人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る手紙

「人生に疲れた、しんどい」

「人生に疲れたときの対処法を知って、成長したい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております↓

人生に疲れ、自殺を何度も考え、絶望していたこともある20代男性からのメッセージです。

読んでいただけると、うれしく思います。

目次は、以下のようになっております↓

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

その3:精神的なことを学ぶ

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

その5:思い切って休む(最終手段)

目次

それでは、始めていきましょう。

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れたと言ってしまったとき、考えてほしいことがあります。

それは、その言葉に重みはあるのか、ということです。

よく人は、疲れた、もう死にたい、とか、軽々しく言ってしまっている、と僕は思います。

なぜなら、次の日になっても、明後日になっても、なんとなく仕事を続けていたり、人間関係を続けているからです。

例えば、ほんとうに人生に疲れた、とか思うのであれば、自傷行為をしていたり、自殺しようかな、と寸前まで陥った方は結構いると思います。

もちろん、そうならないで、単純に人生に疲れた、とか思うのであれば、軽々しく死にたい、しんどい、もうイヤだ、とか言わないでほしいのです。

ネガティブな言葉は、ネガティブな事象を引き寄せます。

人生に疲れたと言いそうになったときは、ほんとうにそうなのか、と自分自身に問い、辛くても、前を向いて、こんなに一生懸命がんばっている自分はエライ!と強くホメてあげてください。

続いて、人生に疲れて休み、新たな道が開けた僕の事例を少し紹介します。

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れて、僕は何をしたかというと、休学しました。

某有名大学を中退し、2年の休学の末、通信制大学に編入したあと、無事卒業しました。

なぜ、そうなったかというと、今まで3度くらいのいじめに遭い、もともと持っている発達障害とかHSPの気質から、某有名大学に入って1年経ったとき、父に泣きながら電話で「もう無理だ……」と言ったのを今でも覚えています。

