「趣味がない」という人に役立つ5つの考え方

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「趣味がないから、人生つまらない」

「趣味がないから、趣味を探さなければ」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

趣味がないから、趣味を探そう、ではなく、趣味がなくてもいいじゃないか、という雰囲気の記事です。

目次は、以下の5つになります↓

その1:今やっていることを、趣味にする。

その2:些細なことを、趣味にするために。

その3:今やっていることを、ゲーム化する。

その4:趣味がなくても幸せなら、それでいい。

その5:生きること自体が、趣味。

目次

僕はいっとき、趣味を探したり、自分に向いていることは何か、と思って趣味を探したりしていました。

趣味があれば、人生は豊かになります。

その一方で、これといった趣味はなくても、楽しく生きることは可能です。

そのことについて、この記事で解説していきたい、と思います。

その1:今やっていることを、趣味にする。

趣味がないという方に、まずおすすめな考え方の1つが、今やっていることを趣味にする、です。

今やっていることは、誰にでもあります。

仕事にしろ、学業にしろ・・・。

それを一生懸命やるだけでも、やる気や、やりがいが出てくる、と思います。

一生懸命やることによって、エネルギーの循環がよくなって、加速度的に作業をしていく流れになることも、可能だと思います。

今やっていることを趣味にすることで、とりあえず、人生にハリをもたらすきっかけになる、と思います。

それでは、次に、些細なことを趣味にする、を紹介します。

その2:些細なことを、趣味にするために。

些細なことを趣味にするとは、ズラしたり、踏み込んだりする、ということです。

具体的には、散歩という趣味をランニングにしたり、歩き瞑想とすることも可能です。

それから、散歩というシンプルな趣味を極めるというやり方もあります。

散歩する回数を増やしたり、朝昼晩のいつの時間帯にやるか、とか、持ち物は何で、着る服は何で、誰と歩くのか、散歩を効率的に行う歩き方とか、仲間はどこにいるかなど、挙げればキリがない、と思います。

このように、自分にとって、些細な習慣、些細なやりたいことでも、工夫次第で、楽しくなる、むしろ趣味は工夫したりしなければ、楽しくなってこないのではないか、と思います。

続いて、今やっていることを、ゲーム化する、について解説します。

その3:今やっていることを、ゲーム化する。

今やっていることを、ゲーム化することによって、楽しくなってくる、と思います。

なぜなら、ゲーム化することによって、人は成果を出すことが容易になっていくからです。

例えば、今書いているこのブログも、SEOというテクニックをある程度考慮しなければなりません。

それを上手に考慮することによって、アクセス数が伸びたり、滞在時間が伸びたり、喜んでくれていることがなんとなく想像できてやる気になり、次回からも頑張ろう、というようになるのです。

そして、記事の作り方も日々改善、日々努力することによって、次はこうしようかな、今度はあれしようかな、と楽しくなってくるのです。

ここでもコツは、無我夢中、一生懸命やることです。

今やっていることをゲーム化することによって、趣味は些細なことであっても、楽しくなってくるのです。

それでは、次に、趣味がなくても幸せなら、それでいい、ということに関して説明していきたい、と思います。

その4:趣味がなくても幸せなら、それでいい。

趣味がない方の中には、世間体を意識して、趣味がないけど、世間が趣味は持っていた方がいいよ、と言うから持たなきゃ、と強迫観念のようなものに駆られている人もいるかもしれません。

しかし、趣味がなくても幸せなら、それでいい、と僕は思います。

なぜなら、趣味を持つことが大事なのではなくて、趣味を持って幸せになることが、どう考えても大切だからです。

趣味がなくて、不幸で、幸せになりたいから趣味でも探そうかな、ならぜひ探してみてもいい、と思います。

趣味がなくても、幸せなら、世間体など気にせず、私は趣味がなくても幸せな強い人、あるいは低燃費な人とか、ポジティブに受け取っておけばいい、と思います。

最後に、生きること自体が、趣味、について解説していきたい、と思います。

その5:生きること自体が、趣味。

趣味がない方に役立つ考え方として、生きること自体が趣味、という考え方があります。

これは、壮大で、シンプルな解決法だと思います。

なぜ、生きることが趣味と言えるのか。

趣味とは、生きるうえでの幸せになるための営みであり、人生は生きるという営みです。

つまり、生きることを趣味にすれば、様々な生活習慣を趣味にすることも可能です。

例えば寝ること1つとっても、枕を変えたり、寝る時間はいつにして、音楽を聴いたり、本を読んだり、寝る前に行ってはいけない行為について研究したり、はたまた誰と寝るか、について検討することもあると思います。

生きること自体が趣味とは、人生すべてを今まで紹介してきた考え方を使って、趣味にすることが可能、ということです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

その1:今やっていることを、趣味にする。

その2:些細なことを、趣味にするために。

その3:今やっていることを、ゲーム化する。

その4:趣味がなくても幸せなら、それでいい。

その5:生きること自体が、趣味。

趣味はもっと、自由でいい。

趣味とは、生きていくなかで、人生を幸せに生きるための手段です。

つまり、目的ではありません。

趣味がなくても幸せなら、それでいい、と思いますので、ぜひ自分の直感に従って生きてもらえれば、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関連)の記事、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

