやした大量の情報を消化することができます。

なぜなら、詩は言葉にできない想いを、言葉にする方法だからです。

僕自身の例で言うと、様々な詩を書くことによって、今まで曖昧だった自分のアイデンティティがハッキリした感覚があります。

つまり、自分という訳のわからない情報を、ある程度消化することができました。

皆さんもぜひ、詩を取り入れて、言葉にしにくいモヤモヤを消化してもらえれば、と思います。

その2:3行ポジティブ日記

3行ポジティブ日記をすることによって、1日の記憶の整理を朗らかに行うことができます。

寝る前の記憶はよく整理されると、樺澤紫苑先生は言っていますし、寝る前にたった3行ほどのアウトプットで、脳内がポジティブな状態で眠ることができます。

樺澤紫苑先生のYouTubeチャンネル

3行ポジティブ日記を紙に書くか、アプリのメモ帳に書くなどして、記憶の整理整頓に役立ててほしいな、と思います。

その3:SNSよりも、ブログ。

SNSよりも、なるべくブログで書いた方がいいと思います。

なぜなら、SNSだと、周りの評価が気になって、自由に書くことがむずかしいからです。

しかし、ブログだと、よほどいい記事を書き続けないと、コメントをもらうこともそんなにないですし、グーグルアナリティクス(ブログの評価確認ツール)を1週間に1回見る程度であれば、それほどSNSより疲れないのではないか、と僕は思います。

発表しなくても、アウトプットで記憶力を整えることはできると思います。

アウトプットする媒体について話しましたが、必要かなと思いましたので、参考にしてもらえると幸いです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:HSPさんは、アウトプットしよう。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPさんは、アウトプットした方がいい3つの理由

その1:イヤな気持ちを、整理できるから

その2:記憶を思い出す速度を高めることができるから

その3:ワーキングメモリを鍛えることができるから

HSPさんにおすすめの3つのアウトプット

その1:詩

その2:3行ポジティブ日記

その3:SNSよりも、ブログ。

まとめ:HSPさんは、アウトプットしよう。

記憶力を、整えるために。

HSPさんは、記憶の扱い方がうまくなることにより、今よりも豊かな生活を送ることも可能だと思います。

そのためには、日々のアウトプットの継続を、無理のない範囲で、マイペースに行ってもらいたいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

HSPさんのための5つのテレビ対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPで、テレビを見るのは苦手だ」

「HSPで、テレビを見ると疲れる」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSP当事者の考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

その3:上手に避ける

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

目次

僕は、HSPで、テレビの質にはどちらかというと左右される方だと思います。

HSPさんのためのテレビ対処法ということで、何か1つでも参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

HSPさんは、バラエティ番組の声が苦手という方もいると思います。

なぜなら、バラエティ番組の声というのは、若干嘘っぽく、気分を無理やり上げるような声だからです。

例えば、さんまさんの声とかを聴いていると、普段から気分が明るいときには、少しはマシかもしれませんが、気分が暗いときに聴くと、ほっといてくれ!となると思います。

他にも、漫才をやったときに追加で入れられるような笑い声は、なんだか違和感を感じるという方もいると思いますし、無理やり笑わされているような気がして、少しシンドくなると言えるかもしれませんね。