それまでにいじめを受けていた最中にも、自殺しかけたことはありますし、ものすごく絶望的な気持ちで過ごしていました。

けれども、みんなと違う人生に逸れたことによって、色々な発見がありました。

たくさんのユニークな人たちに会えましたし、色々な場所も訪れることができました。

なので、僕は人生に疲れて、普通の大卒→就職という道は逸れましたが、それでよかったと思っています。

人生はそれによって、豊かになり、新たな道は開けたので、一例として参考にしてもらうとうれしく思います。

さて、それでも、人生に疲れてどうしようか悩んでいる方もいるのだろう、と思います。

ということで、人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法を紹介します。

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

まず、健康習慣を整えましょう。

人生に疲れているときは、そうなるような生活習慣を抱えていることも多いからです。

食事をちゃんと取っていないと元気は出ない、これはあたりまえですよね。

睡眠を取っていないと、日中、猛烈な眠気に襲われる、これもわかりますよね。

運動をしていないと、体力が持たないのも言うまでもないです。

ということで、健康習慣を整えるために、次の本(1760円)をおすすめします↓

この本は、精神科医の樺澤紫苑先生が書かれた本です。

最近書かれた本で、心の悩みに対処する『ストレスフリー超大全(1760円)』もありますので、併せてご覧ください↓

YouTubeチャンネルで、視聴者からの膨大な悩みに答えていますので、ぜひチェックしてみてください↓

精神科医・樺澤紫苑の樺チャンネル

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

色々な人の考えを知って、視野を広くすることによって、自分が抱えていた問題が大したことないな、と思うようになります。

今、あなたが悩んでいる問題は、先人たちによって既に解決されている場合もあります。

日本にも、長い歴史があります。

ということは、その過程で生じた悩み解決の知恵も、現代の先人たちが紹介してくれている事例もあります。

名言集や、ことわざ、あるいはアニメや漫画でも、あなたを奮い立たせる言葉というものがあります。

それから、詩を読んでみるのもいいでしょう。

おすすめの本は、こちらです↓

ポケット詩集1~3

この詩集は、シリーズもので全部で3冊あります。

僕は何度も繰り返し読んでいますが、そのたびに発見があります。

あなたの疲れた心を、やさしく解き放ってくれる言葉もたくさんあります。

ぜひ、おすすめです。

その3:精神的なことを学ぶ

精神的なことを学ぶことによって、あなたの心を強くすることも可能です。

先ほど紹介した『ストレスフリー超大全』でもいいと思います。

ただ、個人的には、斎藤一人さんの本を読むことを勧めています。

僕はおそらくこの人の本は10冊以上読んでいると思いますし、人生の悩みに対する基礎的な法則とかを、ものすごくわかりやすく書かれています。

僕も疲れていた時期に、斎藤一人さんの本は何冊か読めたので、救いのような本でした。

おすすめの本は、こちらで紹介しています↓

YouTubeチャンネルもありますので、こちらも押さえておくと、有益です↓

斎藤一人さんのラジオ形式チャンネル

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

就職もいいですが、在宅ワークもいいと思います。

時代の流れというのも、ありますし……。

具体的には、Webライターとか、Webデザイナー、イラストレーターとかあると思います。

プログラミングとかも、結構稼げると聞きます。

もし就職しているなら、副業でそのようなことを始め、準備ができたらそちらに移行するという方法もあると思います。

人生に疲れたときは、在宅ワークで、田舎で暮らすという方法もあると思います。

以下、紹介する記事にて、まとめの上の内容辺りで、多拠点生活というものにも触れていますので、ぜひ参考にしてもらえるとうれしいです↓

その5:思い切って休む(最終手段)

思い切って休む。

これは、最終手段ですね。

働きすぎたり、人間関係に疲れて、人生に絶望したりしているということは、おそらく、その道は間違っているということだと、僕は思います。

なので、もし今の状態を維持するのが辛いのであれば、長期的な視点で休むという方法もあると思います。

誰かに頼る、でもいいと思うし、貯金があるなら、それを使うでもいいと思います。

田舎暮らしが合うならそれをしてみてもいいと思いますし、カウンセラーの力を借りつつ、休むという方法でもいいと思います。

日本に居れば、生活保護を受けるということも、一応可能であることはたしかです。

もしほんとうに、人生に疲れて思い切って休めるかも……と思えるのであれば、休むという選択肢も勇気がある行動だと、僕は思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:疲れても、死なない限り、未来は明るい。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ほんとうに人生に疲れたのか?

人生に疲れて休むと、新たな道が開ける話

人生に疲れてしまった20代の同志たちに贈る5つの対処法

その1:健康習慣を整える

その2:色々な人の考えを知って、視野を広くする。

その3:精神的なことを学ぶ

その4:就職ではなく、在宅ワークに切り替える。

その5:思い切って休む(最終手段)