自己啓発は意味ない、に対する検証記事+おすすめの3つの自己啓発教材

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「自己啓発は、意味ないのではないか」

「自己啓発は意味あると思っているけれど、どういった情報を得ればいいのか迷っている」

このような方たちに、この記事は役に立つと思います。

自己啓発は意味ないという意見に対する僕の意見を手短にわかりやすく述べています。

目次は、主に以下の2つになります。

・自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

・おすすめの3つの自己啓発教材

僕はこれまで、自己啓発に関わる本や情報を片っ端からインプットしました。

何冊読んだか、イチイチ覚えていないのですが、100冊くらい読んでいる、と思います。

ですので、基礎的なことはしっかり身についていると思います。

それも踏まえた上で、始めていきたいと思います。

自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

自己啓発は意味ないと思っている方いると思うんですが、半分正解である、と思います。

なぜなら、ほとんどの自己啓発はテキトーに書かれているというか、ほんとうにそうだ、という実感が薄いまま書かれているものが多いと思うからです。

皆さんも思うところ、ないですか?

行動を促されても、なぜか行動起こす気になれなかったり、聞いた、もしくは読んだときは、自分が変わったような気がしても、数日経てばそんなに変わってないじゃん、と気づく、みたいな感じですね。

ですから、この記事の結論としては、名著や、実感を持って書かれた、もしくは述べられた教材から学んでいく、ということをおすすめします。

以下、3つの教材を挙げます。

おすすめの3つの自己啓発教材

その1:嫌われる勇気&幸せになる勇気

フロイト、ユングと並び称されるアドラーによる教えを、哲人と青年の対談形式によって、わかりやすく学ぶことができます。

対人関係における改善のためのシンプルな考え方を提示してくれます。

例えば、僕が感銘を受けた考え方に「課題の分離」というものがあります。

他者は他者、自分は自分というような考え方であり、それが具体的に書かれています。

自己啓発の本質を学べ、入門するにはちょうどいい本だと思います。

『嫌われる勇気(1,650円↓)』

『幸せになる勇気(1,650円↓)』

その2:精神科医である樺沢紫苑先生の樺チャンネル

これは、今流行りのYouTubeからですが、樺沢紫苑先生というメガネかけたおじさんが様々な人間の悩みに答えてくれるチャンネルです。

基本動画は10分弱で、動画数もかなりの数があります。1000くらいあると思います。もしくはそれ以上か・・・。

人生にまつわる悩みを、多く幅広く抱えている方におすすめです。

または教養を高めたい、自己成長して、スキルアップしたい、とお考えの方にもおすすめのチャンネルとなっております。

樺沢先生に質問できるときもありますので、チェックしてみるといいのではないか、と思います。

その3:斎藤一人さんの本またはYouTube

斎藤一人さんの本や考え方は、自己啓発の基本が書かれている、と思います。

この時点ではアドラーと似た感じですね。

しかし、そのわかりやすさたるや、頭それほど賢くないという方でも、実際に行動に移し、それで幸せになっている方たちも多くいるということです。

斎藤一人さんは、納税王と呼ばれる日本でもかなりのお金持ちと言えます。

ただ内容がスピリチュアル系で、もっと地に足ついた自己啓発を読みたいという方は、先ほどのアドラーや樺チャンネルをおすすめします。

それでは、この記事をまとめたいと思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

この記事で述べていることは、以下のようなものでしたね↓

・自己啓発は意味ない。これは、ほんとうか?

→半分正解。名著を読んでみよう。

・おすすめの3つの自己啓発教材

→嫌われる勇気&幸せになる勇気

→精神科医である樺沢紫苑先生の樺チャンネル

→斎藤一人さんの本またはYouTube

自己啓発は、発信することに、責任を伴う、と僕は思っています。

ですから、ある程度しっかり精神世界を理解できていないと、それだけ人を間違った方向に導いてしまうこともあると思います。

僕の話も、それは違うだろうと思ったら、迷わず他の人の話を聞いてあげてください。

あなたが知って、本心からそうだ、と思った話があるならそれを信じてみるというのもいいと思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

お笑いで笑えない人に 理由とメリット、対策について

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

この記事は、お笑いでなぜ笑えないんだろう? お笑いって、笑わなきゃいけないの? お笑いで、もっと笑いたい! という方におすすめの記事となっております。

お笑いで笑えない人に、少しでも楽しんで見てもらえれば、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

お笑いで笑えない理由その1:現実主義者であり、ファンタジー(お笑い)を楽しめない?

お笑いで笑えない理由その2:逆に笑いのセンスが高すぎて、つまらないと感じる

お笑いで笑えない人のメリット:ひょっとして、別分野が得意?

お笑いで笑えない人に贈る対策論その1:お笑いは、つまらなくてもいい

お笑いで笑えない人に贈る対策論その2:別分野で笑えれば、そこで笑えばいい

に、なります♪

わたしは、幼い頃からお笑いが好きです。

しかし、父はお笑いがあまり好きというわけではなく、お笑いであまり笑うようなことはありません。

それも参考にしつつ、わたしなりの見解を述べることができればな、と思っております。

それでは、始めていきましょう!

