才能がなくても、努力は楽しい。

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「才能に努力が勝ることはあるのか」

「努力の素晴らしい側面はないのか」

「努力して、失敗しても得られるものはないのか」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

才能がある人と比較した努力の新しい+の側面について、考察した記事です。

目次は、以下の3つになります↓

・才能がなくても、努力は楽しい。

・才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

・才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

目次

僕は、努力家とよく言われることがあります。

結果を出せない経験も、今まで何度かありました。

それらの経験から、才能がある人よりも、努力で勝っている部分について考えてきた経緯がありますので、少し紹介させていただきます。

それでは、始めていきましょう。

才能がなくても、努力は楽しい。

才能がなくても、努力は楽しい、と思います。

なぜなら、才能が最初からあったら、何でもできて楽しくない、と思います。

しかし、才能がなくても、努力する内に結果が出てきたら、達成感が湧くと思います。

具体例を挙げてみると、最初から文才があっても、成長するよろこびはないし、周りからもできて当然みたいな感じで、つまらないパターンになると思います。

一方で、努力する内に結果をつかむ人は、成長するよろこびがあるし、周りからもよくがんばったなあと、過程をホメてくれる機会が増えると思います。

成長するよろこびはあるのか、もしくは成長するよろこびとは何か、と思う方もいると思います。

成長するよろこびはありますし、成長しないと人はいつまでもできることが限られ、広い視野を持てない、と思います。

つまり、才能が最初からある人はつまらないし、結果重視になる。

しかし、努力して結果を収める人はカッコいいし、過程を重視されると思います。

次に、努力で素晴らしい生き様を見せることができる件について、述べたいと思います。

才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない、と思います。

なぜなら、才能がある=その人に魅力があるとは限らないからです。

具体的な例を挙げると、勝負師の世界というものがあります。

将棋とか、スポーツとかですね。

そこで求められるのは、たしかに結果なのですが、その人がどのように闘ったかで、見る人の心を揺さぶる事例もあります。

天才にも、魅力がある人はいるのではないか、という疑問を持つ方もいると思います。

その場合、天才で、才能があったとしても、称賛やあこがれの対象になると思います。

なぜなら、その方は、結果を出すことに満足せず、精一杯生きる姿を見せているのですから、カッコいいとしか言いようがありません。

つまり、才能があっても、生き様を見せてくれないとつまらないし、努力して生き様を見せてくれる方が、カッコいいと僕は思います。

最後に、努力して失敗しても、学んだことを次に活かせるなら成功だね、という話をしたいと思います。

才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある、と思います。

なぜなら、最初から才能がある人には、努力して死にものぐるいで結果をつかもうとする汗と涙の結晶を理解することはむずかしい、と思うからです。

例えば、努力して失敗したとしても、その経験で人の話を聴いてあげたり、失敗した人たちのサポートをすることが可能です。

つまり、やさしくなれる、という側面もあります。

これは、才能があってなんでもできる天才とかには、あまり分からないことなのではないか、と思います。

天才には、天才の役割があり、努力家には努力家の役割があります。

それぞれに生き様を見せることには、おそらく公平に道が与えられています。

努力して失敗した経験は、引きずるのではなく、未来に活かすために具体的にすべきことを実行していけば、成功への道、カッコいい生き様の道というものもあると思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・才能がなくても、努力は楽しい。

→成長しがいがあるし、過程が楽しい。

・才能があっても、努力で素晴らしい生き様を見せるとは限らない。

→結果よりも大事なのは、生き様。

・才能では得られない、努力の失敗で得られた学びがある。

→努力して失敗した経験は、その人にしかない未来に活かす。

才能には、才能のよさ。努力には、努力のよさ。

ネット見て驚きました。

才能と努力に関する間違った考え方が流布していると思いました。

僕の考えが100%合っているというわけではありませんが、少しでもこの記事を見て楽になる方がいると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

文才がある人の3つの特徴

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「文才がある人の特徴って、何だろう?

