小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^_^ゞ

「小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞の意味について知りたい」

「小田和正さんの魅力に迫りたい」

これらのようなことをお考えの方たちにおすすめの記事となっております。

目次は、以下のようになっております↓

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

その2:やさしさと強さの歌詞

その3:生死に迫る歌詞

目次

僕は小田和正さんが好きで、10年以上敬愛しています。

ライブとかも、今まで3回くらい行きました。

そんな僕ですが、小田さんの魅力に少しでも迫るヒントになれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞を見たり、聴いたりしていると、孤高な歌詞というフレーズが頭に浮かびます。

なぜなら、この歌詞の主人公(小田さんかもしれない)は、他に人がいるにも関わらず、どこか1人であるようなことがうかがえるからです。

例えば、雑踏の中で1人立っているような描写や、空を見上げて想いを馳せるところは、孤高なイメージが浮かびます。

この歌詞の主人公は、孤高であり、ある種の寂しさを抱えつつ、広い視野を持っているのだ、と考えられます。

続いて、やさしさと強さの歌詞について解説します。

その2:やさしさと強さの歌詞

小田さんの歌詞に親しんでいると、やさしさと強さの歌詞というフレーズが湧きます。

なぜなら、この歌詞の主人公は、誰か大切な人を想うラブソングのように見えて、すべての人を愛で包み込む手紙のようにも聴こえるからです。

ありふれたラブソングのような歌詞で、聴いてくれる人たちに迫りつつ、誰かを想うことと、自分を愛することが同じだと錯覚、あるいは確信させてくれるような曲になっています。

誰かを想うやさしさ、そしてその人(たち)を守る強さが、沁み渡るように脳内に反響します。

小田さんのやさしさと強さが、この歌詞に滲み出ているように見えます。

最後に、生死に迫る歌詞について、解説します。

その3:生死に迫る歌詞

小田さんのこの歌詞に触れていると、この人は、生死に関わる体験を非常に深く悟っているのだと思われました。

これは感覚的なことで申し訳ないのですが、この歌詞が刺さる人は、深く傷付いたりしたことがある人だと思うのです。

個人的な意見が続きますが、やさしさと強さを深く理解するということは、命に対する感謝と畏れの気持ちがあるように思うのです。

僕は、この歌詞を一番傷付いていた中学生の頃に聴くことによって、ここに分かってくれる人がいる、命のありがたさに深く気づいている仲間に出会えたと思いました。

それが、小田さんの曲の『たしかなこと』であり、その歌詞なのです。

以上で、今回の記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

小田和正さんの『たしかなこと』の歌詞に対する3つの考察

その1:孤高な歌詞

その2:やさしさと強さの歌詞

その3:生死に迫る歌詞

『たしかなこと』の愛

僕は、この歌詞にものすごく救われました。

今でもたまに、この曲を聴きます。

ものすごい深い歌詞であり、多くの人が救われたことが、想像できます。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連、スピリチュアル(精神関連)、HSP関連、人生に心からのよろこびを、モットーに発信活動を続けております。

ここまで見ていただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^_^ゞ

HSPさんの人生を豊かにする音楽とおすすめアーティスト3選

はじめに

はい、こんにちは。かめれもん★です(^^ゞ

「HSPである特性を活かして、音楽を聴きたい!」

「HSPにおすすめのアーティストって、どんな人がいるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、この記事はおすすめです。

