上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「人を上手に褒めるためには、どうしたらいいのだろう」

「人を上手に褒めるためのコツってあるのかな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

人を上手に褒めるための考察記事です。もしよければ見てもらえるとうれしいです。

目次は、以下の3つになります↓

上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

その1:自分を褒める

その2:周囲のモノを褒める

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

目次

僕は、褒めるのが上手だと思っています。自称です。すいませんm(_ _)m

けれど、自分を褒めることが得意だから、他人からの意見に落ち込むことも最近では少ないです。

そんな僕ですが、目次を見て参考になるところがあると思ったら、ぜひ見ていただけるとうれしいです。

それでは、始めていきましょう。

その1:自分を褒める

1つ目に、自分を褒めてみましょう。

なぜ、人を褒める前に、自分を褒めるかというと、自分の気分がある程度高揚していないと、相手を褒めることはむずかしいからです。

例えば、自分が元気じゃないと、人を励ますことはむずかしいです。

自分を褒めるのは、むずかしいと思う方もいると思います。

しかし、自分を褒めることは、いつでもだれにでもできます。

小さなことでいいと思います。

小さなことでも、褒めていく内にだんだんと活気づいてきて、素直に自分を褒めれるようになる、と思います。

自分に対して、許します、と言ってもいいと思います。

人を褒めるために、まず自分を褒めて気分を上げ、褒める練習もかねて行うとよいと思います。

次に、周囲のモノを褒めることについて、述べたいと思います。

その2:周囲のモノを褒める

2つ目に、周囲のモノを褒めましょう。

モノに感謝し、いいところを見つめましょう。

例えば、食事の際に、このハンバーグのここがいいな、とか、この野菜のこの部分が新鮮でおいしい、とか、人ではなく、周りのもの、身近なものに対し、いいところを探してホメます。

もちろん、心の中でも構いません。

動物でも、車でも、お天気でもなんでも褒めることができれば、人を褒めることも容易になると思います。

最後に、褒めれたら褒める、褒めれなかったら聴くに徹する、について述べたいと思います。

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

3つ目に、人に対し、褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹するとよいと思います。

なぜなら、さりげなく褒めることが大事なのと、褒めれたら褒めるということによって、自然に褒めることが可能だからです。

あと、褒めれなかったら、聴くことに徹するおかげで、無理に褒めて、相手の気分を損ねることも回避できますし、真摯に相手の話を聴くことは、相手を肯定することに繋がるからです。

褒めれたら、褒めるという曖昧なものでいいのか、というと、それでよいと思います。

何事もルールは縛りすぎると、動きがぎこちなくなってしまうからです。

人は褒めれたら褒めるという自然なルールで、無理でも聴いて相手を肯定することに努めるとよいと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

上手な人の褒め方を実行するための3つの準備

その1:自分を褒める

その2:周囲のモノを褒める

その3:褒めれたら褒めて、褒めれなかったら聴くに徹する

褒め上手は、聴き上手。

褒めるためには、相手に向かって話すことが大事だと思う方もいると思いますが、僕はそうは思いません。

相手を褒めるためには、自分を褒めたり、人の話を聴いてあげたり、もっと大事なことがあるのではないか、と思います。

参考になるものが、1つでもあると幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます。

かめれもん★でした(^^ゞ