言葉の力を痛感する小説『本日は、お日柄もよく』レビュー

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』のレビューをチラッと見たい」

「原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』が好きだ」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

『本日は、お日柄もよく』という小説は、スピーチを題材にしたエンタメ小説です。

目次は、以下の3つになります↓

原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』レビュー

・読む前

・読んでからの気づき

・読んでから起こせる行動

目次

僕は、年間40冊から50冊くらい本を読んでます。

決して多読家というわけではありませんが、詩をそれなりに読んでいるのと、読解力はあります。

それらの視点から、参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

読む前

この小説に触れる前は、小説の力をナメていました。

詩の方が、心が落ち着くだろう、と。

しかし、小説の中にも、気分を高揚させてくれるものや、気分を沈ませるような小説など、色々あるんだな、と思いました。

つまり、物語の波があるんだろうな、と思いました。

それで元気になる人もいるし、それで心が沈む人がいるなど、小説の選び方には気をつけた方がいいなと思いました。

読んでからの気づき

物語から、一番の気づきになったものを挙げます。

傾聴の達人である北原さんという人から、話すためにはしっかり聴いて、感謝の気持ちとともに話していくことが大切だ、ということを学べたことです。

話すということは、聴かないと何も始まらない、という風に解釈させていただきました。

僕たちはよく、話すことに傾倒することが多いですが、それは聴く人たちがいるから成り立っているもの。

聴いて、話すという流れの中に、ある種のやさしさのようなものがあるんだろうな、と思いました。

読んでから起こせる行動

話す、または書くときは、参考にした情報に感謝し、心を込めて精一杯話す、ということが大事なのだな、ということが分かり、日々のアウトプットでも活かしていこうと思いました。

具体的には、ブログやnote、あとライター業にも活かしていこうと思いました。

本は、千円程度で買えます。

しかし、その中にある情報の豊かさには、無限の価値があると思っています。

精神の豊かさは、一生モノだからです。

いい小説に出会えたことと、小説を読むよろこびに目覚めさせてくれた原田さんに感謝したいと思いますm(_ _)m

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

原田マハさんの『本日は、お日柄もよく』レビュー

・読む前

→小説を、ナメていた。

・読んでからの気づき

→話すためには、聴くことが大切

・読んでから起こせる行動

→日々のアウトプットで活かす

言葉の新たな側面、発見!

『本日は、お日柄もよく』を読み、小説の楽しさを知るとともに、言葉の大切さも改めて知ることができました。

言葉を大切に思う人たちがこの世界にいることを想像し、楽しい気分になりました。

また、小説読んで感想書けたら書いてみようと思いますヽ(^o^)丿

『本日は、お日柄もよく』は713円で購入できます↓

ぜひ、参考にしてみてください。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ

吉濱ツトムさんの本『2040年の世界とアセンション』感想

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「吉濱ツトムさんの本を知りたい」

「スピリチュアルで幸せになる方法を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

吉濱ツトムさんの本『2040年の世界とアセンション』についてのレビュー記事になります。

目次は、以下の3つで構成されています↓

・この本を読む前

・この本から得た気づき

・この本から起こせる行動

目次

僕は、スピリチュアル(精神世界)を違和感なく受け取ることができます。

といっても、過剰なオカルトとかは別ですけど・・・。

まあとにかく、吉濱ツトムさんのこの本は、とてもおすすめですので、よかったら読んでいただけるとうれしいです。

それでは、始めていきましょう。

この本を読む前

この本を読む前は、視野が狭い方だったと思います。

なぜなら、未来がどうなっている可能性があるか、世界はどのように様変わりしているか、具体的にイメージできていなかったからです。

その概要をここで少し述べると、異次元存在とアメリカ大統領が会談したことを、2025年ごろに公式に発表することや、地球が一貫してよくなっている事実がデータを基に解説されています。

例えば、20世紀は殺人と戦争が最も少なかった世紀であることなど。

これに対し、ほんとうか? そんなことあるわけないじゃないか、と思う方もいるかもしれませんが、本の内容をしっかり読み込むと、吉濱ツトムさんが地に足をつけた説明をしていることがなんとなくわかったり、納得できる部分も多いです。

