創作やビジネスに、生みの苦しみは必要か?

「生みの苦しみは、必要か?」

「生みの苦しみを出さずに、創作やビジネスに取り組みたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、生みの苦しみをほぼ感じずに、このブログを1年ほど続けてきました。

そのノウハウが、少しでも参考になれば幸いです。

目次は、以下のようになっております↓

創作やビジネスに、生みの苦しみは必要か?

創作やビジネスを、生みの苦しみを出さずに実行する5つの方法

その1:すべきことより、やりたいことを優先する。

その2:思考優位ではなく、感覚優位にする。

その3:ゲーム化する

その4:一生懸命取り組む

その5:生み出せないときは、さっさと休む。

まとめ:生みの苦しみなんて、もう要らない時代。

目次

それでは、始めていきましょう。

創作やビジネスに、生みの苦しみは必要か?

創作やビジネス、あるいはあらゆる人の営みに言えることですが、生みの苦しみは必要ないな、と感じます。

なぜか。

だって、苦しんで作ったものが、いいものであるはずがないからです。

例えば、色々な詩を見ていますと、この作品は苦しんで作ったものだと分かるものがあります。

その作品を読んでみると、ぎこちないし、読んでいて楽しくないのです。

まあ、もちろん自分にも言えないことはないのですが、基本、僕は楽しく創作したり、ビジネスを行ったりしています。

楽しんで活動した方が、その気持ちが人に伝わると僕は思うんですよね。

創作やビジネスを、生みの苦しみを出さずに実行する5つの方法

さて、生みの苦しみを出さずに創作やビジネスを行うって、どうしたらいいの? と思う方もいると思います。

ということで、紹介していきますね。

その1:すべきことより、やりたいことを優先する。

すべきことばかりやっていると、水泳で息継ぎなしで、何メートルも進むことに似ています。

かといって、すべきことが多すぎて、やりたいことやる時間がないよ~という方は、一度その生活を見直す必要があるのではないか、と思います。

もちろん、例えば仕事をやめろ、とまでは言わないですが、すべきことばっかりやっていると仕事の質が落ちます。

なので、やりたいことも随時、ほんのわずかでもいいので、取り入れるといいと思います。

やりたいことっていうのは、息抜きでも構いません。

部屋の中だったら窓を開けるとか、実際に外に出てみるとか、すべきことをさっさと終わらせて、やりたいことをやるでもいいと思います。

すべきことをやるのは効率的ですが、非効率なこともたまに入れないと、ガクッと来ます。

その2:思考優位ではなく、感覚優位にする。

思考優位だと、行動の流れが停滞し、気分も沈みます。

けれど、感覚優位だと、行動がスムーズに流れ、たまに失敗もしますが、そこから新たに修正していけば、まっすぐな道ではなくても、曲がりくねった趣のある道になると思います。

