詩とは、命の業火である。

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、またしても、詩とは何かについて考えるわけですが、今まで考察してきた詩とは何かについて、少し頭を整理したい思いもあり、ここに記しておきます。

それでは、詩とは、何か?

わたしなりの見解を伝えておきます。

詩とは、何か?:詩は鮮烈な炎、命の業火である。

詩とは、です。

命の炎です。

しかも、激しく燃え盛るダイナミックな炎です。

詩は、それでいて、冷静で、静かに燃えているようでもあります。

詩の激しさは、リズム(韻律)に表れます。

たとえ、それが静かなリズムであっても、気持ちを抑えて冷静に書かれていれば、それも激しい詩と言えます。

詩は、衝動的とも言えます。

それほどまでに、切羽詰まった緊急性のある文学とも言えるでしょう。

ですから、熱い鉄のように、詩のタネが浮かべば、すぐさま打つ必要があるでしょう。

そして、いい詩には、やさしい雰囲気が漂っています。

あたたかい雰囲気もあります。

もちろん、醜くて、ありきたりの詩もありますが、そのような詩は、花と言えても、お店に飾ることができる詩とは限りません。

真に詩と言えるものは、時代を牽引するものでもあります。

詩は、志高く、人々を導き、それでいて、やさしいさざめきに満ちた詩がいいでしょう。

そのような詩が、現代の小説に立ち向かえる詩となり得ることでしょう。

詩と、小説の違い:自然であるか、人為的であるか。

詩は、自然食品と言うこともできるでしょう。

反対に、小説は、加工食品と言えるでしょう。

詩のように、自然由来のものは、食べていて、美味しいですし、やさしいものでもあります。

一方で、小説は、加工されたものですので、美味しいのは確かですが、身体には悪いかもな、と一瞬頭をよぎるかもしれません。

詩は、人のことを構うことなく、燃え盛る炎です。

それは、自然と咲く野の花と、大差ありません。

そのような花を見ていると、なぜか心が落ち着いて、忘れていた何かを思い出せるような気がしませんか?

詩は、猫とも変わらないかもしれません。

猫を見ていると、なぜか心が落ち着きませんか。

猫の自由奔放さに、あなたも救われていたりしませんか?

小説は、造花と言うこともできるでしょう。

見ていて美しいとも思いますが、どこか味気ない気持ちもします。

真に生きている花と、生命力の差が出てくるからです。

小説は、犬と大差ないかもしれません。

犬は言うことを聞いてくれますが、その犬はあなたの言いなりで嬉しいでしょうか?

犬だって、散歩してたら、どこかへ走り去って、自由になりたいかもしれませんし、一匹で自立して、自分の力で生きていく、そのような自信を欲しているかもしれません。

詩は、小説に劣っているように見えますか。

詩は、いつも、自由です。

そして、いつも、自分らしく輝いているのです。

小説は、いつも、何かに属しています。

人間が人間に、属しています。

寄り掛かり合って、いつでも、倒れてしまいそうなくらい、生命力に欠けている、とも言い換えることはできませんか?

小説は、消費されるものであり、長く心に、あたたかく残る火花とは言い難い。

そう言い換えることは、できませんか?

わたしは、詩の方が、命のさざめきを感じられます。

詩を読むと、生きている心地がします。

そのようなものが、簡単に分かるはずがありません。

真に詩と呼べるものは、限りなく、愛に近いのですから。

それでは、まとめです。

おわりに

詩は、一概にこうと呼ぶことはできないでしょう。

なぜなら、愛の質と量があまりにも大きいからです。

ですから、富士山が一望できそうな山の麓で、皆さ迷っています。

富士山は、高くて雲に隠れているけど、皆山頂を夢見ています。

たとえ、いい小説と呼べるものがあったとしても、その小説は、山の麓で繁盛している団子屋さんと、大差ないでしょう。

詩の片鱗を見ることはできても、すぐさま人間社会に目を向けてしまう。

詩が秘めている、人間の愛の潜在能力に、気づかないままで、生きていくことになるかもしれません。

真に詩と呼べるものは、言葉の力によって、富士山の山頂に登れた!と錯覚を起こすほどの、テクニックと、詩を愛する心からなると、わたしは信じています。

それでは、今回は、この辺にしておきます。

わたしが書いた詩関連の記事は、下に載せておきますので、ぜひよかったらご覧ください!

かめれもん★でした~(^_^)/~