「俳句を投稿したい!」 おすすめの場所7選

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、俳句の投稿場所7選ということで、俳句を投稿するときに、どこに発表できるか、ということについて考察していきたいと思います。

ちなみに、投稿ではなく、投句なんですけどね。ほんとは。

それでは、投稿場所7選、見ていきましょう!

俳句の投稿場所その1:投稿サイト

まず初めに、投稿サイトがあります。

これはもう、ほんとに様々です。

試しに「俳句 投稿サイト」で打ってみるだけでも、色々出てくると思います。

この投稿場所のメリットは、ネットで気軽に投稿できるというところです。

そして、同じ仲間にも出会える

しかし、その一方で、趣味とか、単純に発表したいだけというものに限られるのではないか、と思います。

俳句の質も、その気軽さゆえに、少し低めの作品が多いと思います。

もちろん、そうでないサイトもあるとは思いますが・・・。

俳句の投稿場所その2:新聞

続いて、新聞があります。

これは、わたしもやったことありますが、新聞の投句欄というものがあります。

そこに投稿すると、俳人と呼ばれる方に見てもらうことができます。

新聞を購読している方で、ハガキで投句できるよ、という方におすすめです。

何回か投稿していると、またこの人だ、という同じ仲間にも出会えると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

俳句の投稿場所その3:アプリ

俳句のアプリというのもあるんですね。

わたしも一度、やってみたりしましたが、長続きしませんでした。

やっぱり、多くの方に見てもらいたいというのもあって、アプリでは、それは不可能に近いのかもしれません。

そして、手軽さゆえの、本格的な俳句からは遠ざかっていってしまう、という現象も出てくるかもしれません。

やはり、俳句は紙の本でしっかり読んで、本格的な場所に投稿したいものですね。

俳句の投稿場所その4:テレビ

テレビでも俳句は投稿できます。

最近は、プレバトで俳句に親しめますよね。

しかし、ここでは、投稿はできません。

投稿するなら、「NHK俳句」や初心者向けの「俳句さく咲く!」がいいと思います。

テレビで有名な俳人さんに見てもらえると、テンション上がりそうですね。

解説もしてくれるかもしれませんし、ぜひおすすめです。

俳句の投稿場所その5:ラジオ

ラジオにも投稿場所はあります。

最近、ラジオといえば、マイナーな方かもしれませんが、様々な場所で募集しています。

夏井いつきの一句一遊」という番組もありますね。

ここだと、夏井先生に自分が作った俳句を見てもらえるかもしれません。

ラジオだと、リスナーとの距離が近いので、静かな環境でワクワクしながら耳を澄ませるということもできるかもしれません。

ぜひ、試してみてください。

俳句の投稿場所その6:雑誌

それから、雑誌に投稿という方法もありますね。

しかし、わたしは俳句雑誌に挑戦しようとして、何度も挫折しました。

俳句の雑誌は、敷居が高い気がしたからです。

もっと、他にいい投稿場所があるだろうと思って、遠慮していました。

ただ、俳句雑誌に投稿する人たちは、それなりに手練の人たちなんじゃないかなあ、と思います。

まあ、雑誌で投稿して、賞とか、有名な俳人さんに見てもらえるかも、と思う方は、投稿してみてもいいかもしれませんね。

俳句の投稿場所その7:コンテスト&賞

これは、一番難易度が高いのではないか、と思います。

割と俳句が作れるようになってから、ここへ投句という形が、王道と言えます。

うまくいけば、入選とか、入賞とかで、自分の実力に自信を持てるようになります。

その肩書きで、様々な俳句関連の活動に踏み出してみてもいいかもしれませんね。

例えば、俳句教室を開いてみるとか。

俳句を生活の傍らに置いておきたいという方は、ぜひこのような場所に投稿してみるのもいいですね。

おわりに

俳句の投稿場所といっても、様々な場所があります

あなたに合う投稿場所を、ぜひ探してみてください。

わたしも、この記事を書いたので、後で読み返して参考にしてみようと思います。

一番、俳句初心者におすすめなのは、投稿サイトですね。

ネットで投稿してみると、気軽に自分の実力も分かったりするかもしれません。

ちゃんとした記事を書けたかどうか、多少不安はあるものの、少しでも多くの人に、何らかの俳句の投稿場所において気づきがあればなあ、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、詩や俳句に対する様々な考察、スピリチュアルなど精神関係、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信しておりますので、よかったら見ていただけると幸いです(^^ゞ

