賞を取る以外で、詩人になる方法を、徹底考察。

「詩人になる方法って、ないのかな」

「もっと手軽に、詩人として生きる方法ないのかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、詩人として生きていくことを望んでいます。

個人的にも、そのような情報があればうれしいなと思ったので、残しておきます。

目次は、以下のようになっております↓

詩人になるための基本的な考え方

賞を取る以外で、詩人になる3つの方法

その1:SNSや投稿サイトで、知名度を上げる。

その2:詩の教室、または動画を配信。

その3:メルカリ等で、詩集販売。

詩人(言葉を使う仕事)でおすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:小説家

その3:エッセイスト

まとめ:詩人として、生きていく。

目次

それでは、始めていきましょう。

詩人になるための基本的な考え方

詩人、もしくは俳人になるためには、兼業が一般的だと思われます。

なぜなら、詩や俳句は、稼ぐというワードに結びつきにくい性質があるからです。

具体的に言うと、詩人として生きるということは、まず詩や俳句にある程度価値が見出せなければなりません。

しかし、詩や俳句に価値を見出す人は、今のところ少ないと思われます。

これは、実際に詩集や句集を読む人が少ないことで、なんとなく分かりますよね。

ただ、だからといって、詩や俳句の価値がないわけではありません。

現代の効率的に生きようとする社会からすると、どうしても後回しにされているといった印象を受けます。

けれども、最近では心の豊かさを求める人は、増えています。

詩や俳句の需要も少しずつ増えていると思われますので、兼業をすることを目安に、目指してみてはいかがでしょうか。

この見出し項目を書くにあたって、参考にさせてもらった動画があります。

『夏井いつきの俳句チャンネル』です↓

賞を取る以外で、詩人になる3つの方法

さて、賞を取るということは、専業にするということと言えると思います。

しかし、そのような人は、谷川俊太郎さんくらいしか例に挙げられないと思います。

その谷川俊太郎さんでも、様々な文芸活動を展開することで、なんとか生計を立てているという感じだと思います。

したがって、ここでは、賞を取る以外(兼業)で詩人になる3つの方法について考察してみました。

その1:SNSや投稿サイトで、知名度を上げる。

SNSや投稿サイトに、詩を投稿することにより、社会になんらかのアプローチはできます。

バズったり、詩人の目に留まることはあると思います。

詩の投稿場所は、こちらの記事をご参照ください↓

その2:詩の教室、または動画を配信。

詩や俳句の教室を、自宅や部屋を借りて運営、または動画で配信することも可能だと思います。

動画だと、YouTubeが思い浮かびますが、それだけではありません。

こちらのサイトに、おすすめの動画配信できる手段が書かれていますので、ご参照ください↓

動画配信プラットフォーム6選!

※追記

教えるということは、それなりに詩人としての実力がないと難しいのかもしれません。

教えていく中で、受講者が納得いくものがあれば、詩人としての活動はできるかもしれません。

あと、教えることが上手だったり、キャラがあるなら可能かもしれません。

ご参考ください_(._.)_

その3:メルカリ等で、詩集販売。

メルカリやアマゾンから、本を安く仕入れて、メルカリで詩集専門サイトみたいなものを作ってみてもいいかもしれません。

そして、それらの商品(詩集)を読みつつ、詩的に販売していくという方法もありなのではないか、と思います。

これらのアイデアは、もし試せたら試してみても構いません。

詩の認知度を上げることに繋がるのであれば、ぜひ参考にしてもらえると幸いです。

詩人(言葉を使う仕事)でおすすめの3つの職種

ここまで聴いてきた人で、やっぱり詩人として生活することは大変なんだな、と思う方もちらほらいらっしゃると思います。

そこで、言葉を使う仕事に、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

詩情さえ押さえていれば、詩的な文章を書けると思います。

その1:Webライター

Webライターで稼ぐのであれば、クラウドワークス、またはランサーズで仕事を受注することが最適だと思います。

僕は色々なことを試しましたが、やっぱりこの方法が最適です。

ブログ等でスキルを上げつつ、挑戦していくといいのではないか、と思います。

その2:小説家

小説家になるためには、賞を獲るか、ネットの投稿サイトから有名になる方法が最適だと思われます。

詩人に比べ、ハードルは下がります。

したがって、仕事にできる可能性はあります。

その3:エッセイスト

エッセイストになるためには、賞を取るか、書く仕事と兼業でやるという方法がいいと思います。

あとは、特殊な経験をしているのであれば、向こう側からエッセイの依頼が来ることもあると思います。

そのためには、SNS等で発信しておくのもいいのかもしれませんね。

もしくはこちらから働きかけるとか(営業もしくは自費出版)。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:詩人として、生きていく。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

