詩『忘れられた人』

雨の中ずぶぬれている男がいた
コートはもうびしょぬれで
足取りは重く
元気はなさそうに見えた
初老の男性で少し無精ひげを生やしている

さっきスパゲティを食べてきたばかりさ
まだ残り香がするだろう

ポケットの中から
うさぎを二羽
しゅぽしゅぽっと取り出し
その男は呟く

こいつらも火傷を負っている
見ろ
全身傷だらけでお互いにその傷を
舐め合っているだろう
なあ
お前と俺たちと
どう違う?

え?

夢のクレーン車から
バラバラに解体された僕の鉄骨が
ドスンドスドスと
ベッドの上に
横たわり
浅い息を小刻みにして
震えていた

まだ寒いのに
背中に汗をかき
リアルな僕が携帯越しに
ゆらめいていた

朝のカーテンから
光のレーザービームが
チラチラチラチラと
繊細な糸を
網目のように
放ちまくり
脳の神経細胞と
酷似していた

朝になれば誰もいなくなる
この寝室からはいつも
夢だけが置き去りにされて
透明人間だけが
目だけ凝らして
立ち尽くしている

天国言葉の効果について、実践してみて気づいたことをまとめます。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

皆さんは、天国言葉ってご存知ですか?

これはスピリチュアル業界では、おそらく頻繁に出てくるワードです。

天国言葉とは、どのような言葉を言うのか?

それは、ありがとううれしい楽しい幸せツイてる感謝してます許します愛してますなどが挙げられます。

この言葉を、納税額日本一の斎藤一人さんが推奨しています。

では、天国言葉の仕組みについて、説明していきましょう!

天国言葉って、どういう仕組み?

天国言葉とは、その明るい言葉を発することによって、自分の機嫌を取るツールになります。

繰り返し呪文のように、か、気持ちを込めて唱えていきます。

独り言でも構いません。

ここで大切なのは、この言葉を用いるとき、気持ちを込めて発するということが大事になります。

よく天国言葉さえ発していれば、幸せになれると考える人もいるかもしれませんが、それは誤解です。

あくまで、言葉を用いることによって、+の感情を誘発するというのが、大切だとわたしは思っています。

それでは、その天国言葉を用いる効果とは、何ぞや?

これを探っていきましょう!

天国言葉の効果、いかほど?

まず、自分が幸せ・元気になるということが挙げられます。

これは、+の言葉を発することによって、気持ちが伴ってくるということですね。

先ほども言いましたが、なるべく心を込めて唱えていきましょう。

ただ言えばいいでは、真に幸せにはなりません。

それから、周りを幸せにすることが挙げられます。

+の言葉を言っている人には近づきたいですよね。

-の言葉を放っている人のもとには行きたくないですよね。

そして、+の言葉を言っている人のもとには、類は友を呼ぶ法則で、明るい仲間が集まります。

逆は、その反対ですね。

天国言葉を唱えていくことで、巡り巡って、自分が幸せになるのです。

さて、ここでわたしの普段の実践例を挙げてみましょう。

実践してみて分かったこと

わたしは普段、天国言葉を事あるごとに言うことを心がけています。

特に寝る前とか、朝起きたときに言えるよう心がけています。

まあでも、天国言葉言うの忘れた~とか。

ネガティブな言葉言っちゃったよう、とかしょっちゅうあります。

しかし、基本的に+の言葉を使うことを心がけることによって、精神的に豊かになっていると感じています。

言葉=気持ちやエネルギーであり、+の言葉はそのままそういうエネルギーを増やすのですね。

では、まとめです。

まとめ

天国言葉とは、言ってみれば+の明るい言葉たちでしたね。

天国言葉は発することで、+の感情を誘発します。

天国言葉は、自分も周りも照らし、最終的にはその恩恵が再び自分に返ってくるということです。

自分も普段から天国言葉を言うことを心がけていますが、たまに言うのを忘れたりします。

しかし、そのような失敗はすぐに手放し、前向きに明るい言葉を言っていくことに切り替えればいいのだと思います。

天国言葉はほんとうに、実践しやすく、そして人が幸せになれるツールだと思います。

皆さんもぜひ、日常に天国言葉を取り入れて、幸福な生活を目指してみてはいかがでしょうか?

以上、かめれもん★でした!(^^ゞ

ここまで見てくれた方、ありがとう!