お笑いで笑えない理由その1:現実主義者であり、ファンタジー(お笑い)を楽しめない?

お笑いで笑えない人の多くは、もしかしたら現実主義者ではないでしょうか?

つまり、具体的なことや科学的なことに重きを置き、抽象的なことよりも、物質的なことに重きを置く。

もしかすると、現実の人間関係をとても大切になさる方々かもしれませんね。

そうなってくると、例えばお笑いで過度に笑っていいところ、楽しんでいいところを、冷めた目で見ることになるかもしれませんね。

単純に見たお笑いが一発芸人とかで、あれの何が楽しいんだというのは、真のお笑いを見たことにはなりません。

実力派コント師というのがあるように、お笑いにもしっかりしたお笑いと、消費性の高いお笑いがあります。

そこにも、注意していただきたいところです。

お笑いは、リアルとファンタジーの間を行ったりきたりすると思います。

もしかすると、時事漫才で言う爆笑問題や漫才協会に所属するナイツとかがおすすめかもしれませんね。

お笑いで笑えない理由その2:逆に笑いのセンスが高すぎて、つまらないと感じる

これは先ほど述べたように、冷めた目でお笑いを見てしまうということです。

そうです。その通りです!

お笑いは、実はつまらないものなんです。

だから、冷めた目で見てしまうのは、当然なのです。

問題は、そのお笑いをつまらないなあ!と言って笑ってあげられるやさしさや習慣になってくるかもしれません。

厳しく言うと、ですけど。

つまり、お笑いで笑えるポイントに着目して、笑える癖が必要になります。

お笑いといっても、作品や芸術のように観賞するということですね。

これには、幼い頃からお笑いを見ていると、必然的にここで笑えば最高だ!という瞬間を見つけやすくなります。

ですから、気軽に肩をリラックスさせて、どうやったらもっと笑えるだろう? と味わってみるというのも1つの方法です。

あと、お笑いに対する先入観ができて、お笑いはつまらないものだ、となっているかもしれません。

しかし、お笑いのつまらないはつまらないでも、笑えるつまらなさ、可笑しみを含んでいるのです。

可笑しみとは、爆笑とか、ゲラゲラした笑いではなく、クスリとした味わい深い笑いになります。

ですから、安定した芸歴の高い実力派漫才師や、M-1で史上最高得点を取ったミルクボーイなんかが、可笑しみや味わい深さがあるように思います。

お笑いで笑えない人のメリット:ひょっとして、別分野が得意?

お笑いで笑えない人は、お笑いにもともと興味がないのかもしれません。

当然といえば、当然ですが・・・。

ですが、お笑いで笑いたい人もいるのかもしれませんね。

そんな方は、お笑いではなく、もしかすると、例えば現実主義者の方がよく好みそうな事務作業とか、政治や経済、幅広い人間関係、もしくはマイナーな趣味とかが合っているかもしれません。

とにかく、お笑いで笑えなくても、別のことなら笑えるという人はいるのではないでしょうか?

そこで笑えれば、あなたはお笑いで笑えなくても大丈夫だと思います。

お笑いで笑えない人に贈る対策論その1:お笑いは、つまらなくてもいい

先ほども言ったように、お笑いはつまらないのです。

しかし、だからこそ可笑しみがあり、バラエティ番組を見て頑張っているなあ、という気持ちになるのです。

そして、声を上げて笑うということは、よっぽどのことがない限り難しいですよ。

わたしだったら、M-1とかで、やっと声を上げて笑う感じでしょうか。

だから、もし心の中で楽しんでいるなら、それでよいと思います。

お笑いとは、そういうものです。

見た目で笑っていなくても、心が楽しんでいるなら、それでよいのです。

お笑いで笑えない人に贈る対策論その2:別分野で笑えれば、そこで笑えばいい

わたしの父を見ていて思うのですが、彼はお笑いと違う分野で楽しんでいるように思うのです。

ですから、お笑いで笑う必要はないと思うのです。

人それぞれ違いますし、人それぞれ楽しめるポイントは違います。

だから、もしお笑い以外の何かで人と笑い合えるのなら、それで充分ではないでしょうか?

お笑いに過度に期待する必要はありません。

お笑いといっても、ピンからキリまでありますし、合う合わないもあります。

人でも、食べ物でも、趣味でも、そうですね。

あなたに合った分野で精一杯楽しめば、それでグッドだと思います。

おわりに:お笑いで、笑えなくてもいい

いかがだったでしょうか?

お笑いで笑えないというのは、その通りです。

なぜなら、お笑いはつまらないからです。

しかし、可笑しみがある。

そこに対する愛情というのも、1つの鍵となるでしょう。

お笑いで、笑えなくてもいいです。

他の分野で笑える、楽しめるなら、最高です。

お笑いを見て、声を上げて笑っていなくても、心の中でほんわかしているなら、それで充分です。

もし、この記事を見てお笑いはやっぱりつまらないだとか、お笑いの何が面白いのか分からないという方は、無理にお笑いを見る必要はありません。

あなたが好む趣味なり、ブームなり、自由に追ってくれれば、それで万事解決かな?と思います。

ここまで見ていただいた方々、ほんとうにありがとうございました(^_^)/~

よかったら、他の記事も見てくださると、嬉しく思います。

かめれもん★でした~(^^ゞ

家族の絆を深める3つのメリット!

