読書でストレス解消は、ほんとうか。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「読書でストレス解消って、ほんとうかな」

「読書でストレス解消される理由って、なんだろう」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

読書とストレス解消の関係について、考えていきたいと思います。

目次は、以下の3つになります↓

・読書でストレス解消は、ほんとうか。

・読書でストレス解消になる理由

・電子書籍でストレス解消になるか

目次

僕は、読書を年間40冊か50冊くらい読んでいます。

決して多読家というわけではありませんが、読書とストレスの関係についてはなんとなく把握できている、と思っています。

今回は、そのことを記事にするので、参考になるところがあれば、拾い読みしてやってください。

それでは、始めていきましょう。

読書でストレス解消は、ほんとうか。

読書でストレス解消は、ほんとうだと思います。

なぜなら、読書することにより、頭が整理されたり、現実世界に浸っていた脳を、仮想空間で休ませることができるからです。

具体的に言うと、読書をすることにより、様々な情報が頭の中を飛び交います。

すると、頭の中にある情報が刺激され、それが記憶の整理に繋がっていく、と考えられます。

それから、現実での問題に頭を悩ませている場合、本を読むことで、一時忘れることができます。

それに、読書することにより、問題に対する回答が書かれていたり、頭が整理されて閃きを授かることもある、と思います。

読書でストレス解消と言われても、逆にストレス上がる、という人もいると思います。

そういった人たちの場合、本のレベルが合っていないこともあると思います。

その対策としては、漫画や絵本から入ってもいい、と思います。

そうすることによって、読書に対する免疫がつき、段々とレベルの高い本に挑戦することも可能だと思います。

読書することによって、ストレス解消以外にも、色々なメリットがあると思うので、ぜひ楽しんでみてください。

次に、読書でストレス解消する理由について述べていきたい、と思います。

読書でストレス解消になる理由

読書によってストレス解消するのは、瞑想状態のおかげだと思います。

瞑想には、様々な効果があることは、多くの人たちになんとなく知られていると思います。

読書をすることにより、文字を追い、そこに催眠効果が生まれるような気がします。

お経を聴いて、頭がぼわ~っとなる感じですね。

そして、読書は能動的に読むので、マインドフルネス(今を生きている感覚)が得られる、と思います。

マインドフルネス(今を生きている感覚)が得られると、心が自由になり、人生にハリが生じます。

読書をすることにより、現実世界に傾いていた心を、精神世界に引き戻すことも可能だと思います。

そして、心身統一され、情緒が安定すると思います。

読書によってストレス解消は、詩だとより顕著に表れると思いますし(能動的に読み、マインドフルネスが得られやすいため)、美しい世界観だと清らかな気持ちになって、よりストレス解消を手助けしてくれると思います。

小説とかでも、ファンタジーの世界を疑似体験することによって、現実で苦しんでいる心を一時避難させることも可能だと思います。

そして、物語のセリフが、瞑想状態の心にスッと入り、みずみずしい気持ちになると思います。

このように、読書することによって瞑想と同じ効果が得られ、ストレス解消になる、と思います。

最後に、電子書籍でストレス解消になるのか、ということについて述べていきたい、と思います。

電子書籍でストレス解消になるか

電子書籍でストレス解消になるか、というと、その可能性は薄いのではないか、と思います。

なぜなら、電子書籍だとダラダラと読んで疲れると思うし、紙の本より情報がスッと入ってきにくいのです。

これは、紙の本を読んだことある人なら、多少分かることだと思います。

具体的に言うと、紙の本だと、実際に物として持って読むスタイルが多いと思います。

しかし、電子書籍だと、スマホとかで寝転んで見ることが多い、と思います。

だから、姿勢がちゃんとしていないので、疲れる傾向がある、と思います。

そして、紙の本は手触りや文字を読んだときに本から伝わるリアリティがあります。

しかし、電子書籍だと、光が点滅しているだけであって、目も疲れるし、気が散って、ストレス解消にはならないような気がします。

紙の本より、電子書籍の方が手軽でいい、と思う人もいると思います。

たしかに、電子書籍は手軽で、色々な情報に触れられると思います。

しかし、それはあくまで広く浅くのような気がします。

紙の本の方が、狭く深くの本は多いような気がしますし、頭が整理されやすく、同時に現実世界での問題を一時忘れる傾向が多くなる、と思います。

電子書籍は、読むことが集中しづらいし、目も疲れるので、気が散ってストレス解消にはならない、と僕は考えています。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・読書でストレス解消は、ほんとうか。

→ほんとうです。

・読書でストレス解消になる理由

→瞑想状態により、ストレス解消。

・電子書籍でストレス解消になるか

→なることは少ないが、利用することも可能。

読書は、楽しい。

読書でストレス解消できるというのは、うれしいメリットだと思います。

個人的には、そのような動機から、読書を好きになってくれると、よりうれしく思います。

読書によって、ワンランク上の生活を目指してみるのも、いいのかもしれません。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、田舎暮らしって、ほんとに快適に過ごせるの? 田舎暮らしって、自分に向いているのかな? 田舎暮らしって、リアルな話、いいところってないのかな? と思案する方におすすめの記事となっております。

都会人が田舎暮らしを検討するうえでの不安を払拭し、田舎暮らしを前向きに考え始めるきっかけを、この記事で作ることができればな、と思います。

目次は、以下のようになっております。

その1:都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

その2:田舎暮らしが向いている方の3つの特徴

その3:田舎暮らしにおける3つのストレスフリー

に、なります♪

わたしは実際に田舎で暮らしていて、都会にあまり行くということはありません。

なぜなら、田舎での生活にとても満足しているからです。

その辺りの経験も踏まえつつ、今回の記事を進めていこうと思います。

それでは、始めていきましょう!