「自分も文才があったりしないかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

内容は、そのまんま文才がある人の3つの特徴になります。よかったら、見ていただけると幸いです。

目次は、以下の3つになります。

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴その3:HSP

目次

僕は、執筆活動を1~2年くらい高頻度で続けてきて、文才がある人はこういう人なのでは、となんとなく分かってきたので、それを紹介します。

僕はというと、もしかしたら文才があるわけではないかもしれません。

しかし、文才がある人を得意の読解力と分析力で見てきたりもしたので、それらを参考にしつつ、紹介したいと思います。

それでは、始めていきましょう。

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴として、書くことやアウトプットが苦痛ではない、ということが挙げられます。

なぜなら、書くことやアウトプットが苦痛だと、せっかく文才があったとしても、開花することはむずかしいからです。

例えば、才能があっても、それを形にするテクニックがなければ開花しません。

それに、書くことやアウトプットがそもそも好きでないと、継続することが困難になり、楽しくもありません。

書くことやアウトプットが苦痛でも、続けることはできるかというと、むずかしいものがあります。

なぜなら、好き=才能に近いものを持っている、と僕は思うからです。

せっかく、才能があるなら、好きなもので開花させたいですよね。

なので、書くことやアウトプットが苦痛ではないことが、文才がある人の特徴と言えます。

続いて、目に見えないものが好き、という特徴に迫っていきます。

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴として、スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き、が挙げられます。

なぜなら、言葉も目に見えないものであり、頭の中の想像力が不可欠になるからです。

例えば、読書するにも、まずは言葉を読みますよね。

そこから、作者の意図を想像します。

言葉という目に見えるものから、目に見えないものに到達することが必要なのです。

そして、作者は目に見えないものを、言葉を通して、伝える必要があります。

つまり、目に見えない存在に親しみがないと、文章に実感がないものができてしまう、と思います。

スピリチュアルと言葉って、関係ないのでは? と思う方もいるかもしれません。

しかし、スピリチュアルも結局想像力や直観を通して、気づくものが多いです。

そして、言葉も想像力や、直観を通して、本意とつながります。

それらを操るためには、精神世界と親しくなくては、言葉にも親しくなれない、と僕は思います。

文才がある人の特徴として、言葉と共通点の深いスピリチュアルや文化などを好きな人が挙げられる、と思います。

最後に、HSPという特徴に触れたい、と思います。

文才がある人の特徴その3:HSP

文才がある人の特徴として、HSPが挙げられる、と思います。

HSPとは、ひといちばい繊細な人、という意味です。

なぜ、HSPさんは文才があるのかというと、感受性が強く、豊かな精神世界を形成していると考えられるからです。

例えば、感受性が強いということは、繊細で緻密な情報をインプットすることが可能ということです。

ということは、繊細で緻密なアウトプットができる才能を抱えている、ということになります。

しかし、だからといって、精神世界を操ることが可能というわけではないと思います。

なぜなら、頭に情報がたくさん入ってきて、パンクする人もいると想像できるからです。

それを解消する方法として、書くことが挙げられると思います。

そうすることによって、頭の中が整理され、質のいいインプットを形にして、文才が開花することもあると思います。

これらの考察から、HSPさんは、文才がある、もしくは抱えている、ということが言えそうです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

文才がある人の特徴その1:書くことやアウトプットが苦痛ではない

文才がある人の特徴その2:スピリチュアルや文化など目に見えないものが好き

文才がある人の特徴その3:HSP

文才は、花開くのを待っている。

僕は、文才がある人は、豊かな精神世界を持っていて、高度な情報処理ができている、と思います。

そして、それは続けていくうちに、鍛錬となって花開くこともあると思います。

もし、自分は文才があるかも、と思った方は、ぜひ執筆活動なり続けてもらうといいのではないか、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

変わり者って、変ですか? その才能を最大限活かす方法

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、変わり者と呼ばれる人たちの記事その才能をどう活かそうか、という考察記事です。

考察なので、信憑性は少し薄まるかもしれませんが、自分なりにこうじゃないかなあということを、この記事で述べていければ、と思います。

それでは、始めていきましょう!