といっても、バラエティ番組は見ると元気になる要素もありますので、ほどほどにスナック菓子程度につまむとよいのではないか、と思います。

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

HSPさんは、テレビのニュースは一切見ないようにしましょう。

僕も、ほぼ見ていません。

なぜ見ない方がいいかというと、最近では、テレビでも偏向報道がすごいという情報がありますよね。

ネガティブな情報しか流しませんし、見るとさらにネガティブにしかならないので、見ることは極力控えた方がよさそうです。

どちらかというと、YouTubeの方が、自分に合ったチャンネルを選びやすく、今なら1人1台くらい持っていると思いますので、各自自由に拝見できると思います。

HSPさんは、テレビのニュースは極力控えて、YouTubeや本、最近では音声メディアに切り替えるといいかもしれませんね。

その3:上手に避ける

これはどういうことかというと、HSPさんが家族や友達とかと居た場合に、テレビを見ていたら、上手に避けるという意味です。

自分1人だけなら上手にコントロールできると思いますが、人が見ているとコントロールしにくいので、その対処法をお伝えします。

まず、テレビを切ってもらうようお願いするのもありです。

お願いできる仲なら、お願いしてみるのもいいのかもしれません。

それか、すぐに意識を他のものに向けるという方法もあります。

例えば、観葉植物に目を向けたり、幸せな出来事があったならそのことに意識を向けたり、テレビからすぐに目を逸したり……などです。

それから、イヤホンを掛けて音楽を聴いたり、耳栓をしたり、自然の気を取り入れるといいと思います。

もし、HSPさんの周りでテレビを頻繁に見る人が居たら、これらの情報を参考にして、ぜひ上手に避けてもらえれば、と思います。

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

HSPさんは、芸術系のテレビ番組、良質なテレビ番組、NHKの番組(ニュース系を避けて)見るといいかもしれません。

なぜなら、テレビをインプットし続けても、よっぽど良質な番組でなければ、その場しのぎの人生になってしまう、と僕は考えるからです。

例えば、お笑い番組を見ると、そのときは少し元気になる要素もあります。

しかし、ほとんどの方はダラダラと見てしまうと思われますので、スキルを得ることもなく、感受性がものすごく磨かれるというわけでもなく(ユーモアを磨きたいのであれば、落語も取り入れてみるといいかも)、番組が終わったら、その反動で疲れるということもあるかもしれません。

ということで、HSPさんはテレビ番組の代わりに、芸術系の番組を見るか、良質と思われるバラエティ番組とかを見るか(それにはある種洞察力がいると思う)、プライムビデオ、もしくはNHKオンデマンドを見るのもいいかもしれませんね。

NHKオンデマンドは、プライムビデオを見ていたら、プライムビデオチャンネルという枠で、月額1000円くらい追加でかかると思いますが、良質の番組を見れると思います。

高いと思ったら、NHKのテレビ番組(ニュース系は避けて)、録画したりするなどして、見るといいかもしれませんね。

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

HSPさんは、普通のテレビ番組を見るより、自然系のテレビ番組を見るか、もしくはテレビを見る環境で自然を取り入れたり、実際にテレビを放ったらかして、アウトドアに向かうという方法もあります。

要するに、テレビを見るというダラダラ感を味わうのではなく、自然系の解放感を味わってみるといいのではないか、ということです。

自然系の番組だったら、NHKの番組には結構あると思いますし、NHKオンデマンドにもあると思います。

あとは、外の空気を取り入れながら見るとか、先ほども少し述べたように、観葉植物を取り入れたり、お香やアロマ、パワーストーンを身につけるというのもいい方法だと思います。

HSPさんは、テレビのダラダラ感を味わうよりも、自然系の解放感を味わってみるといいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

その3:上手に避ける

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

テレビとうまく付き合おう。

正直、この記事で満足いくような記事ができたとは思っていません。

なので、もしかしたら、共感できないところもあったかもしれないですが、1つでも参考になるところがあれば、幸いだと思っています。

HSPさんとテレビの関係が、少しレベルアップしてもらえればいいかな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPと発達障害を両方持っている当事者が考えるHSPと発達障害

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPと発達障害の違いについて知りたい」

「HSPと発達障害の対処法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPと発達障害の当事者である僕が考えるHSPと発達障害の考察記事です。

目次は、以下の2つになっております↓

HSPと発達障害の違いについての考察

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

目次

僕は、発達障害の診断を受け、数年後にHSPだな、と思いました。

考察記事なので参考程度に、ですが、皆さんに何かしら得する情報を1つでもお届けできれば、と思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPと発達障害の違いについての考察

HSPと発達障害の違いを考える上で、正直、違いなんてどうでもいいことなのでは、と思ったりもします。

なぜなら、HSPと発達障害を知ることが目的ではなく、分かった上でどう対処するかが問題ですよね。

というわけで、具体例を実体験に基づき、2つ挙げておきます。

僕は、発達障害特有の思ったことをズバッと言う傾向にあります。

しかし、HSPの自分が、それを言ったら相手が傷付くと分かって言うこともあります。

つまり、傷付きながら、それが相手のタメになると思ったら、ズバッと言う傾向にあります。

それから、これは僕の個人的感覚にはなりますが、HSPがあるがゆえの発達障害はないと考えます。

そして、発達障害があるがゆえのHSPはあるような気がしています。

HSPと発達障害の違いは、正直、難しいと思いますが、どうでもいいという思いがあります。

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

続いて、HSPと発達障害について、なんとなく分かったところで、僕が実践した対処法を挙げます。

皆さんも、何かしら参考になるところがあるかもしれないので、ここに記しておきます。

HSPは、クリエイティブな作業に活かすとよいと思います。

なぜなら、インプット能力が高いので、必然的にアウトプットする才能を抱えていると言えるからです。

詳細はこの記事を見ていただけたら、と思います↓

そして、発達障害の対処法に移りますが、自閉スペクトラム症である僕は、言語能力が高くて、その代わり処理速度が遅いと診断結果が出ました。

だから、話すのではなく、書くことによって、人とうまくコミュニケーションを取っています。

あとは、父が割と、僕の発達傾向に理解を示してくれて(それには長い時間がかかったけど)、話した後に僕が理解するのを待ってくれます。

理解したら、僕は結構物事を覚えるので・・・。

というわけで、HSPはクリエイティブ作業に活かし、発達障害(僕の場合)は、書く作業をなるべく行うようにし、一定の理解を示してくれる人のもとで過ごしています。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

HSPと発達障害の違いについての考察

→HSPから発達障害はない。発達障害からHSPはあるかも。

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

→HSPはクリエイティブ作業、発達障害(僕の場合)は、書いてコミュニケーション&周囲に理解者

個性を、解き放とう!