瞑想・ヨガ・マインドフルネスをすることを、以前からこのブログでは伝えています。

もちろん、それだけではないですが、人っていうのは今できることしかやれないし、逆にそれを一生懸命やっていけば、道は自然と開けてきます。

開けてこないんだったら、その都度修正するだけです。

その3:ゲーム化する

創作やビジネスをゲーム化することによって、楽しむ工夫に意識が集中します。

すると、その工夫がさらなる楽しみを生み出し、結果的にいいものを作れます。

例えば、なんでもいいのですが、あえて普段から少しズレた生活をすることによって、人生の質も上がりますし、閃きも生まれやすいです。

これが無理だったから、今度はこっちだ、みたいに気持ちの持ちようでもゲーム感覚は生み出せます。

ゲーム化というのは、人生そのものがゲームだと思えば、なんでもいけます。

暗い気持ちですべきことをやっているんだ、と思って行動していても、しんどいだけです。

今の現状に嘆くのではなく、どうしたらこの現状が切り抜けられるのか、正解があると信じて、試行錯誤していくのです。

その4:一生懸命取り組む

生みの苦しみを出したくない。

けれど、すべきことをやっている、という事態も全然あると思います。

そんなときに必要なマインドが、一生懸命やっているか、ということです。

悩みながら前進していても楽しくありません。

それよりも、どう解決したらいいのか、と自分自身に問いかけながら、一生懸命生きていくのです。

一生懸命やるということは、若干こだわりに似ていると思います。

こだわりのようなものを持つと、創作やビジネスに味のようなものも出てくると思います。

一生懸命取り組むことによって、すべきことをいつのまにかやっていて、やりたいこともできる状態になっている場合もあります。

とにかく、一生懸命やっていると、加速度的にエネルギーが上昇してくるのです。

一度、集中して、創作やビジネスに取り組んでみてはいかがでしょうか。

その5:生み出せないときは、さっさと休む。

どうしても生みの苦しみが出るという時は、さっさと休みましょう。

それは、無理をしている、ということだと大方の場合、考えられます。

休むことによって、いつかやる気が出てくるものです。

さっさと休んで、やりたいことをなるべく優先して、自分を大切にしてあげてください。

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

まとめ:生みの苦しみなんて、もう要らない時代。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

創作やビジネスに、生みの苦しみは必要か?

→必要ない

創作やビジネスを、生みの苦しみを出さずに実行する5つの方法

その1:すべきことより、やりたいことを優先する。

その2:思考優位ではなく、感覚優位にする。

その3:ゲーム化する

その4:一生懸命取り組む

その5:生み出せないときは、さっさと休む。

まとめ:生みの苦しみなんて、もう要らない時代。

楽しんでいこう。

僕は、自分に合った生活で、在宅ワークとかしながらのんびり暮らしているので、生みの苦しみというのは最近味わっていません。

すべきことがあったとしても、それをいかにして、やりたいことに変化させるのか。

そして、やりたいことができるときに、いかにしてそれを最大限楽しめるか、ということも大切なことだと考えています。

~★~★~★~

ここで、少しお知らせです。

毎回、このブログを見ていただいている方がいるならば、お伝えしたいことがあります。

現在、『スピランド』という地に足つけたスピリチュアル特化ブログを作成中です。

まだ、記事は入れておりませんが、準備中です。

おそらく、1ヶ月先くらいにそちらに移行する予定です。

もし、見に来ていただける方がいるならば、見に来てください。

お待ちしております_(._.)_

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

詩とスピリチュアルの関係について

はじめに

詩とスピリチュアルには関係がある。

これを聞いて、ピンとくる人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

おそらくクリエイティブな仕事や作業をしている人にとっては、なんとなく分かるものがあるかもしれません。

というのも、詩というのは、頭で考えて作るというものではない、と言えるからです。

では、その観点から詩というのは、本来どのようなものでしょうか?

詩とは?

詩というのは、感覚的傾向が強いと思います。

例えば、詩を作るとき、よく言われるのは、最初の一行を考えだしたら、詩は勝手に出てくるよ、というものです。

これは、言葉が言葉を呼ぶに近いものです。

こういうとき、人は瞑想状態になっていることがほとんどだと思われます。

クリエイティブなものというのは、考えて作り出されたものは少ない、と思います。

もし仮に考えに考えて作り出されたものであるならば、それは少し質が低いと言わざるを得ないかもしれません。

では、スピリチュアルが関わってくる要因はなんとなくお分かりですか?

スピリチュアルとは?

スピリチュアルとは、本来、魂の視点と言われます。

もしくは、そういった概念を多用します。

なぜなら、魂の視点=スピリチュアルな世界または宇宙の法則に従っていると言えるからです。

そのために人はどうするかというと、ひたすら瞑想や思考を手放したりするのです。

そうすることによって、人はクリエイティブにもなってくるというわけです。

詩とスピリチュアルの共通点について

詩とスピリチュアルというのは、瞑想を実施する、またはそのような体験をするという点において、共通点はハッキリあります。

瞑想状態に入らずに、詩を作るというのは至難の業という他ありません。

したがって、私は瞑想のことにもこのブログで多少言及しています。

それほど、詩とスピリチュアルは関係していると私は思っています。

まとめ

詩は、瞑想状態によって、作り出されます。

その瞑想は、スピリチュアルと大いに関係しています。

瞑想をし、魂の視点に従う=スピリチュアルな世界を広く知る、に繋がっていくということです。

瞑想なき思考に頼っていると、嘘の自分が作り上げられるもととなります。

なぜなら、スピリチュアルな世界と現実の世界(思考によって作られる世界)が調和しているのが、本来の世界の在り方だからです。

本日はここまでにします。

以上、かめれもん★でした~。