情報収集を、仕事に! 初心者でもできるおすすめの3つの職種

「情報収集を仕事にできたら、幸せだな」

「誰でもできる情報収集の仕事って、ないのかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

現在の職種を始める、または実行している中で、この職種ならいけるんじゃない?と思ったものを3つ紹介します。

目次は、以下のようになっております。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

目次

それでは、始めていきましょう。

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

情報収集を仕事にするということは、インプットだけではなく、おそらくアウトプットが主体になると思います。

なぜなら、価値は生み出すことによって生まれるからです。

具体例を挙げますと、サラリーマンは言われたことをただ聴くだけではなくて、実際に行動しないと価値が出ません。

情報収集も、していて楽しいだけでは、自己満足になってしまいます。

もちろん、それも悪いことではありませんが、仕事となると話は別です。

アウトプットすることによって、稼いでいきましょう。

樺澤紫苑先生の『アウトプット大全(1595円)』より、話す・書く・行動するをピックアップしました。

その視点から、自分が実感を持って書ける職種を3つ紹介していきます。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

まず初めに、Webライターをおすすめします。

なぜなら、初心者でも始めやすく、初月で稼ぎやすい側面があるからです。

情報収集を仕事にするにはうってつけであり、実際、僕も仕事をしていく中で情報収集を活用する頻度は高いと感じています。

情報収集を仕事にする上で、ぜひ調べておくことをおすすめします。

その2:アフィリエイター

続いて、アフィリエイターをおすすめします。

なぜなら、広告商品の情報を集め、あるいはそれに関する情報を集め、商品を売り出すからです。

ブロガーという方法もありますが、僕はアフィリエイターをおすすめします。

その方が、今後稼ぎやすいと思うからです。

その3:ラジオパーソナリティ

最後に、ラジオパーソナリティをおすすめします。

なぜなら、最近、YouTubeの次の段階として音声メディアが騒がれているからです。

実際にそのような動きもあり、僕のファンでもあるマナブさんが音声メディアの可能性に言及し、実行しています。

マナブさんの音声メディア言及記事

現段階では、まだまだ可能性は薄いですが、将来に向けて、音声コンテンツを溜めたり、企画を練っておくと、後々スタートダッシュが早くなると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:情報収集を、仕事に!

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

この記事を閲覧する上で、考えていただきたいこと。

→インプットではなく、アウトプットが主体になるということ。

情報収集を仕事にする上で、おすすめの3つの職種

その1:Webライター

その2:アフィリエイター

その3:ラジオパーソナリティ

まとめ:情報収集を、仕事に!

インプット→アウトプット

情報収集を仕事にすることは、僕も夢見たことはあります。

その結果、現在、Webライターとしてのんびり活動していこうと試行錯誤を繰り返しています。

今回紹介した項目の内、1つでも参考になるところがあれば幸いです。

~★~★~★~

このブログを、定期的にご覧いただいている方々へお知らせです。

現在、「スピランド」という特化ブログを作成中です。

記事はまだ入れておりません。

地に足付けたスピリチュアルとして、皆様の悩みが解決され、それでいて遊園地のように楽しめる、そんなブログにしようかな、と思案中です。

興味のある方は、1ヶ月後くらいに検索してみると、記事が上がっていると思います。

随時、このブログで宣伝しておきます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

情報疲れには、詩が有効? 3つの対処法も!