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、家族の絆を深めるメリットについて、紹介していきたいと思います。

皆さんは、家族の絆を深めること、どのように思いますか?

もしかしたら、必要ないという方も、いるかもしれませんね。

しかし、そんなことはありません。

そのことを、この記事でなんとなく理解していただければ、うれしく思います。

それでは、始めていきましょう!

家族の絆を深めるメリットその1:心身が安定しやすい

家族の絆を深めるメリットにおいて、まずこのことを述べたいと思います。

それは、心身が安定しやすくなる、ということです。

なぜ、安定するのかというと、絆=つながりを深めることによって、いつどこにいても、その絆が心のふるさとのような役目を果たしてくれるからです。

例えば、家族と離れ離れになって、少しさびしい想いをしても、過去に絆を育んだことが、心の支えになって、頑張れるということは、ないでしょうか?

家族の絆を深めることによって、情緒的に人は安定するとは思います。

家族の絆を深めるメリットその2:手軽に人間関係を学びやすい

これは、家族は社会を構成する最小単位ということから、分かるかもしれません。

どういうことかというと、一番密接に関わる人間同士ということです。

なので、そこで得た人間関係が、さらに広い人間関係へと発展するということになります。

例えば、家族で習慣になっていた行為や仕草等が、さらに広い人間関係へと発展したとき、露呈するということになります。

なので、家族で健全な絆を深めていくことは、いずれ社会に出たときに、有利に働きやすくなると思います。

大切に家族関係を育むと同時に、家の中での生活習慣にも気をつけておきたいところですね。

家族の絆を深めるメリットその3:人間的に成長しやすい

これはどういうことかというと、密接な人間関係である家族では、当然ぶつかりやすくなったり、トラブルや衝突を起こしやすくなったりします。

しかし、これはデメリットだけではありません。

そうすることによって、お互いに改善、人間関係を学び、成長していくというメリットがあるのです。

だからといって、ぶつかりたくない、という方もいると思います。

しかし、そのような家族関係では、真に豊かな絆は深めることはむずかしいのではないか、と僕は思っています。

おそらくですが、家族関係で解決しなかったトラブルというのは、違う人間関係で同様のパターンか、違うパターンで現れてくる可能性があるからです。

そんなことあるわけないよ、と思う方ほど、いざトラブルに遭うと、大ダメージを負ってしまうと思います。

なので、社会の最小単位である、お互いに気兼ねしない人間関係で、色々なことを学んでおいた方が、得策だし、効率的だと、僕は思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

家族の絆を深めることは、意外と様々なメリットがあると思います。

家族と言っても、家族のような人間関係でもいいと思います。

そのような人たちであっても、心のふるさとになったり、人間関係を手軽に学べたり、お互いにぶつかり合ったり、主張しあって、成長していくことができると思います。

あなたと家族の絆によって、よりよい未来を育めることを祈願します。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

静寂な空間。ザワザワした空間。最適な読書環境とは、なんだろう?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、最適な読書環境をテーマに、自分なりの追求法を伝えれたらな、と思います。

今回の記事の構成は、以下の通りです。

まず、静寂な空間とザワザワした空間。読書するなら、どっち? について。

次に、読書するのに最適な空間とはなんだろう、と考察していきます。

最後に、最適な読書空間にするための具体的ポイントについて、述べていければな、と思います。

それでは、始めていきましょう!

静寂な空間とザワザワした空間。読書するなら、どっち?

皆さんは、静寂な空間とザワザワした空間。

どちらの方が、読書しやすいとお考えですか?

わたしは、静寂な空間の方が、落ち着いて集中できます。

しかしながら、ザワザワした空間でこそ、読書しやすいという人もいますね。

では、静かな空間を好む人と、ザワザワした空間を好む人は、それぞれどのように違うのでしょうか?

静寂な空間を好む人は、周りの人の動向に危険を察知しやすいのだと思います。

ですから、人がいない方が、安心して読める、もしくは集中して読めるのですね。

ザワザワした空間を好む人は、周りの人にある程度の仲間意識があって、居てくれた方が、安心できるというパターンだと思われます。

つまり、それぞれに何かしていて、それでいて繋がっている、共同体の中で落ち着いているというイメージだと思います。

それか、逆に、そういう一見邪魔と思われる方達がいることによって、集中しなきゃ!となり、読めたりするのかもしれませんね。

そして、今紹介した読書環境のみならず、自分に合った読書環境があるのは、事実です。

そのために、静寂な空間や、ザワザワした空間を選択するのですね。

読書するのに、最適な空間とは、なんだろう?

では、最適な読書環境とは、なんでしょう?