この本を読む前は、視野が狭かったですが、この本を読んだおかげで、たとえ嘘だったとしても、未知の世界、ファンタジーとして広い視野を持つことができたと思っています。

次に、この本から得られた気づきについて、述べたいと思います。

この本から得られた気づき

この本を読んで思ったのは、読む前と読んだ後での安心感に差があるということです。

なぜなら、吉濱ツトムさんが全力で、主にスターシード(発達障害)に対し、安心してもいいとメッセージを送ってくれているからです。

例えば、アセンション(つまり地球が急激によくなっていく過程)で、2極化の話がスピリチュアルでは一時話題になりました。

その時、暗いネガティブな方向で、不安と焦りを手放さなければ大変なことになる、という人もちらほらいました。

そんな方たちによる暗いメッセージに対し、スターシードたちが絶望の底に堕ちたままにしないように、アセンションゲートは閉じておらず、いつでも幸せな方向に舵を切れるということを、吉濱ツトムさんが本著で話しています。

スターシードしか読めないのか、というと、そんなことはないと思います。

スターシードでない人でも、新しい価値観や、新しい世界を垣間見えるし、安心できる情報もあると思います。

この本は、特にスターシード(発達障害)の人には、ぜひ読んでほしいし、興味がある人なら誰でも読んでほしい本になっています。

最後に、この本からどういう行動に移せるか、考えていきたいと思います。

この本からどういう行動に移せるか

この本を読むことによって、自分が幸せな方向に行き、多くの人を絶望の底から、少しでも這い上がらせることができると思います。

なぜなら、この本は、一般のスピリチュアルのような幸せになるためのワークも少し含まれているからです。

例えば、ワクワクに従うことによって、正しい方向に導かれることや、ありがとうを意識して言うことを心がけることによって、波動つまり体の調子をいい方に保つことができる、ということなどです。

スピリチュアルなワークをやっても何も変化が起こらない、という人もいると思います。

そのような人はまず、1回やれば効果が多大に得られると思っていないかチェックすることが大切だと思いますし、何事も継続することによって得られるものがあります。

例えば、スポーツでもすぐにはうまくならないですよね。

継続といっても、1日にワークをやる回数を減らしたり、もしくは意識することを減らしたり、自分に合ったワークで、少しずつ変化を起こしていくことが大切だと思います。

この本を読むことによって、自分が幸せな方向に舵を切ることもできますし、そのおかげで多くの人を元気づけることも可能だと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・この本を読む前

→視野が狭かった

・この本から得た気づき

→読むと読まないとでは、安心感に差がある

・この本から起こせる行動

→自分も幸せになり、人の幸せも援助できる

世界は、ますます良くなっていく。

吉濱ツトムさんの本は、初めて読みましたが、とても濃密な本でした。

YouTubeもやっているので、よかったら見てみるといいかもしれません↓

吉濱ツトムさんのYouTubeチャンネル

吉濱ツトムさんって、こんな人かあって想像できると思いますし・・・。

『2040年の世界とアセンション(1870円↓)』

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を行っています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

谷川俊太郎『詩人なんて呼ばれて』レビュー

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、谷川俊太郎さん関係の本『詩人なんて呼ばれて』(2,310円↓)を読み終わったので、レビューしておきたいと思います。