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「情報疲れで、シンドい」

「質の高い情報を受け取って、疲れを緩和したい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

情報疲れに有効な詩のことについて、それから質の高い情報に言及した後、3つの対処法について述べていきますので、ぜひ最後までご覧くださいm(_ _)m

目次は、以下の通りです↓

情報疲れに詩が有効な理由

情報疲れへの3つの対処法

その1:ネットの文字を追うより、まずYouTubeで情報収集

その2:自然由来のものを取り入れる

その3:質の高いテレビ番組を見る

目次

僕は、ちょっと前までは、ネット検索をものすごいしてました。

頭の容量が少ないのにも関わらず、ものすごいネット検索をして疲れていました。

その経験から、皆さんに、何かしら有益な情報をお届けすることができれば、と思っています。

それでは、始めていきましょう。

情報疲れに詩が有効な理由

情報には、一定の質の高さが必要だと、僕は思っています。

なぜなら、質の低い情報が押し寄せることは、雑念が頭の中に増していくことと同じだからです。

詩だけ、とは言いませんが、その他の芸術、自然的なもの、心が乱されることが少ない情報は、脳への負担を減らすと思います。

これに対し、質の低い情報、例えばネット、SNS、テレビのニュースを見ていると心が落ち着くという方は、ぜひそうしてください。

しかし、それで落ち着く人というのもまた、少ないのではないか、と思います。

情報疲れを起こさないために、質の高い情報をインプットしましょう。

以下、情報疲れへの3つの対処法を述べますが、さすがに詩を読め、というのは頭が疲れるとお考えになると思われますので、詩以外の3つの対処法を紹介します。

情報疲れに詩が有効というのは、発信者にとって心得ておくことであり、受け手がそれほど考えることではないですからね。

情報疲れへの3つの対処法

では、さっそく行ってみましょう。

その1:ネットの文字を追うより、まずYouTubeで情報収集

ネットの文字を追う前にYouTubeで情報収集することによって、情報がやさしくインプットされると思います。

動画は情報量が多く、かつ、わかりやすく、発信者の人柄を見て情報を受け取るかどうか判断することができます。

Fire TVで見てもいいし、タブレットでも、スマホとかでもいいと思います。

自分がリラックスして見れる媒体を選択すれば、情報もそれほど負担にならず、インプットされる、と思います。

その2:自然由来のものを取り入れる

自然由来のものを取り入れることによって、脳内の騒がしさが沈静化されます。

具体的な策としては、空を見る、自然音(雨の音など)を聴く、あるいはお香やアロマをセッティングするのもいいと思います。

あなたの疲れ切った脳を休ませる糧としましょう。

その3:質の高いテレビ番組を見る

テレビを見る方は、今でも非常に多いと思います。

ニュースや一般のバラエティ番組に意識を向けるのではなく、質の高い番組群を選択してみるのはいかがでしょうか。

例えば、NHKオンデマンドはいかがでしょうか。

プライムビデオを見ている方なら、チャンネルで、月額1000円弱ほどで、様々なNHKの良質なテレビ番組が見放題です。

それでなくても、NHKの番組は、意外と面白い番組が多いですよ。

僕だったら、「プロフェッショナル仕事の流儀」とか「スイッチインタビュー」を見たりします。

あと、メジャーな人に受け入れられるというよりは、社会的弱者、あるいはマイナーと呼ばれる人たちにとって、心動かされたり、安心感を覚えたりする作品がいっぱいあります。

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

情報疲れに詩が有効な理由

→雑念ではなく、沈黙の情報に近いから。

情報疲れへの3つの対処法

その1:ネットの文字を追うより、まずYouTubeで情報収集

その2:自然由来のものを取り入れる

→空、自然音、アロマ等

その3:質の高いテレビ番組を見る

→NHKの番組観賞

ネットやSNS、ニュースといった情報を減らそうとするよりも、詩のような良質な情報を少しずつ手に入れるようにすれば、その方がいいな、という気づきが生まれることになり、質の低い情報を取り入れる頻度が少しずつ減るのではないか、と思います。

今回紹介した3つの情報、ぜひともお試しあれ!