HSPと発達障害って、ややこしいですね。

でも、どちらも否定するものではありません。

活かし方が分かっていないだけです。

活かし方が分かったら、大多数の人よりも個性を発揮しやすいのではないか、と僕は思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんは、映画が苦手。3つ対処法とおすすめ映画、代替案。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「映画を見ることが、苦手だ」

「映画を見ていると、シンドい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

HSPさんが映画を安心して見る対処法と、おすすめ映画、代替案をご紹介します。

目次は、以下の通りです↓

HSPさんが安心して映画を見る3つの対処法

その1:映画館では、極力見ない。

その2:コメディとか、ハートフルな映画もあるので、それを見る(おすすめ映画あり)

その3:30分ごとに休憩し、日毎に見る。

HSPさんへ(映画より、詩や絵本を見るのはいかがですか)

目次

僕は、家の中でいることが多いので、映画もそれなりに見てきました。

参考になるところが、たった1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんが安心して映画を見る3つの対処法

その1:映画館では、極力見ない。

HSPさんは、映画館だと画面に迫力があり、圧倒されてしまいます。

音もでかいですし、僕の場合は、『7つの会議』のネジが壊れるシーンでビクウッとなったことがあります。

映画館だと人と見るので緊張感もありますし、自宅で一人で、何か食べたり飲んだりしながら、照明を暗くしたり、音量を小さくしつつ、安心安全観賞で映画を見るのがよいと思われます。

ストリーミングでは、アマゾンプライムビデオが1つあれば十分だと思います。

その2:コメディとか、ハートフルな映画もあるので、それを見る(おすすめ映画あり)

HSPさんが映画苦手な理由に、ジャンル、内容によるものが挙げられると思います。

HSPさんは、知らず知らずの内に、ジャンルに意識することなく映画見ている方もそれなりにいると思われますので、ジャンルに気をつけることによって、不必要に疲れるような映画を見る必要はなくなると思います。

例えば、次のような映画を見ることを心がけてみてはいかがでしょうか。

監督は三谷幸喜さんの『ステキな金縛り』です。

この人が作る映画シリーズは、どれもとても面白く、笑えて、ハートフルです。

最近出てきた『記憶にございません!』もおすすめです。

それから、海外作品で、『英国王のスピーチ』という映画があります。

英国王がまさかのスピーチが苦手という、そんなこんなでなんとか人前でスピーチが上手にできるよう奮闘する映画です。

こちらもよければ、ご覧ください。

※リンク貼ろうとしましたが、著作権がむずかしくて挫折しました。お手数ですが、検索して見ていただけると幸いですm(_ _)m

その3:30分ごとに休憩し、日毎に見る。

HSPさんに限らず、映画は続けてみる方も多いと思います。

しかし、自宅で映画を見るとき、続けてみようと思ったら、さすがに感情移入しなくても疲れます。

それが、疲れるような内容だったらなおさらです。

休憩を取ることによって、映画の世界から現実の世界に目を覚まします。

そうすることによって、いったん落ち着くことができます。

あとは、1つの映画を4日で1本くらい見てみるのは、いかがでしょうか。

HSPさんへ(映画より、詩や絵本を見るのはいかがですか)

そもそも僕は、HSPさんにとって、あまり映画は向いていない、と思っています。

なぜなら、大半は感情の波が生じるような作品が多いし、一気に見ることも多いと思うので、疲れやすいと考えるからです。

そこで、詩や絵本を読むことをおすすめします。

詩や絵本は、どちらかというと、静かでやさしい作品が多いと思います。

寝る前に、詩を読んでから寝るのもいい、と思いますよ。

僕は、一応このブログで詩関連の記事を書いていますので、今皆さんにおすすめの詩を1冊紹介します。

特に、コロナ渦ではおすすめです↓

映画を見ると疲れる可能性は多いと思われますので、別の趣味、詩や絵本をおすすめしたいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

HSPさんが安心して映画を見る3つの対処法

その1:映画館では、極力見ない。

その2:コメディとか、ハートフルな映画もあるので、それを見る。

おすすめ映画↓

その1:三谷幸喜シリーズ

その2:『英国王のスピーチ』

その3:30分ごとに休憩し、日毎に見る。

HSPさんへ(映画より、詩や絵本を見るのはいかがですか)

