感覚派の人と、論理派の人のための詩の書き方講座

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、感覚派の人と、論理派の人のための詩の書き方講座というわけで、自分に合った詩の書き方で、詩に挑んでほしいな、と思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

まず、感覚派の人と、論理派の人の違いって、なんだろう?ということについて、解説したいと思います。

次に、感覚派の人のための詩の書き方論理派の人のための詩の書き方、順に解説していきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

感覚派の人と、論理派の人の違い

まず、感覚派の人の特徴とはなんでしょう?

詩の見方で言うと、詩を音楽のように読み、全体を大雑把に捉えることが挙げられます。

そして、詩の書き方で言えば、とりあえず書いて、書いていく内に、独創的な詩の世界になることが多いと思われます。

続いて、論理派の人の場合、詩の見方で言うと、まずは論理的に読み解いていきます

しかし、詩は論理だけではできていないので、ある程度、読み解けると、感覚的に詩の本質に辿り着きます

説明書を読んで、詩に挑むか、説明書を読まずに、あちこち触って慣れていくかの違いですね。

そして、詩の書き方では、論理的に詩を組み立てます。

論理が研ぎ澄まされていくと、それは感覚と結び合わさってきます

もともと言葉自体が、感覚的なものなので、論理的に詩のようなものを書いている内に、感覚的にもなっていくということです。

つまり、感覚派の人も、いつかは論理的に。

論理派の人も、いつかは感覚的になっていくのです。

そうして、両方のバランスをとっていくのです。

感覚派の人のための詩の書き方

前置きが長くなりましたが、もう少し、深掘っていきましょう。

感覚派の人は、詩の本質をなんとなく知っていると思います。

ですので、あとは、それに形を与えるだけです。

感覚的に、詩のようなものを書いていくところから始めます。

それに慣れてきたら、あとは書きまくるのです。

結局、詩は書きまくることによって、毎日書き続けることによって、精度は増していきます。

そしていつか、感覚的に捉えていたものが、細部に渡って詳細を帯びてくるのです。

続いて、論理派の人の詩の書き方を見ていきましょう。

論理派の人の詩の書き方

論理派の人は、写経をするのも1つの手です。

写経とは、詩を書き写すこととも言えます。

これは案外、ナメないほうがいいと思います。

わたしもこのやり方で、詩はグンと上達スピードを増したと思います。

感覚派の人にもおすすめです。

要するに、詩の成り立ちを感覚的に覚えるための方法です。

感覚的に詩が分からないとなれば、このようにレベルを少し下げたところ?から始めるといいと思います。

つまり、感覚派な人の方が、詩に親しみやすいのかもしれませんね。

詩を感覚的に理解するために、筆で書かれた書を鑑賞したり、実際に声に出して読み、感覚的に分かったり、最近ではオーディブルなど、耳で傾聴して理解する方法もあるかもしれないですね。

それでは、まとめに入ります。

おわりに:自分に合った詩の書き方で、詩に挑め!

この記事で言いたかったのは、次の通りです。

感覚派の人は、論理に根を下ろしていく必要があります。

つまり、アイデアを詳細に渡って形にしていく作業、筋トレのような作業が必要です。

そして論理派の人は、論理から感覚に辿り着く練習が必要になります。

写経・音読・書の鑑賞・朗読を聴くなど様々です。

つまり、感覚派の人は論理的に。

論理派な人は、感覚的になろうとする意識の方向づけが必要になってくるのです。

そうして、最後は自分の感情を情熱を持って、ストレートに表現することができると思います。

それがある意味、詩の最終地点です。

それでは、わたしはこの辺で。

他に詩に対する様々な考察、精神的な分野を中心にブログを更新し続けています。

よかったら、ご覧ください。

かめれもん★でした(^^ゞ

俳句の取り合わせって、具体的になんだったっけ? 取り合わせを深堀ろう!

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の取り合わせって、どんな感じだったっけ? もっと詳しく知りたい方向けの記事となっております。

俳句の取り合わせは、できるとほんとに面白いですからね。

自分なりの世界観も出せますし・・・。

では、始めていきましょう!

俳句の取り合わせとは?

俳句の取り合わせって、どんな感じ?と思う方は、もうそれなりに俳句のことをちらほら知っているかもしれません。

取り合わせとは、2つの物(言葉)を組み合わせることによって、新しい味を生み出す俳句の型です。

主に季語と、別のもの(描写)が組み合わさって、独自の世界観が出るのですね。

それでは、取り合わせをもっと詳しく知るために、一物仕立てというものと比較してみましょう。

一物仕立てと取り合わせの違い

一物仕立ては、主に季語の描写だと思われます。

そう考えてよいでしょう。

ただ描写すればいいだけではありません。

季語の本質を捉えて、美しく描写するという感じでしょうか。

その一方で、取り合わせは、意外な物と物を組み合わせることによって、新しい世界観、妙味を生み出す俳句の手法と呼べるでしょう。

つまり、取り合わせは、どんな季語と、どんなものを描写するかが、鍵を握っていると思われます。

それでは、取り合わせのコツ、本質を見ていきましょう!

