3つの詩の楽しみ方

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩の楽しみ方って、なんだろう? 詩の魅力って、なんだろう? もっと詩と親密になりたい! そんな方におすすめの記事となっております。

詩の楽しみ方を、わかりやすく丁寧に解説します。

目次は、以下のようになっております↓

3つの詩の楽しみ方

その1:何度も読む

その2:自分の心のモヤモヤを、爆発させる!

その3:写経をしてみる

わたしはこれまで、詩の魅力、詩の楽しみ方、そして書き方や読み方等、ブログで様々なアプローチをしてきました。

それらはすべて、詩の魅力を多くの人に知ってもらうため!

どうぞ最後までご覧いただけると、うれしく思います。

それでは、始めていきましょう。

詩の楽しみ方その1:何度も読む

まず、詩を楽しむためには、1回読んだだけでは、効果は薄いと思われます。

多くの人は、一通り読んでそれまでか、少し読んであきらめていたことでしょう。

ですが、そうではありません。

詩は、何度も読むことによって、徐々に自分流の意味づけがなされ、自分だけの宝物になっていくものです。

詩は、消費性が高い小説のようなものではなく、長く付き合っていける文学だとわたしは考えます。

例えば、ペットでいう亀のようなものですね。

他に、詩を動物に例えるなら、猫のようなものとも言えます。

詩は、読むごとに、様々な解釈があり、自分でパズルのピースを埋めていく感じです。

そうでなくても詩は、様々な風景や、心の動き、実験に満ちたものなど、個性に富んでいるのが、特徴です。

詩の楽しみ方その2:自分の心のモヤモヤを、爆発させる!

詩は、ただ単に読むだけではなく、書くことによって、浄化されます。

ネットで詩があふれているのを見ると、その手軽さと、浄化のされ具合により、多くの人の趣味になっているようです。

言葉だからこそ、自分の中のうまく言えないモヤモヤを、スッキリ吐き出せるのです。

言葉自体が、高度なものと言えますからね。

しかし、ネガティブなものを吐き出したら、いつかは美しい詩を書くことを目標にしてください。

ネットは、ネガティブな感情の吐き捨て場ではありません。

これは、ネットの詩人に対する批判というわけではありませんが、注意したほうがいいんじゃないか、というわたしの意見です。

詩は、毎日改善を積み重ねていけば、自然と美しい詩が書けます。

自分の心が整理されて、もとの魂が顔を出すからです。

魂は、皆平等にあり、すべて個性に富んでいます。

これは、ややスピリチュアル的な目線ですね。

なので、詩を愛するなら、世の中をきれいに浄化していけるよう、責任を持って発信するとよいのではないか、と思います。

世の中にネガティブな詩が広がりすぎないよう、気をつけたいところですね。

詩の楽しみ方その3:写経をしてみる

これは、やや難易度高めですが、効果はバツグンだと思います。

つまり、詩集を買ってきて、それを紙などに書き写すということですね。

できれば、手書きで、味わうように書き写していってください。

手の動きとともに、文字の存在が浮かび上がってくることでしょう。

また、声に出して読んだりするのもいいと思います。

写経をすることによって、鮮明に映像や感動が呼び起こされ、詩をリアルに感じ取ることができると思います。

わたしもポケット詩集1~3を買ってきて、何度も写経しました。

『ポケット詩集』(1,650円↓)

すると、文章力や語彙力が上がったような実感があります。

あと、心も美しくなったような気がします。

気がするだけで、定かではないんですけど・・・(笑)。

それでは、まとめていきたいと思います。

おわりに

詩の楽しみ方の1つに、何度も読むがありましたね。

何度も読むことによって、詩の本領は発揮されます。

そして、読むだけではなく、書いてみてください。

たくさん書いて書き尽くすくらい書いて、いつかは美しいを詩を書けるようになるといいかも、ですね。

それから、写経は、初心者向けというよりも、中級者向けですね。

読んで味わうことと、書くときに役立つと思います。

興味があれば、参考にしてみてください。

それでは、今回はこの辺で。

他に詩に関する記事を、様々網羅しています。よかったら読んでみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

初心者にもわかりやすい自由律俳句の作り方講座

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、初心者のための自由律俳句の作り方講座ということで、自由律俳句とは何ぞや、自由律俳句を実際に作っていきたいけど、何から始めていいんだ、みたいな人たち向けの記事となります。

この記事を読んで、ぜひ自由律俳句の魅力を、多くの人たちに伝えていってくれたらな、と思って書いていきます。

それでは、始めていきましょう!

