【完全版】初心者のための詩の書き方講座

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「詩の書き方について、幅広い知識を手に入れたい」

「詩の書き方について、もっと深い知識を手に入れたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

今まで、詩の書き方について書いてきた集大成のような記事です。

目次は、以下の3つになります↓

・詩の書き方:詩を書くときに、まずすべきこと。

・詩の書き方:これだけは押さえてほしいこと。

・詩の書き方:さらに上達していくために。

目次

僕は、今まで詩作もかなりしてきましたし、詩関連の記事は50記事以上(2021年2月15日時点)書いてきました。

詩の書き方の本も、何冊か読んできました。

それらの知見から、初心者の方に詩の書き方において、何かしら参考になるところがあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

詩の書き方:詩を書くときに、まずすべきこと。

詩の書き方を押さえるうえで、まず集中できる環境を整えましょう。

なぜなら、詩を書くときには、繊細な感覚に耳を澄ますので、どうしても集中できる環境が必要になってくるからです。

例えば、時間帯を朝か夜の内に設定するのもいいでしょう。

自然体に詩を書けるよう、身なりをある程度整えてから書くというのもいいと思います。

集中できる環境は、そのまま作品に反映され、詩を書くときの美しいルーティンとして定着させることができます。

次に、詩の書き方において、これだけは押さえてほしいことについて、述べていきたい、と思います。

詩の書き方:これだけは押さえてほしいこと。

詩を書き方を押さえるうえで、大切な心構えがあります。

それは、一生懸命、心を込めて書くということです。

そうすることによって、すべての文字に繊細に言霊が配られ、実感のある作品になると思います。

例えば、心を込めるということは、やさしい気持ちを言葉の中に収めるということです。

そうすることによって、より読みやすく、感動を誘う作品に仕上がると思います。

心を込めて書くことに、どんな意味があるのか、と思う方も、もしかしたらいるのかもしれません。

しかし、心が込もっていない詩など、詩と言えるでしょうか。

心が込もっていない人類で世界が満たされたら、世界が破滅に向かっていくように、心が込もった作品や人類は、絶望などに振り向かず、希望に向かって走っていくためのあるべき姿なのではないか、と僕は思います。

詩を書くときには、心を込めて、世界に思いを馳せながら、または小さき存在に思いを馳せながら書く、というのもいいと思います。

最後に、詩の書き方において、上達させるためにやるべきことについて、述べていきます。

詩の書き方:さらに上達していくために。

詩の書き方を押さえるうえで、上達させたいと本気で思うなら、やっておいた方がいいことがあります。

それは、写経です。

写経とは、詩集から詩を書き写す、ということです。

なぜ、写経がいいかというと、写経は、手を使い、頭も使い、詩人の気持ちをまるで本人が書いていたときと重なるように、感じることが可能だからです。

写経というと原始的な感じがありますが、あまり侮る必要はない、と思います。

具体的な方法としては、まず詩集を買います。

なるべく、名詩、日本海外問わず写経をするといいのではないか、と思います。

その方が、作品の質が上がるからです。

おすすめの詩集はポケット詩集1~3です→ポケット詩集1~3

写経をすることによって、頭で理解するだけではなく、感覚的に細部まで学ぶことが可能だと思います。

僕が試した詩の書き方の上達法で、一番これがおすすめなので、よかったら参考にしてもらえると幸いです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・詩の書き方:詩を書くときに、まずすべきこと。

→集中できる環境を整える

・詩の書き方:これだけは押さえてほしいこと。

→心を込めて、一生懸命書く。

・詩の書き方:さらに上達していくために。

→写経はいかが?