この記事での変わり者の定義

まずですね。

この記事での変わり者の定義なんですけど、世間一般に言われる常識に割と従っていない方というのが、挙げられると思います。

あとそれから、自分らしく生きようと決心していて、周りとすれ違っている方たち、まあそのような方たちですね。

が、挙げられると思います。

要するに、外側に合わせて生きるのをやめた人。

反対に、自分の内側、自分の本能に従って生きようと決心した方たちですね。

それでは、わたしなりに考えた変わり者を活かす方法を展開していきたいと思います!(^^ゞ

変わり者を活かす方法その1:孤独を恐れないこと

変わり者でいよう、もしくは変わり者でありたいと決心した方たちは、必然的に周りと壁ができる、とわたしは思います。

なぜなら、大多数の方たちは、周りと同じ色でいることによって、非難されたり、排除されることを避けているからです。

そういう方たちを責めているわけではありませんが、そのような状態だと、これからも不幸なのでは?とわたしは思うのです。

ただそれだけのことです。

そして、孤独になった自分を責めてはいけません。

勇気を持って、孤独になり、自分らしく生きようと決断したあなたは、素晴らしいです。

そのことを誇りに思っていいくらいです。

誰にでも、そのようなことはできることではありませんから。

必然的に、孤独になったあなたは、変わり者として生きる環境が整っていくだけのことです。

何も恐れる必要はありません。

自分を信じて、できることを一歩一歩やっていく。

そのことがどれだけ尊く、力強い歩みであることか。

そうなったあなたを、心より応援しています。

わたしは、そんなあなたを尊敬しています。

次へ、進みます。

変わり者を活かす方法その2:正しい情報を手に入れること

自分が自分らしい道を突き進むために、絶えず周りの情報、世間の情報に目を配っておきましょう。

冷静に、社会を俯瞰するイメージで、周りがこうだから、こう動いてはいけないのか、というそんなことではありません。

それを実行していくことによって、周りがこう動いたから、こう動こうと判断するためです。

YouTubeとかの情報はいいですよね。

ぜんぶ正しい情報とは限りませんけど。

それと、マスメディアは極力見ないようにして、紙の本を買って読むことをおすすめします。

様々な本を読んで、世の中の本質に気づいていくか、社会や政治、経済などの本を読んで、直接理解しようと動くのか。

それは、あなたにお任せします。

自分軸を持って、広い視野で、時代の流れに置いてけぼりにならないようにしていきましょうね。

ここで言う自分軸とは、あなたの心の声をちゃんと聴いて生きている状態のことです。

それでは、次行きます。

変わり者を活かす方法その3:使命に沿って生きること

使命とは、自分の好きなこと・できること・やってみたいことの3つです。

この方は、それに詳しいのでは、と思います。

ぜひ、一読してみてください。

『生きがいの創造(実践編)』(1,100円↓)

話が逸れましたが、それを実行するには、周りからの同調圧力に惑わされるばかりでは、実行できません。

周りをうかがいつつ、着実に自分らしい生き方をしていくのです。

ほんとうに自分の使命と言うなら、やってみて損はないし、それをせずに自分を失ってしまっては、ただただ虚しいだけではありませんか。

使命を実行することによって、変わり者と言われても、そのおかげで、多くの人の役に立っている人は、この社会に何人もいます。

わたしは、そのような人と同じ立ち位置で、使命を実行していきたいと願ってきました。

まあ、そのような人になれなくてもいいのですが、たった一人でも目に留まって、その人の役に立てれば、充分だと思います。

自分らしく輝いていれば、それだけで、名もない花に光は自ずとまとうからです。

自分の使命を果たすことを、恥じないで下さい。

あなたらしい武器が、たくさんの方たちに渡っていくことによって、生きることがかけがえのない瞬間になる人たちが、必ずいます。

まとめ:自分らしく生きている人は、みんな変わっている。

この記事で述べてきた変わり者とは、つまり、自分らしく、自分の本能に従って生きることを、推進しようと心がけている人たちのことです。

自分らしく生きようと思ったら、誰であっても、変わり者になります。

わたしは、そう思っています。

孤独になっても、それは、自分らしく生きる上での土台が整っていくだけのこと。

外部の情報を注意深く観察していくことによって、だからわたしはこう動いてはいけないのか、ではなく、だからわたしはこう動こうという意識の方向づけ。

使命を果たすことによって、周りからの逆境があるかもしれませんが、その風があるから、飛行機とかは高く飛べるのです。

変わり者って、ほんとは変じゃないんですよ。

変に見えるだけです。

変に見えるのは、基準を作るからです。

ただ、その基準は善と悪とか、光と影とか。

極端なのです。

もっと、肩の力を抜いて生きていきましょう。

金子みすゞさんの『みんな違って、みんないい』のように。

それでは、長文失礼いたしました。

かめれもん★でした~。

ここまで読んでくださった方々、ありがとう(^^ゞ

HSPは生まれつきのものであり、才能以外の何物でもない。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、HSPの記事、第2弾ということにしたいと思います。