自由律俳句とは何か?:自由律俳句は、リズムが命

自由律俳句って、たまに聞くけど、いったいそれはどのようなものなんだ、というと、とてもシンプルです。

想いがリズムになり、それが一行で表される強い詩のことです。

つまり何が言いたいのか。

自由律俳句において、リズムは最重要事項といってもいいでしょう。

その他の特徴に、切れ字がないとか、口語が多いとか、ありますけれど、基本的に、自由律俳句を鑑賞するときは、このリズムに乗って感じられる、その作者の想いを重視することが大切です。

それでは、自由律俳句の作り方講座に入っていきましょう。

自由律俳句の作り方その1:下手でもいいから、まずは作ること

自由律俳句で書くといっても、書くのを躊躇する人がいると思います。

それはなぜか。

いきなり書いて、変な句ができたらどうしよう、とか。

自由律俳句がどんなものか、分からないからまず調べて、とか。

だいたいそのような感じではないでしょうか。

しかし、自由律俳句は、考える前に行動するくらいの気持ちで、さっと2、3句書いてみたらいいのです。

周りを見渡してください。

なんでもいいから、気になったものとか、人とかを描写してみるのです。

散文的でもいいから、自由律俳句っぽいものができたらそれで大成功です。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その2:自己流を極めること

自由律俳句は、そもそも、普通の定型俳句よりも、芸術性の方向に向かっていったと思われます。

つまり、自由律俳句を作りたいという方は、簡単そうだから作ろうと願っているか俳句よりももっと気持ちを最大限に表現したい、という2タイプに分かれると思います。

ここでは、後者の方たちに伝えていこうと思いますが、自由律俳句は、書いて書いて書いて、書きまくるのです。

それが、上達の究極の奥義です。

要は、慣れですね。

そうすれば、自ずと、リズムは身に付き、自由律俳句はうまくなっていることでしょう。

それでは、次に参ります。

自由律俳句の作り方その3:分からなければ、自由律俳句の句集を読んで、真似てみること

どうしても、自由律俳句って、どう作るのかなあ、と迷う方は、本物の自由律俳句を見てみることを、おすすめします。

例えば、尾崎放哉、種田山頭火、住宅顕信、最近では、又吉直樹さんやせきしろさんの本がおすすめですね。

一度、読んでみるのもいいと思います。

『蕎麦湯が来ない』(1,540円↓)

ここで、重要なのが、下手な自由律俳句を見て、こういうものが自由律俳句だと、決めつけないことです。

自由律俳句にも、上手い下手は、ハッキリとあり、それなりの熟練者であれば、見分けは付きます。

あくまで、いいお手本を見て、自由律俳句の上達に役立ててくれることを願っています。

それでは、まとめです。

まとめ:自由律俳句は、面白い!

自由律俳句は、リズムが大事です。

リズムにすべてが詰まっているとも言えるかもしれません。

作者の想いが、リズムにピタッとハマっているかということですね。

なんか、カタカナばっかになりましたけど、すいません(笑)。

始めは下手でもいいし、誰に見せるとか、そういうものではないと思うので、積極的に周りの気になったものを描写していきましょう。

どんどん書いて、どんどん書けば、ほぼ誰でも上達は可能なことだと思います。

なぜなら、それは慣れの問題と言えるからです。

自由律俳句を誰にも見せる必要がなければ、思う存分書きまくれるので、慣れの問題は、誰にでも克服できることでしょう。

続かないなら、向いていないような気もしますし、そんなときはやめましょう。

無理は禁物です。

本物の自由律俳句を見ながら、自由律俳句は、こういうものか、と考えていくのもいいし、自分なりのこれが自由律俳句だと思うものを追究しても構いません。

あなたらしい自由律俳句は、世界でもかけがえのない財産になるでしょう。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