HSPさんが音楽を聴くときに、音楽をコントロールする方法や、おすすめアーティストについて触れています。

目次は、主に以下の2つになります↓

・HSPさんの人生を豊かにする音楽について

・HSPさんにおすすめのアーティスト3選

目次

僕はHSPで、音楽を毎日聴いています。

それなのに、その知見を紹介する機会が今まで少なかったのです。

しかし、今回はそれを紹介できます。

HSPさんと音楽について、触れていきたい、と思います。

HSPさんの人生を豊かにする音楽について

HSPさんは、音楽をコントロールすることによって、人生が豊かになると思います。

HSPさんは、繊細でやさしい心を持っています。

なぜ音楽をコントロールすることによって、人生が豊かになるのか、探っていきたい、と思います。

HSPさんは、感受性がとても豊かな人が多いです。

そのため、音楽を聴いて感動する人も多くいます。

しかし、一方で、音楽を聴くことによって、調子を崩す人もいると思います。

音楽の影響を、ダイレクトに受けるからだと考えられます。

実例を挙げてみると、音楽を聴いて明日を生きる力にする人もいると思いますし、寝る前に音楽を聴いて眠れなくなったという人もいると思います。

HSPさんは、音楽のコントロール次第で、様々な影響を受けると思います。

HSPさんは、音楽をコントロールすることによって、人生のよき処方箋になる、と思います。

そのために、刺激の少ないジャンルにしてみたり、聴くタイミングや、聴くときの環境を整えてみることを、考慮してもらうといいのではないか、と思います。

それでは、HSPさんのおすすめアーティストについて、紹介していきます。

HSPさんにおすすめのアーティスト3選

その1:小田和正さん

小田和正さんといえば、オフコースに所属していたこともある大御所歌手です。

年齢は、たしか70歳ほどで、幅広い年代に世代を越えて愛されています。

曲は、静かでありながら、胸に沁みる音楽であり、ふと疲れたときに聴いて涙を流しそうな曲とかが多く存在しています。

HSPさんにとっては、刺激を最小限に抑えつつ、美しい音楽を長期に渡って愛せるというのが、おすすめポイントになります。

その2:いきものがかり

いきものがかりといえば、3人組で、1人は女性のボーカル、の両脇に男性2人が位置しています。

小田さんと同じく、幅広い年代に受け入れられています。

まさにJ-POPというような感じで、歌謡曲に似た響きを感じさせる曲も存在します。

水野さんという作曲家によって、多くの曲が生み出されている、とも言えます。

親しみやすい、というのもポイント。

HSPさんにとっては、刺激が少なめなのと、平和的に愛せる、王道の音楽だと思います。

その3:葉加瀬太郎さん

アフロ頭でヴァイオリンといえば、この人を思い浮かべるのではないでしょうか。

クラシックにJ-POPの響きを融合し、新たな音楽を生み出しました。

クラシックでありながら、J-POPで聴きやすく、日本をルーツに感じやすい曲が多いです。

HSPさんにとっては、クラシックを聴いた方が気分が落ち着きやすい、と思います。

しかし、クラシックは敷居が高い・・・。

そんな人に葉加瀬太郎さんはおすすめです!

葉加瀬太郎さんの音楽を聴くことによって、一見むずかしそうなクラシックへの道が開かれます。

そして、クラシックはリラックス効果があるので、ぜひ聴いておきたいところですね。

それでは、この記事をまとめたい、と思います。

おわりに

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

・HSPさんの人生を豊かにする音楽について

→聴く音楽をコントロールしたり、タイミングや環境を見計らって聴く。

・HSPさんにおすすめのアーティスト3選

その1:小田和正さん

その2:いきものがかり

その3:葉加瀬太郎さん

音楽、最高!

HSPさんにとって、音楽は諸刃の剣と言えるかもしれません(ちょっと大げさか・・・)。

コントロール次第で、うまく活用することも可能です。

HSPさんにおすすめアーティストは、日頃僕が聴くことも多いアーティストたちです。

参考になるアーティストが1人でもいれば、とてもうれしく思います。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、詩関連の記事、スピリチュアル(精神関連)の記事、HSP関連の記事、人生に、心からのよろこびを、をモットーに発信活動を続けております。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございますm(_ _)m

かめれもん★でした(^^ゞ

詩と詞の違いって、なんだろう? シンプルに深く考察

はじめに

はい、こんにちは。

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩と詞の違いについて、シンプルかつ深く考察していこうと思います。

まず、詩と詞の大まかな違いについて解説し、その後、わたし個人がそれぞれの意味について、深く、考察していきたいと思います。

それでは、始めていきましょう!

詩と詞の違い~大まかにシンプル解説~

まず、詩とはなんでしょうか?

詩とは、言葉自体にすでに、音楽性が漂っています

つまり、言葉単体で、音楽と呼ぶこともできるのです。

一方で、詞は、音楽に言葉が添えられる、という感じです。

音楽が主体で、言葉はどちらかというと、アシスタントのような役割を果たすと思います。

したがって、詩は、言葉自体に込もっているエネルギーが、詞の言葉よりも大きいと言える、と思います。

それでは、詞の意味について、わたし個人の考察を施していきたいと思います。

詞の意味を深堀り!

音楽に言葉が添えられることによって、言葉が持つ才能を最大限に引き出されていると見えます。

つまり、詞は、音楽との調和性が重視されるということです。

お互いに関わっている者同士、どちらか一方だけの力では、その能力をいかんなく発揮することはできません

J-POPの歌詞を、よく聴いてみると、音楽は脳の中に結構残るのですが、言葉の意味は、それほど知られていないかもしれません。

あとで、歌詞を目で見て、こんな意味だったんだ、と発見があるかもしれないですね。

それでは、次に、詩の意味について、深堀りしていきましょう。

詩の意味を深堀り!

