HSPの3つの男性あるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPの男性あるあるって、どんなものがあるかな」

「HSPの男性の特徴って、どんなものがあるかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPの男性あるあるって、なかなかないと思うのですが、考察記事として参考にしてもらえるとうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

HSPの3つの男性あるある

その1:男性だが、中身は複雑。

その2:いじめられる、またはいじられる。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

目次

僕は、HSPで男性です。

HSPの男性の方たちも、心細い日々を送っている方たちもいるかもしれない、と思ったことと、HSPの男性あるあるという新たな視野を広げる記事にできればな、と思います。

それでは、始めていきましょう。

その1:男性だが、中身は複雑。

1つ目に、男性だが、中身は複雑だと思います。

女性は複雑だということは、何回か聴いたことあります。

そして、男性はシンプルで馬鹿だと(言い方悪くてすみません)。

しかし、HSPの男性には、シンプルで馬鹿な傾向というよりも、複雑性(女性性)があるような気がしています。

これは、HSPの男性が、女性っぽくて女々しいということではなくて、女性の強さみたいなものを兼ね備えているような気がするのです。

例えば、葛藤して悩んできた過去のおかげで、メンタルが強くなっているとか、普通の男性よりも、やさしいところがあるとか……。

男性は、シンプルで馬鹿な傾向があるというだけで、全員の中身がそうだというわけではありません。

HSPは、特に複雑性を兼ね備えている気がします。

HSPの男性は、中身が複雑で、一般の男性のイメージに当てはまらない部分が多少あるのではないか、と思います。

次に、HSPの男性は、いじめられる、またはいじられる件について、述べたいと思います。

その2:いじめられる、またはいじられる。

2つ目に、いじめられる、またはいじられる傾向があるような気がします。

これは、よく経験したことがあります。

ノリと破天荒みたいなものに疎くて、ついいじられたり、いじめられたりする傾向があるような気がします。

利用しやすいとか、思うんでしょうか。

例えば、やさしいオーラみたいなのをまとわせていると、弱いやつみたいに見えて、いじめられたり、相手の意見を尊重するあまり、自分の意見がないように感じられ、いじられたり、まあ、色々あるような気がします。

ノリと破天荒が、悪いわけではありません。

ただ、僕はそういうのを冷めた目で見ていたような気がします。

自然と、そうなってしまうんですよ。

HSPの男性は、いじめられたり、いじられたりする傾向があると思いますが、思い当たるところはあるでしょうか。

最後に、HSPの男性は、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい件について、述べたいと思います。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

3つ目に、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい傾向があるような気がします。

僕は、人助けをすることが好きなのですが、なかなか堂々と言えません。

いい人ぶっているのか、とあまり思われたくないからです。

例えば、女性の方に、さりげなくやさしい行動をすると、下心があるからそんなことしたんだろうと思われがちです。

もちろん、そのようなこともないわけではないときもあるのかもしれませんが(笑)、普段の心持ちとしては、性別に関わらず人助けしたいという気持ちで行動します。

いい人ぶっているように、周囲の人に感じられると、同調圧力みたいな感じで攻撃されることもあるので、鳴りを潜めて、さりげなく助けます(笑)。

HSPの男性は、根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい傾向があると思われますので、どうかその根っこの部分を大切にしてほしいな、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPの3つの男性あるある

その1:男性だが、中身は複雑。

その2:いじめられる、またはいじられる。

その3:根はやさしいが、うかつに手助けすると恥ずかしい。

男性にも、色々あるんです。

実は僕は、男性はこんな感じ、という風に、女性の方たちから指摘されることに、傷ついた経験があります。

たしかに女性の方たちには、人権があったり、男性に理不尽な思いをさせられたこともあると思います。

しかし、それは一部の男性によるものではないか、と思うこともありました。

女性の方たちを非難するわけではありませんが、男性にもこのような思いをしている方たちも、多少なりともいると推測してくださると、とてもうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPによる5つの生きづらいあるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPって、生きづらいなあ」

「HSP向けのあるあるって、どんなものがあるかなあ」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

HSPによる生きづらいあるある、紹介していきたいと思います。

目次は、以下の5つになります↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

目次

僕は、HSPです。

今まで、生きづらいと思ったことも何度かあります。

それらを今回の記事で、紹介していこうと思います。

それでは、始めていきましょう。

HSPによる5つの生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、嵐のような人に振り回される、があります。