詩への一歩を、踏み出そう。

詩の書き方は、基本的なものは一応あると思っています。

しかし、最終的には、それを基盤にして、独自の詩世界を作っていく必要があると思っています。

詩を書く人たちが、この記事を読んで、少しでもだれかの心を動かせる一助となれば、と思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

詩の書き方を学ぶ上で、これだけは押さえてほしいこと。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩に興味があるけど、何と何を押さえればいいのか混乱している方、詩の書き方を簡単に押さえて、自分なりに応用したい方にとって、おすすめの記事となっております。

この記事では、詩の書き方の極意に加え、詩で書く対象、詩の上達には最低限何が必要か、について話していきたいと思います。

目次は、次のようになっております。

詩の書き方の極意:心を込めて、書きなさい。

詩の書き方において、どんな対象を書けばいいのか。

最初は下手で当然、続けている内に詩になっていく。

に、なります♪

わたしはこれまで、約半年以上、詩に対して様々な思考を巡らせて、ブログを更新し続けてきました。

もともと詩に興味があったのはもちろん、詩の魅力を少しでも多くの人に、わかりやすく提供したいという想いがありました。

この記事でも、それは変わりません。

どうぞ最後までゆっくり、この記事から得るものを得ていただければ、わたしとしては幸いなことです。

それでは、始めていきましょう!

詩の書き方の極意:心を込めて、書きなさい。

心を込めて書くとは、どういったことでしょうか。

心を込めて書くといっても、抽象的でわかりづらいかもしれませんね。

ですが、心を込めて書けば、頭では理解できなくても、感覚ではいいと思われる可能性があるのです。

例えば、子どもの絵とかを見ていますと、頭では何を書いているのか分からなくても、面白いと感じたことはないでしょうか?

それと、同じようなことです。

心を込めて書けば、すべての文字に繊細に力が、バランスよく配られます

よく『気配り』とも言いますね。

気配りとは、心を配る(思いやる)ことで、詩の言葉に対しても繊細に、気を配って書けば、いい詩に近づくことができます。

あなたがいい詩と思えば、ひとまず、悪い詩などではない、と思います。

心を込めて書く、あるいは話したりすることは、抽象的ですが、誰にでもできることですね。

例えば、親しい人に挨拶したり、好きな人に手紙を書いたりすることによって、自ずといい詩、あなたの生き様を見せられることでしょう。

詩とは、その人の生き様も、表現することができるのです。

それでは次に、詩の書き方において、どんな対象を書けばいいのか、について見ていきましょう。

詩の書き方において、どんな対象を書けばいいのか。

詩の書き方において、書く対象は、心を込めて書ける対象になります。

例えば、自分が好きなこと・もの、印象に残っている思い出、妄想でも構いません。

具体的には、ペットでもいいし、趣味でもいいし、食べ物でもいい。

旅行で行った先でもよいのです。

あなたにとって大切なものを、心を込めて、一生懸命書くというのは、大切なことです。

もしそこに、個性を出したいなら、人が気づかなさそうなことを、繊細に思いやりを持って書くとよいでしょう。

オリジナリティとは、あなただけが知っていることに、反映されやすいです。

ぜひ、あなただけの詩を書けるよう、継続して詩を書いてみてはいかがでしょうか?

最初は下手で当然。続けている内に詩になっていく。

さて、詩の上達に不可欠なものといえば、なんでしょうか?

先ほども述べていたように、継続して書き続けるということです。

例えば、俳句も1日休むと、感覚が鈍くなってしまうのです。

そして、最初は下手でも全然いいです。

誰もがその道を歩んでいるのです。

最初は、誰だって技術不足です。

なぜなら、まだ教えてもらっていないからです。

最初は下手でも続けていく。

その内に、自分がもともと持っていた個性が、表現されていくのです。

あなたに性格や気質、大切な思い出たちがあるように、詩を書いていけば、それらは自ずと結晶化されます。

詩で上達したいのであれば、自分の内側に潜り込んでください。

自己洞察とも言いますね。

そのために、日頃から自分の考えや気づきなどを、メモしておくのもいいと思います。

自分だけが知っている、心の歓びを、ぜひ歌い上げましょう!