映画を、ゆるりと楽しもう。

僕も、映画とか見ていて、苦手だなあと薄々感じていたことでした。

今回の記事で、少しでもHSPさんが映画を見れるようになり、ステキな人生を送ってくれるとうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんの人付き合いを楽にする3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPで、人付き合いが苦手だ」

「HSPで、日頃の人間関係に疲れている」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPさんの人付き合いを楽にする方法を、当事者目線で考察しました。

目次は、以下の3つになります↓

HSPさんの人付き合いを楽にする3つの方法

その1:人間関係は狭く深く、ネットは広く浅く。

その2:新たな伝達手段を確立する

その3:自然や芸術に触れる機会が多い職場・学校にする

目次

僕は、HSPです。

苦手な人付き合いを楽にする方法を、今まで何度も考えてきました。

今回の記事で、参考になるところが1つでもあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんの人付き合いを楽にする3つの方法

その1:人間関係は狭く深く、ネットは広く浅く。

HSPさんの人付き合いを楽にするには、リアルの人間関係を狭く深くにして、ネットでの交流を広く浅くにすればいいのではないか、と思いました。

なぜなら、HSPさんはリアルでの人間関係がどうしても不得手だと思うからです。

そして、ネットでの交流であれば、自分を安心してさらけ出すことができます。

例えば、働き方を今流行りのリモートワークに変えたり、職場や学校で付き合いがあったとしても、普段から関わりすぎないようにするのがいいと思います。

どうしても、関わりたくなくても関わらないといけない場合、イヤなものはイヤと言うべきです。

ビシッと相手のことを思った上で言えば、相手も納得する可能性があると思われますし、自分を守ることにもなります。

それに、いざとなったら回避することもできますし、狭く深くで築いた人間関係で、サポートしてくれる人が現れるかもしれません。

そして、ネットで自分のさらけ出せる部分をさらけ出せば、リアルの人間関係にも活かせると思いますし、自分の心の拠り所を見つけることもできます。

人付き合いに疲れているHSPさんは、ぜひリアルの人間関係は狭く深くにし、ネットでの交流を広く浅くにすればいいのではないか、と思います。

その2:新たな伝達手段を確立する

HSPさんの人付き合いを楽にするために、新たな伝達手段を身につけるということも有効だと思います。

なぜなら、会話だけがすべてのコミュニケーションではないからです。

例えば、芸術的センスがあるなら、それを誰かに見てもらうか、知ってもらうかすれば、見直してくれる可能性もあります。

あとは、細やかな気配りによって、たとえ無言であったとしても、この人はやさしい人なんだなと伝達することが可能です。

それから後に、少しずつ慣れ親しんだ人に心を開示し、言語でのコミュニケーションもしていけばよいのではないか、と思います。

人付き合いが苦手なHSPさんは、細やかな気配りや、ステップを踏んだ言語コミュニケーションを心がけることによって、楽になることもあると思います。

その3:自然や芸術に触れる機会が多い職場・学校にする

HSPさんの人付き合いを楽にするために、自然や芸術に触れる機会が多い職場・学校にするとよいと思います。

なぜなら、自然や芸術が身近にあると、癒し効果が生まれるからです。

例えば、僕は通信制大学に在籍していましたので、自然豊かな田舎でのんびり授業を受けていました。

あとは、職場や学校の近くに、アートに触れられる場所があったり、そこ自体がアートに親しみが深い場所であることも大事かなと思います。

自然や芸術が近くにないとダメなのかというと、そういうわけではないです。

ここで述べたいのは、人付き合いで疲れたときに、癒し効果があるものを身近に置いておけばいいのではないか、ということです。

つまり、職場や学校にこだわらなくても、家で自然や芸術に囲まれていたり、お香やアロマでリラックスしていればいいと思います。入浴剤にこだわってもいいですよね。

人付き合いが苦手なHSPさんは、職場や学校を、自然や芸術に身近なものにしたり、家での生活において日頃の疲れを癒せるセッティングが重要だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPさんの人付き合いを楽にする3つの方法

その1:人間関係は狭く深く、ネットは広く浅く。

その2:新たな伝達手段を確立する

→作品で自己開示、気配り、ステップを踏んだコミュニケーション

その3:自然や芸術に触れる機会が多い職場・学校にする

→家で疲れた心身を癒せれば、それでもOK

人付き合い、気楽に行こう。

HSPさんの人付き合いは、攻略がむずかしいと思います。

しかし、今回紹介した方法で、1つでも参考になるところがあれば、幸いです。

このブログでは、他にも、HSP関連で記事を多数作成していますので、よかったらチラッと見ていただけるとうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんのための3つの騒音対策