陰極まって、陽生ず。

僕は、人生に疲れたときはありましたが、そのおかげでものすごく成長できたと思っています。

幸せにもなれましたし、心の余裕もあります。

皆さんの悩みに、何か1つでもヒントがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

時間の楽しい使い方~時間は量より、質です~

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「効率的に時間を使うことがすべてなのかな?」

「質の高い時間の使い方って、なんだろう?」

「時間の質を高めるための、具体的な方法ってある?」

これらのようなことをお考えのあなたに、この記事はおすすめです。

時間の効率的な使い方よりも、時間の楽しい使い方、またはそれが効率的な時間の使い方につながることを考察した記事です。

目次は、主に以下の3つになります。

・時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

・時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

・実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

僕は、時間を効率的に使うように心がけている上で、大切にしていることがあります。

その大切なことが、時間の楽しい使い方であり、それが効率のよい時間の使い方につながっていくという思想のもと、この記事で解説したいと思います。

それでは、始めてまいります。

時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

時間を効率よく使おうと焦っている方は、その使えた時間を楽しめていない、ということもあり得ます。

もちろん、時間を効率的に使うことによって、快楽を覚える方は、時間を効率的に使うことを楽しめているのかもしれませんが・・・。

しかし、時間を効率的に使うことも度を越せば、命を粗末にしている、と言えます。

なぜなら、時間=命をものや利便性のためだけに利用するのは、動物をものとして見ていることに近いのではないか、と僕は思います。

時間を効率的に使うことだけを考えている方は、何か焦っていたり、実際、忙しかったり、余裕がないような気がします。

時間を効率的に使うことを非難するわかではありません。

ただ、度を越すと、それは自分や他人を束縛することに近づいていきますよ、と僕は思うわけですね。

それでは、時間の楽しい使い方、余裕を持った使い方をするには、どうすればいいか、考えていきましょう。

時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

結論を言います。

鍵は、無駄な時間を取り入れることによって、時間の質を高める、という方法です。

それをなぜ行うかというと、あくまでも時間を有意義に効率的に使おうという考えなんですね。

例えば、ボーッとしていないといい閃きは生まれません。これはクリエイターの方なら知っていることかもしれません。

リラックスした状態の方が、アイデアが浮かびやすいというものですね。

なんでそうなるかというと、脳にスキマができて、無意識の考えが活性化したからなんですね。

アバウトに言うと、ですけど。

ですから、無駄な時間は無駄ではなく、むしろ効率のよい時間の使い方をするには、必需品と言えます。

次に、実際に時間を楽しく使うための3つの趣味について解説していきます。

実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

その1:詩を読む、またはビジネス書ではなく、文学。

これは無駄と呼ばれるものの1つですね。

詩や文学が好きな僕からしたら、複雑な気持ちですけど。

詩や文学を読むことによって、非日常を体験することが可能になります。

それによって、感情が豊かになり、QOL(人生の質)も上がることになります。

ビジネス書ばかりを読んでいると、頭が固くなり、柔軟で閃きのようなアイデアが浮かばなかったり、感覚的ではなく、論理的に動くことになると思います。

僕の実感から言うと、論理的に行動するよりも、感覚または直感的に動けた方が楽しいし、それが効率のいい時間の使い方に活かされる、と思います。

続いて、娯楽です。

その2:お笑いやゲームなどの娯楽

お笑いやゲームも無駄なものと言われたりすることもありますが、それを大事にしている方からすると、人生の必需品ですよね。

お笑いやゲームをすることによって、楽しい気分になります。

その気分が効率よく時間を使うときのエネルギー源になると思います。

またお笑いはコミュニケーション能力を活性化させたり、ゲームは頭を鍛えるときに役に立つこともありますよね。

ですから、無駄と言われているものの、実生活には応用できる面も多々あるのかな、と思います。

続いて、瞑想やヨガです。

その3:瞑想やヨガ、アロマを焚く

効率的に生きる時間の使い方をしている方には、命を浪費している感じがあるかもしれません。

人生には休息の時間が必要です。

その休息の時間が、真の動くべきときの時間に、役立つのです。

瞑想やヨガ、アロマを焚くなどの方法があります。

セラピー系ですよね。

それを言うなら、音楽を聴くだとか、お風呂に入ったときに、入浴剤を使ったり、と様々な時間の使い方が考えられます。

心身ともにリラックスして、今までに見えてこなかったものが見えてくる可能性もあります。あと、閃きが生まれたり、人としての余裕ができて、器がでかくなったようにも見せることができるかもしれません。

それでは、まとめです。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回紹介した記事内容は、以下のようなものでしたね↓

・時間は、効率よく使えばいいってもんじゃない。

・時間の楽しい使い方において、鍵は「無駄時間」

・実際に時間を楽しく使うための3つの趣味

実際、そうは言われても、効率的に生きる習慣から変わらないよ、という方もいると思います。

しかし、そのような方でも、質の高いもっと楽しい時間の使い方をしたいなら、日頃から意識することを心がけてみてください。

それだけでも、短期では無理であったとしても、長期ではそのような時間の使い方を実行することは可能になる、と僕は思っています。

ですので、ぜひ頭の片隅に、今回の記事内容は留めておいてくださると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

休み方の流儀~人生をイキイキと生きる3つのコツ~

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、休み方の流儀と題しまして、休み方の3つのコツを紹介したいと思います。

休み下手の人からすると、休み方はとても知りたい情報だと思います。

わたしなりに思う休み方のコツですが、少しでも参考になるところがあると幸いです。

それでは、始めていきましょう!