この記事は、もしかしたら、ほぼ自分のために書くかもしれないです(笑)。

けれども、見てくれる人にとっても、なんとなく楽しい記事を目指すので、ぜひ最後までご覧ください!(^^ゞ

『詩人なんて呼ばれて』を読む前

『詩人なんて呼ばれて』を読む前でも、それなりに詩論や詩集など、詩に関する本は読んできました。

そして現在、卒論で、詩に関するものをテーマに作業を進めている最中です。

そんな最中、それなりに知識が多くなって挑んだ、結構分厚く、やや難易度高めの本となっております。

『詩人なんて呼ばれて』から気づいたこと

この本を読んで、谷川さんが、いかに詩に対して、果敢に挑んできたかが分かりました。

わたしは詩の重要性に疑念を感じている部分がありましたが、それを払拭してくれるような部分も多く含んでいる本です。

詩というのは、それぞれに詩人と呼ばれる人たちが考えた詩論で、その周辺を探り、結局最後は、想像力で詩の核心に迫るものなのだな、と理解しました。

詩を理解するには、多くの詩を読むことも大切ということが分かりました。

『詩人なんて呼ばれて』から得たToDoリスト3つ

わたしも、詩に対して果敢に挑み、詩の面白さを多くの人に伝えたいと思いました。

そのためにまずは、このブログを書いていくことが大切だろうなと思いました。

様々な詩論を展開していく中で、少しでも多くの人に、詩ってこんなものなのかな、とある種の期待を抱かせることができたなら、と思います。

とりあえず、わたしも多くの詩集、句集、歌集などを読んで、詩をもっと体感していこうと思いました。

まとめ

詩はやはり重要なものなのだな、と改めて認識をしました。

そして谷川俊太郎さんが、孤独にその地表を拓いていった軌跡を引き継ぐくらいの気持ちで、しっかり詩の面白さを追究していこうと思いました。

たとえ、周りが詩を大したことないと言ったとしても、わたしが思う以上に詩の可能性を信じることは大切なような気がするから。

だから、わたしは、詩とともにこれからも自分らしい人生を歩いていきたいと思いました。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで、読んでくれた方々、ありがとう!

かめれもん★より

草野心平『秋の夜の会話』レビュー

草野心平って、どんな人?

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、草野心平さんについて、取り上げたいのですが、その中でも『秋の夜の会話』という詩をレビューしたいと思います。

この詩は、ポケット詩集(1650円)で知りました。

草野心平さんといえば、詩人であり、福島県生まれ

蛙の詩人とも呼ばれ、蛙の詩を多数残しています。

その一方で、割と知られていないですが、富士山を題材にした詩も多数あります。

オノマトペを頻繁に使用し、ときには前衛的な詩も残しています。

前衛的というのは、詩の新たな試みのようなものであり、画期的な詩、とも呼べると思います。

それでは、作品をレビューしていきたいと思います。

作品レビュー

この詩を読む前、あるいはこの詩人と出会う前、詩というものは、割と型にハマったものなのかな、という印象がありました。

しかし、草野さんの詩を多く読む中で、鮮烈なインパクトが脳裏に焼き付きました。

その中で、この詩は、割と控えめなのかな、と思いました。

しかし、身に迫る命の儚さ、悲哀、その中でも命が輝き、小さく健気に揺れている。

そのように、心が動かされました。

『秋の夜の会話』という通り、二匹の蛙が、寂しく、それでも生きている鮮烈さを、静かに描くことに成功しています。

わたしたちは、生きているだけで、よいのだと思います。

小さく、健気に、控えめに生きていても、たしかに存在している、地球のどこかに。

そのことを、この詩は、わたしたちに再確認させてくれます。

それでは、まとめです。

まとめ

草野心平さんは、蛙の詩人とも呼ばれ、この詩も蛙のことが描かれています。

『秋の夜の会話』は、わたしたちに、小さくても命の存在がたしかに輝きを放っていることを、再確認させてくれます。

他にも、草野さんは、詩や作品を多数残しておりますので、ぜひご確認いただければ、と思います(詩集は、748円です↓)

それでは、わたしはこの辺で。

かめれもん★でした(^^ゞ

吉野弘の『夕焼け』を、心を込めてレビュー致します。

この詩に出会ったのは、たしか

詩とまだ分かち合えず、世間をふらふらと

悲しみでさ迷っていた頃のことだった。

僕は詩に興味があったわけでもない。

なんとなく詩を読んだ。

そして、涙は出なかったが、

心の奥にストンと落ちたものがあった。

僕はその当時、いじめられていた。

あるいは、いじめられているのか皆目

分からなかったが、僕がクラスから

退けられているのは分かった。

そんなときに目にした『夕焼け』(だったと思う)。

やさしい人を根本的に救うかのような

肯定してくれるかのような、やさしいさざめきに満ちた

そんな詩だった。

電車での出来事で、ある娘のやさしさの葛藤を描いている。

これは、実際にあった出来事だと思うが、

この娘が、のちに幾千もの人を勇気づけることになるとは、

夢にも思っていないだろう。

それを詩人の吉野さんは、やさしくすくい取ったのだ。

この最後の夕焼けの配置。

これには、色々な解釈ができるかもしれない。

たとえ哀しみに暮れていても、あの夕焼けは決して

そのようには見えないというような。

あるいは、娘がかなしい想いをしている中でも、

夕焼けはだまって見つめてくれているというような。

はたまたそれ以上の、何か大切なものを指し示してくれる。

吉野さんの詩は、とても懐かしく、台所にあるお盆のような

ものを想像させてくれる。変なたとえだが。

この『夕焼け』という詩以外にも、優れたユニークな詩は

たくさんあるので、ぜひ参考になさってみてください。

読みやすく、時を経るごとに、ハートの波を鎮ませてくれる

微笑みが自然と漏れるやさしい詩がいっぱいありますので。

かめれもん★より