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPで、音に敏感だ」

「HSPの騒音対策、何かないかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

HSPの騒音対策として、考察させていただきました。

目次は、以下の3つになります↓

HSPさんのための3つの騒音対策

その1:たまに騒音の少ない自然でリフレッシュ

その2:信頼できる人に傍に居てもらう

その3:環境を変える

目次

僕は、HSPで音に敏感でもあります。

HSPの騒音対策として、何か参考になるところが1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

その1:たまに騒音の少ない自然でリフレッシュ

これは、騒音が来たときは耐えて、ポジティブな音楽で耳を癒したり、休日にちょっと自然の多い場所に出かけて(もちろん庭等あればそれでもいいですが・・・)、気分をリフレッシュさせることで、メリハリがつくのではないか、と思います。

騒音をなんとかするのではなく、それ以外のもので補うイメージです。

音楽を聴いているときは、割と周りの音が聴こえませんし、芸術によって、心が浄化されます。

自然の多いところへ出かけていけば、こういう場所で過ごすイメージというものも生まれるかもしれません。

騒音をなんとかするということは、残念ながらむずかしいと思います。

それより、自分の出方を考え、変えられないものに頭を使ってもしょうがないと割り切ってしまうのも1つの手です。

たまに騒音の少ない自然でリフレッシュすることは、自然のありがたみを知ることもできると思いますので、上手に回避してみるのもいいのではないか、と思います。

次に、HSPさんの騒音対策として、信頼できる人に傍に居てもらう、ということを挙げます。

その2:信頼できる人に傍に居てもらう

どこか騒音がある場所に出かけることがあるとしたら、信頼できる人に傍に居てもらうことも必要だと思います。

なぜなら、HSPさんにとって、騒音や人混みなどはとてもストレスのあるもので、1人で耐えようとするとかなりのストレスになってしまうからです。

例えば、1人で人混みの中を行こうとすると、様々な情報が頭に入ってきて、若干パニック状態になることも考えられます。

しかし、信頼できる人が傍にいると、いざというときに助けてもらうことも可能です。

そうして、騒音があることに慣れるということも可能かもしれません。

信頼できる人はどんな人かというと、とりあえずあなたがHSPだと理解している人のことを指します。

HSPさんは、信頼できる人に傍に居てもらうことによって、視野も広がり、行動を促進されると思います。

最後に、HSPさんの騒音対策として、環境を変える、を挙げたいと思います。

その3:環境を変える

これは、最終手段に近いのですが、そもそも都会や郊外という場所であっても、HSPさんにとっては、ストレスが多い場所だと思います。

なぜなら、人混みや刺激が多いからです。

現在は、わざわざ都会に行かなくても地方で活躍できる術があると思いますので、それらを活用しつつ、田舎等で暮らすということも十分な選択肢だと思います。

例えば、僕はライターの仕事を始めようとしてますし、農業も人手不足で困っているところはたくさんあります。

事業継承をしてみたり、株で稼ぐというのも1つの手ですよね。

他に、イラストレーターやWeb制作、起業をするという方法もあると思います。

環境を変えるといったって、そんなに簡単に変えることはむずかしいという方もいると思います。

その場合、スモールステップでもいいと思います。

都会から郊外に移り住むでもいいと思いますし、長期休暇を取って、自然でくつろぐでもいいし、近くの公園で過ごすでもいいと思います。

騒音に悩まされるHSPさんは、環境を思い切って変えて、自由な未来を選択するというのもよいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

HSPさんのための3つの騒音対策

その1:たまに騒音の少ない自然でリフレッシュ

その2:信頼できる人に傍に居てもらう

その3:環境を変える

騒音を変えるより、自分を変える。

騒音(相手)は変えれません。

しかし、自分を変えることは可能です。

自分を成長させたり、見方を変えるチャンスと捉えることができれば、騒音も少しは楽しいものになるのではないか、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPの3つの男性あるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPの男性あるあるって、どんなものがあるかな」

「HSPの男性の特徴って、どんなものがあるかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPの男性あるあるって、なかなかないと思うのですが、考察記事として参考にしてもらえるとうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

HSPの3つの男性あるある

その1:男性だが、中身は複雑。

その2:いじめられる、またはいじられる。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

目次

僕は、HSPで男性です。

HSPの男性の方たちも、心細い日々を送っている方たちもいるかもしれない、と思ったことと、HSPの男性あるあるという新たな視野を広げる記事にできればな、と思います。