それでは、まとめです。

おわりに

詩の書き方で、最低限押さえてほしいことは、心を込めて書くことです。

情熱を持って書くこととも言えますね。

とりあえず、これだけは押さえてほしいことです。

あなたにとって大切なこと、あなただけしか知らないこと、あなただけにしか見えないことを、繊細に歌ってみましょう。

最初は下手でも構わないので、継続して書いていきましょう

やがて、センスは高まり、あなただけの個性が見つかることだと思います。

詩はわからないから、面白く、ミステリアスだからこそ、魅力があるのです。

それらを少しでも、参考にしてもらうとうれしく思います。

それでは、わたしはこの辺で。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

詩の書き方を、普通の文章に応用する方法。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩の書き方を普通の文章に応用する方法について、解説していきたいと思います。

普段詩を書いている人であれば、普通の文章に応用できれば、様々な面でメリットがあると思います。

この記事で、詩のさらなる可能性について、いっしょに探っていきましょう。

それでは、始めたいと思います。

詩の書き方の基本:リズムを意識すること

まず、押さえておきたいのが、詩を書く時の基本です。

詩とは、韻文とも呼ばれ、リズムは大事です。

つまり、詩は、音楽と言ってよいでしょう。

ですから、詩を書くときにはリズムを意識し、それは普通の文章にも応用されることでしょう。

なぜなら、文章や、言葉自体がある種のリズムを持っているからです。

それを分かった上で、詩の書き方の応用に入っていきたいと思います。

詩の書き方を普通の文章に応用する方法その1:自由律俳句は、いかがでしょうか。

まず、詩のリズムというものを、覚える必要があります。

長文の詩では、皆さん、それはちょっと・・・、と思うことでしょう。

それは、よく分かります。

ですから、ステップを踏みましょう。

自由律俳句や一行詩から、入ってみるのです。

わたしが勧めるのは、自由律俳句ですが、一行詩(短歌、俳句、川柳など)の定型詩から入ってもいいと思います。

ここで、一番肝心なのが、リズムを徹底的に身体に、脳内に染み込ませることです。

そうすることによって、普通の文章を書くときにも、リズムを意識して、音楽のように書いていけることでしょう。

詩の書き方を普通の文章に応用する方法その2:とにかく楽しむことが大事

さて、詩の書き方の基本、心構えを押さえ、詩のリズムも徹底的に、身体に、心に刻まれたとします。

となると、今度は、文章の書き方に応用させるステップです。

しかし、この時点になると、皆さん、それなりに文章力は向上しているかもしれません。

一度、詩を書くことを意識しながら、文章を書くことに臨んでみましょう。

すると、案外書ける方は、多いのではないか、と思います。

つまり、詩の本質を知れば、文章も芸術的に書けるというわけです。

したがって、この記事で一番重要なのが、詩の本質、芸術の楽しさ、表現することの楽しさを知ることなのです。

そうすることによって、自然と文章力も上がってくると思います。

それでは、まとめです。

まとめ:詩を楽しむコツが分かれば、自然と文章力は上がる。

まず、詩の書き方は、リズムを意識することが基本です。

これは、普通の文章にも通じることです。

それから、リズムを徹底的に覚えるために、自由律俳句や一行詩から始めてみましょう。

最初から無理する必要はありません。

徐々に自分にあったステップで階段を登りましょう。

そして、一番肝心なのが、詩を書くことが楽しいと思えること。

それを文章にも応用できるということ。

何に置いても、人生に置いても、本質が分かれば、すべてのものに通じているのです。

詩の書き方を、文章力だけでなく、あなたの人生の豊かさに繋げていってもらえれば、わたしはとても嬉しく思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

