詩情とは? 具体的な3つの例とそれを理解するための2つのコツ

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^_^ゞ

今回は、詩情って、なんだろう? 曖昧でよくわからない!と感じてる方具体的な例はないの?と思う方、詩情をしっかり感じ取れるためのコツってないの?という方におすすめの記事となっております

目次は、大きく分けて、以下の3つになっております。

・詩情とは?

・具体的な3つの例

・詩情を知る、もしくは理解するためには、どうしたらいいの?

わたしは、半年以上詩に対する考察(もちろん詩作も行っています)、ブログを展開してきました。

その中で、詩情というのは、とても大事で広範囲に及ぶと思います。

その辺りを考察していくので、よかったらご覧いただければ、と思います。

詩情とは?

詩情とは、生きる歓びであったり、永遠性とも言うことができると思います。

たまに、詩情を感じたときは、日常のささいなことでも美しいと思えるかもしれません。

けなげな虫の声に、はかなさを感じたり、平凡に暮らす人であったとしても、ドキュメンタリーで撮影してみると、結構おもしろいところがあったりしませんか?

それでは、具体的な3つの例を挙げていきます。

具体的な3つの例

その1:詩以外の芸術作品

まず、詩情と書いているから、詩だけのものとは限りません。

具体的には、音楽もそうですし、美術作品もそうです。

映画や他の文学を見たり、あるいは演劇を見に行ったりする。

そんなときに、元気をもらって、また明日も生きてみようと思うことはありませんか?

芸術には、そうした詩情が色々な形で表現されていると思います。

ですから、芸術=詩情と言うこともできると思います。

その2:スポーツ選手

スポーツ選手で、がんばれー!とか、ヒヤヒヤして見ながら、すごい偉業を成し遂げる瞬間を見たとき、わたしたちは心が動いていませんか?

それを感じたとき、わたしたちの心は、それがあった前と後とで違っていたりすると思います。

なぜなら、詩情があなたの心に作用して、日常に現れてきたからなんです。

詩情は、感動と言うこともできます。

その感動が、人々の新たな日常を創造するのです。

その3:自然

例えば、川のせせらぎや空、風などが言えますね。

先ほどの虫の鳴き声も詩情と言うことができます。

それらを見たとき、わたしたちは心が癒されていませんか?

よく、田舎に住んでいると、街中から人々が自然に癒しを求めてやってくるんですけど、それは詩情を求めてやってきたとも言えます。

なぜなら、詩情は、人々の心に美しく反映されるからなんです。

詩情を知る、もしくは理解するためには、どうしたらいいの?

ここまで、詩情とは何なのか言葉で說明してきました。

しかし、それでも詩情って、よくわからないよ!という方もいると思います。

それは、当然のことです。

あの谷川俊太郎さんも、詩のことをよくわからないというようなことを言っています。

しかし、だからこそ、詩というのはおもしろいものですし、詩情もおもしろく尊いものです。

じゃあ、それをどうやったら、感じることが可能になるのか。

それには、以下の2つのコツがあります。

その1:美しいと感じる経験を増やすこと

美しいと思った経験は、おそらく誰にでもあったことと思います。

ではそれを、しっかり感じてみましょう。

味わうように、細部までしっかり味わいます。

例えば、文学などを何回も繰り返し読んだり、自然の中でしばらく座って(あるいは立って)感じたり、スポーツ選手の輝きを何人も眺めたり、または会場に足を運ぶというのもいいですね。

そうして、詩情を、少しずつ貯金箱のように溜めていくのです。

そうすることによって、あなたは小さなことでも詩情を感じることができます。

例えば、身近に咲いている花を見て、美しいな、とかですね。

そして、その感受性を自分に生きる活動(創作活動や家事などでもいいです)に活かしていくことが可能なのです。

その2:余計な雑念を減らし、ありのままに世界を見ること

それから、余計な雑念を減らすことによって、ありのままに世界を見ることができます。

詩情を感じるというのは、割と繊細なアプローチです。

ですから、雑念などがあっては、きっちり捉えることはむずかしいのです。

それを取り除く具体的な例として、瞑想やヨガ、マインドフルネスがあります。

それらは、普段自分が抱えているもやもやや執着を手放してくれます。

心(感度)の掃除みたいなものですね。

それを行うことによって、いざ美しいものに出会ったとき、しっかりそれを感じ取れる可能性が出てきます。

それでは、この記事をまとめます。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか?

