スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

「スピリチュアルを信じる人は、変なのか?」

「スピリチュアルは、そもそも信頼できるのか?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、精神系の本を100冊以上読み込み、それらを実践し続けています。

ということで、目次は以下の3つになります。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

スピリチュアルの信頼性について

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

まとめ

目次

それでは、始めていきましょう。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

スピリチュアルを信じる人は、変ではありません。

なぜなら、スピリチュアルに明確な根拠はいらず、感覚的に信じることができると思えば信じるだけだからです。

例えば、芸術というものは感覚的なものであり、論理や意味はそれほど重要なものではありません。

芸術が論理的なものになったら、味気ないものになってしまいますよね。

つまり、スピリチュアルを信じる人は、論理的ではなく感覚的なだけであり、ほんもののスピリチュアルを見抜ける人は、見抜いていると思います。

続いて、じゃあそもそも、スピリチュアルに信頼性はあるのか、についてお話します。

スピリチュアルの信頼性について

スピリチュアルに信頼性は、あります。

なぜなら、文学、あるいは言葉はスピリチュアル的なもの、と言えるからです。

例えば、抽象的な言葉と、具体的な言葉がありますよね。

具体的な言葉は、現実に見える物を中心に創造されたものですので、言葉に信頼性は、あると言えます。

一方で、愛とか、勇気といったものは、どうでしょうか。

愛がなければ、この世界は確実に辛いものとなりますし、勇気がなければ誰もチャレンジしないので、世界は停滞します。

つまり、スピリチュアルも、見えないからといって信頼できないわけではなく、むしろ大切な言葉であることが分かります。

たしかに、言葉巧みに操る仮霊能者はいますので、そのような人は信頼できません。

しかし、僕が最近YouTubeで色々な方を見ていると、全員が偽者というわけではない、と思います。

論理的な思考を重視し、現実的な人は、ほんもののスピリチュアルを見抜ける可能性は低いと思われますので、信頼できる人から紹介してもらったり、チャンネル登録者数などの数字に着目してみるのもいいと思います。

最後に、スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話をしたいと思います。

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいます。

なぜなら、スピリチュアルな気質から、スピリチュアルなことに惹かれている方は、多いと想像できるからです。

具体例に、僕の事例を話します。

僕は、幼い頃から見えない世界に興味があり、中学生の頃は哲学や心理学に興味がありました。

自己啓発を読み漁り(主に斎藤一人さん)、心理学系の大学に入りつつ、スピリチュアルという概念にも出会うようになりました。

つまり、スピリチュアル気質がある方は、スピリチュアルという言葉に抵抗があっても、スピリチュアル系の趣味にハマっていたり、学問を修めている可能性があります。

ということで、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました。

スピリチュアルを信じる人は、変なのか?

→変じゃない(人も数多)

スピリチュアルの信頼性について

→信頼性はあるが、偽物も多い。

スピリチュアルを信じていなくても、スピリチュアルな人はいる話

→スピリチュアルに近い情報を得ている可能性あり

まとめ

スピリチュアルにも、色々ある。

僕は、スピリチュアルを信じています。

しかし、それが変だという方は多いのでしょう。

関係ない。僕はスピリチュアルがあると、確信し、それは誰かに支配される心じゃないから。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

フロー体験を、自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験と検索すると、いっぱい記事が出てくる。

でも、どの記事も専門的でわかりづらい!