休み方その1:習慣を味方にする

まず、言いたいのがこれです。

習慣の力は、様々な自己啓発本とかでも言われていることですね。

ただ、習慣の力と言っても、そんな簡単に日々の作業を習慣化できないよ、とか色々あるとは思います。

日々の作業を習慣化するということは、力を入れて生きなくても、勝手に自動的に生きていけるような心持ちです。

そして、始めるためには、1つずつ、毎日の作業を習慣化していくことです。

このとき、焦ってはいけません

それと、最初はキツイと思います。

しかし、3日坊主と言われるように、3日以上作業を習慣化していけば、自然と生活は楽になっていくと思います。

問題は、それを達成するのに、時間がかかるということですね(笑)。

休み方その2:動いても、楽しいことだけする

休み下手の人は、「休んだら?」と言われても、うまく休めません。

その原因は色々あると思います。

例えば、罪悪感であるとか、動いていないと、ソワソワするとか、そのようなことではないでしょうか?

であるならば、もういっそのこと動きましょう!(笑)

ただし、これは能動的な休み方です。

自分にとって、少しでも楽しいと思う作業は、増やしていきましょう

それも習慣化の要領でやれば、ベリーグッドです!

そして、自分にとって、楽しくないと思うことは、減らしていきましょう

そうすることによって、動きながら、休むということも多少は、可能になるでしょう。

ほんとのこと言えば、目を閉じて何もしないが、一番いいのだと思いますけどね(笑)。

休み方その3:「動かないと!」という気持ちとしばし向き合う

さて、ここで、目を閉じて休むというワードが出てきました。

このとき、向き合うのは「動かないと!」という休み下手の人に多く生じるこの現象です。

たしかに、動かないといけないこともあるかと思います。

しかし、真剣に時間配分を考えれば、多少休めたり、ある一定の時間、「動かないと!」という気持ちと向き合えば、心が静まってくるという現象もあると思います。

実際、わたしはこの「動かないと!」という気持ちとしばし向き合い、心が静まってくるという現象は何度も体験しています。

そして、これは個人的な対策なのですが、『一人しりとり』をします(笑)。

そうすることによって、頭のレクリエーションとなり、体も休められるという一石二鳥です。

問題は、やりすぎたり、やめどきを見失わないことですね(笑)。

では、まとめに入ります。

おわりに

ここまで、自分なりの休み方のコツを紹介してきました。

習慣の力は、いざとなると強い味方です。

日々のルーティーンも似たようなものですね。

効率化もそうですし、このように、なにか日々の作業を自動化する術を持っていると、その人の頑張りを大いに助けます

動いても、その作業とかが、楽しければ、人は案外疲れないものです。

例えば、生きがいとかやりがいというのもそうですね。

このようなものは、目的があったり、それをやること自体が楽しくて、エネルギーが湧いてくるというものも、多いことでしょう。

そして最終手段、目を閉じる。

このとき、やろうと思うと、色々な雑念がワラワラ現れてくると思います。

それを抑えつけようとせず、ああ、こんな気持ちがいっぱい現れてきたわ、と客観視してみてください。

しばらくすると、少し気持ちも収まってくると思います。

このように、自分なりの休み方を紹介してきましたが、少しでも役に立つ情報はありましたでしょうか?