他の記事もよかったら、ご覧ください♪

詩とスピリチュアルの関係について

はじめに

詩とスピリチュアルには関係がある。

これを聞いて、ピンとくる人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

おそらくクリエイティブな仕事や作業をしている人にとっては、なんとなく分かるものがあるかもしれません。

というのも、詩というのは、頭で考えて作るというものではない、と言えるからです。

では、その観点から詩というのは、本来どのようなものでしょうか?

詩とは?

詩というのは、感覚的傾向が強いと思います。

例えば、詩を作るとき、よく言われるのは、最初の一行を考えだしたら、詩は勝手に出てくるよ、というものです。

これは、言葉が言葉を呼ぶに近いものです。

こういうとき、人は瞑想状態になっていることがほとんどだと思われます。

クリエイティブなものというのは、考えて作り出されたものは少ない、と思います。

もし仮に考えに考えて作り出されたものであるならば、それは少し質が低いと言わざるを得ないかもしれません。

では、スピリチュアルが関わってくる要因はなんとなくお分かりですか?

スピリチュアルとは?

スピリチュアルとは、本来、魂の視点と言われます。

もしくは、そういった概念を多用します。

なぜなら、魂の視点=スピリチュアルな世界または宇宙の法則に従っていると言えるからです。

そのために人はどうするかというと、ひたすら瞑想や思考を手放したりするのです。

そうすることによって、人はクリエイティブにもなってくるというわけです。

詩とスピリチュアルの共通点について

詩とスピリチュアルというのは、瞑想を実施する、またはそのような体験をするという点において、共通点はハッキリあります。

瞑想状態に入らずに、詩を作るというのは至難の業という他ありません。

したがって、私は瞑想のことにもこのブログで多少言及しています。

それほど、詩とスピリチュアルは関係していると私は思っています。

まとめ

詩は、瞑想状態によって、作り出されます。

その瞑想は、スピリチュアルと大いに関係しています。

瞑想をし、魂の視点に従う=スピリチュアルな世界を広く知る、に繋がっていくということです。

瞑想なき思考に頼っていると、嘘の自分が作り上げられるもととなります。

なぜなら、スピリチュアルな世界と現実の世界(思考によって作られる世界)が調和しているのが、本来の世界の在り方だからです。

本日はここまでにします。

以上、かめれもん★でした~。

吉野弘の『夕焼け』を、心を込めてレビュー致します。

この詩に出会ったのは、たしか

詩とまだ分かち合えず、世間をふらふらと

悲しみでさ迷っていた頃のことだった。

僕は詩に興味があったわけでもない。

なんとなく詩を読んだ。

そして、涙は出なかったが、

心の奥にストンと落ちたものがあった。

僕はその当時、いじめられていた。

あるいは、いじめられているのか皆目

分からなかったが、僕がクラスから

退けられているのは分かった。

そんなときに目にした『夕焼け』(だったと思う)。

やさしい人を根本的に救うかのような

肯定してくれるかのような、やさしいさざめきに満ちた

そんな詩だった。

電車での出来事で、ある娘のやさしさの葛藤を描いている。

これは、実際にあった出来事だと思うが、

この娘が、のちに幾千もの人を勇気づけることになるとは、

夢にも思っていないだろう。

それを詩人の吉野さんは、やさしくすくい取ったのだ。

この最後の夕焼けの配置。

これには、色々な解釈ができるかもしれない。

たとえ哀しみに暮れていても、あの夕焼けは決して

そのようには見えないというような。

あるいは、娘がかなしい想いをしている中でも、

夕焼けはだまって見つめてくれているというような。

はたまたそれ以上の、何か大切なものを指し示してくれる。

吉野さんの詩は、とても懐かしく、台所にあるお盆のような

ものを想像させてくれる。変なたとえだが。

この『夕焼け』という詩以外にも、優れたユニークな詩は

たくさんあるので、ぜひ参考になさってみてください。

読みやすく、時を経るごとに、ハートの波を鎮ませてくれる

微笑みが自然と漏れるやさしい詩がいっぱいありますので。

かめれもん★より

発達障害っていう人はいないよ ありのままのあなたでいいんだよ

今、ある意味、発達障害ブームですよね。

発達障害を悪いように受け取ったり、いいように受け取ったり。

人それぞれだと思います。

ちなみに僕は、自閉症スペクトラム障害と診断されましたし、ADHD(注意欠陥・多動性障害)も持っていると思います。

けれどこうして、普通に生活できています。

発達障害って、そもそも病気とかではないですからね。

発達障害っていう人もいないし・・・。

それなのに人は、発達障害という人、ありもしない人を理解したがるんですね。

まあ、なんとなくその気持ちはわかりますが、肝心の当事者をあなたたちは見ていますか、という話です。

当事者を見ていないのに、あなたはこういう発達障害だから、こういう人なんだ、というのは馬鹿げています。

大事なのは、ありのままのその人を理解することじゃないですか?