前回の記事は、こちらです↓

HSPは前回、世界をみずみずしく感じられるという感性の部分について、少し話しました。

今回は、HSPは天性の才能であり、しかも、クリエイティブな活動を通して、さらに感性が磨かれるという話をしたいと思います。

前回の記事を踏まえたうえで、少し工夫した記事を展開できればいいかな、と思います。

それでは、解説に入ります♪

HSPは持って生まれた天性の才能

HSPは持って生まれて、イヤだ~と思うか、そう思わないかで、かなり違ってくると思います。

HSPは、たしかに短所に目を向ければ、生きづらいとしか言いようがない、そんな世の中でもあります。

けれどですね。

HSPは、繊細な分、いいものを吸収しようと思えば、スポンジのように吸収し、悪いものを受け取れば、その真逆の効果へと向かっていくのです。

ですから、例えば、情報の質を見極めることが大切です。

なるべく、芸術とか、教養が得ることができる番組、その人が苦痛に思わないものであり、人からどうしても止められてしまうものを除き、吸収していくことが大事だと思います。

その人が心から望むものであれば、どんどん手にしていくのがよいのだと思います。

それでは、そのようなインプットに才能があるとして、才能っていったいなんでしょうか?

才能とは?

才能とは、その人の長所であり、しかも日々それをあたりまえに行っているので、才能とは気づきにくいかもしれません。

それ才能だよ?と言われて、え!? そうだったの?となる人もしばしばだと思います。

才能っていうのは、ここでは、HSPですよね。

HSPは、日々その状態を受け入れているし、世の中的には、あまりいい反応もおそらくないのでしょう。

そのような世の中もどうかとは思いますが・・・。

しかし、HSPは生まれつきの才能です。

極端な短所があれば、それには極端な長所も、存在しているからです。

HSPを活かす方法

HSPは世界をものすごく繊細に感じられる分、美しい感性も磨かれます。

ですから、それを創作活動とかで活かすことができれば、とてもイキイキとした人生を送ることができると思います。

HSPが作品を創作していけば、それだけ、社会が浄化されることがあると思います。

HSPは5人に1人の割合でおりますので、お互いに離れたところで、個々に活動すれば、世の中はほんとうによくなると思います。

ですから、今は、HSPに才能があり、それを活かすことを考えていくことが必要だと思います。

HSPを活かす方法としては、まず趣味から始めることが大事です。

趣味から何かクリエイティブな才能を活かせる方法を選び、少しずつ育てていきます。

ある程度、続けることができれば、それは才能があると思われますので、ぜひ極めていきましょう。

きっと、社会の役に立てると思います。

それでは、まとめです。

まとめ:HSPは長所と捉えよう!

HSPは、ハッキリ言って、長所です。

精確に言うと、短所も長所もないのですが、世の中的に短所に捉えられるということは、それなりの長所の部分も含んでいます。

インプットの質を高めるために、今より少し難しい課題、例えば本だったら、今よりも少し難しい本に挑戦していって、インプットの質を高めていきましょう。

ある程度、インプットの量が頭の中に入ると、これはいい情報だなとか、そうじゃないなとか、色々わかってくると思います。

HSPさんは、繊細な気質を含んでいるので、クリエイティブな活動に向いていると思います。

クリエイティブな活動といっても、日常に数多ありますし(例:スケジュール管理や料理など)、質のいいインプットができれば、それだけアウトプットもしやすくなります。

そうなると、学業でも、仕事でも、趣味でも、充実した人生を送ることができると思います。

HSPを、これからは長所と捉え、あなたなりの人生をクリエイトしていってくださいね♪

それでは、今回はこの辺で、終了とします。

かめれもん★でした(^^ゞ