シンプル解説 エジソンの名言『1%の閃きと99%の努力』について

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、エジソンの名言『1%の閃きと99%の努力』について解説したいと思います。

この記事の構成は、以下の通りです。

まず、エジソンと、名言の簡単な解説をします。

その後、1%の閃きと、99%の努力について、それぞれ解説していきたいと思います。

この記事の内容が、少しでも参考になれば幸いです。

それでは、始めていきましょう!

エジソンの名言について、大まかに解説

エジソンは、発明王として有名ですね。

特に、電球を発明したことが、有名ですね。

好奇心も旺盛で、発明には、性に合った性格だったのかもしれませんね。

この名言は、『天才とは、1%の閃きと、99%の努力である』とエジソンが発したものです。

これを見て、皆さんは99%の努力が必要と思うかもしれませんが、実は大切なのは、1%の閃きと、エジソンは述べています。

実際、わたしもそう思います。

それでは、まず、1%の閃きという、少し分かりにくい箇所から、解説していきたいと思います。

エジソンの名言:1%の閃きって?

これはですね。

閃きとそのまま解釈するのもいいですが、霊性と訳されているものもあるようです。

すなわち、インスピレーションや自分ではない何かから、力を借りて、努力に移るという形らしいです。

実際、そんなものあるの?と、なりますが、あります。

現在、医療はかなり進んでいますが、それでもまだ命や生死に関わることは、謎が多いです。

科学で分かっていることは、ほんの少し、10%にも満たないかもしれません。

その科学でさえも、1%の閃きと99%の努力で形成されてきたと思っています。

芸術もそうです。

これを解く鍵として、今を生きるだったり、瞑想やマインドフルネスが大事になってきたりすると思われます。

それによって、人は閃きが生まれやすい体質になったりするのですね。

続いて、99%の努力について、移っていきましょう。

エジソンの名言:99%の努力は、どのようにすればいいのか

まず、99%の努力は、1%の閃きがないと、無意味だとエジソンは言っています。

実際、わたしもそう思っていて、これは詩でいう実感だと思っています。

実感がないまま書かれた詩や、俳句、芸術や科学などは、愛がないのです。

そんなものは、心を持たないロボットに似ています。

心を持たないロボットは、愛し合ったり、友情があったり、絆があったりはしないですよね。

人間にある代表的なものとして、があると思われます。

その愛、実感を持ったなにか(感情、意志、映像など)で、人は何かを創造しなければならないのだと思います。

それが豊かな世界を創っていく。

努力なんて、あとからどうにでもなります。

中身がない世の中を、わたしたちは生きていきたいとは、思いませんよね。

そして、創造の基礎は、この名言がすべて担っていると言っても過言ではないでしょう。

それでは、まとめです。

おわりに

エジソンのこの名言で、大切なのは、1%の閃きでしたね。

そして、その閃きは、愛や実感、得体の知れない何かから受け取るイメージでしたね。

努力は、あとからどうにでもなるのです。

そして、この名言は、創造(クリエイト)の根幹を成しています。

この名言を深く知れば、多くの人は、創作のコツを掴めるでしょう。

ぜひ、この記事を創作のヒントにしてください。

微力ながら、お力添えを・・・。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ

ここまで、読んでいただいた方々、ありがとう~(^_^)/~

金子みすゞさんの名言『みんな違って、みんないい』を考察してみました。

はじめに

こんにちは~、かめれもん★です(^^ゞ

今回は、金子みすゞさんの名言である『みんな違って、みんないい』を自分なりに深く考察してみました。

流れとしては、まず簡単なみすゞさんの紹介と、みんな違って、みんないいの思想の基礎の部分、それから実際にそれを実践するには、どのような意識の方向づけをしていけばいいか、を話していきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