小学生でも、詩が分かる!詩を体感する究極の方法

はじめに

はい、こんにちは。

わたしの名前は、かめれもん★と申します。

どうぞ、よろしくです。

今回は、小学生にも分かる、詩の書き方・上達法、その究極の話をしたいと思います。

ですから、今回押さえてほしいことは、たった1つのことです。

それを実行するか、しないかでは、大きな違いがあります。

では、さっそく解説に入ります。

究極の詩の書き方・上達法

結論を言います。

詩の書き方、詩の上達法で、究極の話をすると、『写経』になると思います。

写経と聞いて、「ん? なんだそれ?」と思った方もいるかもしれません。

写経は、本来お経を書き写すことですが、今回紹介する写経は、詩を書き写すということです。

詩を書き写す? それで、何が分かるの?と思った方もいるかもしれません。

実はですね、わたしも実際にやってみて、写経してみると、詩の流れとか、詩の韻律(リズムですね)、それから意味もじわ~っと頭の中にしっかり入ってくることが分かったのです。

ですから、写経をすると、その詩と一体になることが可能になります。

その詩は、世間一般に言われる名詩、例えば、谷川俊太郎や、茨木のり子、川崎洋や、吉野弘、石垣りんなどの詩のことです、それらの詩を書き写してみると良いでしょう。

だいたい、その年代辺りの詩を写経するのがいいと思います。

名詩をたくさん集めたアンソロジーでもいいと思います。

むしろ、その方がいいかもしれません。

様々な詩人の感性を受け止めることができますので。

おすすめの本は、こちらです。

『自選 谷川俊太郎詩集』(880円)とか↓

『ポケット詩集』(1,650円)です↓

そのような本を手に取ったら、実際にノートに書き写していきましょう。

パソコンやスマホよりも、手書きの方がいいと思います。

その方が、手を動かしているので、頭に運動記憶として入ってきやすくなると思います。

それを、何回も繰り返し、やってみることで、詩って、こういうものなんだなあ、と感覚で分かると思います。

うまくいけば、1回目で、詩を読むより、頭に入ってきやすい、と体感する可能性もあります。

お子さまに、詩を書くことを教えるのであれば、まず自分がやってみて、いいなと思えば、勧めることをおすすめします。

子供用の詩というのもありますので、そちらを写経してみるというのも良いと思います。

『生きる』(1,430円↓)

詩は、言葉でいくら説明しても難しいものがあります。

ですから、ぜひ写経をして、これで、詩が分かると思うのであれば、続けてもらえればいいと思います。

おわりに

詩を写経することは、案外ナメない方がいいと思います。

写経することで、詩を読むときに得られなかった、作者の想いというのが、頭に入ってきます。

ぜひ、写経するときは、詩人の方に思いを馳せながら、書いていくのがいいと思います。

そうすることによって、写経の効果も増してくることでしょう。

以上で、詩の書き方・詩の究極の上達法に関する解説を終了とします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログでは、その他の記事に、詩と人生にまつわる記事を用意しております。