詩は、言葉自体に、音楽性が漂っていると述べました。

この音楽性は、どのように漂っていくのか。

詩は、作者が描いた詩のリズム、音楽性を、今に集中して、読み進めていく内に、閃光と出会います

この一瞬の閃光、これを味わうことに、詩の存在意義があり、詩でなければ体感できない、と思います。

詞には、音主体の音楽に、エネルギーが宿っていますが、詩には、言葉自体が持つ音や意味やリズムなどの組み合わせによって、また一味違う言葉の音楽世界が存在します。

それでは、2つの言葉の意味の違いを、押さえた上で、ここでは、詩の重要性に比重を置いて、語っていきたいと思います。

おわりに

詞は詩より、言葉の威力が少ない、とわたしは思っています。

なぜなら、音楽は音楽で、歌詞は歌詞で、別々に見せられても、どちらも感動は薄いかもしれません。

しかしながら、詩は、詞と違い、音楽の世界ではなく、特殊な言葉の音楽世界を創っている、と言えると思います。

詞は詞で、いい歌詞があるのは事実です。

しかし、それが詩だとか、ポエムだとか言われると、詩のほんとうの言葉の威力に気づかないまま、人生を終えていく人が増えていってしまう気がしたのです。

だから、わたしは、詞ではなく、詩にも魅力があり、ぜひ、俳句でも、短歌でも、川柳でも、自分に合った詩の型で、豊かな愛のカタチを表現していってもらえると嬉しいな、と思います。

それでは、わたしはこの辺で。

かめれもん★でした(^^ゞ

詩とリズムの関係について~詩は広い海のような音楽~

はじめに

はい、こんにちは!

かめれもん★です(^^ゞ

今回は、詩とリズムの関係について、解説していきたいと思います。

詩は、韻文とも呼ばれ、たしかにリズムが関係してそうですね。

この記事では、詩とリズムの関係詩におけるリズムの重要性詩におけるリズム感を養う方法について、解説していきますので、何かヒントになったら幸いです。

それでは、始めていきます!

詩とリズムの関係について

まず、詩とリズムの関係は、こう言えます。

人の命のダイナミックな運動(リズム)を、言葉という形で直訳されたものが、詩と言えると思います。

それは生命力の表れとも言えると思うし、勇気や希望に満ちたものや、陰極まって陽生ずと、詩の中で展開していくものかもしれません。

言葉は一番、生命力(リズム)に近いところに存在しているのです。

詩は、いい詩であれば、少なくとも、気分が悪くなることは、ないと考えています。

気持ちのいいリズムで描かれた詩は、人々にとって、心地のいい音色を、奏でてくれると思います。

それでは、詩におけるリズムの重要性ってどうなの?というところを、解説していきたいと思います。

詩におけるリズムの重要性について

詩にリズムがないと、散文っぽくなるかもしれません。

しかし、世の中には、散文詩というものもありますので、意識して配置された文と言葉なら、問題ないのかもしれません。

問題なのは、適当に放られるような形で、リズムがあまり感じられない詩のことです。

そうなると、機械的に、人工的になって、心が込もっていないように感じられると思います。

リズムがあれば、生命力や命のダイナミックな動きというものが、感じられるので、圧倒されたり、共感する部分も多いと思います。

つまり、心が込もっているように感じられる。

詩は、その点において、最も心を込めることができる形態、その人の愛(命)のフィルター越しに表れた芸術作品と言えると思います。

それでは次に、詩におけるリズム感を養うには、どうしたらいいの?というところを解説していきたいと思います。

詩におけるリズム感を養う方法

わたしは、詩を書いていて、ある信頼できる人から、リズム感がいいと言われたことがあります。

それは、自由律俳句をものすごくたくさん書いたからとも言えると思うし、J-POPなどの歌に興味があったからだと思っています。

つまり、詩以外の歌で、リズム感を養ってきたと言えます。

ここでは、自由律俳句に言及はしませんが、J=POPを聴くとき、わたしは、歌詞と音楽(つまりリズムとの関係)に常に着目してきました。

例えば、音楽を聴いて、鼻歌を歌ったり、身体や手を動かして、感覚的に、リズムを覚えていた、という記憶があります。

歌詞は、詩に比べて、言葉の力はやや弱まります。

それを、音楽で補っていると言えると思います。

J-POPの歌詞と音楽(リズム)を同時に意識しながら、聴くことによって、リズム感が養われると思いますので、皆さんも時間があれば、手や身体を動かしながら、J=POPの歌詞とリズムを体感してみるといいかもしれませんよ。

それには、音楽好きであることが、重要になってくるわけですが・・・。

もちろん、一行詩や自由律俳句からも、リズム感は養われると思いますので、ぜひお試しください!

それでは、まとめです(^^ゞ

おわりに

詩とリズムの関係は、リズム(命)が言葉の格好をしているということです。

心を込めて書かれた詩は、自然とリズミカルになっていると思います。

つまり、詩を書くにあたって、大事なのは一生懸命書くことなのです。

若松英輔さんも言っていたかもしれません。

『詩を書くってどんなこと:こころの声を言葉にする』(1540円↓)

詩のリズム感を養う方法に、J-POPを聴く方法、一行詩から始めてみるがあります。

ぜひお試しを・・・。

というわけで、詩とリズムの関係についての記事を終わります。

うまく書けたかどうか分かりませんが、ご容赦くださいませ。

それでは、かめれもん★でした(^^ゞ

ここまで読んでくださった方々、どうもありがとう~(^_^)/~