このようなことが頭によぎった方は、この記事がおすすめです。

自己啓発系本を、100冊以上読み込んで実践している僕の考察記事となります。

目次は、以下のようになっております↓

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

その2:ゲーム

その3:読書

フロー体験とゾーンの違いについて

まとめ

目次

それでは、始めていきましょう。

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

フロー体験とは、今を生きる、ということだと思います。

なぜなら、フロー体験とは没頭と言えるし、今を生きるということだからです。

今を生きるということは、簡単に言うと、雑念がなく、心の奥の声に従って生きている、ということだと思います。

つまり、美味しいものを食べたら、美味しいと言うことができ、桜吹雪を見たらきれいだな、と素直に思うことかもしれません。

フロー体験とは、今を生きることであり、例えば、瞑想・ヨガ・マインドフルネス等で実践できる部分があると思います。

続いて、フロー体験の例を、深掘りします。

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

フロー体験の例に、勉強が挙げられます。

勉強も、ある意味では、ゲームみたいなものだと思います。

それゆえに、楽しい気分になってきて、テスト勉強に励む。

いい点が取れると、次はこうしようか、と試行錯誤し、フロー体験を獲得できると思います。

つまり、フロー体験を獲得するには、楽しい気分でいるように、日頃からメンタルを整えたり、体にいい習慣を形成しておくというのが、よさそうです。

その2:ゲーム

ゲームでも、フロー体験を獲得できると思います。

ゲームは、そのまま、ゲーム。

ハマるように設計されていると思うので、フロー体験を獲得しやすい、と思います。

ものすごく難易度が高いゲームというよりも、少し難易度高めのゲーム、あるいは目標を設定するといいかもしれませんね。

その3:読書

読書でも、フロー体験を獲得できると思います。

読書は、読み始めに時間がかかりますが、流れに乗るとスラスラ読んでいたという経験はありませんか。

静かな環境、あるいは少しガヤガヤした環境。

自分に合った環境、少し難易度高めの本を読むことによって、フロー体験を獲得できる可能性があります。

最後に、フロー体験とゾーンの違いについて、解説します。

フロー体験とゾーンの違いについて

フロー体験は、日常生活で起こるような集中状態、つまり今を生きている状態です。

ゾーンとは、フロー体験から別次元の集中状態に入るということです。

つまり、フロー体験がベースにあることによってゾーンに入れる状態を作り出すというのが理想と言えます。

フロー体験は、継続的なもの、かつ、集中状態はゾーンに比べ、やや落ちます。

ゾーンは、一時的なものではありますが、その状態は、フローよりもさらに集中状態が強くなります。

ということで、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

フロー体験を自分なりにわかりやすく解釈してみた。

→今を生きる

フロー体験の例には、どんなものがあるの?

その1:勉強

その2:ゲーム

その3:読書

フロー体験とゾーンの違いについて

→ベースのフロー体験から、ゾーンが生まれる

フロー体験は、楽しい!

フロー体験とかゾーンと聴くと、ワンピースの覇気が現実で使えるんじゃないか、というワクワク感がありますよね。

フロー体験についてなんとなく理解を深めた上で、実践にも活かしてほしいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^_^ゞ

「小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞の意味について知りたい」

「小田和正さんの魅力に迫りたい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

目次は、以下のようになっております↓

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

その2:やさしさと強さの歌詞

その3:生死に迫る歌詞

目次

僕は小田和正さんが好きで、10年以上敬愛しています。

ライブとかも、今まで3回くらい行きました。

そんな僕ですが、小田さんの魅力に少しでも迫るヒントになれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞を見たり、聴いたりしていると、孤高な歌詞というフレーズが頭に浮かびます。

なぜなら、この歌詞の主人公(小田さんかもしれない)は、他に人がいるにも関わらず、どこか1人であるようなことがうかがえるからです。

例えば、雑踏の中で1人立っているような描写や、空を見上げて想いを馳せるところは、孤高なイメージが浮かびます。

この歌詞の主人公は、孤高であり、ある種の寂しさを抱えつつ、広い視野を持っているのだ、と考えられます。

続いて、やさしさと強さの歌詞について解説します。

その2:やさしさと強さの歌詞

小田さんの歌詞に親しんでいると、やさしさと強さの歌詞というフレーズが湧きます。

なぜなら、この歌詞の主人公は、誰か大切な人を想うラブソングのように見えて、すべての人を愛で包み込む手紙のようにも聴こえるからです。

ありふれたラブソングのような歌詞で、聴いてくれる人たちに迫りつつ、誰かを想うことと、自分を愛することが同じだと錯覚、あるいは確信させてくれるような曲になっています。

誰かを想うやさしさ、そしてその人(たち)を守る強さが、沁み渡るように脳内に反響します。

小田さんのやさしさと強さが、この歌詞に滲み出ているように見えます。

最後に、生死に迫る歌詞について、解説します。

その3:生死に迫る歌詞

小田さんのこの歌詞に触れていると、この人は、生死に関わる体験を非常に深く悟っているのだと思われました。

これは感覚的なことで申し訳ないのですが、この歌詞が刺さる人は、深く傷付いたりしたことがある人だと思うのです。

個人的な意見が続きますが、やさしさと強さを深く理解するということは、命に対する感謝と畏れの気持ちがあるように思うのです。

僕は、この歌詞を一番傷付いていた中学生の頃に聴くことによって、ここに分かってくれる人がいる、命のありがたさに深く気づいている仲間に出会えたと思いました。

それが、小田さんの曲の『たしかなこと』であり、その歌詞なのです。

以上で、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

その2:やさしさと強さの歌詞

その3:生死に迫る歌詞

『たしかなこと』の愛

僕は、この歌詞にものすごく救われました。

今でもたまに、この曲を聴きます。

ものすごい深い歌詞であり、多くの人が救われたことが、想像できます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「田舎での散歩の楽しみ方を知りたい」