なぜなら、HSPさんは、よく人に振り回されてしまう人だからです。

具体的に言うと、職場にいる嵐のような人とか、飲食店で店員さんを困らす嵐のような人とか、近所に住む困った人とか、まあ、色々あると思います。

HSPさんは、嵐のような人が来たら、「うわ、また来た」ではなく、「ああ、また来ましたか~はいはい」みたいな感じで受け流す努力をしてみるといいのかもしれません。

その2:騒音に惑わされる

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、騒音に惑わされる、があります。

なぜなら、HSPさんは感覚過敏なので、小さな音でも「うわっ」と驚いてしまうからです。

例えば、家の中でゆったりしていると急に外から変な音、あまり聞かない音が聞こえてきて「なんだ、なんだ」となったり、あるいは電車の行き交う音でも結構ストレスになると思います。

HSPさんは、騒音に惑わされないよう、都会から田舎へ引っ越したり、家の中では耳栓などの防音対策を講じるなど、色々と工夫してみることが大切だと思われます。

その3:些細なことでトラウマ抱える

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、些細なことでトラウマ抱える、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、些細な嫌なことでも思い返し、処理するのに時間がかかると思われるからです。

例えば、誰かから言われた自分を理解してくれない言動から、傷つき、その記憶をいつまでも保持してしまう、があると思います。

他にも、これは僕の場合なんですが、いじめを受けていたので、周りから見てそれほど大したことないように見えても、大ダメージをくらっていたこともあります。

あっ、いじめのトラウマは克服しておりますので、ご心配には及びません(^^ゞ

HSPさんは些細なことでトラウマを抱えやすい傾向があると思われますので、そのような場所、仲間から一歩引くよう心がけ、トラウマを抱えることがあっても、すぐに回復できるよう家での過ごし方に気をつけたいところですね。

その4:情報で頭がパンクする

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、情報で頭がパンクする、があると思います。

なぜなら、HSPさんは、情報をたくさん脳内に取り込みやすいので、すぐに頭の中でパンクする可能性があるからです。

例えば、ネットとかの情報は、どんどん手に入れやすいですよね。

しかし、それ故に、質の低い情報がどんどん頭の中に雑念として残ってしまいます。

ほんとのこと言えば、今見てもらっているこのブログも、情報としては浅いものだと思います。

なので、気軽に、慎重に(大切に)、情報をインプットしていくことが大切だと思います。

HSPさんは、情報のコントロールを制すれば、質のいいインプットをたくさんできると思われますので、ぜひ本やYouTubeとか見るのもいいのかもしれませんね。

その5:同調圧力に屈してしまう

HSPさんによくある生きづらいあるあるとして、同調圧力に屈してしまう、があります。

なぜなら、HSPさんは他人の意見を優先することが多いからです。

例えば、集団で何か発言するときに、みんながこれだという方向に行っていたら、発言することはむずかしくなり、他人の意見を優先させてしまいます。

これはある意味、自分の意見に何か言われることを避けるためだと思われます。

HSPさんは、相手の意見を聞き流し、それでいてさりげなく自分の意見を言い、違うところ(例えばネットや別のコミュニティ)で自分の意見を言い、その人たちと仲良くなればいいのだと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

HSPによる生きづらいあるある

その1:嵐のような人に振り回される

その2:騒音に惑わされる

その3:些細なことでトラウマ抱える

その4:情報で頭がパンクする

その5:同調圧力に屈してしまう

生きづらい世の中、楽しんでいこう。

HSPの生きづらいあるあるって、まだまだ他にもあると思うんですよね。

けれど、最近のコロナ渦によるオンライン化からしても、世界はいい方向に向かっていると思います。

少数の有志とともに、世界をよりよい方向に変えていけたらいいですよねヽ(^o^)丿

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

一人が好きなHSPさんの5つのあるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPって、一人が好きだと思うけど、なんでかな?」

「HSPのあるある知りたい!」

これらのようなことをお考えのあなたに、おすすめの記事となっております。

一人が好きなHSPさんのためのあるある記事です。

目次は、以下の5つになります。

一人が好きなHSPさんあるあるその1:一人の時間は、最高の時間!