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

ネットの情報の信頼性、活用法、疲れたときの対処法についての考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「ネットの情報って、信頼性どのくらいあるのかな」

「ネットを上手に活用する方法について知りたい」

「ネットで疲れたときの対処法について知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

ネットの情報の信頼性に対する個人的な意見なので、参考程度に聴いてもらえれば、と思います。

目次は、以下の通りです↓

・ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

・ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

その2:一度、紙の本を読んでみる

その3:複数の人から意見を聴く

・ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

目次

僕は、以前、ネットの情報を漁りすぎて、頭の中が混乱していたことがあります。

現在は、その点を反省し、情報のインプットの仕方に気をつけたりしています。

その視点から、なにか1つでも参考になるものを紹介できれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか、というと、ほぼないと言えるかもしれません。

しかし、中には信頼できる情報もあることはたしかです。

なぜ、信頼性がほぼない、と言えるかというと、情報元が、ネットではない可能性があるからです。

例えば、本からの情報だったり、とある論文を参考にしていたり、あとは、プロのライターさんが書いていない情報もあるからです。

ネットを見ていると、ほんとのこと言ってそうな記事もあるよ、という方もいると思います。

しかし、最終的には自分の価値観で、情報を判斷することになります。

ネットでこんな風に言っていたから、ではなく、それに対して自分はどう思うか、という意見を大切にするとよいのかもしれませんね。

次に、ネットを上手に活用する3つの方法について、述べたいと思います。

ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

ネットの情報は、参考程度に、という心構えが大事だと思います。

なぜなら、参考程度にという心構えを取ることによって、ネットの情報とちょうどいい距離が取れるからです。

ネットの情報を参考程度にすることによって、幅広い情報を効率よくインプットすることも可能だと思います。

その2:一度、紙の本を読んでみる

ネットの情報を取り扱ううえで、一度紙の本を読んでみるのもいいのかもしれません。

なぜなら、ネットの本より、紙の本の方が本気度が違うし、能動的に読めると思うからです。

その上で、ネットと紙の本を使い分けるようになればいいのではないか、と思います。

その3:複数の人から意見を聴く

ネットの情報を鵜呑みにする前に、複数の人から意見を聴くことが大事だと思います。

なぜなら、1人の意見を聞いていたときよりも、複数の意見を聞いていたときの方が、視野が広くなるからです。

正しい情報は1つとは限りませんし、色々な情報を尊重できればいいのかもしれませんね。

最後に、ネットの情報に疲れたら、本を読もう、について述べたいと思います。

ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

ネットの情報に疲れたら、本を読んでみるのも、いいのかもしれません。

個人的には、紙の本がおすすめです。

なぜ、そう述べるかというと、ネットの情報は主に一般の方たちが投稿していると言えるからです。

もちろん、企業さんが投稿している例もありますが……。

例えば、ネットだと、気軽に誰でも記事を投稿することが可能です。

つまり、プロのライターさんによって書かれていない記事が多い。だから、疲れると僕は思うのです。

これを言うと、ネットで記事書いている人たちには申し訳ないと思いますが、個人的な意見として言わせていただきます。

あと、紙の本の方がなぜいいのかというと、内容がスッと入ってくる気がするし、電子書籍よりも真剣に読もうという気がするのです。

ネットだと、つい気軽に読んでしまい、内容が頭に入ってこないこともあると思います。

ネットの情報は、真実が書かれているとは言いがたいと思いますし、慎重に、参考程度に読むのがいいのかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・ネットの情報の信頼性はどのくらいあるか

→ほぼない。しかし、質の高い情報もたまにあり。

・ネットを上手に活用する3つの方法

その1:ネットは参考程度にする

その2:一度、紙の本を読んでみる

その3:複数の人の意見を聴く

・ネットの情報に疲れたら、本を読もう。

ネットと上手に付き合おう。

ネットの情報は便利な反面、リスクがある部分もあります。

その見極めをしっかり行い、誰が、どのように情報を発信しているかなど、確認してもらえれば、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

情報リテラシーとは? 小・中学生にも理解できるよう、丁寧に書きます。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「情報リテラシーって、なんだろう?」

「情報リテラシーが低いと、どうなる?」

「情報リテラシーを高めるシンプルな方法について、知りたい!」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

情報リテラシーを、手軽に、小・中学生でもある程度把握できるように、書いてみました。

目次は、以下の3つです。

・情報リテラシーとは?

・情報リテラシーが低いと、どうなる?

