季語の魅力が伝わるような季語エッセイFile.1『秋の風』

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、季語の魅力が伝わるような季語エッセイということで、若干新しい試みです。

この記事では、季語『秋の風』の魅力が、それとなく伝わることを目指します。

気軽に読んでくだされば、幸いです。

それでは、始めていきます。

秋の風を感じる機会が少ない

秋の風といっても、普段、わたしは外に出る機会が少ないのです。

それでも、たまに外に出てみると、晴れていて、これは秋の風ではなく、夏の風なのである。

そんな季語があるかどうかは、知らないけれど・・・。

しかし、そのような風の中に、微かに秋の風を感じることがある。

そのとき、わたしは秋を身に沁みて感じるのである。

もともと、HSPだから、そういうのは得意だ。

繊細な感覚ゆえに、微細な感覚を捉えるのに、長けている。

ゆえに、俳句というものをやっているのだろう。

秋の風をもっと感じたい

話は少し変わり、そういえば、秋の風を感じるというのは、具体的にどういう状況なのであろうか。

飛行機に乗っていても、窓ガラス越しに、秋の風は感じにくい。

フェリーに乗っていても、秋の風というよりこれは、海の風だ。

やはり、秋の風は、車とか、自転車とか、その場に立ってのように、自分が動かず身に沁みて感じるものらしい。

つまり、素朴な風=秋の風とも言える。

家の中の秋の風

普段、外に出歩くのが少ないので、秋の風は家の中で感じることが多い。

家の中の秋の風といえば、まっ先に思いつくのが、台所の風である。

網戸から、外の秋草や澄んだ空気を引き連れて、秋の風を感じることがある。

秋の風とは、ある意味、家の中でも感じることができるものである。

わざわざ外に行って、秋の風を感じることはない。

自分が身に沁みて、秋の風のようなものを感じれば、それは俳句になるのかもしれない。

とはいえ、外に出ていって感じる秋の風は、よりリアリティが含まれ、気持ちいいことは、確かである。

それに、家の中で、秋の風を感じるというのは、やや陰気というか、インドアな気がする。

やはり、自然の流れというのは、外に出ていって感じるものであって、観葉植物に、人が通り過ぎていく中で、揺れる秋の風というのは、なんか違う気がするし、ちょっとナンセンスだね。

それでは、まとめていきます。

おわりに

いかがだったでしょうか。

秋の風。

なんとなく伝わりましたでしょうか。

でも、このような記事では、まだ伝達不足かもしれませんね。

次回、書くときは、もう少し練ったり、真剣に書こうと思います(真剣じゃなかったんかい!)。

ここ最近、少しブログ止めていましたが、腹風邪によるものです。

今は、回復期間中です。

これからも、無理せずブログを、マイペースに更新し続けようと思います(^^ゞ

かめれもん★でした~(^_^)/~

季語の覚え方&俳句の親しみ方

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、季語の覚え方&俳句の親しみ方について、考察していきたいと思います。

この記事は、季語を学校で学ぶ方や、実際に俳句を通して季語を知りたい方におすすめの記事となっております。

具体的なステップは、以下の通りです。

まず、俳句の作り方を知ります。

次に、実践の中で季語を覚える、ということについて、解説していきます。

最後に、焦らず俳句づくりを継続していくこと、について解説していきます。

それでは、始めていきましょう!

季語の覚え方ステップ1:俳句の作り方を学ぶ、もしくはすぐ実践

これはまず、実際に俳句の作り方について書かれた本を読むか、歳時記を買って覚えていくパターンがあります。

『芸人と俳人』(1,430円↓)