このようなことを、お考えではないでしょうか。

田舎での散歩を実践する若者からのアイデア記事です。

目次は、以下のようになっております↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

目次

僕は、田舎での散歩を実践してきており、現在もたまに散歩して気分転換しています。

皆さんの役に立つ内容が、1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

田舎での散歩において、ゆっくり歩くことを心がけましょう。

ゆっくり歩くことによって、周りの景色や音、匂いなどに敏感になりながら、充実した散歩が可能になると思います。

道端に咲いている花も、都会なら気にせず通り過ぎる方も多いと思いますが、田舎なら人目を気にする必要もありません。

ゆっくり散歩することによって、今を生きるよろこびを感じてみましょう。

その2:人かペットと歩く

人かペットと田舎を散歩することによって、1人では得られなかった充実感があると思います。

ここでいうペットは主に犬のことですが、1人では発見できなかった田舎の魅力というものがあると思います。

例えば、散歩の途中で犬が嗅いだ花の匂いや、犬が歩いている姿が気持ちよさそうで、そういえばいい天気だよな、と気づいたりします。

人と散歩するなら、もう少し具体的な四季の感覚や、会話しながら歩くことによって、1人で歩くのとはまた違う新鮮さというものがあると思います。

人かペットと田舎を散歩することによって、田舎のさらなる魅力に迫ってみましょう。

その3:写真を撮って記録を取る

田舎で散歩する上で、写真を撮って記録を取っていくというのもいいと思います。

そうすることによって、一時の感動を、半永久的に残すことが可能になります。

例えば、花の写真を撮ったり、珍しい光景を撮ったり、あるいは自然や四季の移り変わりを写真に収めて、ブログやSNSで上げるというのもいいと思います。

田舎での散歩において、写真で記録を撮ってみましょう。

その4:運動にこだわる

田舎での散歩において、運動にこだわるというのも1つの手です。

散歩=運動であるならば、運動にも多様性があるはず。

僕は一時期ダイエットしていたときもありましたので、ジョギングをしてみたり、ダイエット用品を試してみたり、呼吸法や運動前の体操、どうやったらきれいに歩けるか、とかも考えていたときもありました(変なこと考えてるなあ)。

運動にこだわることによって、新たな散歩の可能性が見えるはず。

ぜひ、参考にしてみてください。

その5:鼻歌を歌って歩く

田舎での散歩において、鼻歌を歌って歩くというのも面白いと思います。

周りに人がいないのですから、不可能ではないはずです。

もし難しいのであれば、心の中で鼻歌を歌ってもいいと思いますし、鼻歌のリズムに合わせて、両手を振ってリズムよく歩くのも気分がいいものだと思います。

鼻歌を歌って歩くことによって、何気ない散歩もポジティブなものに変化させましょう。

その6:車を使って、少し遠出

田舎での散歩において、車を使って、少し遠出してみるのもいいのではないか、と思います。

田舎だったら、車を使って散歩する道を変えることも可能です。

普段の散歩道では気づけなかった新鮮さや発見、気分転換にもなると思います。

車を使って遠出することによって、新たな散歩道を開拓してみましょう。

その7:あえて、人と仲良くなってみる

田舎での散歩において、多少すれ違う人も出てくると思います。

その人たちと仲良くなることによって、散歩がさらに充実したものになる可能性もあります。

やっぱり、1人で歩くだけでは気づけなかった発見や、その人たちと会話することによって、新たなアクションに繋がることも大いにあると思います。

あえて、人と仲良くなることによって、田舎での散歩の可能性を開拓しましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

田舎での散歩を楽しくする7つの方法

その1:ゆっくり歩く

その2:人かペットと歩く

その3:写真を撮って記録を取る

その4:運動にこだわる

その5:鼻歌を歌って歩く

その6:車を使って、少し遠出

その7:あえて、人と仲良くなってみる

歩こう、歩こう♪

田舎での散歩は都会での散歩よりも、何もない分、想像力や遊び心が磨かれると思います。

ぜひ、皆さんもこれ以外に楽しい散歩の仕方がありましたら、実践してもらいたいな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんのための5つのテレビ対処法

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPで、テレビを見るのは苦手だ」

「HSPで、テレビを見ると疲れる」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSP当事者の考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

その3:上手に避ける

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

目次

僕は、HSPで、テレビの質にはどちらかというと左右される方だと思います。

HSPさんのためのテレビ対処法ということで、何か1つでも参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

HSPさんは、バラエティ番組の声が苦手という方もいると思います。

なぜなら、バラエティ番組の声というのは、若干嘘っぽく、気分を無理やり上げるような声だからです。

例えば、さんまさんの声とかを聴いていると、普段から気分が明るいときには、少しはマシかもしれませんが、気分が暗いときに聴くと、ほっといてくれ!となると思います。

他にも、漫才をやったときに追加で入れられるような笑い声は、なんだか違和感を感じるという方もいると思いますし、無理やり笑わされているような気がして、少しシンドくなると言えるかもしれませんね。

