若松英輔さんの詩論『詩を書くってどんなこと?』レビュー

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

今回は、若松英輔さんって、知っているけど、その人が書いた本ってどんなものがあるの?と気になる方、今まで詩とか書いたことなかったけど、詩っていったい何者なんだ?と気になる方におすすめの記事になっています。

目次は、以下の3つになります。

・『詩を書くってどんなこと?』簡潔レビュー

・『詩を書くってどんなこと?』から得られた3つの気づき

・『詩を書くってどんなこと?』から起こせる3つの行動

目次

に、なります♪

若松英輔さんは、NHKの『100分で名著』で見たり、この本を読んで知り始めましたが、自分の詩作にもとても役立った本になります。

それを今回、ブログで紹介していく感じになります。

それでは、始めてまいります。

『詩を書くってどんなこと?』簡潔レビュー

まず、言えることは、初心者向けに詩の書き方、詩の読み方が書かれていることです。

読者に寄り添うように、やさしい韻律で、胸に迫ってくるものがあります。

詩に対する様々な疑問に対し、美しい文章で返答しています。

読んでいると、なんだか、心が清らかになってくるようです。

巻末の「これから詩を書こうとする人へブックリスト」により、詩論の余韻、そしてこれから詩を書く人生の始まりが見え隠れしています。

詩に興味を持った人、もしくは詩が好きそうな人が身近にいるなら、ぜひプレゼントしてみてもいいのかもしれません。

『詩を書くってどんなこと?』から得られた3つの気づき

ここから得られる3つの気づきには、どんなものがあるのでしょうか。

ひとつは、詩のモチベーションが上がるという現象です。

若松英輔さんの美しい文章によって、詩の敷居を下げさせ、詩との出会いをより豊かなものにさせています。

ふたつに、今まで分からなかった詩というものが、ハッキリとその存在を現し、これから詩を書くときの理解に繋がるということです。

詩を読んだり、書いたりしていくことによって、詩との長いお付き合いが始まるのだと思います。

みっつに、先人からの詩のいざないを受けるということです。

このことによって、単なる詩人ではなく、プロ級の詩人への道のりを歩んでいくことも可能になります。

それを若松英輔さんは、読者に一番行動に移しやすい形で、指し示してくれています。

『詩を書くってどんなこと?』から起こせる3つの行動

ひとつに、これはもちろんと言えばもちろんのことですが、詩を書くことを始めることができます。

詩の敷居をまたいで、誰にでも書けるという自由な地表で、その作業を始めることができます。

ふたつに、詩を読むまでの準備が整います。

声に出して読んでみたり、ブックリストから、この詩人とこの詩人を読んでみようと選ぶことができます。

詩は、少しずつ慣れていけば、やがてそれは永遠のなくすことのできない宝物になることでしょう。

みっつに、詩人仲間に出会うこともできるでしょう。

僕は、ツイッターとかnoteをやっているのですが、そこでも様々な詩人さんが活躍しています。

その方たちと詩作を探究することによって、また新たな視点が生まれることも、充分に考えられることです。

若松英輔さんのいざないによって、ぜひ詩に触れてみるきっかけにしてみては、いかがでしょうか。

おわりに

はい。以上でレビュー記事終わりになります。

参考になるところは、ありましたでしょうか。

この本は、詩の初心者、詩に興味を持っているけれど、何から始めていいか分からない方におすすめですね。

リンクも貼っておきますので、参考にしてみてください。

『詩を書くってどんなこと?:こころの声を言葉にする(1,540円↓)』

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関係の記事、スピリチュアル(精神関係)の記事、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けています。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

柴崎友香さんの『百年と一日』とても面白かった。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、柴崎友香さんの『百年と一日』(1,540円↓)を読んだので、それにレビューしたいと思います。

小説です。

この記事では、まず『百年と一日』にレビューしていきます。

その後、補足情報的な感じで、柴崎友香さんって、どんな人? であったり、この本を出版した会社『筑摩書房』さんについて、少し述べることができればな、と思います。

それでは、始めていきましょう!

柴崎友香さんの『百年と一日』レビュー

まず、本の手触りとか、装画がとてもお洒落で、幾つかの紙袋の画になっています。手に取りやすいです。

それから、独特の目次がズラーッと並ぶんですね。

1つの目次に、長文が書き込まれていて、それぞれ物語になっています。

短編小説?ですね。

これを見て、わたしは谷川俊太郎さんの62のソネットを思い出したりしました。

それも、目次がそれぞれあって、長いんですよね。

平凡で、不可思議な日常の風景が、通り過ぎていく列車のように見えてきます。

各駅停車で違った景色が、それぞれ見れる感じです。

改めて、ズラーッとある目次を眺めていると、どれも愛おしい物語に見えてきて、奥行きのある壮大な風景を1編1編愛でていくような気持ちになります。

個人的にとても気に入っている小説で、詩的な雰囲気があるのもポイントです。

では、柴崎友香さんって、どんな人?に移りたいと思います。

柴崎友香さんって、どんな人?