金子みすゞさんの簡単な紹介

金子みすゞさんは、おそらく日本人であれば誰でも知っているほどの有名人ですよね。

童謡詩人です。

大正の時代から、昭和初期まで活躍しますが、26歳でお亡くなりになります。

代表作に、『わたしと小鳥と鈴と』『大漁』があります。

わたしは、みすゞさんのことを、ものすごく知っているというわけではないのですが、大まかに知ってはいます。

詩も読んだことがあって、今の日本の文化の源流を作ったかのような詩も多かったと記憶しています。

みんな違って、みんないい。当たり前のことが、こんなにも輝いて。

みんな違って、みんないい。

この言葉に、どれほど多くの人が励まされ、今日までそのような文化を作り上げたか。

金子みすゞさんは、言葉を、思想を、そのような詩に託したのみだったと思いますが、多くの人の心を揺さぶり、やさしさのタネを植え付けたと思います。

当たり前の言葉ですが、奥が深くて、唱えるごとに何度も輝きを放つ、名器のような詩です。言葉です。

おそらく、今の日本人の根底に、その思想が絶え間なく流れていることでしょう。

それを私たちは、どれだけ理解し、どれだけ実践しているか。

そのことについて、触れていきたいと思います。

みんな違って、みんないい。私たちは、どう人と接していけばいいか。

まず、私たちは、多くの人の場合、自尊心を失くしてしまっているかと思います。

もちろん、そうじゃない人もいるかもしれませんが。

ですから、それを高めるために、この言葉は有効だと思います。

私たちは、他の人と比べ、だれかより勝ったとか、だれかに負けた~とか、一喜一憂していますが、ほんとはそうじゃないですよね。

そんなことしていたら、みんな必ずだれかより劣っていて、だれかより優れているということになってしまいます。

そうではありません。

あなたはナンバーワンにはなれません。

しかし、オンリーワンにはなれます。

宇宙を基軸にし、広い視点で見てみると、この言葉が大事だということがよく分かります。

オンリーワンこそが、ナンバーワンになることだと言えるかもしれません。

そのようにして、まず、自分もその他の人と同じように違っているということを、確認します。

みんな違って、みんないい。

だから人々は、ある意味皆同じで、魂の底で繋がっているということが、少しずつ分かってくるかと思います。

そして、自分を敬うことで、人を非難する力も失せます。

なぜなら、非難をする人たちは大抵、自己防衛のために非難するからです。

自分が傷ついているから、相手が悪い、という考えになります。

アドラー風に言うと、かわいそうなわたし、悪いあの人と同じですね。

したがって、自分をしっかりこれでいいんだと愛することで、相手も悪くないよね、という気持ちになり、世界を愛することに繋がっていくのです。

それでは、まとめていきましょうか。

まとめ:みんな違って、みんないい。あとは実践で身に沁みて実感すること。

みんな違って、みんないい。

事あるごとに、この言葉を、呪文のように唱えましょう。

もちろん、心の中で、ですけど。

だれかと、喧嘩したときに、みんな違って、みんないい。

分かり合えなくても、お互いに違っていて、お互いにユニークだよね。

わたしはあの人にかなわない。

そうではありません。

わたしは、あの人にない強みを持ってる。

あの人は歌が上手い。

じゃあ、わたしは、絵が得意かもしれない。

同じ芸術関係でなら、才能が他にもあるかもしれない、というように。

あの人のおかげで、気づく部分もあるかもしれない。

自分が持っている輝きに。

みんな違って、みんないい。

人間関係で困ったら、この言葉を唱えましょう。

自分も、他人も、世界も愛せる、魔法の言葉。

みんな違って、みんないい。

あなたを愛するのと同様に、一人ひとりの無限の可能性を信じてみましょう。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました~(^_^)/~

斎藤一人さんの名言『やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。』実体験レビュー

はじめに

はい、こんにちは~。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、斎藤一人さんの名言について考察していきたいと思います。

斎藤一人さんって、どんな人?だったり、一人さんの考えが僕の根底にある話だったり、名言についてのレビュー・感想等を書いていきたいと思います。

最後まで読んでくれたら嬉しいです!

それでは、始めていきましょう!

斎藤一人さんって、どんな人?