後者の場合は、力づくですので、やれないことはないと思いますが、疲れてしまうと思います。

本来、季語の価値は、ゆっくり向き合っていく中で、自覚されるものです。

その点、押さえてもらうと、嬉しく思います。

あと、テレビでやっている『プレバト!!』を見たり、『夏井いつきチャンネル』を通して、季語の情報収集することも可能ですね。娯楽にもなりますし、一石二鳥ですね♪

それから、俳句らしきものを作り、そこに季語を入れて、実践していくことも可能です。

この場合、季語を覚える上で、即効性はあります。

しかし、王道ではありません。

やはり季語は、5・7・5の定型で覚えてほしいものですね。

次に、実践の中での季語の覚え方について、解説していきます。

季語の覚え方ステップ2:実践していく中で、季語を覚える

俳句の作り方を学んだら、基本毎日作っていた方が、効率いいですし、教養になったり、趣味にすることも可能です。

わたしの場合、毎日3句は作ろうとしています。

俳句は作ろうと思ったら、歳時記を開きますので、そのときに季語に必然的に親しみますよね。

季語は実践していく中で、覚えやすいし、身につくものです。

最後に、季語の覚え方において、実践していく中でのコツについて、解説します。

季語の覚え方ステップ3:コツは、焦らず俳句づくりを継続していくこと

季語を覚える、または身につかせるためには、継続は大事です。

そして、一気に覚えようとせず、毎日の積み重ねが、功を奏します。

歳時記を、いつも身近に置いておくのもいいですね。

季語をどんどん覚えられますし、自然のよさも分かってくるでしょう。

わたしは、寝る前に、歳時記を読んで眠ることも多いです。

寝る前に、あった出来事は、頭の中に記憶されやすいのです。

ぜひご参考に。

では、まとめていきましょう。

おわりに

季語とは、覚えるものではなく、身につけ教養を高めるものでもあります。

俳句の作り方を学び、毎日の実践の中で真の教養は身につきます。

そして、季語は広範囲に及び、奥深さもあります

あなたに合った方法で、一気に覚えるかそれとも少しでも教養になるよう俳句づくりの中で季語を覚えるかじっくり人生を味わうために俳句づくりに専念するか、考えていただければと思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他にも、詩や俳句の作り方&豆知識など、様々な記事を更新していますので、よかったらご覧ください♪

かめれもん★でした~(^^ゞ

俳句の取り合わせって、具体的になんだったっけ? 取り合わせを深堀ろう!

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の取り合わせって、どんな感じだったっけ? もっと詳しく知りたい方向けの記事となっております。

俳句の取り合わせは、できるとほんとに面白いですからね。

自分なりの世界観も出せますし・・・。

では、始めていきましょう!

俳句の取り合わせとは?

俳句の取り合わせって、どんな感じ?と思う方は、もうそれなりに俳句のことをちらほら知っているかもしれません。

取り合わせとは、2つの物(言葉)を組み合わせることによって、新しい味を生み出す俳句の型です。

主に季語と、別のもの(描写)が組み合わさって、独自の世界観が出るのですね。

それでは、取り合わせをもっと詳しく知るために、一物仕立てというものと比較してみましょう。

一物仕立てと取り合わせの違い

一物仕立ては、主に季語の描写だと思われます。

そう考えてよいでしょう。

ただ描写すればいいだけではありません。

季語の本質を捉えて、美しく描写するという感じでしょうか。

その一方で、取り合わせは、意外な物と物を組み合わせることによって、新しい世界観、妙味を生み出す俳句の手法と呼べるでしょう。

つまり、取り合わせは、どんな季語と、どんなものを描写するかが、鍵を握っていると思われます。

それでは、取り合わせのコツ、本質を見ていきましょう!

取り合わせのコツ(本質)をご紹介

これはですね。

正直、センスでもあり、慣れでもあると、わたしは思います。

ですから、俳句をただひたすら作って、取り合わせは作れるときに作るといった感じでしょうか。

あとは、他のサイトで取り合わせの例を見てもらうとか、そんな感じでしょうか(笑)。

いずれにしても、取り合わせというのは、すぐにできるから、いいというわけではないと思います。

イチロー選手も言っていましたが、結果よりも過程(プロセス)が大事だということです。

つまり、取り合わせをうまいこと作っていくよう努力していくことに面白みがあり、しっかりと俳句歴を積んで見事に創作できるからこそ、達成感もあり、人からも面白いと言われる俳句が作れるのだとわたしは考えています。

ですから、俳句の取り合わせのコツは、俳句を作っていくプロセスを楽しんでいく中で、熟達していくというのが、本質だと思われます。

それでは、今回のまとめです。

おわりに

俳句の取り合わせは、2つの物をいかに組み合わせるかが大事だと述べました。

そして、俳句の取り合わせは、付かず離れず

正直、これも大事です。

2つの物は、なんとなく違うんだけど、合わせると、なんか雰囲気いいよね、という感じになるとベストです!

そのことを踏まえた上で、俳句をどんどん作っていきましょう!

取り合わせは作れるときに作り、できたかどうかよりも、取り合わせと向き合っていく中で、いつか人からも、いいね!と言われると嬉しいですね♪

それでは、わたしはこの辺で。

今回もここまで、お読みいただき、ありがとうございます。

次回も、いい記事が書けるよう、奮闘していきたいと思います(^^ゞ

かめれもん★でした~(^_^)/~