HSPは生まれつきのものであり、才能以外の何物でもない。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、HSPの記事、第2弾ということにしたいと思います。

前回の記事は、こちらです↓

HSPは前回、世界をみずみずしく感じられるという感性の部分について、少し話しました。

今回は、HSPは天性の才能であり、しかも、クリエイティブな活動を通して、さらに感性が磨かれるという話をしたいと思います。

前回の記事を踏まえたうえで、少し工夫した記事を展開できればいいかな、と思います。

それでは、解説に入ります♪

HSPは持って生まれた天性の才能

HSPは持って生まれて、イヤだ~と思うか、そう思わないかで、かなり違ってくると思います。

HSPは、たしかに短所に目を向ければ、生きづらいとしか言いようがない、そんな世の中でもあります。

けれどですね。

HSPは、繊細な分、いいものを吸収しようと思えば、スポンジのように吸収し、悪いものを受け取れば、その真逆の効果へと向かっていくのです。

ですから、例えば、情報の質を見極めることが大切です。

なるべく、芸術とか、教養が得ることができる番組、その人が苦痛に思わないものであり、人からどうしても止められてしまうものを除き、吸収していくことが大事だと思います。

その人が心から望むものであれば、どんどん手にしていくのがよいのだと思います。

それでは、そのようなインプットに才能があるとして、才能っていったいなんでしょうか?

才能とは?

才能とは、その人の長所であり、しかも日々それをあたりまえに行っているので、才能とは気づきにくいかもしれません。

それ才能だよ?と言われて、え!? そうだったの?となる人もしばしばだと思います。

才能っていうのは、ここでは、HSPですよね。

HSPは、日々その状態を受け入れているし、世の中的には、あまりいい反応もおそらくないのでしょう。

そのような世の中もどうかとは思いますが・・・。

しかし、HSPは生まれつきの才能です。

極端な短所があれば、それには極端な長所も、存在しているからです。

HSPを活かす方法

HSPは世界をものすごく繊細に感じられる分、美しい感性も磨かれます。

ですから、それを創作活動とかで活かすことができれば、とてもイキイキとした人生を送ることができると思います。

HSPが作品を創作していけば、それだけ、社会が浄化されることがあると思います。

HSPは5人に1人の割合でおりますので、お互いに離れたところで、個々に活動すれば、世の中はほんとうによくなると思います。

ですから、今は、HSPに才能があり、それを活かすことを考えていくことが必要だと思います。

HSPを活かす方法としては、まず趣味から始めることが大事です。

趣味から何かクリエイティブな才能を活かせる方法を選び、少しずつ育てていきます。

ある程度、続けることができれば、それは才能があると思われますので、ぜひ極めていきましょう。

きっと、社会の役に立てると思います。

それでは、まとめです。

まとめ:HSPは長所と捉えよう!

HSPは、ハッキリ言って、長所です。

精確に言うと、短所も長所もないのですが、世の中的に短所に捉えられるということは、それなりの長所の部分も含んでいます。

インプットの質を高めるために、今より少し難しい課題、例えば本だったら、今よりも少し難しい本に挑戦していって、インプットの質を高めていきましょう。

ある程度、インプットの量が頭の中に入ると、これはいい情報だなとか、そうじゃないなとか、色々わかってくると思います。

HSPさんは、繊細な気質を含んでいるので、クリエイティブな活動に向いていると思います。

クリエイティブな活動といっても、日常に数多ありますし(例:スケジュール管理や料理など)、質のいいインプットができれば、それだけアウトプットもしやすくなります。

そうなると、学業でも、仕事でも、趣味でも、充実した人生を送ることができると思います。

HSPを、これからは長所と捉え、あなたなりの人生をクリエイトしていってくださいね♪

それでは、今回はこの辺で、終了とします。

かめれもん★でした(^^ゞ