1つでもあれば、ぜひそれを実践してみてくださいね♪

以上で、この記事を終わります。

ここまで見ていただいた方々、ありがとう(^_^)/~

かめれもん★でした(^^ゞ

斎藤一人さんの名言『やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。』実体験レビュー

はじめに

はい、こんにちは~。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、斎藤一人さんの名言について考察していきたいと思います。

斎藤一人さんって、どんな人?だったり、一人さんの考えが僕の根底にある話だったり、名言についてのレビュー・感想等を書いていきたいと思います。

最後まで読んでくれたら嬉しいです!

それでは、始めていきましょう!

斎藤一人さんって、どんな人?

斎藤一人さんは、ものすごい納税をしているお方で、多分日本で一番納税しています。

納税王とも呼ばれているそうですね。

日本の実業家であり、『銀座まるかん』の創設者。

本を書いたり、講演したり、YouTubeにも登場しています。

声だけですけどね。

斎藤一人さんは、顔をあまり公に見せたいとは思っていないらしく、メディアにもあまり顔を出しません。

弟子が何人もいて、柴村恵美子さんや宮本真由美さんなどがいらっしゃいます。

そんな斎藤一人さんですが、わたしの考えの基礎を作ってくれた大恩人でもあります。

そのことを少し、紹介したいと思います。

斎藤一人さんの考えが僕の根底を形作っている!

斎藤一人さんと、わたしが出会ったのは、中学二年頃の話です。

当時は、今よりも人間関係で苦しんでいて、自己啓発本というものを知り始めた頃です。

そんなときに、ある自己啓発本のおまけとして、その本がありました。

タイトルは、『斎藤一人の道は開ける(文庫628円)』です↓

この本は、わたしに衝撃を与えました。

人生を生き抜く方法って、世の中にあるんや、と思いました。

ものすごくびっくりしました。

今でもその本は、寝床の傍らに置いています。

いつでも読み返すために、です。

もう何回か読み直しました。

そして、それから斎藤一人さんの本をたくさん読み、その考えをマスターするくらいの気概で、習得をしました。

斎藤一人さんの考えは、人生処方の基礎が詰まっていると思います。

ぜひ、一読してみることを勧めます。

それでは、名言のレビューです。

やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。

この言葉、名言は、もうほぼ確実にです。

詩以外になんと読めばいい、といった感じです(笑)。

とりあえず、やろうという話ですね。

話はそれからだ、というような。

一人さんいわく、人生に降りかかる出来事は、あなただから乗り越えられること、らしいです。

だから、やってやろう、立ち向かっていこう。

もちろん、ときには逃げていいかもしれないけれど、きっと乗り越えられるんだ、と信じることが大切なのだと思います。

あなたなら、乗り越えられるよ。絶対!みたいな声が聞こえてきそうです(笑)。

一人さんの名言は、どれもカッコいいです!

一人さんの名言の中でも、この名言はトップクラスかもしれません(笑)。

それでは、長々と話しましたが、ここでまとめていきたいと思います。

まとめ:人生に悩んだら、一人さんの本を読め! そしたら、大抵幸せになる(笑)。

一人さんの考えは、この記事では伝えきれる量ではありません!

ぜひ、本か、YouTubeから入門してください。

一人さんの話は、不思議な話が多いですが、やってみると分かることも多いと思います。

一人さんの考えは、インプットするだけでなく、ぜひ実践していってみてくださいね。

あなたの精神的成功を願っています!

もちろん、成功している方は、いっしょに幸せを継続させていきましょう(笑)。

余談:たびたびブログ更新ストップすることについて

昨日は、ブログ更新できなくて、すみませんでした~。

ほんとうに昨日は、忙しくて、ブログ更新無理!と思ったので、やめときました。

無理はしないのが肝心です。人生においても。

さて、これからも、ほぼ毎日更新は続けていきますが、はたと止まるときも、おそらくこの先あると思います。

ですので、そうならないような具体的な方法を実践しつつ、ブログ更新を毎日していこうという意志は持っていますので、そこら辺、理解していただけると嬉しく思います。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