取り合わせのコツ(本質)をご紹介

これはですね。

正直、センスでもあり、慣れでもあると、わたしは思います。

ですから、俳句をただひたすら作って、取り合わせは作れるときに作るといった感じでしょうか。

あとは、他のサイトで取り合わせの例を見てもらうとか、そんな感じでしょうか(笑)。

いずれにしても、取り合わせというのは、すぐにできるから、いいというわけではないと思います。

イチロー選手も言っていましたが、結果よりも過程(プロセス)が大事だということです。

つまり、取り合わせをうまいこと作っていくよう努力していくことに面白みがあり、しっかりと俳句歴を積んで見事に創作できるからこそ、達成感もあり、人からも面白いと言われる俳句が作れるのだとわたしは考えています。

ですから、俳句の取り合わせのコツは、俳句を作っていくプロセスを楽しんでいく中で、熟達していくというのが、本質だと思われます。

それでは、今回のまとめです。

おわりに

俳句の取り合わせは、2つの物をいかに組み合わせるかが大事だと述べました。

そして、俳句の取り合わせは、付かず離れず

正直、これも大事です。

2つの物は、なんとなく違うんだけど、合わせると、なんか雰囲気いいよね、という感じになるとベストです!

そのことを踏まえた上で、俳句をどんどん作っていきましょう!

取り合わせは作れるときに作り、できたかどうかよりも、取り合わせと向き合っていく中で、いつか人からも、いいね!と言われると嬉しいですね♪

それでは、わたしはこの辺で。

今回もここまで、お読みいただき、ありがとうございます。

次回も、いい記事が書けるよう、奮闘していきたいと思います(^^ゞ

かめれもん★でした~(^_^)/~

初心者にもわかりやすい自由律俳句の作り方講座

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、初心者のための自由律俳句の作り方講座ということで、自由律俳句とは何ぞや、自由律俳句を実際に作っていきたいけど、何から始めていいんだ、みたいな人たち向けの記事となります。

この記事を読んで、ぜひ自由律俳句の魅力を、多くの人たちに伝えていってくれたらな、と思って書いていきます。

それでは、始めていきましょう!

自由律俳句とは何か?:自由律俳句は、リズムが命

自由律俳句って、たまに聞くけど、いったいそれはどのようなものなんだ、というと、とてもシンプルです。

想いがリズムになり、それが一行で表される強い詩のことです。

つまり何が言いたいのか。

自由律俳句において、リズムは最重要事項といってもいいでしょう。

その他の特徴に、切れ字がないとか、口語が多いとか、ありますけれど、基本的に、自由律俳句を鑑賞するときは、このリズムに乗って感じられる、その作者の想いを重視することが大切です。

それでは、自由律俳句の作り方講座に入っていきましょう。

自由律俳句の作り方その1:下手でもいいから、まずは作ること

自由律俳句で書くといっても、書くのを躊躇する人がいると思います。

それはなぜか。

いきなり書いて、変な句ができたらどうしよう、とか。

自由律俳句がどんなものか、分からないからまず調べて、とか。

だいたいそのような感じではないでしょうか。

しかし、自由律俳句は、考える前に行動するくらいの気持ちで、さっと2、3句書いてみたらいいのです。

周りを見渡してください。

なんでもいいから、気になったものとか、人とかを描写してみるのです。

散文的でもいいから、自由律俳句っぽいものができたらそれで大成功です。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その2:自己流を極めること

自由律俳句は、そもそも、普通の定型俳句よりも、芸術性の方向に向かっていったと思われます。

つまり、自由律俳句を作りたいという方は、簡単そうだから作ろうと願っているか俳句よりももっと気持ちを最大限に表現したい、という2タイプに分かれると思います。

ここでは、後者の方たちに伝えていこうと思いますが、自由律俳句は、書いて書いて書いて、書きまくるのです。

それが、上達の究極の奥義です。

要は、慣れですね。

そうすれば、自ずと、リズムは身に付き、自由律俳句はうまくなっていることでしょう。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その3:分からなければ、自由律俳句の句集を読んで、真似てみること

どうしても、自由律俳句って、どう作るのかなあ、と迷う方は、本物の自由律俳句を見てみることを、おすすめします。

例えば、尾崎放哉、種田山頭火、住宅顕信、最近では、又吉直樹さんやせきしろさんの本がおすすめですね。

一度、読んでみるのもいいと思います。

『蕎麦湯が来ない』(1,540円↓)

ここで、重要なのが、下手な自由律俳句を見て、こういうものが自由律俳句だと、決めつけないことです。

自由律俳句にも、上手い下手は、ハッキリとあり、それなりの熟練者であれば、見分けは付きます。

あくまで、いいお手本を見て、自由律俳句の上達に役立ててくれることを願っています。

それでは、まとめです。

まとめ:自由律俳句は、面白い!

自由律俳句は、リズムが大事です。

リズムにすべてが詰まっているとも言えるかもしれません。

作者の想いが、リズムにピタッとハマっているかということですね。

なんか、カタカナばっかになりましたけど、すいません(笑)。

始めは下手でもいいし、誰に見せるとか、そういうものではないと思うので、積極的に周りの気になったものを描写していきましょう。

どんどん書いて、どんどん書けば、ほぼ誰でも上達は可能なことだと思います。

なぜなら、それは慣れの問題と言えるからです。

自由律俳句を誰にも見せる必要がなければ、思う存分書きまくれるので、慣れの問題は、誰にでも克服できることでしょう。

続かないなら、向いていないような気もしますし、そんなときはやめましょう。

無理は禁物です。

本物の自由律俳句を見ながら、自由律俳句は、こういうものか、と考えていくのもいいし、自分なりのこれが自由律俳句だと思うものを追究しても構いません。

あなたらしい自由律俳句は、世界でもかけがえのない財産になるでしょう。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