それでは、始めていきましょう。

その1:男性だが、中身は複雑。

1つ目に、男性だが、中身は複雑だと思います。

女性は複雑だということは、何回か聴いたことあります。

そして、男性はシンプルで馬鹿だと(言い方悪くてすみません)。

しかし、HSPの男性には、シンプルで馬鹿な傾向というよりも、複雑性(女性性)があるような気がしています。

これは、HSPの男性が、女性っぽくて女々しいということではなくて、女性の強さみたいなものを兼ね備えているような気がするのです。

例えば、葛藤して悩んできた過去のおかげで、メンタルが強くなっているとか、普通の男性よりも、やさしいところがあるとか……。

男性は、シンプルで馬鹿な傾向があるというだけで、全員の中身がそうだというわけではありません。

HSPは、特に複雑性を兼ね備えている気がします。

HSPの男性は、中身が複雑で、一般の男性のイメージに当てはまらない部分が多少あるのではないか、と思います。

次に、HSPの男性は、いじめられる、またはいじられる件について、述べたいと思います。

その2:いじめられる、またはいじられる。

2つ目に、いじめられる、またはいじられる傾向があるような気がします。

これは、よく経験したことがあります。

ノリと破天荒みたいなものに疎くて、ついいじられたり、いじめられたりする傾向があるような気がします。

利用しやすいとか、思うんでしょうか。

例えば、やさしいオーラみたいなのをまとわせていると、弱いやつみたいに見えて、いじめられたり、相手の意見を尊重するあまり、自分の意見がないように感じられ、いじられたり、まあ、色々あるような気がします。

ノリと破天荒が、悪いわけではありません。

ただ、僕はそういうのを冷めた目で見ていたような気がします。

自然と、そうなってしまうんですよ。

HSPの男性は、いじめられたり、いじられたりする傾向があると思いますが、思い当たるところはあるでしょうか。

最後に、HSPの男性は、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい件について、述べたいと思います。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

3つ目に、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい傾向があるような気がします。

僕は、人助けをすることが好きなのですが、なかなか堂々と言えません。

いい人ぶっているのか、とあまり思われたくないからです。

例えば、女性の方に、さりげなくやさしい行動をすると、下心があるからそんなことしたんだろうと思われがちです。

もちろん、そのようなこともないわけではないときもあるのかもしれませんが(笑)、普段の心持ちとしては、性別に関わらず人助けしたいという気持ちで行動します。

いい人ぶっているように、周囲の人に感じられると、同調圧力みたいな感じで攻撃されることもあるので、鳴りを潜めて、さりげなく助けます(笑)。

HSPの男性は、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい傾向があると思われますので、どうかその根っこの部分を大切にしてほしいな、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPの3つの男性あるある

その1:男性だが、中身は複雑。

その2:いじめられる、またはいじられる。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

男性にも、色々あるんです。

実は僕は、男性はこんな感じ、という風に、女性の方たちから指摘されることに、傷ついた経験があります。

たしかに女性の方たちには、人権があったり、男性に理不尽な思いをさせられたこともあると思います。

しかし、それは一部の男性によるものではないか、と思うこともありました。

女性の方たちを非難するわけではありませんが、男性にもこのような思いをしている方たちも、多少なりともいると推測してくださると、とてもうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPで疲れたときのための3つの言葉の力

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPで疲れが取れない」

「HSPで疲れた体を根本的に治せるきっかけはないか」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPで疲れた方に、言葉の力を借りて、新たな回復法を考察したいと思います。

目次は、以下の3つになります。

HSPで疲れたときのための3つの言葉の力

その1:詩を書く、もしくは考えを書いて整理する

その2:名著を読む、あるいは絵本や漫画などを読む

その3:他者から言われたことに対し、自分はどう思うか書いておく

目次

僕は、HSPで今まで何度も疲れたことがあります。

そのたびに、簡単に体を疲れにくくする方法について、考えてきたので、その一部を紹介できれば、と思います。

それでは、始めていきましょう。

その1:詩を書く、もしくは考えを書いて整理する

1つ目に、詩を書く、もしくは考えを書いて整理する方法があると思います。

なぜなら、HSPさんは疲れている時点で既に、膨大な情報をインプットしているはずなので、とりあえずアウトプットで心を整理した方がいいと思います。

例えば、簡単に言葉にするともやもやしてしまう何かを、詩でアウトプットし、心が整理されることがあると思います。

あるいは、今自分はどういう感情か、どういう状況にいて、どういう行動を取っているか、今目の前のするべきことは何かなど、自分に問い掛け考えを整理していくとよいと思います。