これには、先ほど述べた通り、大雑把に選択することが挙げられます。

つまり、静寂な空間か、ザワザワした空間をまず選ぶ、ということです。

その上で、自分に合った読書環境をカスタマイズをしていきます。

コツは、繊細に読書環境を整えるです。

その具体的な方法について、紹介しましょう。

最適な読書空間を作るための具体的ポイント♪

具体的には、静寂な空間なら、椅子なり、照明なりを工夫すること。

人に邪魔されず、耳栓をしたり、用事をなくしたり、アロマやコーヒー、季節性に合った服装を心がけるということですね。

ザワザワした空間なら、音楽をさらにかけるとか、冬なら身に着けてあったかいもの、夏なら癒しグッズを持っていくとか、工夫すること。

他にも、外出先を適宜変えて、気分も変えたり、時間帯を気にすることによって、気分を一層リフレッシュさせることができます。

他にも、様々な読書グッズやインテリアがあったりしますね。

そちらも確認しつつ、微差を追求していきましょう。

ほんのわずかな微差や癒しで、最適な読書環境は変わってくるものです。

注意するとともに、活かしていきたいですね。

あと、自分に合ったオリジナリティある読書環境の工夫で、気分も上がりますので、読書と同時進行で、ステキな読書環境を極めていきましょう!

それでは、まとめです。

おわりに

いかがだったでしょうか。

最適な読書環境は、静寂な空間か、ザワザワした空間を大雑把に選択するというのも、1つの方法です。

その上で、自分に合った読書環境をセッティングするのです。

なぜ、静寂な空間か、ザワザワした空間を挙げたかというと、大半の方は、このような読書スタイルに分かれるのでは、ということで、大まかな指標としました。

具体的に挙げた最適な読書環境を作るための方法をもとに、あなたらしい読書環境を追究してしていってください。

そこに一種の醍醐味があり、その場所があなたの1つの作品となることでしょう。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまでわざわざ読んでいただいた方々、誠にありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ

目を休めるためにじっとする3つのユニークな方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、目を休めるための、ユニークな方法として、様々なものを紹介できればな、と思います。

今から紹介する方法は、手ぶら身軽に、今すぐ実践できます。

ぜひ、参考にしてもらえれば、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

まず、1人しりとりがあります。

次に、新たなストレッチ法

そして最後に、天国言葉です。

それでは、始めていきましょう!

目を休めるユニークな方法その1:1人しりとり

まず、1人しりとりですが、その名の通り、1人でしりとりすることです。

1人なので、のんびりマイペースにすることができます

頭を休めたいのであれば、難しい言葉でしりとりする必要はないと思います。

難易度は、自由に変更できます!

語彙力も増やせますし、自分なりの世界観、そして、頭の中を整理することにも繋がります。

終わらせたいときは、最後に「ん」が付く単語を探して、終わります

もちろん、単語ではなくて、自分のお気に入りの文章など、自分で自由にカスタマイズして休んでみると、よいと思います。

それでは、次に進みます。

目を休めるユニークな方法その2:新たなストレッチ法を開発する

これは、目以前に、身体全体を休める方法に近いかもしれませんね。

目のストレッチでも、リズミカルに動かしたり、様々な方向に動かしてみれば、気分転換にもなります

そして、身体もストレッチしますが、ストレッチの方法は、おそらく様々な種類があると思います。

ですので、自分で手軽にオリジナルのストレッチ法を編み出してみるのも面白いかもしれませんよ。

例えば、単純に散歩だったり、その辺をウロウロすることでも、身体や心のストレッチですよね。

それから、周りの景色を見て、お笑いのようにツッコミを入れたり、好奇心旺盛な眼差しで、哲学的に思索してみるのも面白いかもしれませんよ。

話は少し、ズレてるかもしれませんが、心のストレッチ、気分転換になると思います。

よかったら、試してみると、生活が少し新鮮になるかもしれませんよ。

何事も、挑戦あるのみです(笑)。

それでは、次行きます。

目を休めるユニークな方法その3:天国言葉をひたすら唱える

これは、まず天国言葉ってなんですか?になると思われます。

天国言葉とは、ありがとう・うれしい・楽しい・幸せ・ツイてる・感謝してます・許します・愛してます、のように明るく前向きな言葉たちです。

反対に言われるものは、地獄言葉と言われますが、これはネガティブで、暗い言葉たちです。

ですから、地獄言葉のようなものを、なるべく心の中でも言わないようにし、天国言葉を言う回数を増やすことです。

そうすれば、体内に、幸せでプラスのエネルギーが少しでも蓄積されていきます。

コツは、毎日続けることです。

どうせ、目を使わずボーッとするなら、いい気分でいたいですよね。

そのための方法が、今説明した天国言葉になります。

それでは、番外編に進みます。

番外編:音楽を聴いて手を動かす

目を休めるということは、スマホ・タブレット・パソコンのようなものから、目を遠ざけるということです。

そして、じっとしているのも、意外と難しい。

そのための対策のようなものを、述べてきました。

最後に、外部の力を借りるとするなら、音楽を聴いて目を休めるという方法もあります。

もちろん、アイマスクや、目薬とかあるかもしれませんが、このような方法もあります。

目が疲れている方は、大抵、頭も疲れています。

ですので、リラックスしたり元気になる音楽を、一定の時間かけて休んでみてはいかがでしょうか。

そして、手もリズミカルに動かしてみると、少しは気分転換になるのではないか、と思ったりもします。

それでは、まとめていきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今説明したことは、どれも参考程度のものだと思います。