一人が好きなHSPさんあるあるその2:無意識にインドアを極める

一人が好きなHSPさんあるあるその3:一人で寂しい思いをしているわけでもない

一人が好きなHSPさんあるあるその4:だからといって、人が嫌いなわけでもない。

一人が好きなHSPさんあるあるその5:魂が成熟している

僕は、HSPと自称できるくらい繊細と言えます。

以前チェックリストでも、かなり当てはまっていたと思います。

そんな僕ですが、一人が好きなHSPさんあるある、始めていきましょう。

一人が好きなHSPさんあるあるその1:一人の時間は、最高の時間!

HSPさんにとって、一人の時間は最高の時間と言えます。

なぜなら、好きなようにインプットし、好きなようにアウトプットできるからです。

これが、大勢の人と一緒にいると、ネガティブな情報を無意識に大量インプットしてしまうし、自分の好きなように発言することも難しいですよね。

僕なんかは、ネットを利用して、やっとほんとうの自分らしく発言できるようになった気がします。

HSPさんにとって、一人は最高の時間で、一般の方よりも、非常に必須の出来事なのです。

一人が好きなHSPさんあるあるその2:無意識にインドアを極める

HSPさんは、無意識にインドアを極める、と思います。

なぜなら、基本外出することが少ない、と考えられるからです。

例えば、HSPさんは刺激に敏感なので、外出すると余計に疲労します。

その結果、基本家にこもるようになります。

そして、家の中でできることを探すので、インドアを極めていく傾向がある、と推測できます。

ちなみに、僕が家で実行しているインドアには、このようなものがありますので、よければ参考にしてみてください↓

一人が好きなHSPさんあるあるその3:一人で寂しい思いをしているわけでもない

HSPさんは、一人で寂しい思いをしているわけでもない、と思います。

もちろん、一人だと寂しい人もいるとは思いますが、基本HSPさんにとって、一人は天国と言えるからです。

例えば、一人暮らししていても、結構心はポジティブで、自由を謳歌していることが考えられます。

僕も今まで、何回か一人暮らしをしたことがありますが、何人かの人と行動していると逆にめんどくさい、と感じるような気がします。

ですので、必ずしもHSPさんは一人が寂しいというわけではない、と思います。

一人が好きなHSPさんあるあるその4:だからといって、人が嫌いなわけでもない。

HSPさんは、人が嫌いというわけではありません。

むしろ、人間関係で刺激を敏感に受け取ってしまうから苦手になるのであって、人が嫌いというわけではありません。

苦手という言葉には、好きだけど苦手という意味合いがあり、例えば、犬は苦手で触るのが少し怖いけど、だからといって、犬が嫌い、とは言えないですよね。

したがって、HSPさんは、一人が好きだからといって、人が嫌いというわけではありません。

一人が好きなHSPさんあるあるその5:魂が成熟している

HSPさんは、基本魂が成熟している、と思います。

なぜなら、今まで様々な困難を乗り越え、もしくは受けて、学び成長している可能性があるからです。

例えば、僕はHSPゆえに、人間関係では衝突というか、壁がありました。

ですので、そこから自分の何がいけなかったのか、改善できるところはあるのか、幸せとは何ぞや、と考えるようになり、結果的には、魂が成熟している、と思います。

HSPさんは、その脆さから生まれ出る強さを兼ね備えている、と思います。

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

この記事では、以下のようなあるあるについて、触れてきました↓

一人が好きなHSPさんあるあるその1:一人の時間は、最高の時間!

一人が好きなHSPさんあるあるその2:無意識にインドアを極める

一人が好きなHSPさんあるあるその3:一人で寂しい思いをしているわけでもない

一人が好きなHSPさんあるあるその4:だからといって、人が嫌いなわけでもない。

一人が好きなHSPさんあるあるその5:魂が成熟している

HSPさんの一人好きは、一般の方からすると、少し信じがたい面もあるかもしれません。

しかし、HSPさんは、一人でいることによって、様々な恩恵を受けている、と考えられます。

HSPさんは、この調子で、一人好きを楽しんでいきましょう!