詩の投稿・発表の場おすすめ3選

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩の投稿・発表の場おすすめ3選というわけで、紹介していきたいと思います。

詩が割とマイナーなのもあって、投稿する場所は少ないのが現状のようです。

しかし、わたしは詩が好きで様々な投稿の場に訪れました。

そして、わたしと同じく詩を愛する皆さまに、少しでも良質な投稿の場を紹介したいということで、この記事を書いていこうと思います。

それでは、始めていきましょう。

詩の投稿・発表の場おすすめその1:note

まず、おすすめしたいのが、noteです。

詩を投稿する人もちらほらいます。

一度検索で「note」と打ってみてみてください。

様々なクリエイターの方たちが、良質な作品をたくさん投稿されています。

ここでは、詩を気軽な気持ちで、継続していくことができると思います。

見た目が割とフレンドリーで、詩以外のものも投稿していきたいという方にはおすすめかもしれませんね。

あと、作品は、有料にすることも可能です。

集客は、SNSが主力になると思われますので、そちらの方で、たくさんのフォロワーさん達がいらっしゃるのであれば、noteはやりやすいのではないかと推測します。

noteのサイトは、こちらです。

続いて、ネット詩誌 MY DEARを紹介します。

詩の投稿・発表の場おすすめその2:ネット詩誌 MY DEAR

ここでは、詩の評を、無料で、心を込めてしてくれます。

もうこれだけで、お得、そしてありがとう!という感じですね。

詩の道場といったところでしょうか。

毎月、ネット詩誌、つまりネット雑誌が刊行されますので、他の方々と切磋琢磨して詩を追求していけます。

佳作以上の評をいただければ、月に1回のネット雑誌に掲載されます。

わたしの作品も何度か載ったことがあり、載ると達成感や、ヤッターという気持ちになります。

他の詩人さんたちの作品を拝見していると、色々な方たちが様々な成長を遂げていて、おもしろいなあ、と思って見てます(笑)。

それなりに歴史はあるようで、様々なレギュラーの皆さまがいてくださっています。

週毎のというか、その時期の担当の方が、投稿した詩に選評をくださいます。

詩で、鍛錬し、いい詩が書きたいという方。

気軽に投稿して、仲間同士の交流に精を出したい方。

初心者の方、ライトバースが専門の方など。

MY DEARは雰囲気がいいというのも、大きなメリットだと思います。

ネット詩誌 MY DEAR

最後に、ポエム投稿サイト 詩人たちの小部屋を紹介します。

詩の投稿・発表の場おすすめその3:ポエム投稿サイト 詩人たちの小部屋

ここは、詩の投稿において、気軽さでは、1、2を争うかもしれません(わたしの主観です)。

たくさんの詩が好きな方たちが、お互いに投稿し、認め合うというそんな感じだと思います。

詩に自信がなくて、いきなり皆さまに見られるのは・・・という方は、まずはこちらがおすすめだと思われます。

ここにいる方々は、皆詩を愛している人たちばかりだと思われますので、詩が下手でも笑って許してくれる・・・というか、あたたかく見てくださると思います。

割と、誰かに認めてもらおうと思って書いていくサイトではないと思います。

フラットな感じ、というのが当てはまるような気がします。

交流もそれなりにできると思います。

ポエム投稿サイト 詩人たちの小部屋

このサイトに参加したことはあるのですが、イマイチ期間が短かったので、説得力のない内容になってしまいました。すみません。

個人的には、noteとMY DEARを勧めています(逃げた)。

まとめ:自分に合った発表の場で、楽しく継続しよう!

はい、というわけで、詩の投稿・発表の場を紹介してきました。

皆さまに、何かしら合う場があれば、幸いです。

詩の投稿は、こちら以外でも充分できます。

雑誌や新聞、コンテストや賞など、自分の目的に合った詩の投稿を心がけていきましょう。

この3つのおすすめの場は、実際にわたしが投稿してみて合う場でもあって、投稿の質を高く維持しやすいと思われましたので、自分に合った場を選択してくださるようお願いします。

それでは、わたしはこの辺で。

皆さまの楽しい詩生活を応援しています。

かめれもん★でした(^^ゞ