ほんとうに目を休めたいなら、スマホとかそういうものを触らず、じっとしているのが一番です。

それが、一番目を休める方法です。

しかし、現実にはそれが難しい。

そんなときに、今説明した方法を実践、もしくは参考にし、新たに自分なりの目の休め方を見つけてみてはいかがでしょうか。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとう~(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ

日光浴の時間短縮? 実体験に基づくシンプル考察

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、日光浴の時間短縮について、個人的考察を施したいと思います。

記事の構成は、以下の通りです。

まず、日光浴は5分程度の時間でも、オッケーじゃないのか、ということについて言及します。

次に、日光浴を効果的に行うには、どうしたらいいのか、について解説します。

最後に、日光浴はHSP(ひといちばい繊細な人)に効果的?について考察していきたいと思います。

それでは、チャチャッと始めます!

日光浴は5分程度の時間でも、効果あり!

わたしは、普段外をあまり出歩きません。

というか、出歩くような環境ではないと思います。

ですので、インドアの方や、高齢者の方に、どちらかというとこの記事はおすすめかもしれませんね。

日光浴を行うことによって、気分がリセットされたかのような心地があります。

たった5分の時間ではありますけど・・・。

少し、疲れも取れたような気がします。

身体に多少の反応ありで、代謝がよくなった、血の巡りが良くなったような気がします。

次に、日光浴を効果的に行う方法について、言及します。

日光浴を効果的に行う方法

まず、この方法で意識することは、2つあると思います。

1つは、リラックスして日光浴を行うこと。

2つに、集中して日光浴に取り組むがあると思います。

これらのことを実践するために、以下のような方法があると思います。

まず、環境は大事だと思います。

少し場所を変えるだけでも、もしかしたらリラックスできたり、集中できたりするかもしれません。

その他、具体的な方法で、椅子やベンチに座るだったり、音楽を聴きながらだったり、歩きながらだったり、瞑想と日光浴を組み合わせてもいいかもしれませんね。

自分が意識してリラックス&集中できる環境、または体調を整えましょう。

体調に関しては、むしろ日光浴した方が、改善する可能性が高いと思われますので、おすすめ致します。

最後に、日光浴は、HSPに効果的?について解説していきたいと思います。

日光浴は、HSPなら特に効果的?

HSPは、もともと刺激に対して、繊細に感じることができる体質です。

ですから、HSPと思われる方は、それは活かし方次第と言えます。

単に、ちょっと繊細かも、と思われる方でも、日光浴は効果的だと思われます。

日光浴をすることで、プラスのエネルギーを短時間効果的に補充することができると思います。

わたしもHSPですので、日光浴や、雨に打たれることが好きだったりします。

それでは、まとめていきます!

おわりに

日光浴を普段から、そんなにする機会がない。

もしくはやろうとしない方でも、5分程度の日光浴で体調はよくなる可能性があると思います。

体感としては、気分もいいです。

先ほど紹介した具体的な方法を実践しつつ、日光浴を楽しみましょう!

HSPなら、さらに短時間効果的に日光浴をすることができると思われますので、ぜひ意識してみてくださいね♪

それでは、かめれもん★でした~(^_^)/~

ここまで見たいただいた方々、ありがとうございます!(^^ゞ

お笑いが「つまらない!」と呼ばれるのは、なぜか?

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、お笑いが「つまらない!」と呼ばれるのは、なぜか?について考察していきたいと思います。

わたしは、小さい頃からお笑いに助けられてきました。

現在も、そうです。

しかし、昨今ではお笑いはつまらないと言われることも少なくないと思います。

そんなことはないと、かすかに思うところはあるのですが・・・。

この記事では、お笑いはつまらなくない、という視点で、お笑いがつまらないと呼ばれる要因について、触れていきたいと思います。

まず、一発屋形式のお笑い芸人さんが多いことについて

そして、テレビ業界の力不足について

最後に、観る人のセンスについて考察し、まとめて終わりたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

お笑いがつまらない要因その1:一発屋形式のお笑い芸人が多いこと

まず、一発屋形式のお笑い芸人さんが多いことについて、考察したいと思います。

なぜ、そのような人たちが増えたか。

それは、そうじゃないと、テレビに出れないから、というものだと思います。

現在、テレビに出続けている人たちは、実力人としての魅力が存在します。

しかし、そのようなものを、多分に持っていない人たちは、力づくで一時しのぎで、テレビに出るのだと思います。

テレビに出ること自体、世の中の人たちに知られるチャンスなので、宣伝にもなりますからね。

そうなると、面白い!という感覚よりも、飽きた!という感覚が増すのだと思います。

だから、テレビがつまらない、お笑いがつまらない、となるだと思います。

お笑いがつまらない要因その2:単純にテレビ業界の力不足

お笑いがつまらなくなった要因として、テレビのオリジナリティ要素がなくなったが挙げられるかもしれません。

例えば、松本人志さんが手掛ける『IPPONグランプリ』や『すべらない話』は、オリジナリティに溢れ、見応えがあります

芸人さんも、イキイキと輝いているような気がします。

しかし、普通一般のテレビ番組では、決まった言い回しが多用化されたり、適当にこうしとけば面白くなるでしょ、のような雰囲気も少し漂っているような気がします。

つまり、一生懸命作られているような気がしないのです。

テレビは、視聴者の想いに応えることも大切だとは思いますが、制作側が楽しんで、ほんとうに面白いものを作ろうと思って作られた作品は、きっと視聴者側も食いつくはずです。