書くということは、頭の整理にかなり効果的な側面があると思っています。

HSPで疲れた方たちは、ぜひ詩、もしくは現状などを書いて、頭を整理した方がよいと思います。

次に、名著を読む、あるいは絵本や漫画などを読む、について述べたいと思います。

その2:名著を読む、あるいは絵本や漫画などを読む

2つ目に、名作を読む、あるいは絵本や漫画など、自分の心が穏やかになる本を読む方法が挙げられます。

これは、自分の心に栄養をもたらすために必要なことだと思っています。

ここでポイントなのは、心の調子を整えるために、気分が上がりすぎるインプットは避け、下がりすぎるインプットも避けた方がいいと思います。

具体的には、芸術性が高いものは、感情の浮き沈みが激しいものは少ないのではないか、と思っています。

詩とか、クラシックなどは、それに当てはまると思います。

感情の浮き沈みが激しいを作品をインプットすると、疲れてしまうと思うからです。

HSPで疲れたときは、詩とかクラシックをインプットし、絵本や漫画などの多少俗っぽいものであっても、心が穏やかになれる作品をインプットするとよいと思います。

最後に、他者から言われたことに対し、自分はどう思うか書いていくことについて、述べたいと思います。

その3:他者から言われたことに対し、自分はどう思うか書いておく

3つ目に、他者から言われたことに対し、自分はどう思うかメモ、もしくは整理してまとめておくとよいと思います。

これは例えば、夜、家に帰ってきて、日中の傷ついたひとことに対し、今ならどんな自分の意見が言えるか書くという方法もあります。

ポイントは、相手は相手、自分は自分、という感じで、対等に相手を尊重した意見を書くことが大切だと思われます。

あとは、インプットで学んだ情報に対してでも構いません。

今紹介した方法は、HSPさんが他人軸ではなく、自分軸で行動できるようになり、人間関係で疲れにくくするトレーニングになる、と思います。

他人軸とは、外の力を信じること、自分軸とは、内の力を信じることだと思います。

つまり、他者に振り回されず、自分の本心に基づいて、直感的に行動できることを指します。

身につけるのは簡単なことではありませんが、身につけるとそれはあなたの財産になると思いますので、よかったら参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPで疲れたときのための3つの言葉の力

その1:詩を書く、もしくは考えを書いて整理する

その2:名著を読む、あるいは絵本や漫画などを読む

その3:他者から言われたことに対し、自分はどう思うか書いておく

HSPで疲れた方に、補足情報↓

HSPさんは、今挙げた方法でも疲れが取れない方は、それなりにいることだと思います。

HSPさんの疲れを取る方法は、色々あると思いますが、3つ補足として挙げておきます。

1つは寝ること、2つは本や誰かの力を借りること、3つは環境を変えることです。

言葉の力、ではないですが、参考になるところがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「緊張感を和らげたい」

「緊張を和らげ、疲れを取りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法について、微力ながら考察させていただきました。

目次は、以下の5つになります↓

・HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

その1:1人の時間を充実させる

その2:詩を書く

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

その4:上手に避ける

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

僕は、HSPで、今まで緊張していたことも何度かあります。

学校だけじゃなく、家の中でも緊張していたこともあります。

その視点から、何か1つでも参考になるものがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんの緊張を解き放つ5つの方法

その1:1人の時間を充実させる

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、1人の時間を充実させるというものがあります。

普段、1人でいないときは、緊張感に満ちていて、リラックスどころではないと思うので、1人の時間になったときに、気持ちを緩める、リカバリーが大切だと思います。

例えば、アロマを焚くだったり、コーヒーを飲むだったり、音楽を聴いてリラックスするというものがあると思います。

1人の時間を充実させることによって、緊張状態に備えることができますし、メリハリを作ることができると思います。

その2:詩を書く

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、詩を書くがあります。

詩を書くことによって、頭が整理され、浄化されます。

例えば、その日あった嫌な出来事も、自分なりに美しい出来事に変えることができたなら、少し気が楽になります。

詩を書くことによって、日中の緊張を緩めることも可能だと思われますので、ぜひ参考にしてみてください。

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、チョコレート、もしくはココアを飲む、という方法があります。

チョコは、疲れたときに食べると、癒しの効果があるみたいですね。

僕とかも、疲れたときや緊張したときに、チョコを食べると少し元気になる気がします。

父も、車で長距離運転したときにココアとか飲んでいましたし、緊張を和らげる何かがあったのかもしれませんね。

なので、緊張したときは、チョコやココアを飲んだりすると、少し気分が和らぐと思います。

ですが、食べすぎには注意した方がいいと思います。

その4:上手に避ける

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、上手に避ける、があります。

例えば、苦手な人の前では自分の意見を言わないが、ネットでは気軽に言うとか、あるいは、相手のネガティブな意見をテキトーにうなづく感じで「へ~、そうなんだ~」と聞き流す、もしくは、だれかに仲介してもらって、場を治めてもらうという方法もあると思います。

上手に避けるという方法は色々あると思いますが、要は、回避しすぎす、ちょっと避けるというイメージです。

ローリスクハイリターンみたいな感じですかね・・・。

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く、という方法があります。

田舎と都会って、緊張度合いが全然違う気がするんですよね。

例えば、高層ビルとか、人混みとか・・・。

田舎の方が、気分が楽なところはあると思います。

あと、ペットや観葉植物を部屋に住まわせるでもいいし、僕が知っている詩の中に、部屋に石を置くシーンがあるのですが、あれなんかは、まさに、自然由来のものを身近に置くことによって楽になっているパターンだな、と思ったりもしました。