といっても、バラエティ番組は見ると元気になる要素もありますので、ほどほどにスナック菓子程度につまむとよいのではないか、と思います。

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

HSPさんは、テレビのニュースは一切見ないようにしましょう。

僕も、ほぼ見ていません。

なぜ見ない方がいいかというと、最近では、テレビでも偏向報道がすごいという情報がありますよね。

ネガティブな情報しか流しませんし、見るとさらにネガティブにしかならないので、見ることは極力控えた方がよさそうです。

どちらかというと、YouTubeの方が、自分に合ったチャンネルを選びやすく、今なら1人1台くらい持っていると思いますので、各自自由に拝見できると思います。

HSPさんは、テレビのニュースは極力控えて、YouTubeや本、最近では音声メディアに切り替えるといいかもしれませんね。

その3:上手に避ける

これはどういうことかというと、HSPさんが家族や友達とかと居た場合に、テレビを見ていたら、上手に避けるという意味です。

自分1人だけなら上手にコントロールできると思いますが、人が見ているとコントロールしにくいので、その対処法をお伝えします。

まず、テレビを切ってもらうようお願いするのもありです。

お願いできる仲なら、お願いしてみるのもいいのかもしれません。

それか、すぐに意識を他のものに向けるという方法もあります。

例えば、観葉植物に目を向けたり、幸せな出来事があったならそのことに意識を向けたり、テレビからすぐに目を逸したり……などです。

それから、イヤホンを掛けて音楽を聴いたり、耳栓をしたり、自然の気を取り入れるといいと思います。

もし、HSPさんの周りでテレビを頻繁に見る人が居たら、これらの情報を参考にして、ぜひ上手に避けてもらえれば、と思います。

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

HSPさんは、芸術系のテレビ番組、良質なテレビ番組、NHKの番組(ニュース系を避けて)見るといいかもしれません。

なぜなら、テレビをインプットし続けても、よっぽど良質な番組でなければ、その場しのぎの人生になってしまう、と僕は考えるからです。

例えば、お笑い番組を見ると、そのときは少し元気になる要素もあります。

しかし、ほとんどの方はダラダラと見てしまうと思われますので、スキルを得ることもなく、感受性がものすごく磨かれるというわけでもなく(ユーモアを磨きたいのであれば、落語も取り入れてみるといいかも)、番組が終わったら、その反動で疲れるということもあるかもしれません。

ということで、HSPさんはテレビ番組の代わりに、芸術系の番組を見るか、良質と思われるバラエティ番組とかを見るか(それにはある種洞察力がいると思う)、プライムビデオ、もしくはNHKオンデマンドを見るのもいいかもしれませんね。

NHKオンデマンドは、プライムビデオを見ていたら、プライムビデオチャンネルという枠で、月額1000円くらい追加でかかると思いますが、良質の番組を見れると思います。

高いと思ったら、NHKのテレビ番組(ニュース系は避けて)、録画したりするなどして、見るといいかもしれませんね。

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

HSPさんは、普通のテレビ番組を見るより、自然系のテレビ番組を見るか、もしくはテレビを見る環境で自然を取り入れたり、実際にテレビを放ったらかして、アウトドアに向かうという方法もあります。

要するに、テレビを見るというダラダラ感を味わうのではなく、自然系の解放感を味わってみるといいのではないか、ということです。

自然系の番組だったら、NHKの番組には結構あると思いますし、NHKオンデマンドにもあると思います。

あとは、外の空気を取り入れながら見るとか、先ほども少し述べたように、観葉植物を取り入れたり、お香やアロマ、パワーストーンを身につけるというのもいい方法だと思います。

HSPさんは、テレビのダラダラ感を味わうよりも、自然系の解放感を味わってみるといいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPさんのための5つのテレビ対処法

その1:バラエティ番組はほどほどに

その2:テレビのニュースは一切見ないようにする

その3:上手に避ける

その4:芸術系のテレビ番組を取り入れる

その5:自然系のテレビ番組を取り入れる

テレビとうまく付き合おう。

正直、この記事で満足いくような記事ができたとは思っていません。

なので、もしかしたら、共感できないところもあったかもしれないですが、1つでも参考になるところがあれば、幸いだと思っています。

HSPさんとテレビの関係が、少しレベルアップしてもらえればいいかな、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^_^ゞ

「占いに、根拠はあるのか」

「占いが当たるものなら、信じたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

占いに対するスピリチュアリストの考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

その3:実際に、占ってもらう。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

僕は、精神関係の本を100冊以上読んで、実践しています。

占いもそれなりに活用しているので、実感に基づく記事を書けると思います。

それでは、始めていきましょう。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いに根拠はないと言うこともできますが、信じるに値する情報は揃っていると思います。

なぜなら、占ってもらった多くの方を観察していると、自分にとって当たっていると思われる情報を受け取り、信じた方がいいかもしれない、となっているように見えるからです。