だから、わたしは、テレビの制作に携わる方は、もうテレビは力不足だとか思わず(思っているなら)、本気でいい番組を作ろうと、そういう運動のようなものを展開してもいいのではないか、と思いました。

そして、お笑いといえど、テレビが主戦場ではないと思います。

様々なメディアから、お笑い芸人とテレビの新たな形を、模索してほしいなと思います。

要するに、芸人さんの良さが、うまく活かしきれていないのではないか、と言いたいのです。

お笑いがつまらない要因その3:観る人のセンスによる問題

最後に、これを言わせてもらいます。

お笑いが面白くないと言う方は、そもそもお笑いに慣れ親しんだ家庭環境ではなかったのかもしれません。

わたしは、お笑いを小さい頃から見ていましたし、お笑いの感覚というものが育っているのです。

しかし、そうでない人は、別の興味あることで、感覚が育っているかもしれない。

となると、そちらの方を楽しんでくれるとありがたい

お笑いは、観る人によってつまらないと感じるかもしれませんが、お笑いのことをよく知っている人たちなら、ここはこの人たちこうしたかったんだろうな、とか、この人たちウケなかったけど、しっかり頑張っているとか、お笑いを受け容れられる器が育つと思うのです。

だから、お笑いがつまらない、という方は、別の興味があることで楽しんでもらうといいと思います。

もしそんな方がいるなら、あなたのやってること面白くないと言われたら、不快に思うでしょう?

それは、あまりしない方がいいのです。

お笑いに親しんできた方々は、お笑いに親しみ、そうでない方は、そうでないことに興味を持ち、楽しめばよいのです。

それでは、まとめます。

おわりに:お笑いは、つまらなくない!

お笑いがつまらないと呼ばれる3つの要因について挙げてきました。

一発屋形式のお笑い芸人さんが、あふれることで、テレビが一時しのぎのような状態になっていること。

テレビのバラエティ番組で、芸人さんの力が発揮されていないということ。

芸人さんの力を発揮させるためには、やはり実力のある芸人さんが、若手等の芸人の力を活かす、もしくは活かせる番組構成?が必要だと思います。

そして、お笑いがつまらないという方は、見なくてもいいと思います。

過度にお笑いに期待しすぎているというのも、あるかもしれないが、あなたたち自身で、興味があることがあるなら、それを楽しめばいいと思います。

軽々しく、他の分野がつまらないというのは、ちょっとどうなんだろう?という気持ちもあります。

だって、お笑いが分からない方が、お笑いをつまらないと言って、それが一般常識のようになっているのですからね。

お笑いを真に愛する人に、少し失礼なんじゃないかなあ、と思ったりもします。

その点、頭の片隅に置いてくれると、ありがたかったりします。

それでは、長くなりましたが、この辺で終わります。

お笑い愛が、過度に出てしまいましたね。

気を付けないと・・・(笑)。

かめれもん★でした~(^^ゞ

雨の日の過ごし方:繊細な人が考える3つの方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、雨の日の過ごし方として、HSPであるわたしが、繊細に考えたシンプルな3つの方法について、紹介したいと思います。

雨の日って、何をして過ごせばいいか、迷いますよね。

雨の日に、自宅で気分よく過ごせれば、また外出するとき、気分よく活動できますよね。

それでは、そのための1つ目、紹介します!

雨の日の過ごし方その1:読書

読書は、落ち着いた空間で、スムーズにできるという人は、多いと思います。

逆に、外が多少騒がしい方が、集中できるという人も、雨の音でちょうどいいBGMになっております。

台風のときは別ですよ。嵐とか。

それで、読書はストレス解消にいいという効果もあります。

加えて、新しい知識を手に入れ、言葉をサラサラ読んでいくことで、頭の中もスッキリするのではないでしょうか?

雨の中の読書は、ものすごくリラックスしてできるし、何よりお洒落ではないですか?

一度、試して、インドアの充実感を満喫しましょう!

雨の日の過ごし方その2:音楽

音楽はいいですよね。

特に、わたしはJ-POPとかクラシックですね。

わたしは、結局のところ、王道しか合わなかったので、そういうものを好んで聴きます。

雨が外でザアザア振っていて、それでも、耳には騒がしい音楽や、静かな音楽が沁み渡ってくるのです。

たぶん、外で雨が降っていると、集中力が上がると思うのです。

だから、芸術とかそういった分野に、感性が鋭くなるという現象が見られると思うのです。

雨の中で聴く音楽で、魂に沁み渡る音楽を、選択しましょう。

心も洗濯しましょう(笑)。

雨の日の過ごし方その3:落語

それとこれは、少しマイナーかもしれませんが、落語です。

最近は、若い人も聴きますよね、おそらく。

わたしは、たまにしか聴きませんが、こういう時にこそ、あたたかい落語家さんの語りを欲するような気がします。

人情噺や滑稽噺。雨の中で聴くことによって、沈んでいた心もヒートアップしてくるでしょう。

アマゾンミュージックでも聴けるようですね。

あと他にSpotifyとか。

CDとかでも聴けるようですが、まず速攻聴いて、心が洗われたいなら、ストリーミングで聴く方法もおすすめでしょう。

落語を雨の中で聴くと、明日もがんばろう!または、今は疲れて動けないけど、落語を聴いてちょっとした気分転換に!とか、色々応用の仕方はあると思います。

ぜひ、落語を耳で聴いてみましょう!