もし興味があれば、そちらも気軽に閲覧してもらえれば、と思います。

では、わたしはこの辺で。

かめれもん★でした~(^_^)/~

詩の書き方(初心者編)~詩を書くときに、まずすべきこと~

こんにちは。かめれもん★と申します。

今回は、詩を書くときに、まずやるべきこととして、書く時の環境心構えどのようにまずは書いていくかについて答えたいと思います。

私は、プロの詩人というわけではありませんが、詩が好きな一人の青年です。

ですから、小耳に挟んだ程度に聞いてくだされば、と思います。

それでは、まず詩を書く時の環境について簡単に説明したいと思います。

書く時の環境

まずは、やはり集中できる環境がいいと思われます。

時間帯は朝か、夜で、できれば皆が騒がしくないときがいいかと思われます。

耳にイヤホンや耳栓をしてもいいと思いますし、視覚が気になるのであれば、気になるものを除去、または移動(自分も含め)させるのがいいと思います。

あとは服装はラフな格好で、自然体に詩を書けるように準備します。

いい詩を書くには、それなりにコンディションを整えておく必要があります。

では次に、詩を書く時の心構えについて、解説します。

心構え

まずはやはり、自然体でリラックスしているほうがいいでしょう。

悩み事や雑念は、日頃から瞑想やマインドフルネスで除去し、人に話す、紙に書くなどして、気持ちを整理しておきます。

心構えに関して、私が言えるのはこのくらいです。

現在は、ブログにて、人生に心からのよろこびを、をモットーに様々な記事を書いていますので、マインドセットの際に参考にしてもらえると幸いです。

それでは、詩の書き方ですね。

まずはどのようにして書いていけばいいのか。

解説していきます。

詩を書くにあたって、まずすべきこと。

まずは、呼吸を整え、自然体で心を込めて書きます。

一生懸命書きます。

それが技術的に形になることは、最初は少ないと思います。

ですので、等身大の詩が無難だと思われます。

それを意識して、気持ちに見合った詩を書き表します。

最初は、谷川俊太郎氏のようなすごすぎる詩は、誰でも書けないと思いますので、過去にあった印象的な出来事を詩にします。

ただ、その映像を書いただけでは、説明文と大差ないので、一生懸命書きます。

心の動きをプラスします。

そのために修辞(レトリック)を押さえておくと、より詩らしく力が込もった作品を書けるというわけです。

だからといって、修辞に頼れば詩がうまくなるということもありませんので、少し注意しておきたいところです。

できれば毎日、詩を書き続けていきます。

書く力というのは、練習した分だけ、成果が出やすいものだと思います。

ぜひ、書き続けてみてはいかがでしょうか?

もちろん、無理をなさらず、書けないときは書かなくていいのです。

誰にも、調子の上がり下がりはありますから、調子のいいときにはそれなりに書き、調子の悪いときには書かないということも全然アリだと思います。

それではここで、詩を書くときの応用編について、少し解説します。

応用編

詩を書き続けていると、段々と過去の印象的な出来事を書き尽くしてしまいます。

そうなってくると、言葉の力を借りて、感動が先になくても、言葉から感動を創り上げることもできると思います。

つまり、ほんとうの意味での創造に近くなると思います。

無心な気持ち、静かな心で、心の奥の声に耳を澄まし、誠実に書いていくと、それなりによい詩ができあがるような気がしています。

参考程度にしてもらえると、幸いです。

詩を書くことに困ったら

詩を書くことに困ったら、とにかく最初の一行を印象的に書きましょう。

そこから自由に、自分の心の中を表現していきましょう。

詩を書くことに困った場合、いくつか方法があると思いますが、例えば名詩を読むだったり、写経(詩を書き写したり)、書やペン字と触れ合ったり音読したりと色々あります。

そこから少しずつ学んでいきましょう。

それでは、まとめです。

まとめ

書くときには、なるべく集中できる環境を整えておきましょう。

静かな環境でもいいですし、少し賑やかな場所でも構いません。

しかし、詩を書くというなら、誰にも見られずに書きたいと大半の方は思うのではないでしょうか。

私もその一人です。

心構えについては、自然体でリラックスして書きましょう。

詩をまず書いていくにあたっては、過去の印象的な出来事を詩的にダイナミックに書いていきましょう。

言葉から感動できる詩を創るのは、それなりに書き続けた後で構わないと思います。

詩を書くときに私がおすすめする勉強法は、写経ですが、詩を読んだりして、詩ってこういうものなのか、と分かるのもいいと思います。

あとは補足の補足になりますが、一行詩から始めてもいいと思います。

俳句とか、短歌とか、川柳ですね。

ちなみに私は、全部挑戦してみました。

それでは、いかがでしたでしょうか。

一つでも参考になるところがあれば幸いです。

ネットの記事であれば、一記事から一つ参考になるところがあれば十分と思われますので。

それでは、皆さんが少しでも、自分らしい詩を書けることを祈っています。

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