都会人にとって、田舎はストレスフリーの宝庫か?

まず、この疑問ですが、田舎はストレスフリーで生活することが可能だと、わたしは思っています。

あくまで可能であって、最初からストレスフリーというわけにはいかないと思いますが・・・。

田舎は都会のように、物質的な豊かさというよりも、精神的な豊かさに重きが置かれています。

これはやはり、都会のビル群が皆無に等しく、自然と触れ合う時間が多いからこそ、ストレスも減っていくのだと思います。

例えば、都会では人混みが多くて、騒がしい感じ、ものがたくさんうごめいている感じですが、田舎は人が少なく、逆に自然が多いですよね。

だから、都会の物質面に依存している方ほど、田舎に移住してきて何もない! と苦労することになると思います。

したがって、田舎に移住する際には、自分が過度に都会での暮らしに依存していないか、チェックする必要があると思います。

続いて、田舎暮らしが向いている方の特徴3つについて、解説していきたい、と思います。

田舎暮らしが向いている方の特徴3つ

自然が好き

まず、自然が好きな人が、挙げられますね。

自然が好きだと、居心地がいいですし、虫や動物にも免疫があります。

それを活かして、様々な場所に出かけてみることも可能だと思います。

ただ、車の免許は極力持っていたほうがよいと思いますが・・・。

森の静けさや、川のせせらぎ、そして空を見上げる解放感・・・。

自然が多いのは、ほんとに癒しポイントだと思います。

ITに強い

2つ目に、ITが得意な人が、挙げられると思います。

これはなぜかというと、都会人が田舎暮らしを実行するうえで、仕事に就かねばなりませんよね。

例えば、肉体労働をするなら、仕事は少しはあるかと思います。

ですが、それをする人は、わたしのイメージでは都会人には、ない、というイメージになります。

間違えてたら、すみません(汗)。

その点、ITが得意で、田舎でも在宅ワークとかで仕事ができるなら、田舎は最高の立地になり得ると思います。

ぜひ、参考程度に・・・。

不便をサバイバル感覚で楽しめる人

あと、田舎でサバイバル感覚で楽しめる方は、相性がいいと思います。

なぜなら、田舎暮らしは田舎ならではのトラブルが多いからです。

例えば、移動に車の免許を取っておくのは、ほぼ必須であり、虫や動物と出会う回数もかなり多いです。

それから、都会で充実していたサービスもほぼない。

となると、それらを楽しんで、当たって砕けろ的な行動ができる人は、逆に田舎で面白い人だな、と重宝されると思います。

それでは次に、田舎暮らしにおける3つのストレスフリーについて、見ていきましょう。

田舎暮らしにおける3つのストレスフリー

人混み&騒音が少ない

これはほんとに、感覚が鋭い方なら、とても楽になると思います。

都会での人混みとか、騒音は、異常だなと、わたしは思うことがあります。

その点、田舎は限りなく、それが少ない。

だから、ストレスフリーにもなり、静かな場所でゆっくりしたいという方には、ピッタリだと思います。

HSP(ひといちばい繊細な人)と呼ばれる人にも、ストレスフリーになると思います。

HSP記事は、こちらです↓

自然に癒やされる&アウトドアが楽しめる

2つ目に、自然に癒やされるのはもちろんのこと、アウトドアも楽しめますね。

わたしが住んでいる地元でも、鮎釣りをする方が何人もいるのです。

川が流れている最中、水に浸かって、鮎を釣り上げる。

釣り好きなら、とてもいい環境だと思います。

そして、自然に囲まれた場所で、バーベキューをしたり、キャンプをしたりすれば、とても気分がリフレッシュされることだと思います。

ぜひ、田舎暮らしの際には、その点も注意を払ってみると、よいと思います。

一人の時間が生まれる&インドアの充実

最後に、これを言わせていただきます。

田舎では人間関係が密になっており、都会人が来る前にすでにその体系が形成されていると思います。

ですから、都会人と田舎人では、何かしら世代間ギャップじゃないですけど、壁が少しあると思います。

もちろん、田舎で積極的に関係性を築きたいという方は、築いてみるとよいと思います。

しかし、前者の場合、何かしらの空想にふけったり、クリエイティブな活動をするには、ちょうどいいと思います。

そのような環境を、自宅にセッティングするのもいいですね。

田舎は、やはり静かで、外に出向くよりも、家にこもって活動することも多くなると思います。

そんなときに、インドアの方、一人が好きな方は、最適なんじゃないかなあ、と思います。

それでは、まとめていきましょう!

おわりに

都会人にとって、田舎はストレスフリーの生活が可能だと思います。

そのためには、都会の物質面に過度に依存していないかどうか、チェックしてみるとよいと思います。

田舎暮らしに向いている方の特徴というのは、色々あると思いますが、ITに強いというのは武器になると思います。

あとは、田舎特有の典型的な悩みに、果敢に対処していくハートが大事だと思います。

田舎のストレスフリーについて、総じて言えることは刺激が少ないということですね。

しかし、だからこそ、都会での生活のありがたさに気づいて、心があたたかくなるのではないでしょうか?

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた方々、どうもありがとう~(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