具体例を挙げてみると、自分の性格や生活環境、他人が知らないことまで言われ、納得するしかないと占ってもらった方はそうなっている気がします。

普段口にしていなかったとしても、占ってもらうことによって、そう!そう!となる現象や、信じないと思って占ってもらった方が信じる現象もあります。

占いとは、占い師の力量と、占いを信じる人の力が合わさって、奇跡のようなことが起こっているのだと思います。

続いて、占いを信じるための3つの方法について、解説したいと思います。

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

実際に、占ってみることによって、占いとはこんなものかと、理論的に分かります。

占ってもらった人の顔を見て、占いは当たるんだな、と深く納得することができます。

例えば、身近なものにタロットカードがあります。

実際に僕もオショー禅タロットさん、活用させていただいておりました。

たしかに、占い(のようなもの)は、当たるなと深く実感しました。

それは、たしかです。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

占いを信じる、あるいは当たると思うためには、結局、自分の本心がそうだな、と納得する必要があると思います。

占い師の言うことだから、当たっているだろう、では当たっているとは言えません。

自分軸で生きるとは、他人の声ではなく、自分の本心に従うということです。

つまり、頭で考えるのではなく、心で感じている、ということが言えます。

その3:実際に、占ってもらう。

やはり、実際に占ってもらうことは、最強です。

そのためには、まず、占い師の力量を見極める力と、自分の本心、心が当たっていると、感覚的に思えるかどうかが重要だと思います。

占ってもらうことによって、頭で考えてあれこれ悩むよりも、しっくりくる可能性は高いです。

何事も、行動して分かることが多いです。

僕は、ゲッターズさんの占い本とか読んだことありますし、利用しているサイトもこちらの記事で紹介しておりますので、ぜひご参考ください↓

最後に、占いに根拠はあると個人的に思っている話をしたいと思います。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

占いに根拠はあると、個人的にはそう思っています。

なぜなら、心で感じれば、信じるに値する情報が多いです。

占いに救われた人も何人かいますし、なぜ人々がこんなに占いに惹かれるのか。

それは、スピリチュアルなことや、生死を考えることが、誰でも1度はあるようなことと似ています。

占いを活用することによって、幸せに生きるヒントをいただけるので、ほどほどに、自分の意見を持った状態で活用してみるといいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました。

占いに根拠はないが、信じるに値する情報は揃っている話

占いを信じるための3つの方法

その1:実際に、占ってみる。

その2:他人軸ではなく、自分軸で生きる。

その3:実際に、占ってもらう。

占いに根拠はあると個人的に思っている話

占いの、その先。

占いっていうのは、結局、当たると、頭ではなく心が思うかどうかだと思います。

芸術とかも、結局、美しいと感じるかどうかは、心です。

大切なこと、見えないことは、結局、信じたり、想像力で実感と繋がることが、大切だと思います。

そのための、小さな当たっているかもしれない、はいくつか必要かもしれないですけどね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

真理とは? 具体例を挙げつつ、できるだけ簡単に説明してみた。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「真理とは何か、簡単に知りたい」

「真理の例を楽しく知りたい」

「真理を知ることによって、どのようなメリットがあるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

自己啓発系の本を100冊以上おそらく読んでいる僕の考察記事です。

目次は、以下のようになっております。

真理とは?

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

目次

僕は、真理はあると思っているし、ものすごく頭で考えるものではない、と思っています(ここ賛否両論あると思うけど)。

真理というものを、色々な書物を読んで理解し、個人的な意見としてわかりやすく提示できればな、と思います。

よかったら、参考にしてみてください。

それでは、始めていきましょう。

真理とは?

真理とは、簡単に、必要な箇所だけ覚えようとすると、世の中を正しく動かす法則のようなもの、と捉えていただいてもよいかもしれません。

真理があることによって、世の中が正常に動いていくのです。

例えば、飛行機に乗ると、目的地に到達します。

そのためには、様々な人の努力とチームワーク、コミュニケーション、ルールなどが、おそらく要りますよね。

このように、何か目的を成し遂げるために、真理というものが必要なのでは、と僕は考えます。

真理とは、要するに、この世界のほんとうのルールと言ってもいいかもしれません。

続いて、真理の例を、詩から3つ列挙します。

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

この詩は、茨木のり子さんが書いた詩で、聴くことの重要性が美しく記憶される詩です。

つまり、人々は、聴くことをおろそかにして、何かを話したり、何かを書いたり、何か行動に移したりしているわけです。

けれど、聴くというやさしさなしに、アウトプットは可能なのか、と僕にはそう聴こえました。

その2:『なぜ』川崎洋

この詩は川崎洋さんが作った詩で、大人になって好奇心を失ったのはいつからだろう的なことが書かれています(詩はぜひノウハウを得るより、味わってくださいね)。

好奇心が大切だというのも、真理の1つだと思います。

好奇心なしに、世の中が動いていたら、世界はつまらないものになっていると思います。

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

この詩は、まど・みちおさんが書いた詩で、存在の重要性について、やさしい韻律で歌っています。

現代に生きていると、あの人は存在価値があって、自分には価値がない、と思って生きている人がいたり、自分は存在価値があるけれど、それ以外は価値がない、と思って生きている人がいたりします。