詩人になるための基本的な考え方

賞を取る以外で、詩人になる3つの方法

その1:SNSや投稿サイトで、知名度を上げる。

その2:詩の教室、または動画を配信。

その3:メルカリ等で、詩集販売。

詩人(言葉を使う仕事)でおすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:小説家

その3:エッセイスト

詩人として、生きていく。

詩人として生きることは難しいですが、とても魅力的なものがあります。

そして、芸術家と似ているところはありますが、Webデザイナーやイラストレーターといった職人気質な仕事であったとしても、詩人として生きていくことはできるのだと思います。

皆さんも、生き方なり仕事の向き合い方なり、詩人として生きていかれることを願っています。

~★~★~★~

お知らせです。

現在、「スピランド」というスピリチュアル特化ブログを準備中です。

マイナーな方たちの心の悩みを解決しつつ、遊園地のように楽しく遊べるようなブログを目指したいと思います。

もし、見に行きたいよ~という方がいれば、ぜひ見に来ていただけるとうれしいです。

今週から、書き始めていくつもりです。

よろしくお願いいたします(‘◇’)ゞ

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

情報収集を、仕事に! 初心者でもできるおすすめの3つの職種

「情報収集を仕事にできたら、幸せだな」

「誰でもできる情報収集の仕事って、ないのかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

現在の職種を始める、または実行している中で、この職種ならいけるんじゃない?と思ったものを3つ紹介します。

目次は、以下のようになっております。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

目次

それでは、始めていきましょう。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にするということは、インプットだけではなく、おそらくアウトプットが主体になると思います。

なぜなら、価値は生み出すことによって生まれるからです。

具体例を挙げますと、サラリーマンは言われたことをただ聴くだけではなくて、実際に行動しないと価値が出ません。

情報収集も、していて楽しいだけでは、自己満足になってしまいます。

もちろん、それも悪いことではありませんが、仕事となると話は別です。

アウトプットすることによって、稼いでいきましょう。

樺澤紫苑先生の『アウトプット大全(1595円)』より、話す・書く・行動するをピックアップしました。

その視点から、自分が実感を持って書ける職種を3つ紹介していきます。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

まず初めに、Webライターをおすすめします。

なぜなら、初心者でも始めやすく、初月で稼ぎやすい側面があるからです。

情報収集を仕事にするにはうってつけであり、実際、僕も仕事をしていく中で情報収集を活用する頻度は高いと感じています。

情報収集を仕事にする上で、ぜひ調べておくことをおすすめします。

その2:アフィリエイター

続いて、アフィリエイターをおすすめします。

なぜなら、広告商品の情報を集め、あるいはそれに関する情報を集め、商品を売り出すからです。

ブロガーという方法もありますが、僕はアフィリエイターをおすすめします。

その方が、今後稼ぎやすいと思うからです。

その3:ラジオパーソナリティ

最後に、ラジオパーソナリティをおすすめします。

なぜなら、最近、YouTubeの次の段階として音声メディアが騒がれているからです。

実際にそのような動きもあり、僕のファンでもあるマナブさんが音声メディアの可能性に言及し、実行しています。

マナブさんの音声メディア言及記事

現段階では、まだまだ可能性は薄いですが、将来に向けて、音声コンテンツを溜めたり、企画を練っておくと、後々スタートダッシュが早くなると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:情報収集を、仕事に!