詩情は、色々な言い方ができますが、生きる歓び、その美しさと言うこともできます。

それには、詩以外の芸術作品スポーツ選手自然に感じることができますね。

詩情を感じ取るコツとして、美しいと感じる経験を増やす、余計な雑念を減らし、世界をありのままに見る、がありました。

詩情は、とても奥が深いものです。

ぜひ、あなたの日常で詩情を感じてみてください。

きっと生活が、今よりも豊かになりますよ。

~★~★~★~

この記事は、以下の書籍を参考にさせてもらいましたので、記述しておきます。

若松英輔(2019)『詩を書くってどんなこと?ーこころの声を言葉にする(1,540円↓)』平凡社.

~★~★~★~

それでは、わたしはこの辺で。

このブログでは、詩とか、スピリチュアル(精神関係)、心からのよろこびを感じてもらうため、様々なアプローチを行っています。

よかったら、のぞいてみてください。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

感謝とは、なにか。感謝することのメリット、コツについて言及します。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、感謝ってよく聞くけど、具体的にどういうことを言うの? 感謝することって、結局意味あるの? 感謝してみたいけど、コツとかあるの? そのようなことに、お答えする記事となっております。

感謝を知り、感謝の恩恵を授かりたい方に、しっかり届くよう書いていこうと思います。

目次は、以下の3つになります。

感謝とは?:あたりまえの日常が、あたりまえではない、と気づけること。

感謝のメリット:心にエネルギーが、充電される。

感謝のコツ:声に出して言う。

わたしは今まで、不幸になったこともあります。

現在は、すごい幸せですが・・・。

そうなったときに、感謝することって、大事だなあ、と思うのです。

それは、なぜか。

感謝の本質を、ひもといていきます。

感謝とは?:あたりまえの日常が、あたりまえではない、と気づけること。

感謝というのは、不幸になったときに、初めてあたりまえの日々が恵まれていた、つまり感謝に値するものだったと気づけること、とわたしは考えています。

感謝とは、実は、いちいちもらったときに行うものではないと思います。

今ここの現状に、感謝することを言います。

例えば、今水を飲めることは、今の自分の喉の渇きを潤し、明日を生きる活力まで生みます。

実際に、ゆっくり味わって飲んでみると、日本の水は、ほとんど美味しいのです。

決して、自分だけの力で、わたしたちは生きているわけではありません。

ペットボトルにしても、自動販売機に入れ込む人たちがいて、メーカーの人たちがいて、わたしたちの手元に届くのは、流通業者のおかげです。

もちろん、自然のおかげとも言えますし、わたしたちは、水を飲んで幸せに生きるチャンスをもらっているのです。

感謝のメリット:心に、エネルギーが充電される。

先ほども言ったように、何かをもらって感謝ではなく、今ここ現状に感謝することが大切です。

感謝とはなにか、というと幸せそのものだと思っています。

幸せとは、探しに行くものではないのです。

今ここの現状に、満足する意志と言えるのです。

感謝することによって、心に幸せのエネルギーがたまり、それがさらに幸せな現状を引き寄せます。

感謝って、とてもありがたいものなんです。

感謝のコツ:声に出して言う。

感謝って、心で思うだけだと、半減するんです。

声に出して言うことによって、存在は大きくなる。つまり、感謝の波動が周囲にピカー!って伝わるんですね。

感謝の念が、声帯を震わせ、口から声になって出て、それが自分の耳や対象、周囲に反響します。

そうすることによって、より幸せの存在を実感するのです。

それから、もう1つおまけとして、感謝できることにも感謝することって、意外に大切だと思っています。

感謝できることも幸せですから、もちろんここにも感謝なんですね(笑)。

なんでかというと、感謝できないと、人は幸せになれないからなんですね。

たとえどんな絶望の最中にいても、そこで感謝できることは、紛れもない愛なのです。

それでは、まとめていきます。

おわりに

感謝って、今幸せだって気づけることだと思います。

広い視野で見てみると、結構幸せだったりするんですよね。

感謝することによって、人に幸せになれます。

なぜかというと、感謝できること=幸せだからです。

感謝するときにも、ぜひ声に出して言ってみてはいかがですか?

独り言でもいいし、小さな声でもいいし、なんだったら心の中で、心を込めてありがとう、と感謝するでも充分です!

ぜひ、日常のささいなことで感謝を取り入れ、実践していってみてください。

皆さんが、幸せになることを、祈っています。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、どうもありがとう~(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