発達障害っていう概念は知ったとしても、それは参考程度にとどめておかなければ、大切なその人を見失いますよ。

発達障害のことを知りたいのであれば、頭で理解するのではなく、直接理解した方がよいと思います。

何も怒って言っているわけでは、決してありません。

発達障害のことを知りたいのであれば、直接そのような人、変わり者と呼ばれているような人に出会う、またはそのような施設に行く、当事者による本を読むなどして、その人を理解するよう努めてください。

この話は、発達障害という話題で重要なテーマだと思います。

直接知ることによって、発達障害の人は異常者じゃない、ということがよく分かります。

ぜひ、これからその人達と接していく中で、または、ありのままの人としての当事者として、生きていってもらえたらな、と思います。

今回は、この辺でおいとまします。

かめれもん★でした~。

瞑想とクリエイティビティ、そして実践のススメ

はじめに

瞑想、皆さんはしていますか。

していない人もいるかもしれないですが、今や瞑想の効果は様々なところで言われていることです。

今回は、瞑想とクリエイティビティ、つまり創造性について、少し述べていきたいと思います。

瞑想のメリット

すでに瞑想をしている方は、知っているかもしれないですが、瞑想は、閃きや直観を冴え渡らせてくれます。

その理由は、瞑想をすることによって、雑念など、脳に要らない情報を排除してくれる働きがあるからです。

そのことによって、頭がスッキリした状態になるので、仕事の効率性も上がるというわけです。

僕は、ブログやnoteなどを執筆していて思うことは、瞑想状態のときと、創作に取り掛かっているときの態度は、ほぼ同じだということです。

不思議なことですが、瞑想状態だと、創作意欲も増しますし、何より質のいい記事も書けている実感があります。

逆に、雑念やエゴなど、脳に必要のない情報があふれていると、それらが気になって創造性が削がれてしまうのです。

これは、僕の実体験です。

人はある程度リラックスしていて、それでいてどことなく緊張感がある・・・、そんなときに良いパフォーマンスを発揮することができると思います。

フローとか、ゾーンとかにも似てますね。

ものは試しで、皆さんも実践してみてはいかがでしょうか。

瞑想のシンプルなやり方

瞑想のやり方は様々ですが、まずリラックスした状態(椅子に座る、寝る)になります。

呼吸に意識を向け、ゆっくりその動作を行います。深呼吸のことですね。

そして、呼吸の数を数えていきます。1・・・2・・・3・・・4・・・と。

雑念が浮かんできたら、手放すということが重要です。

この手放すは、抑え付けるのではなく、今雑念が浮かんだな、という確認でオッケーとなります。

そして、それをご自身の力量で判断すればよいと思いますが、1日1回、朝か寝る前の10分~15分より始めることをオススメします。

実践することによって、クリエイティビティ以外にも様々な効果があります。

ぜひ、お試しあれ!

HSPさんは詩と相性がいい? 3つの根拠!

はじめに

こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は詩とHSPの関係について話していきたい、と思います。

皆さんはHSPを知っていますか?