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

この記事では、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、たまにHSP、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

HSPさんが体験する5つの耳あるある

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、HSPさんあるあるで、耳編ということでお送りしたいと思います。

HSPさんの耳あるあるで、僕がこれはあるあるじゃないだろうか、と思ったことをピックアップします。

目次は、以下の5つです。

HSPあるあるその1:小さな音に過度に驚く。結果、周囲を困惑させる。

HSPあるあるその2:小さな音に過度に驚く。周囲を見渡して、誰もいない。ホッとする。

HSPあるあるその3:小さな音に過度に驚く。また来ないか不安になって、戦闘態勢。

HSPあるあるその4:いい音楽が、ますますいい音楽に聴こえる。結果、音に肥える。

HSPあるあるその5:小さな音にアンテナが反応する。それを人に伝えられる。

に、なります。ちょっと長くなっちゃって、すみませんね。

僕はHSP歴20年弱ですね。

つまり、HSPである程度、色々なことに悩んできたというわけです。

そのことを踏まえて、内容の濃いあるあるをお送りできればな、と思っています。

それでは、始めてまいります。

HSPあるあるその1:小さな音に過度に驚く。結果、周囲を困惑させる。

これはよくあるというか、気まずい例ですね。

小さな音に驚きたいわけではないんですけど、ビクッとなる。

それで、周りにいた人が「え? そんなことでビビるの?」みたいな変な空気になることを指しています。

小さな音に驚くときは、周りに人がいない方が、安心ですね。

HSPあるあるその2:小さな音に過度に驚く。周囲を見渡して、誰もいない。ホッとする。

さっきと同じ小さな音に驚くシリーズ。

今度は、周りに人がいなかった時の状況です。

周りに人はいないんですけど、ビクッと驚いて、後で1人で気まずくなるという状況です。

それ関連で、僕は田舎に住んでいるからそういうことが起こるんですけど、周りに誰もいないと思っていたら、後ろからクラクション鳴らされたときありますからね。

あれは、ビクッとなって、ちょっと足が宙に浮きました。

HSPあるあるその3:小さな音に過度に驚く。また来ないか不安になって、戦闘態勢。

はい。小さな音に驚くシリーズ完結編。

これは、予期不安って言うんですかね? 過緊張状態というか、身構えている感じですね。

1回音で驚いたら、またその音が来ないか不安になって緊張する。よくあることです。

家の近くで、何度も車が通るんですけど、また来るか、また来るかって感じで緊張状態になることもしばしばです。

まあ、現在は少し慣れて、ある程度コントロールできるようになりましたが、騒音っていうのはキツイですね、やっぱり。

HSPあるあるその4:いい音楽が、ますますいい音楽に聴こえる。結果、音に肥える。

これはHSPさんの耳あるあるで、プラスのメリットについても述べてみました。

HSPさんって、騒音に悩まされるだけじゃなくて、いい音は、ものすごくいい音楽として捉えることができるんですね。

例えば、クラシックとか、J-POPをちょうどいい音量で、じっくり1人で感じてみると、とても気分がよくなります。

明日への活力を補うこともできます。

HSPさんは、うまくその気質を利用することで、メリットに転じさせることもできます。

HSPあるあるその5:小さな音にアンテナが反応する。それを人に伝えられる。

これは、危機察知能力というか、これから起こることを敏感に察知して、周りに教えることができます。

遠くにある車の音とか、救急車の音とか、敏感に察知して、自分の行動、周りの行動を統制することができます。

例えば、これは応用だと思うんですけど、時代の波、トレンドを把握することも可能かもしれませんね。

HSPさんは、人の気持ちとか、空気を読むことに長けているので、いい場所、状況に誘導できるかもしれませんね。

それでは、HSPあるある、まとめです。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか?

HSPさんの耳あるある、たぶん他にも色々なことがあると思います。

僕が紹介したHSPさんの耳あるあるは、以下の通りでしたね↓

HSPあるあるその1:小さな音に過度に驚く。結果、周囲を困惑させる。

HSPあるあるその2:小さな音に過度に驚く。周囲を見渡して、誰もいない。ホッとする。

HSPあるあるその3:小さな音に過度に驚く。また来ないか不安になって、戦闘態勢。

HSPあるあるその4:いい音楽が、ますますいい音楽に聴こえる。結果、音に肥える。

HSPあるあるその5:小さな音にアンテナが反応する。それを人に伝えられる。

HSPさんに悩み、あるあるは尽きないものですが、HSPさんのメリットというのもあります。

それをもとに、日々楽しみながら、生きていければ最高ですね。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関係)の話、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けています。

今回参考にしたかめれもん★のツイッターは、こちらです↓

かめれもん★のnoteもこのブログ経由で見れますので、よかったら遊びにきてください。

ここまで読んでいただいた方々、ほんとうにありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