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

→インプットではなく、アウトプットが主体になるということ。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

インプット→アウトプット

情報収集を仕事にすることは、僕も夢見たことはあります。

その結果、現在、Webライターとしてのんびり活動していこうと試行錯誤を繰り返しています。

今回紹介した項目の内、1つでも参考になるところがあれば幸いです。

~★~★~★~

このブログを、定期的にご覧いただいている方々へお知らせです。

現在、「スピランド」という特化ブログを作成中です。

記事はまだ入れておりません。

地に足付けたスピリチュアルとして、皆様の悩みが解決され、それでいて遊園地のように楽しめる、そんなブログにしようかな、と思案中です。

興味のある方は、1ヶ月後くらいに検索してみると、記事が上がっていると思います。

随時、このブログで宣伝しておきます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

在宅ワークの運動不足を解消する7つの方法(すべて実践済み)

「在宅ワークで、運動不足だ」

「運動不足解消のための何かいい方法ないの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は在宅ワークのみならず、普段から家の中で生活することが多いので、運動不足解消方法に想いを巡らせてきました。

目次は、以下のようになっております↓

在宅ワークの運動不足を解消する7つの方法(すべて実践済み)

その1:たまに立つ

その2:休憩時間にスクワット

その3:散歩

その4:オンラインフィットネス

その5:ラジオ体操

その6:階段昇降

その7:ボクササイズ

まとめ:在宅ワークでも、運動不足は解消する。

目次

それでは、始めていきましょう。

在宅ワークの運動不足を解消する7つの方法(すべて実践済み)

その1:たまに立つ

長時間座っていると、健康に悪いそうですね。

精神科医の樺澤紫苑先生は、1時間座っていると、20分くらい寿命が縮むと言っています。

僕は、30分に1回くらい立つよう心がけています。

たまに立つことによって、運動不足は解消され、気分転換にもなります。

その2:休憩時間にスクワット

立ったついでに、スクワットもおすすめです。

スクワットは、気分転換にもなりますし、グッズも使わずに、結構負荷がかかる運動になります。

樺澤紫苑先生の『ブレインメンタル強化大全(1760円)』によると、10回くらいがちょうどいいそうです。

その3:散歩

散歩は、気分転換に最もおすすめです。

散歩をすることによって、クリエイティブな活動にはよいみたいです。

スティーブ・ジョブズも、よく散歩していた話は有名です。

その4:オンラインフィットネス

オンラインフィットネスは、講師がいるので、モチベーションも上がりますし、適切な運動を適切に説明してくれます。

YouTubeでも見れないことはないですが、僕は本格的に運動をしたいと思ったので、テレビで有料のオンラインフィットネスを実行しています。

何のフィットネスかは、恥ずかしいので、言わないでおきます(笑)。

太極拳とか、ボクササイズとか、色々ありましたよ。

その5:ラジオ体操

ラジオ体操は、誰もが慣れ親しんだ運動といってもいいのではないか、と思います。

3分程度で終わる割には、体全体を動かすことができます。

在宅ワークの合間に、ちょうどいいですね。

YouTubeには、たくさんアップされていますし、なんとなく覚えている方もいるかと思います。

リズム運動をすることによって、元気が出る効果もあると思います。

その6:階段昇降

階段昇降は、段差等あれば、誰でもできます。

僕は家の中で、階段がいくつかあるし、移動も結構するので、自然とそのときに運動ができます。

丁寧に、筋肉を鍛えるつもりでやることによって、より効果が現れると思います。

その7:ボクササイズ

ボクササイズは、今やっているオンラインフィットネスにもあるのですが、任天堂スイッチでもあります。

そっちの方が楽しんでできるかもしれないですね(4850円↓)

思っていたより、運動量はあり、結構おすすめではあります。

もともとボクシングとか、格闘技が好きな人は、もしかしたらハマるかもしれないですね。

ということで、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:在宅ワークでも、運動不足は解消する。

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

在宅ワークの運動不足を解消する7つの方法(すべて実践済み)

その1:たまに立つ

その2:休憩時間にスクワット

その3:散歩

その4:オンラインフィットネス

その5:ラジオ体操

その6:階段昇降

その7:ボクササイズ

まとめ:在宅ワークでも、運動不足は解消する。

運動不足を、解消するのだ。

在宅ワークで、運動不足になる方は多いと思われますが、僕自身は、全然大丈夫という気がしています。

ただ、そのためには、きちんとした運動方法を知って、実践することだな、と思います。

皆さんの快適在宅ワークを、応援しています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