最近、『繊細さんの本』で一躍脚光を浴びていますよね。

その名の通り、ひといちばい繊細な人、という意味になります。

大体、5人に1人くらいの確率でいて、体質というか気質であり、病気ではありません。

そんなHSPと詩の関係について、今回は探っていけたらな、と思います。

HSPにとって詩とは?「刺激が少ない」

HSPさんにとって、刺激が少ないというのは、ほんとにありがたい話です。

HSPさんは、刺激にとても敏感で、僕のように田舎とかの方が本領を発揮しやすい人だと思います。

詩は、あなたの内面から心をあたためてくれます。

したがって、外からの刺激ではなく、内から自然と湧き起こってくるぬくもりがあります。

小説のように過激な描写等も少なく、安心して読めます。

HSPにとって詩とは?「似た者同士」

これはおそらく推測になると思いますが、HSPさんは詩を書くときに、外からの情報を受け取る必要があります。

その中から、取捨選択して、いい材料を選びます。

HSPさんの方が、情報のアンテナには敏感なので、書くときに非常に役立つ能力となります。

そして、そのような人達が結果として、詩人として結果を残しやすくなるので、詩集はHSPさんにとって、やさしい味方のような本になってくれると思います。

HSPさんと詩人は、本来共通点が多いのですね。

HSPにとって詩とは?「お休みどころ」

この「お休みどころ」という言葉は、たしか、茨木のり子さんが詩の中で述べていたと思います。

私がやりたいのは、お休みどころだと。

HSPさんも、詩集を読むときには、世の中に見捨てられたようなマイナーなものが多く書かれているので、共感を大いに得れる部分もあるかと思います。

そして、書くときには、自分のマイナーな気持ち(逆にそれが真実かもしれない)を発散して、ストレスフリーな毎日が送れる可能性も出てくるのです。

詩は、多くの孤独で見捨てられたようなマイナーな人達でさえも、やさしく包み込んでくれる魅力があります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

詩とHSPは、意外と共通点が多いのですね。

HSPさんは、詩なら安心して読めますし、詩は対話するようなものでもありますから、詩集は親友のような効力も発揮してくれるでしょう。

さらに、書くときにも、ストレス発散になりますし、副業も可能になったりするかもしれません(残念ながら今専業の人は限りなく少ないのですが)。

とにもかくにも詩は、HSPさんにとって非常に相性がいいと思われますので、ぜひ趣味等にしていただけると、僕はとても嬉しいです。

※詩は好きになるまで、割と時間がかかるものも多いと思われますので、じっくり付き合ってあげることをオススメします。

では僕はこの辺でさいなら! かめれもん★でした~。

詩は写経したほうがいい3つのメリット

はじめに

皆さんは、詩を読むだけのものと捉えていませんか。

それも1つの方法でよいのですが、今回この記事で述べたいのは、詩は写経するととても効果的に詩のよさを感じられるということです。

それを3つの視点から述べていきたいと思います。

1、気持ちが落ち着く

写経するとなぜ気持ちが落ち着くのか。

写経とは、本来、仏教のお経を書き写していくことです。

これは詩にも応用できます。

詩を写経すると、まず、単純作業で手を動かしていきますから、脳はその間リフレッシュすることとなります。

これは、私の考えなのですが、手をリズミカルに動かしていくと、頭の中が整理整頓される感覚があります。

おそらくこれはほんとうだろうと、半ば確信しております。

それと、詩を写経しているときは、瞑想状態に近い感覚になります。

瞑想とは、座禅とか、マインドフルネスとかそういうやつですね。

ストレス軽減・リラックス効果などがあると思われます。

2、書いた詩人と心が重なる

これはどういうことかというと、詩を写経するということは、詩人の心の動きを追うという形になります。

ですから、自然と詩人と同じことを考えていたということもあり得ます。

そして、詩人と対話している感覚にもなります。

共感や理解が深まり、その詩人のことをもっと知りたいとも思うでしょうし、現代詩であれば、詩の写経はまるで、音楽を聴いているような心地になるかと思います。

3、語彙力が高まる

はい。これはもうお分かりになるかと思いますが。詩を書き写すと、当然言葉を反復するわけですから、記憶にも残ります。

結果、語彙力が高まります。

語彙力が高まるとどうなるのか。

それはコミュニケーション力に幅が出たり、あなたの感受性が豊かになります。

見るもの・聞くもの・食べるもの・触るもの・嗅ぐもの等。あなたの世界観を豊かにしてくれます。

語彙力とはあなたの世界観の規模を示す指標になり得ます。

まとめ

詩は写経すると、色々なメリットがある。これはホントです。

もちろん、写経を趣味にしようと思っていた方も詩であるならば、それなりに親近感を抱くかもしれません。

写経はまず、あなたをリラックスさせ、詩人と友達になり、豊かな世界観をあなたの中に構築する有益な方法となるでしょう。

もちろん、他の文学でもいいですが、詩であるならば、区切りも付きますし、何より名詩などは文庫とかで、安く、幾つも掲載されています。

詩を尊敬している私からすれば、複雑な気持ちですが・・・。

とにかく、詩は写経にはもってこいなのです。

皆さんもよかったら、ぜひ試してみてください。

では私はこの辺で。かめれもん★でした~。