・情報リテラシーを高めるためには、何をしたらいいの?

目次

僕は、本質を見抜く、または世の中の真理を考えることが割と好きです。

だから、情報リテラシーにも必然的に興味を持ちました。

現代のネット社会では、情報リテラシーは必然の能力と言えるでしょう。

その力について、触れていきたい、と思います。

それでは、始めていきましょう。

情報リテラシーとは?

まず、情報リテラシーとは、簡単に言うと、情報を見極める力です。

情報を見極める力がないと、指導される立場から、洗脳される可能性があります。

具体的に言うと、親からのしつけでうんざりしても、情報を見極める術がないと、言いなりになってしまうことが挙げられます。

僕の場合は、会社勤めだと、明らかに向いていないと分かったので、来年度からフリーランスのライターになる予定です。

情報を見極められなくても、大半の情報は正しいんじゃないの? と思うかもしれません。

それは、あなたが今幸せかどうかで判断できるかもしれません。

あなたが幸せなら、あなたが幸せになる情報を信じた結果だと思います。

しかし、そうでない場合、あなたは不幸になる情報を信じたから、不幸になっているとは言えませんか。

情報を見極めるということは、あなたにとって必要な、幸せになる情報を手に入れることなのです。

次に、情報リテラシーが低いとどうなるか、について述べていきます。

情報リテラシーが低いと、どうなる?

情報リテラシーが低いと、悪賢い相手から安易に洗脳され、コントロールされる可能性があります。

なぜなら、いい情報と悪い情報の見分けがついていないからです。

例えば、これをあげるから、ついておいで、と知らない人から言われたとします。

しかし、特にそのとき危機に見舞われていないとしたら、その後で危機に見舞われる可能性があると思います。

そんなに簡単に騙されるわけがない、と思う人がいるかもしれません。

しかし、騙される場合もあります。

特に、経験が浅いなら、物事の本質を見抜く力は、どうしたって未熟な場合もあります。

情報リテラシーは、その力を早い段階で補い、洗脳されやすい、言葉を換えるなら、相手を信じやすい時期に、少なからず対処できる力となります。

最後に、情報リテラシーを高めるためにはどうしたらいいか、について述べていきます。

情報リテラシーを高めるためには、何をしたらいいの?

情報リテラシーを高めるためには、様々な方法があると思いますが、手軽にできる方法を紹介します。

それは、情報を受け取ったとき、もしくは情報を受け取っているとき、そうかな?と思うことです。

この「そうかな?」という言葉を、一旦軽く唱えてから、情報と接することによって、安易に情報を信じないことが可能です。

例えば、日本に住んでいる人なら、大半の場合、衣食住に困らない、と思います。

そんなときに、今服が着れているけど「そうかな?」ほんとは、着れない人もいるんじゃないかな、とか、食事の際に今食べれているけど「そうかな?」周りに住む野良猫とかは食べれていないよな、とか、家に住んでいて雨をしのげて「そうかな?」ホームレスの人は、この雨をしのげるのかな?と様々な方面で、この「そうかな?」は使えます。

そして、情報を安易に受け取らず、真実に近づける方法と言えます。

そんなことで、情報リテラシーが高まるかな、と思う場合、まずはやってみることです。

そして、正しくないと思う場合は、信じる必要はない、と思います。

ポイントは、安易に情報を受け取らない、簡単に受け取らず、「そうかな?」と心の中で捉えて、接していくことです。

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました。

・情報リテラシーとは?

→情報を見極める力

・情報リテラシーが低いと、どうなる?

→安易に人に騙される&コントロールされる

・情報リテラシーを高めるためには、何をしたらいいの?

→情報を受け取ったら「そうかな?」と一旦疑うこと

情報リテラシー、押さえておこう。

情報リテラシーは、現代の社会にとても必要とされています。

それを活用することによって、あなたが幸せに生きることができる力にもなります。

ぜひ、日常生活で、「そうかな?」と疑ってみることだけでも、活用してもらえるとうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関連)の記事、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