それでは、まとめていきます。

おわりに

雨の中の読書は、誰にでも合っていると思います。

昔から、晴耕雨読とか言いますし、ほんとだなあ、と思ったりして。

音楽も、雨では魂に沁み渡る旋律であるでしょう。

でもいいですよ。詩もおすすめです(笑)。

それから落語も、冷たい自分の心に火を入れてくれます

落語家さんの力を借りて、明日を生きる力を、手に入れましょう!

それでは、わたしはこの辺で。

他に詩や、人生にまつわる処方箋、楽しみ方等、載せておりますので、よかったらご覧ください。

かめれもん★でした(^^ゞ

また、お会いしましょう!(^_^)/~

休み方の流儀~人生をイキイキと生きる3つのコツ~

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、休み方の流儀と題しまして、休み方の3つのコツを紹介したいと思います。

休み下手の人からすると、休み方はとても知りたい情報だと思います。

わたしなりに思う休み方のコツですが、少しでも参考になるところがあると幸いです。

それでは、始めていきましょう!

休み方その1:習慣を味方にする

まず、言いたいのがこれです。

習慣の力は、様々な自己啓発本とかでも言われていることですね。

ただ、習慣の力と言っても、そんな簡単に日々の作業を習慣化できないよ、とか色々あるとは思います。

日々の作業を習慣化するということは、力を入れて生きなくても、勝手に自動的に生きていけるような心持ちです。

そして、始めるためには、1つずつ、毎日の作業を習慣化していくことです。

このとき、焦ってはいけません

それと、最初はキツイと思います。

しかし、3日坊主と言われるように、3日以上作業を習慣化していけば、自然と生活は楽になっていくと思います。

問題は、それを達成するのに、時間がかかるということですね(笑)。

休み方その2:動いても、楽しいことだけする

休み下手の人は、「休んだら?」と言われても、うまく休めません。

その原因は色々あると思います。

例えば、罪悪感であるとか、動いていないと、ソワソワするとか、そのようなことではないでしょうか?

であるならば、もういっそのこと動きましょう!(笑)

ただし、これは能動的な休み方です。

自分にとって、少しでも楽しいと思う作業は、増やしていきましょう

それも習慣化の要領でやれば、ベリーグッドです!

そして、自分にとって、楽しくないと思うことは、減らしていきましょう

そうすることによって、動きながら、休むということも多少は、可能になるでしょう。

ほんとのこと言えば、目を閉じて何もしないが、一番いいのだと思いますけどね(笑)。

休み方その3:「動かないと!」という気持ちとしばし向き合う

さて、ここで、目を閉じて休むというワードが出てきました。

このとき、向き合うのは「動かないと!」という休み下手の人に多く生じるこの現象です。

たしかに、動かないといけないこともあるかと思います。

しかし、真剣に時間配分を考えれば、多少休めたり、ある一定の時間、「動かないと!」という気持ちと向き合えば、心が静まってくるという現象もあると思います。

実際、わたしはこの「動かないと!」という気持ちとしばし向き合い、心が静まってくるという現象は何度も体験しています。

そして、これは個人的な対策なのですが、『一人しりとり』をします(笑)。

そうすることによって、頭のレクリエーションとなり、体も休められるという一石二鳥です。

問題は、やりすぎたり、やめどきを見失わないことですね(笑)。

では、まとめに入ります。

おわりに

ここまで、自分なりの休み方のコツを紹介してきました。

習慣の力は、いざとなると強い味方です。

日々のルーティーンも似たようなものですね。

効率化もそうですし、このように、なにか日々の作業を自動化する術を持っていると、その人の頑張りを大いに助けます

動いても、その作業とかが、楽しければ、人は案外疲れないものです。

例えば、生きがいとかやりがいというのもそうですね。

このようなものは、目的があったり、それをやること自体が楽しくて、エネルギーが湧いてくるというものも、多いことでしょう。

そして最終手段、目を閉じる。

このとき、やろうと思うと、色々な雑念がワラワラ現れてくると思います。

それを抑えつけようとせず、ああ、こんな気持ちがいっぱい現れてきたわ、と客観視してみてください。

しばらくすると、少し気持ちも収まってくると思います。

このように、自分なりの休み方を紹介してきましたが、少しでも役に立つ情報はありましたでしょうか?

1つでもあれば、ぜひそれを実践してみてくださいね♪

以上で、この記事を終わります。

ここまで見ていただいた方々、ありがとう(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