けれど、よく考えてみれば、この宇宙が無限だと分かれば、存在があると感じることさえできれば、それだけで素晴らしいことだし、平等に人も動物も自然も愛されるべきではないか、と分かるような詩です。

※余談:今紹介した3つの詩は、こちらの詩のアンソロジー(1650円)に収録されています。

よかったら、ご覧ください↓

最後に、真理を正しく知ると、どのような効果があるのか、について答えたいと思います。

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

真理を正しく知ると、スムーズに動けると思います。

ものすごく噛み砕いて言うと、ですけど。

なぜなら、真理、つまり世の中のほんとうのルールが分かることによって、人々は幸せに生きることができるからです。

まあ、真理が人々を不幸にするものとは、おそらく言えないと思うし、少なくとも僕は真理は人を幸せにするものだと捉えています。

例えば、先ほど挙げた『聴く力』1つとっても、相手の話をよく聴くことによって、こちらも納得して楽しく返答できますよね。

『なぜ』を挙げてみても、好奇心があることによって、世の中に楽しい人が増え、例えばエンタメ業が盛んになって、世界に活気が出るという例もあります。

『ぼくが ここに』を読んでも、ここにいていいんだ!と多くの人が思うことによって、無理に自己肯定感を上げなくても、ありのままの自分でいいんだと気づき、自然体で、本来の力を発揮する人も増えると思います。

真理を知ることによって、人々は幸せになる基本を掴んだり、詩を読むことによって細部の色々な真理を知って心を豊かにすることも可能だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

真理とは?

→世の中を正しく動かす法則のようなもの

真理の例を、詩から3つ列挙します。

その1:『聴く力』茨木のり子

その2:『なぜ』川崎洋

その3:『ぼくが ここに』まど・みちお

真理を正しく知ると、どのような効果があるのか。

→幸せに生きやすくなる

真理を知って、楽しく生きよう。

真理というと、難しいと考える人もいると思いますが、本質は簡単かつシンプルなのだと僕は思っています。

真理を知って、楽しく生きましょう。

そして、みんなと楽しく生きましょう(なんか宗教っぽいですが、宗教ではありません)。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者などのマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

障害者が芸術家になる3パターンの方法について考察してみた。

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「障害者と芸術との関わり方について知りたい」

「障害者が芸術家になる方法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

目次は、以下のようになっております↓

障害者が芸術に触れるメリット

芸術家になった方がいい人とは?

障害者が芸術家になる3パターンの方法

おまけ(支援に関すること)

目次

僕は、発達障害の自閉スペクトラム症を持っています。

それなりに障害者の方たちの気持ちに寄り添った記事を書けると思いますので、よかったら最後まで見ていただけると幸いです。

それでは、始めていきましょう。

障害者が芸術に触れるメリット

障害者の方が芸術に触れると、心が癒され、日常の生活の質が高まる、と思います。

なぜなら、芸術とは見えない傷や、簡単に言葉では言い表せない葛藤やモヤモヤなどを、浄化する働きがあるからです。

例えば、美しい絵画に出会ったとしますね。

見ると、心が癒され、がんばろうという気持ちが湧くとともに、自分もこのような作品を作りたい、と思います。

そして、芸術のエネルギーは多くの人たちに影響を与えていくことも可能です。

芸術を見ることによって、作品と同調し、それがいい作品なら、体にも心にもいい影響を与えることが可能です。

続いて、あえて言いますが、芸術家になった方がいい人について、言及します。

芸術家になった方がいい人とは?

障害者の中でも、芸術家になった方がいい人とは、芸術を作ったときに、一定の実力を持つと保証された人たちの多数が、美しいと判断した場合に限る、と言えるかもしれません。

なぜなら、まず、その作品が美しいと判断されないと、それが世に出たときに、一定の人の人生に悪影響を与える可能性もあるからです。

したがって、芸術がどんなものか分からない人たちに代わって、プロの芸術家、あるいは芸術に対して見る目を持っているとある程度信頼できる人たちに美しいかどうか判断してもらい、自分でも作品に対して美しいと納得してから、芸術家になっていく方が無難だと思います。