柴崎友香さんは、大阪生まれで、小説家です。

芥川賞ももらっていますね。

しかし、オフィシャルサイトでは、それは書かれていない?ので、あまりそれを意識してほしくないということかもしれませんね。

憶測ですけど。

女性のお方で、個人的には写真を見て、詩的な雰囲気、やわらかい雰囲気をお持ちだな、と思いました。

様々な作品と、様々な賞をもらっているので、実力があるお方なのだと、推測できます。

他の作品も読んでみたいですね。

では、この本を出版した会社『筑摩書房』さんについて、簡単な解説をしてみたいと思います。

この本を出版した会社『筑摩書房』さんについて

この本の最後の方のページで、筑摩書房さんの本がズラリと紹介されています。

どれもユニークで、一度は見てみたいと思わせてくれるような本ばかりです。

センスがいい会社だな、と思います。

ホームページも読みやすくて、充実している感じがします。

本棚みたいなところがあって、とても見やすく、ユニークでもあります。

個人的には、とても気に入っている出版社さんで、違う本も今度手に取ってみたいなあ、と思いました。

それでは、まとめに入っていきたいと思います。

おわりに

この本を読んでみて、小説も捨てたもんじゃないなあ、と思わせてくれました。

とてもいい本でした。

柴崎友香さんというお気に入りの小説家と、お気に入りの出版社(筑摩書房さん)を見つけられたので、大満足しています。

詩もいいですけど、小説とか、他にも詩的なものはたくさんありますからね。

そういうものたちも、ぜひ大切にしていきたいな、と思いました。

それでは、わたしはこの辺で。

詩と人生にまつわる探検、これからも進めていけたらな、と思います。

かめれもん★でした(^^ゞ

斎藤一人さんの個人的に気に入ってる5冊の本をご紹介♪

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、斎藤一人さんの個人的に気に入ってる5冊の本ということで、わたしが今まで読んできた本を取り挙げ、解説していこうと思います。

この記事で、あなたの心がしっかり定まり、豊かな人間道を歩まれていくことを願います。

それでは、始めて参ります。

1冊目:『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』

この本(2,812円↑)は、初心者の方におすすめの本だと思います。

図解や、まとめ、この本で学んだことがスッと頭に入ってくると思います。

そして、この本のタイトルにもありますように、行動しなければ結局始まらないということを、しっかり解説してくれています。

自己啓発本を読んでも、結局、何もしないまま、身に付いていなかった、という方にぜひおすすめの本となっております。

2冊目:『微差力』

この本(文庫597円↑)は、微差が大差であるということを、力説しています。

実際、その通りで、わたしも高校のテストで、微差が大差だと思い、積極的に学んだところ、成績はグンと伸びました。

微差が大差。

これは、どんな仕事にも応用できます。

そして、小さな差で、大きい成功を手に入れたいと、お考えの方は、この本を手に取ってみるとよいでしょう。

3冊目:『強運』

この本(文庫594円)は、強運について書かれている本です。

そのままドンと、タイトルですね。

強運になるために、一步先を全力で突き破るというような内容も書かれています。

強運って、実際なれるんですね。

手軽に寝る前とかに読めそうです。

4冊目:『変な人の書いた世の中のしくみ』

この本(文庫748円)は、タイトルが『変な人の書いた・・・』となっておりますが、斎藤一人さんご自身も、変わっていると思われているようです。

そう名乗られる通り、書いていることは、不思議な話ばかり。

しあわせ、心、人間関係、経済、仕事、この世のしくみまで。

ありとあらゆる視野を拡げ、幸せに生きたいと思う方は、この本を手に取ってみるとよいでしょう。

5冊目:『龍が味方する生き方』

最後に、この本(単行本1,540円)は少し上級向けなのかな、と思います。

まず、龍ってなんだ?と思う方もいるかもしれないですし・・・。

そのようなエネルギー体と言うのでしょうか。

その方?を味方につけるには、どうしたらいいか、ということについて書かれています。

龍神様を味方にすることで、人生が飛躍的に豊かになるのですね。

斎藤一人さんと舛岡はなゑさんによる対談形式で、重要なところは強調されていたりと、割と初心者の方にもおすすめだったりして・・・。

とにかくこの本は、多くの人に読んでもらいたいという願いがあるのでしょうね。

おわりに

斎藤一人さんのおすすめ本5選、いかがだったでしょうか。

これは!と思う本はありましたでしょうか。

斎藤一人さんは、ほんとうに尊敬していますし、わたしの人生を変えてくれた一人と言えます。

これらの本、どれか1冊でも読んで、1人でも多くの方が幸せな花道を歩いていかれることを願います。

それでは、わたしはこの辺で。

他に、わたしは詩とか精神関係の事柄について、様々な記事を書いています。

興味がある方は、よかったらちょこっと覗いてみてくれたら、嬉しく思います。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