詩の書き方(初心者編)~詩を書くときに、まずすべきこと~

こんにちは。かめれもん★と申します。

今回は、詩を書くときに、まずやるべきこととして、書く時の環境心構えどのようにまずは書いていくかについて答えたいと思います。

私は、プロの詩人というわけではありませんが、詩が好きな一人の青年です。

ですから、小耳に挟んだ程度に聞いてくだされば、と思います。

それでは、まず詩を書く時の環境について簡単に説明したいと思います。

書く時の環境

まずは、やはり集中できる環境がいいと思われます。

時間帯は朝か、夜で、できれば皆が騒がしくないときがいいかと思われます。

耳にイヤホンや耳栓をしてもいいと思いますし、視覚が気になるのであれば、気になるものを除去、または移動(自分も含め)させるのがいいと思います。

あとは服装はラフな格好で、自然体に詩を書けるように準備します。

いい詩を書くには、それなりにコンディションを整えておく必要があります。

では次に、詩を書く時の心構えについて、解説します。

心構え

まずはやはり、自然体でリラックスしているほうがいいでしょう。

悩み事や雑念は、日頃から瞑想やマインドフルネスで除去し、人に話す、紙に書くなどして、気持ちを整理しておきます。

心構えに関して、私が言えるのはこのくらいです。

現在は、ブログにて、人生に心からのよろこびを、をモットーに様々な記事を書いていますので、マインドセットの際に参考にしてもらえると幸いです。

それでは、詩の書き方ですね。

まずはどのようにして書いていけばいいのか。

解説していきます。

詩を書くにあたって、まずすべきこと。

まずは、呼吸を整え、自然体で心を込めて書きます。

一生懸命書きます。

それが技術的に形になることは、最初は少ないと思います。

ですので、等身大の詩が無難だと思われます。

それを意識して、気持ちに見合った詩を書き表します。

最初は、谷川俊太郎氏のようなすごすぎる詩は、誰でも書けないと思いますので、過去にあった印象的な出来事を詩にします。

ただ、その映像を書いただけでは、説明文と大差ないので、一生懸命書きます。

心の動きをプラスします。

そのために修辞(レトリック)を押さえておくと、より詩らしく力が込もった作品を書けるというわけです。

だからといって、修辞に頼れば詩がうまくなるということもありませんので、少し注意しておきたいところです。

できれば毎日、詩を書き続けていきます。

書く力というのは、練習した分だけ、成果が出やすいものだと思います。

ぜひ、書き続けてみてはいかがでしょうか?

もちろん、無理をなさらず、書けないときは書かなくていいのです。

誰にも、調子の上がり下がりはありますから、調子のいいときにはそれなりに書き、調子の悪いときには書かないということも全然アリだと思います。

それではここで、詩を書くときの応用編について、少し解説します。

応用編

詩を書き続けていると、段々と過去の印象的な出来事を書き尽くしてしまいます。

そうなってくると、言葉の力を借りて、感動が先になくても、言葉から感動を創り上げることもできると思います。

つまり、ほんとうの意味での創造に近くなると思います。

無心な気持ち、静かな心で、心の奥の声に耳を澄まし、誠実に書いていくと、それなりによい詩ができあがるような気がしています。

参考程度にしてもらえると、幸いです。

詩を書くことに困ったら

詩を書くことに困ったら、とにかく最初の一行を印象的に書きましょう。

そこから自由に、自分の心の中を表現していきましょう。

詩を書くことに困った場合、いくつか方法があると思いますが、例えば名詩を読むだったり、写経(詩を書き写したり)、書やペン字と触れ合ったり音読したりと色々あります。

そこから少しずつ学んでいきましょう。

それでは、まとめです。

まとめ

書くときには、なるべく集中できる環境を整えておきましょう。

静かな環境でもいいですし、少し賑やかな場所でも構いません。

しかし、詩を書くというなら、誰にも見られずに書きたいと大半の方は思うのではないでしょうか。

私もその一人です。

心構えについては、自然体でリラックスして書きましょう。

詩をまず書いていくにあたっては、過去の印象的な出来事を詩的にダイナミックに書いていきましょう。

言葉から感動できる詩を創るのは、それなりに書き続けた後で構わないと思います。

詩を書くときに私がおすすめする勉強法は、写経ですが、詩を読んだりして、詩ってこういうものなのか、と分かるのもいいと思います。

あとは補足の補足になりますが、一行詩から始めてもいいと思います。

俳句とか、短歌とか、川柳ですね。

ちなみに私は、全部挑戦してみました。

それでは、いかがでしたでしょうか。

一つでも参考になるところがあれば幸いです。

ネットの記事であれば、一記事から一つ参考になるところがあれば十分と思われますので。

それでは、皆さんが少しでも、自分らしい詩を書けることを祈っています。

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