田舎に住む、またはたまに自然に出向く、自然由来のものを身につける、部屋に置く、あるいは食べるとかでも、緊張は和らぐことはあるのではないか、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・HSPさんの緊張を解き放つ方法

その1:1人の時間を充実させる

その2:詩を書く

その3:チョコレート、もしくはココアを飲む。

その4:上手に避ける

その5:田舎に住む、あるいは自然由来のものを身近に置く。

あなたの幸せを、願っております。

緊張を解き放つということは、案外むずかしいものがあると思います。

もし自分1人では解決することはむずかしいと思ったら、だれかを頼ったり、カウンセリングを受けることも有効だと思います。

HSPさんの緊張を解き放つ方法として、なにか1つでも参考になったところがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPによる5つの生きづらいあるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPって、生きづらいなあ」

「HSP向けのあるあるって、どんなものがあるかなあ」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPによる生きづらいあるある、紹介していきたいと思います。

目次は、以下の5つになります↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

目次

僕は、HSPです。

今まで、生きづらいと思ったことも何度かあります。

それらを今回の記事で、紹介していこうと思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPによる5つの生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、嵐のような人に振り回される、があります。

なぜなら、HSPさんは、よく人に振り回されてしまう人だからです。

具体的に言うと、職場にいる嵐のような人とか、飲食店で店員さんを困らす嵐のような人とか、近所に住む困った人とか、まあ、色々あると思います。

HSPさんは、嵐のような人が来たら、「うわ、また来た」ではなく、「ああ、また来ましたか~はいはい」みたいな感じで受け流す努力をしてみるといいのかもしれません。

その2:騒音に惑わされる

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、騒音に惑わされる、があります。

なぜなら、HSPさんは感覚過敏なので、小さな音でも「うわっ」と驚いてしまうからです。

例えば、家の中でゆったりしていると急に外から変な音、あまり聞かない音が聞こえてきて「なんだ、なんだ」となったり、あるいは電車の行き交う音でも結構ストレスになると思います。

HSPさんは、騒音に惑わされないよう、都会から田舎へ引っ越したり、家の中では耳栓などの防音対策を講じるなど、色々と工夫してみることが大切だと思われます。

その3:些細なことでトラウマ抱える

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、些細なことでトラウマ抱える、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、些細な嫌なことでも思い返し、処理するのに時間がかかると思われるからです。

例えば、誰かから言われた自分を理解してくれない言動から、傷つき、その記憶をいつまでも保持してしまう、があると思います。

他にも、これは僕の場合なんですが、いじめを受けていたので、周りから見てそれほど大したことないように見えても、大ダメージをくらっていたこともあります。

あっ、いじめのトラウマは克服しておりますので、ご心配には及びません(^^ゞ

HSPさんは些細なことでトラウマを抱えやすい傾向があると思われますので、そのような場所、仲間から一歩引くよう心がけ、トラウマを抱えることがあっても、すぐに回復できるよう家での過ごし方に気をつけたいところですね。

その4:情報で頭がパンクする

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、情報で頭がパンクする、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、情報をたくさん脳内に取り込みやすいので、すぐに頭の中でパンクする可能性があるからです。

例えば、ネットとかの情報は、どんどん手に入れやすいですよね。

しかし、それ故に、質の低い情報がどんどん頭の中に雑念として残ってしまいます。

ほんとのこと言えば、今見てもらっているこのブログも、情報としては浅いものだと思います。

なので、気軽に、慎重に(大切に)、情報をインプットしていくことが大切だと思います。

HSPさんは、情報のコントロールを制すれば、質のいいインプットをたくさんできると思われますので、ぜひ本やYouTubeとか見るのもいいのかもしれませんね。

その5:同調圧力に屈してしまう

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、同調圧力に屈してしまう、があります。

なぜなら、HSPさんは他人の意見を優先することが多いからです。

例えば、集団で何か発言するときに、みんながこれだという方向に行っていたら、発言することはむずかしくなり、他人の意見を優先させてしまいます。

これはある意味、自分の意見に何か言われることを避けるためだと思われます。

HSPさんは、相手の意見を聞き流し、それでいてさりげなく自分の意見を言い、違うところ(例えばネットや別のコミュニティ)で自分の意見を言い、その人たちと仲良くなればいいのだと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

生きづらい世の中、楽しんでいこう。

HSPの生きづらいあるあるって、まだまだ他にもあると思うんですよね。

けれど、最近のコロナ渦によるオンライン化からしても、世界はいい方向に向かっていると思います。

少数の有志とともに、世界をよりよい方向に変えていけたらいいですよねヽ(^o^)丿

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