斎藤一人さんは、ものすごい納税をしているお方で、多分日本で一番納税しています。

納税王とも呼ばれているそうですね。

日本の実業家であり、『銀座まるかん』の創設者。

本を書いたり、講演したり、YouTubeにも登場しています。

声だけですけどね。

斎藤一人さんは、顔をあまり公に見せたいとは思っていないらしく、メディアにもあまり顔を出しません。

弟子が何人もいて、柴村恵美子さんや宮本真由美さんなどがいらっしゃいます。

そんな斎藤一人さんですが、わたしの考えの基礎を作ってくれた大恩人でもあります。

そのことを少し、紹介したいと思います。

斎藤一人さんの考えが僕の根底を形作っている!

斎藤一人さんと、わたしが出会ったのは、中学二年頃の話です。

当時は、今よりも人間関係で苦しんでいて、自己啓発本というものを知り始めた頃です。

そんなときに、ある自己啓発本のおまけとして、その本がありました。

タイトルは、『斎藤一人の道は開ける(文庫628円)』です↓

この本は、わたしに衝撃を与えました。

人生を生き抜く方法って、世の中にあるんや、と思いました。

ものすごくびっくりしました。

今でもその本は、寝床の傍らに置いています。

いつでも読み返すために、です。

もう何回か読み直しました。

そして、それから斎藤一人さんの本をたくさん読み、その考えをマスターするくらいの気概で、習得をしました。

斎藤一人さんの考えは、人生処方の基礎が詰まっていると思います。

ぜひ、一読してみることを勧めます。

それでは、名言のレビューです。

やってやれないことはない。やらずにできるわけがない。

この言葉、名言は、もうほぼ確実にです。

詩以外になんと読めばいい、といった感じです(笑)。

とりあえず、やろうという話ですね。

話はそれからだ、というような。

一人さんいわく、人生に降りかかる出来事は、あなただから乗り越えられること、らしいです。

だから、やってやろう、立ち向かっていこう。

もちろん、ときには逃げていいかもしれないけれど、きっと乗り越えられるんだ、と信じることが大切なのだと思います。

あなたなら、乗り越えられるよ。絶対!みたいな声が聞こえてきそうです(笑)。

一人さんの名言は、どれもカッコいいです!

一人さんの名言の中でも、この名言はトップクラスかもしれません(笑)。

それでは、長々と話しましたが、ここでまとめていきたいと思います。

まとめ:人生に悩んだら、一人さんの本を読め! そしたら、大抵幸せになる(笑)。

一人さんの考えは、この記事では伝えきれる量ではありません!

ぜひ、本か、YouTubeから入門してください。

一人さんの話は、不思議な話が多いですが、やってみると分かることも多いと思います。

一人さんの考えは、インプットするだけでなく、ぜひ実践していってみてくださいね。

あなたの精神的成功を願っています!

もちろん、成功している方は、いっしょに幸せを継続させていきましょう(笑)。

余談:たびたびブログ更新ストップすることについて

昨日は、ブログ更新できなくて、すみませんでした~。

ほんとうに昨日は、忙しくて、ブログ更新無理!と思ったので、やめときました。

無理はしないのが肝心です。人生においても。

さて、これからも、ほぼ毎日更新は続けていきますが、はたと止まるときも、おそらくこの先あると思います。

ですので、そうならないような具体的な方法を実践しつつ、ブログ更新を毎日していこうという意志は持っていますので、そこら辺、理解していただけると嬉しく思います。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ

ゲーテの名言『君は本気で生きてるか』の解説&レビュー

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、わたしが感銘を受けた名言について、簡潔な解説&レビューを施したいと思います。

ゲーテ超簡単解説

さっそくですが、この『君は本気で生きているか』という名言を放った、もしくは書いた人は、ゲーテという人らしいですね。

名前は、一般の人でも、どこかで聞き覚えがあるのではないでしょうか?