そして、それは社会的にも正しい認められ方だと、僕は思います。

一例挙げてみると、ダウン症の書家、金澤翔子さんがいますよね。

TBSの『金スマ』という番組でたまに見かけます。

あの人は、たしかお母さんがプロの書家で、指導を受けつつ、作品を作っています。

その人の作品を見ると、やはり、美しいと感じる人は多いのだろうな、と思います。

醜い作品だった場合、それは見る方も辛いものがあります。

したがって、障害者が芸術家を志すときに、自分の作品が美しいとある程度判断できてから志すというのが、仕事として稼いでいくときに必要なのでは、と思います。

もちろん、作品を作る本人が、ある程度楽しいと把握できてから挑戦する方がいい、と思います。

さて、いよいよ本題ですが、障害者が芸術家になる3パターンの方法について、解説します。

障害者が芸術家になる3パターンの方法

その1:誰に評価されなくても、芸術家としての生き方を実践する。

たとえ障害者の方たちが芸術家になれなくても、芸術家としての生き方は実践できます。

例えば、普段の身体所作から、考え方、あるいは作品を作るときの態度に、芸術家としての生き方が表現されることもあります。

もちろん、芸術をたくさん見て成長したり、作品を、忍耐強く楽しく作りながら生きていく中で、人々の目に留まるということもあると思います。

その2:発信活動や営業を通して認知してもらう

今は、ブログやSNS、YouTubeなど、自分を幅広く認知してもらう制度は整っているので、利用しない手はない、と思います。

僕も、ブログで発信していますし、noteやツイッターで発信していた時期もありました。

他にも、個展とかなら、イベントスペースとか場所をレンタルできるサービスとかもあるので、それを活用しつつ、広告宣伝に多少のお金を使うか、あるいは人気になった発信元で集客し、計画を立てたりしつつ、運営することも可能なのではないか、と思います(ここら辺、詳しくないので曖昧です。すみません)。

その3:作品を作り、賞に応募する。

障害者の方が作品を作ったときに、賞に応募するという方法もあります。

おそらく、これが一番手っ取り早く芸術家に近づく方法だと思います。

例えば、詩で言うなら、現代詩手帖賞がかなり有名です。

ここから詩人になった方も多いです。

あと、ネット詩誌『MY DEAR』というサイトでは、免許皆伝という制度があり、かなり詩を作るのが上手な人でも、プロの詩人になるには最低2~3年くらいかかる、と一応管理人の方に聴く機会があったので、聴きました。

詳細は、『MY DEAR』のサイトをご参考ください↓

ネット詩誌『MY DEAR』さんのホームページ

というわけで、今回の記事を終わりにしようかな、と思います。

おまけ(支援に関すること)

障害者が芸術家になる上で、芸術だと仕事として成立しないかもしれない。

あるいは、自分たちの力だけでは不十分なので、支援を受けよう。

このような思考で、検索される方もいるのかな、と個人的には思います。

支援してもらうのもいい、と僕は思います。

しかし、自分たちでまず芸術家として覚悟を持って生きると決めていない人たちに、お金を貸したい、または投資したい、と向こう側の人たちが考えてくれるかどうか、一度考えてみる必要はあるのではないか、と僕は思います。

その辺は、頭の片隅に入れるか、聞き流してくれたら、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました。

障害者が芸術に触れるメリット

→日常の生活の質が高まる

芸術家になった方がいい人とは?

→醜い作品ではなく、できれば美しい作品を作れる人

障害者が芸術家になる3パターンの方法

その1:誰に評価されなくても、芸術家としての生き方を実践する。

その2:発信活動や営業を通して認知してもらう

その3:作品を作り、賞に応募する。

おまけ(支援に関すること)

→自分が投資してもらえる人か、一度考えてみる。

芸術は、爆発だ!

ここまで、障害者と芸術との関係について、述べてきました。

つい楽しくなって、結構な文量書いたかな、と個人的には思います。

他にも記事作成していますので、よかったら見ていただけると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPやマイナーな方向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPと発達障害を両方持っている当事者が考えるHSPと発達障害

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPと発達障害の違いについて知りたい」

「HSPと発達障害の対処法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPと発達障害の当事者である僕が考えるHSPと発達障害の考察記事です。

目次は、以下の2つになっております↓

HSPと発達障害の違いについての考察

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

目次

僕は、発達障害の診断を受け、数年後にHSPだな、と思いました。

考察記事なので参考程度に、ですが、皆さんに何かしら得する情報を1つでもお届けできれば、と思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPと発達障害の違いについての考察