この人の本名も、おそらくこの記事を書くにあたって調べなければ、知る機会も珍しかったと思います。

さて、その名前なんですが、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテと言うらしいです。

区切りがいくつもあって、長いですね。

ああ、こんな長かったんだと、はじめて知りました。

そして、職業は、どうやら『詩人』と言われています。

Wikipediaでは、そう書かれています。

他にもマルチな活躍を見せたらしく、やはり一般の方にも名前が知られるほど、果敢に活動を展開した結果なんでしょうね。

それでは、名言の解説&レビューに入っていきます。

この名言と出会う前

この名言と出会うきっかけになった本は、今や我が人生のバイブル本になりつつある『心にズドン!と響く運命の言葉』という本(649円)です。

その冒頭に、この名言は書かれています。

この名言を読む前は、無気力で、中途半端な生命力で生きていました。

そこから得た気づき

しかし、『君は本気で生きているか』と言われて、心を揺り動かされない人なんかいるでしょうか?

まあ、いるのかもしれませんが、わたしはこの名言にノックアウトさせられました。

この名言を現代にどう活かす?

現代に生きる人は、生活費を稼げれば、とか。

ある程度幸せであれば、とか。

自分には価値がないから、何をやってももう無駄なんだ、とか。

その気持ちはわかりますし、それはそれでいいと思います。

しかし、ある種の人生諦めモードに入っている方は、少なからずいると思います。

それでも、この名言に出会ってしまったあなたは、今日からどう生きていきましょう?

少なくとも、今日一日、本気で一生懸命誠心誠意尽くして、生き抜いてみてはいかがでしょうか?

その積み重ねた日々の先に、必ず、本気で生きているあなたが、習慣として現れてくるはずです。

わたしは、そんなあなたを想像します。

イキイキと未来で、輝きを放って、生きているあなたを!

それでは、今回はこの辺で(^_^)/~

また、お会いしましょう!

かめれもん★でした~(^^ゞ

アインシュタインの名言『想像力は、世界を包み込む』についての考察

はじめに

皆さん、こんにちは。

かめれもん★です。

今回は、アインシュタインの名言である『想像力は、世界を包み込む』について、考察していきたいと思います。

アインシュタインは、この名言の前に、知識には限界がある、と述べています。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

そこらへんを今回、考察していければな、と思います。

知識で限界に来た現代社会

現代は、何から何まで、論理的に、効率的に、ぎくしゃく社会は動いています。

例えばですけど、電車の到着時間が、10分遅れた、とします。

それで、その人の予定は崩れてしまうわけですね。

でも、その人は実際、困っているのでしょうか?

たしかに、10分遅れてイライラしてしまう、その気持ちは分かります。

しかし、10分遅れて慌ててしまう、その人の時間管理はいったいどのようなものと想像がつくでしょうか?

つまり、世の中には、ある程度のスキマが必要なのです。

要するに、無駄のことですね。

ここでは、無駄な時間を予定に入れておく、ということです。

そのようなものがないと、人は案外、幸せになれないものです。

無駄なものの1つに、例えば詩とかポエムが挙げられるでしょう。

しかし、詩を読むとき、人はなぜか、休息を求めてはいませんか?

つまり、詩とか、そのような無駄、想像力は世界をスムーズに動かすための、潤滑油なのです。

それでは、まとめです。

まとめ

想像力とは、世界の潤滑油ともなるべきものです。

例えば、詩なんかは、現代社会において、無駄なものとよく言われるかもしれませんが、詩を読むとき、人は休息を求めています。

他の例を挙げても、似たようなものだと思われます。

おそらくアインシュタインは、世界が知識のような窮屈なもので稼働してしまって、想像力のような、一見世の中の無駄と思われているものの、重要さをこの名言で言及しているのではないか、とわたしは思いました。

皆さんも、ときには、馬鹿であっていいのです。

醜くてもいいのです。

人から笑われてもいいのです。

マイナーなものを、思う存分、愛せばいいのです。

せかせか生き急ぐ必要は何もありません。

ゆっくりと歩いていきましょう。

今を生きれば、人生は永遠のように感じられるのですから。

では、わたしはこの辺で。

ここまで読んでくれて、どうもありがとう。

かめれもん★でした~。バイバイ(^_^)/~