HSPと発達障害の違いを考える上で、正直、違いなんてどうでもいいことなのでは、と思ったりもします。

なぜなら、HSPと発達障害を知ることが目的ではなく、分かった上でどう対処するかが問題ですよね。

というわけで、具体例を実体験に基づき、2つ挙げておきます。

僕は、発達障害特有の思ったことをズバッと言う傾向にあります。

しかし、HSPの自分が、それを言ったら相手が傷付くと分かって言うこともあります。

つまり、傷付きながら、それが相手のタメになると思ったら、ズバッと言う傾向にあります。

それから、これは僕の個人的感覚にはなりますが、HSPがあるがゆえの発達障害はないと考えます。

そして、発達障害があるがゆえのHSPはあるような気がしています。

HSPと発達障害の違いは、正直、難しいと思いますが、どうでもいいという思いがあります。

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

続いて、HSPと発達障害について、なんとなく分かったところで、僕が実践した対処法を挙げます。

皆さんも、何かしら参考になるところがあるかもしれないので、ここに記しておきます。

HSPは、クリエイティブな作業に活かすとよいと思います。

なぜなら、インプット能力が高いので、必然的にアウトプットする才能を抱えていると言えるからです。

詳細はこの記事を見ていただけたら、と思います↓

そして、発達障害の対処法に移りますが、自閉スペクトラム症である僕は、言語能力が高くて、その代わり処理速度が遅いと診断結果が出ました。

だから、話すのではなく、書くことによって、人とうまくコミュニケーションを取っています。

あとは、父が割と、僕の発達傾向に理解を示してくれて(それには長い時間がかかったけど)、話した後に僕が理解するのを待ってくれます。

理解したら、僕は結構物事を覚えるので・・・。

というわけで、HSPはクリエイティブ作業に活かし、発達障害(僕の場合)は、書く作業をなるべく行うようにし、一定の理解を示してくれる人のもとで過ごしています。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、述べてきました↓

HSPと発達障害の違いについての考察

→HSPから発達障害はない。発達障害からHSPはあるかも。

HSPだろうが、発達障害だろうが、個性なんだから、活かそうよ!

→HSPはクリエイティブ作業、発達障害(僕の場合)は、書いてコミュニケーション&周囲に理解者

個性を、解き放とう!

HSPと発達障害って、ややこしいですね。

でも、どちらも否定するものではありません。

活かし方が分かっていないだけです。

活かし方が分かったら、大多数の人よりも個性を発揮しやすいのではないか、と僕は思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者向け記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

地元民が語る! 和歌山のおすすめ特産物ベスト5

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「和歌山の隠れた特産物を知りたい」

「和歌山の美味しい特産物を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

地元民が厳選した、5つの特産物です。

目次は、以下の5つになっております↓

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

その2:柿

その3:山椒

その4:梅干し

その5:わさび寿司

目次

僕は地元に住んでいて、様々な場所に訪れる機会がありましたので、少なからず知っているという次第です。

皆さんが、和歌山にこんな特産物あったんだ、と思ってもらえたり、美味しそうだなあ、この特産物というものがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

和歌山のおすすめの特産物といえば、みかんです。

生産量は、日本でトップクラスです。

デコポンやじゃばらといった品種があります。

デコポンは、みかんの中でもかなり美味しいと思いますし、じゃばらは北山村という飛び地で栽培され、花粉症にも効くといううわさがあります。

その2:柿

和歌山の特産物において、もおすすめです。

たねなし柿という品種もあるそうで、たねがないそうです。

以前、和歌山の山奥に行ったとき、柿畑というものがありました。

とても広い土地に、たくさんの柿の木があり、見ると何か癒される気配もありました。

その3:山椒

和歌山の特産物に、山椒があります。

山椒は小粒でもぴりりと辛い、ということわざが有名ですね。

ブドウサンショウという山椒の実もあり、ブドウの房のようにたくさんの実がつきます。

山椒の木に近寄ってみると、独特の香りがします。

とてもいい匂いだったと記憶しています。

その4:梅干し

和歌山の特産物で真っ先に思い浮かぶものといえば、梅干しが挙げられると思います。

ほぼ日本一と言ってもいいと思います。

健康志向の方におすすめで、梅酒や梅ジュースといった加工品もありますね。

はちみつ梅というのもあります。

梅関係で、ギフトを贈ろうとか、美味しいものが食べたいという方は、こちらで確認するのもおすすめです↓

紀州梅の里なかた

その5:わさび寿司

わさびの葉を巻いた寿司で、和歌山の郷土料理です。

個人的には葉とすし飯を併せた歯応えが、絶妙に美味しいと感じます。

地元の番組を見ていると、よくわさび寿司が登場します。

『赤玉』という有名なお店がありますので、行ってみるのもいいのではないか、と思います。

赤玉さんのホームページ

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

和歌山のおすすめ特産物ベスト5

その1:みかん

その2:柿

その3:山椒

その4:梅干し

その5:わさび寿司

和歌山には、魅力がいっぱい。

僕は、この中では、みかんとわさび寿司がおすすめですね。

他の特産物に申し訳ないですが、やっぱり食べていて美味しいと感じました。

梅干しは、梅酒とか、梅ジュースはいけるんですが、梅単体はちょっと、ね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSPや高齢者方向けの記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